ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 11月30(水) ホープ軒@吉祥寺
今日は僕の家で「忍者の話を一切しない会」が開催されました。

この会は、忍者の話をしないことに命を賭けている人たちが集まって、忍者の話を絶対しないように努めるという会です。今日の参加者はサトさんたけし君でした。164君は都合で来られませんでした。

この会ではビールを飲む時も忍者の話をしてはいけないのはもちろん、楽器を演奏する時も忍者の話をしてはいけません。本当に厳しい拘束を受けるのです。人権問題に関わるほどの束縛に苦しむのです。

人は忍者の話をしないで一生を過ごせるのか?という哲学的疑問がこの会の発端でした。

僕はいままで「忍者」という言葉を発したことはありませんし、書いたこともありません。というか、いまたくさん忍者って書いてしまいました。もう生きる気力を無くしました。明日から僕は忍者として生きていきます。手裏剣がないので当面は寺で代用します。手裏剣の代わりに寺を投げます。分かりましたね?


ひとりで『ホープ軒』で〆ました。


 11月29(火) カッパ@吉祥寺
マユモーと『カッパ』に行きました。

今日はチンパンジーという完璧な生物の話をしました。
チンパンジーはとてつもなく完璧であると言われています。どの辺りが完璧なのかと言うと、まず超合金でできていないという点です。そして、生きているという点も特徴です。つまり呼吸をするということです。また、動きます。
そして、最大の特徴は「この世に存在する」という点です。
この世は、存在しないものの方が圧倒的に多いのですがチンパンジーはこの世に存在するのです。それが一番完璧であるという所以です。

ところで、今日は店のトイレで順番待ちをしていたら、会ったことのない方から「いつも見てます」と声を掛けていただきました。大変面食らいました。それにしてもよく僕の顔が分かったと思います。このような物騒な時代ですから、僕はネットで自分の顔を一切公開しない主義を徹底しているというのによく分かりましたね。本当にすみませんでした。
 11月28(月) 坐・和民@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
ヒョッコリ君とコンケノビと『坐・和民』に行き、ひとしきり「コレステロール!コレステロール!」と叫んだ後、ひとりで『ホープ軒』で〆ました。


*****

暴れん坊将軍のテーマ曲を聴くと元気が出すぎて洒落になりません。

奮起してしょうがなくなります。なかなか奮起することってないじゃないですか。奮起ですからね奮起。僕にとってはロッキーのテーマ曲の10倍は奮起する曲ですよ。

で、カモノハシですよカモノハシ。

生態はよく知りませんが、カモノハシってとりあえず奮起しそうにない動物じゃないですか。どっちかっていうと見た目だけで脱力しちゃう。
でも、暴れん坊将軍のテーマ曲にのせて、ひたすら「ハハハハ!私はカモノハシだ!」って言い続けてみると、ものすごくカモノハシのイメージが変わるんじゃないかって思ったんですよ。すごく自信に満ち溢れたカモノハシになるんじゃないかって。「俺に怖いものなんてない!」っていうカモノハシになるんじゃないかって。ちょっと実際にやってみたんで聴いてみてもらえますか。


暴れん坊カモノハシ(音声ファイル)

自分でやってて思いましたが、本当にバカです。
 11月27(日) 江ぐち@三鷹
いい日旅立ち。

「ああ、日本のどこかに私を待ってる人がいる」とサラリと歌っていますが、とんでもなく範囲が広すぎはしないでしょうか。

言い換えれば、「ああ、北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県のどこかに私を待ってる人がいる」になるじゃないですか。
都道府県だけでこんなに多いのに、市区町村とかになってくるととんでもないことになってくるじゃないですか。

いや、この国際社会においては日本だけに限定するのはむしろ狭いのか。
「ああ、世界のどこかに私を待ってる人がいる」というべきなのでしょうか。
もっというなら、「ああ宇宙のどこかに私を待ってる人がいる」ならばさらに漏れが防げると思います。

で、「ああ、あの世のどこかに私を待ってる人がいる」というと一気に話の方向性が変わってきます。高齢者の会話みたいなことになってきます。

『江ぐち』でもやしチャーシュー。


「もやし増し」はメニューに載ってないけど+30円でやってくれます

 11月26(土) 旅人の木@吉祥寺 カッパ@吉祥寺 彩季@吉祥寺
スポーツクラブ帰りのマユモーと『カッパ』に行きました。
『カッパ』は9時近いとはほとんど肉が残っていません。いつもの店内の雰囲気を確認してホッとする程度にして店を出ました。

『マユモー』が「おでんが旨い店があるから」と言うので『彩季』に行きました。

 

僕はおでんをあまり積極的に旨いと思ったことがないのですが、ここのおでんは旨かったです。多分、秀麗なあっさりラーメンのスープを彷彿させるような出汁の響きを持っていたからです。おでんなのに基準がラーメン。

店内のBGMが80年代〜90年代のJ−POPだったので、曲当てクイズみたいなことをしていたのですが、マユモーのはちゃめちゃな認識がすごい。SMAPの歌を聴いて「これはハウンドドッグだよね」と言ったり、プリンセスプリセンスの歌を聴いて「hitomi」と言ったりする。ネタじゃなくて本気で言ってるのがすごい。TUBEだけ正しく当てていた。マユモーはTUBE以外の音楽は正しく認識できない。

*****

12月23日(金曜祝日)の夜に西麻布のYEPというイベントの中でライブをします。上のフラッシュにあるようにお知らせのページを作りました。楽しいライブにしたいということを最優先に考えておりますので、蚊取り線香の形をしたジェットコースターを作りたいということなどはなるべく考えないようにしています。

*****

立派な大人
 11月25(金) あおば@武蔵境
痛いの痛いの飛んでけという呪文によって飛んでいった痛みはどこに行くのか?という疑問があります。

最初は「飛んでイスタンブール」というキーワードが頭に浮かび、多分傷みはイスタンブールに飛んでいっているのではないかと思ったのですが、イスタンブールにはさほど痛そうな人が多いわけではないようですので、どうもそうではないようです。

僕自身の研究によれば、痛いの痛いの飛んでけという呪文によって飛んでいった痛みは海王星に飛んでいっていることが明らかになっています。明らかになっていると言っても科学的根拠は皆無で、「なんとなくそんな気がする」という根拠によって明らかになっているのです。ですから、みなさんも痛いの痛いの飛んでけという呪文によって飛んでいった痛みは海王星に蓄積されていると、なんとなく思っていただけたら良いと思います。

そういうことで海王星に行くとものすごく痛いです。多分そういう気がします。絶対そういう気がします。そこに僕は絶対性を感じ取っています。相対性を根拠にした宇宙の法則の中に、唯一燦然と輝く絶対性を感じるのです。

*****

『あおば』でラーメンを食べました。
ここは大変辺鄙な場所にあるカウンターだけの小さなお店なのですが、リストランテ・ヒロの山田宏巳シェフが好きな店でもあります。
余計なことを言ってしまい申し訳ありません。山田宏巳が好きなラーメン屋の情報を本人でもないのに発信してしまい大変申し訳ありませんでした。
 11月24(木) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
ヒョッコリ君と『カッパ』。

最近は『カッパ』に来てもあまりレバサシを注文していなかったのですが、久しぶりに醤油で食べましたところ、なかなか新鮮に感じました。レバサシが新鮮に感じたからと言って、モンテスキューが新鮮に感じないということではなく、レバサシもモンテスキューも等しく新鮮だと思っています。本当のことを言えば、モンテスキューはそんなに新鮮だとは思っていません。


コンケノビとマユモーが飲めることになって、一度家に戻ってから、また街に出て飲みました

※飲んだといっても塩酸を飲んだという意味ではありません。飲んだのは硫酸です。


ひとりで『ホープ軒』で〆ました。麺は半麺で注文しています。

 11月23(水) 神田まつ屋(東急)@吉祥寺
イエイ!
(水道の蛇口にねり消しを詰め込みながら)どもども!ヤギ好きのみなさんお久しぶり!ぽー塚愛です。

ぽー塚は今日もフォトショップでヒゲを消す作業と、美白プリクラ並みに超常現象的な顔の色を表現する作業に精を出していました!(^^)!
ちなみにぽー塚は30歳です!
もう一度言いますけど30歳です!
形が気に入らないので、鼻を消したのが今日のポイントです!業界用語で「クリリン化」って言います。

イエイ!
みなさん(ヤギ好き)に報告だよ!
なんと、今日もまたぽー塚の「なっとう」を歌ってくれた方から投稿がありました。
とても細くてキュートなボーカルで、独特の世界観を作り出しながら歌ってくれたのは新婚ホヤホヤでラブラブ(ヤギが)な生活をおくっているチャイナ人形さんという女の子です。

立て続けに「なっとう」の投稿があってぽー塚はとってもとってもウレシイのだ〜(エヘン!)
みなさん(右翼)ももっともっと「なっとう」を送ってくださいね!


♪チャイナ人形さんが歌ってくれた「なっとう」(MP3)

笑顔で竹馬を奪い 分解して 親に売る
フィッシュ フラッシュ パトラッシュ あたしの槍は5メートル

土偶型のにぎり飯 馬車に向けて投げつけたい
乳歯抜くなら わりばしで キュウリ製の城に住むの

ニュートリノを集め 固めて 「燃えるゴミ」に出そう
ニューデリーに行って 恋して あたしの肌に鱗咲く

愛はいつも ネバネバの蒸した豆に染まるメロディー
みんな ひとつにまとまれたなら
いま 世界中が なっとう★

君の服を 仏閣に隠し 災害に備えて 詩吟
そんなに砂肝を持ってるの?
君は砂肝貴族なの?

ミケランジェロが生きてたら マウスだけで絵を描かす
キリストがラーメン食う 髪を束ねナルト食う

夕暮れの吉祥寺ならば ハムスターまみれ
遠ざかるナイル川見据え 住民票を読み上げる

レンズ 亀に近づけて 甲羅に押し付けて割れた
君の声が空に消えた夜 あたしはシメジ握ってた

糸を引けば 幸せはそこに タレは甘いから醤油で
チェロの弦で首を締められたあたしは 恥骨 踏んでいた

ほらね 愛はきっと 茶色くて 菌をまとう豆のメモリー
みんな ひとつに集まれたなら
それが ナットーキナーズム(粘着主義)



*****

吉祥寺東急の『神田まつや』でそばとろを食べました。
 11月22(火) 洞くつ家@吉祥寺
闇の力を持つ4人が僕の家に集まりました。

集まった目的は言うまでもなく「大魔王セグレマリルテリラ」を現世に召還するためです。みなさんもご存知のように、「大魔王セグレマリルテリラ」を召還するためには4つの闇の力が必要なのです。

「闇の貴公子」という称号を持っているサトさんは「ズェリカフ」という暗黒の道具を使って闇の力を増幅させます。


「ズェリカフ」を持つサト
※ダーク弦をかき鳴らすことによって暗黒波が空気中に伝わり闇が増幅する


「闇野郎」という称号を持つたけし君は「ブナレイオン」という暗黒の道具を使い、闇の濃度を極限まで高めます。


「ブナレイオン」を持つたけし
※写真の箱の真ん中の丸い穴から上質の闇が流出する仕組みになっている



「闇ちゃん」という称号を持つ164君は「マフタ」という暗黒の道具を使って世界中の光を除去します。


「マフタ」を持つ164
※白い鍵盤で消す光の量を調節したあと黒い鍵盤で光を消し去る


そして「闇の毛沢東」という称号を持つ僕は「ナタンシ」というYAMAHA製の器具を使って、「大魔王セグレマリルテリラ」が現世に入ってくるための「闇の穴(ダークホール)」を作り上げるのです。

しかし、いくら集まった4人の闇の力が強大であるとはいえ、「大魔王セグレマリルテリラ」を召還するのは至難の業なのです。生と死の瀬戸際まで行って、命を落とさずにそこから戻ってこなければならないのですから…
過去に「大魔王セグレマリルテリラ」を召還することに失敗し命を落としていったダークマスターは数万人にも及ぶのです…

結局、「大魔王セグレマリルテリラ」を召還することはできませんでしたが、またチャレンジして、必ずこの世界を闇の恐怖に落とし入れて見せます。それまで楽しみに待っててください。ヒヒヒヒヒ…フフフ…フハ!フハハハハ!


闇の魔方陣



ひとりで『洞くつ家』で〆ました。すみませんでした。

 11月21(月) わ@吉祥寺
僕が物心ついて、初めて「覚えられない」と思ったのは、「ホッツェンプロッツ」という言葉でした。何しろ記憶と折り合いがつかないのです。何度も見てるのに、どうしても「ホッツェンプロッツ」という言葉が頭に入らない。「ホッ」までは覚えられるんだけど、どうしてもその先に進めない。構造が分からない。

「ホッ」に続く「ツェ」に癖がありすぎる気がしますし、「ツェン」という羅列も幼い僕にはまったく難解でした。内容よりも「覚えられない」というトラウマが僕の心に突き刺さったままの児童書が「大どろぼうホッツェンプロッツ」です。


いまでも、「ホッツェンツロップ」とか言いそうになります。逆に言えば、こういった耳慣れないカタカナに対する憧れは幼少期に形成されている気がします。

「ホッツェンプロッツ!ホッツェンプロッツ!」と鳴く動物がアマゾン河流域の熱帯常緑多雨林のど真ん中に棲息している気がしてなりません。それが3足歩行の動物だったらとにかく歓喜します。で、9足歩行だったら宴会を開きます。『坐・和民』で宴会を開きます。

というようなノリで、『わ』でマユモーと飲みました。




スペ玉

そうそう。ちなみに、以前、『わ』のマスターと話していた時、マスターが「『カッパ』さんは吉祥寺で最高峰のもつ焼き屋ですわ」という言葉をちらりと漏らしたのですが、それ以来、僕は逆説的に『わ』の虜になってしまいました。発言の意図としてどこまで本心なのかは分からないというのがあるにしても、提供する商品が競合する同業者相手にこのセリフはなかなか言えないな、と。こんな話をしてすみませんでした。『わ』は本当に旨いです。

*****

 11月20(日) 文蔵@三鷹


30歳の僕と世界的な言語学者(2歳児)のトークです

*****

『文蔵@三鷹』2回目。
印象的に、この系統の本家であろう中野の『青葉』よりも強烈な出汁を感じます。出汁は感じるのですが霊気は感じません。おそらく、霊とは全然関係ないからだと思います。間違ってたらすみません。

ラーメン+味玉

 11月19(土)
突然のことで驚きましたが、ローリーさんから「なっとう」(歌)を投稿していただきました。僕は女の人が「なっとう」を歌っているのを聴いたのは初めてです。大変元気よく歌っていただきありがとうございました。「なっとう」の投稿はこのサイトが続く限り受け付けていますのでどんどん歌って送ってね!ついでに、トップ音楽も「なっとう」に変えたよ!

♪ローリーさんが歌ってくれた「なっとう」(MP3)

笑顔で竹馬を奪い 分解して 親に売る
フィッシュ フラッシュ パトラッシュ あたしの槍は5メートル

土偶型のにぎり飯 馬車に向けて投げつけたい
乳歯抜くなら わりばしで キュウリ製の城に住むの

ニュートリノを集め 固めて 「燃えるゴミ」に出そう
ニューデリーに行って 恋して あたしの肌に鱗咲く

愛はいつも ネバネバの蒸した豆に染まるメロディー
みんな ひとつにまとまれたなら
いま 世界中が なっとう★

君の服を 仏閣に隠し 災害に備えて 詩吟
そんなに砂肝を持ってるの?
君は砂肝貴族なの?

ミケランジェロが生きてたら マウスだけで絵を描かす
キリストがラーメン食う 髪を束ねナルト食う

夕暮れの吉祥寺ならば ハムスターまみれ
遠ざかるナイル川見据え 住民票を読み上げる

レンズ 亀に近づけて 甲羅に押し付けて割れた
君の声が空に消えた夜 あたしはシメジ握ってた

糸を引けば 幸せはそこに タレは甘いから醤油で
チェロの弦で首を締められたあたしは 恥骨 踏んでいた

ほらね 愛はきっと 茶色くて 菌をまとう豆のメモリー
みんな ひとつに集まれたなら
それが ナットーキナーズム(粘着主義)



*****

三段論法ってのがあるじゃないですか。

例えば、ガム、オランウータン、レーガン大統領がススキノで大暴れ、みたいな。

ほら遅い!

ダメ!
いま、「全然三段論法じゃないよ!」ってつっこむところでしょ?
何しているの?ねえ?もっと早くボケを拾って反応してくれないと困るヨン様。

ほら遅い!

いまボケたでしょ僕?ねえ?そうやってぼんやりしているとボケ拾えないよ?
ねえ?そんなことだからいつまで経っても君は神なんですよ。

ほら遅い!
 11月18(金) あおば@武蔵境 カッパ@吉祥寺 真希@吉祥寺 一風堂@吉祥寺
コンケノビとマユモーと『カッパ』。


頭に穴を開けそこにネズミを入れると脳内をネズミが駆け回りますよね。

しかし長いことネズミを脳内に走らせていると、そのネズミが(チューだけに)中学生に進化するわけですよね。そういう風にして、僕の脳内には中学生が住みつくんじゃないでしょうか。

ネズミが中学生に進化すること自体は否定しませんが、僕の脳内で中学生に進化するのは勘弁してほしいですよね。人の脳内で勝手に中学生に進化するな!みたいな。

武士に進化するなら逆にうれしいんだけどさ。

そういう理由で二次会は『真希』。


〆はコンケノビと『一風堂』です。メインはご飯です。

 

*****

『あおば』の塩ラーメン。


 11月17(木)


音声ファイル(WMA)

 11月16(水) ちょうちん@吉祥寺 一風堂@吉祥寺
今日は年末に予定されている「胃液対決」の打ち合わせで164君たけし君サトさんと『ちょうちん』に行きました。

  


みなさんもよくご存知かと思いますが、「胃液対決」というのは各自の胃から採取した胃液でどれだけダイヤモンドを溶かせるかを競うゲームです。一番ダイヤモンドを溶かした胃液の持ち主は「胃液王(イエキング)」という称号を与えられ、胃袋の絵がプリントされたTシャツをプレゼントされます。しかし、胃液王にプレゼントされたそのTシャツは、胃液王自身の胃液で溶かされてしまいます。胃液王の胃液はすべてを溶かしてしまいます。文字通り「すべて」を溶かしてしまうのです。夢も希望も愛もファミコンも溶かしてしまうのです。でも僕はそんなことは許しません。僕は胃液王の胃液から世界を守ります。守ってみせますよ。みなさん僕を信じてください。僕の目を見てください。この僕の真剣な目を見てください。この目の中でホッケを飼えたら素敵だな、なんて思ってます。僕っておちゃめですよね?
さて、この「胃液対決」は実際には予定されていない可能性があります。実際に予定されているのは(森脇健児以外の)ライブである可能性が高いのです。この話はどんどん固まっていますし、僕も十分にやる気なので、ことあるごとに(友人が骸骨を舐めるたびに)この話題に触れようと思っています。

〆は『一風堂』。


サト&たけし











このページのトップへ