生まれて初めてヒョッコリ君のホームで飲む

僕とマユモーとコンケノビで、ヒョッコリ君の地元のおすすめの店に行きました。

ヒョッコリ君が15年住んでいた月島。
 
最初に行ったのは『岸田屋』というお店で、「美味しんぼ」という漫画に出てくるモツ煮が旨い店だということです。
大阪の『明治屋』、和歌山の『長久酒場』と並ぶ、日本三大居酒屋のひとつだそうです。そんな三大があるなんて初めて知りました。誰が決めたんでしょうか。僕も真似して「日本三大つんく」を考えました。

日本三大つんく
1.つんく
2.つんく
3.つんく

開店は5時。4時15分に着きましたが、4時30分から行列ができました。
 
店は狭くて、20席くらいしかありません。店が開いたとたんに席が全部埋まりました。
 


モツ煮(これも日本三大モツ煮のひとつだそうです)

 
にこごりと銀たらの塩焼き

 
あんきもとしらす


肉豆腐
どれも安いのに一品の盛りが多い。どのメニューも大変美味しく、お店の人も優しかったです。

月島の「もんじゃストリート」のもんじゃっぷりは普通じゃありませんでした。思わず爆笑してしまうくらいもんじゃ焼きです。むしろ、もんじゃ焼きの店しかないくらいに、もんじゃ焼きの店しかありません。
というより、ヒョッコリ君がこのような場所に15年も住んでいたというのが驚きです。ヒョッコリ君の隠された過去(もんじゃ)をまざまざと見せつけられました。
ヒョッコリ君に「月島にはもんじゃ焼きの店がたくさんある」とは聞いていましたが、こうして実際にもんじゃ焼きの店をたくさん見せられると、もんじゃ焼きの店がたくさんあるとしか言いようがありません。もんじゃ焼きの店がたくさんありすぎです。やらせかと思いました。
  

  

  

   

  

  

  

  

  

    

もちろん、上の写真を撮った店だけじゃなくて実際にはもっとたくさんあります。そもそも、もんじゃ焼きの「もんじゃ」の意味さえ知らない僕にとってはたいそう衝撃的でした。ここは日本ではなく、「もんじゃ」という国です。


当然ですが、誰かが見ています。僕も見てますしね(笑)。というか、僕だって見るに決まってるじゃないですか(笑)。

橋を渡って門前仲町に向かいます。
  
徒歩10分で門前仲町です。ヒョッコリ君の家がある江東区。
 

ヒョッコリ君おすすめの店第2弾『魚三酒場』。
  
1・2階がカウンターで、3・4階が座敷だということです。
ものすごい席数が備わっていますが、待ち客も出ていて怒涛のごとく満席でした。
  

   
すでに『岸田屋』で満腹だったので、まだガツガツ食べられるのはヒョッコリ君だけという状況です。ここも、すごい安かったです。

  

  

 

8時過ぎに帰りました。

話は変わりますが、マッケンローが「マッケンサンバ」を歌う、という発想はやはり安易でしょうか。


ポクポクライフ