ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 1月31日(月) 生郎@吉祥寺
結構、ネット上でも話題になっていた記事ですが。

長崎県教委が県内の小中学生約3600人を対象に「生と死」について尋ねた意識調査で、15・4%が「死んだ人が生き返る」と回答した。

あまり社会派ぶったような話はしたくないのですが、僕もこの記事を読んだ時はさすがにゾッとしました。正直、ガッカリしたし、日本の将来を憂いました。

なぜなら、たった15.4%の児童しか「死んだ人が生き返る」という常識中の常識を知らなかったことに腹が立ったからです。「死んだ人が生き返る」など、キリストの例を持ち出す以前に、古代エジプト時代からの常識だったはずです。

知識詰め込み型の教育は良くないとか言う以前に、いくらなんでも、「死んだ人が生き返る」くらいの常識はちゃんと教え込むべきではないでしょうか。こういう恐ろしい調査結果に見えてくるのが「ゆとり教育の弊害」だと僕は言ってるのです。
だって、他の84.6%の児童は「死んで生き返る」ことを知らないってことでしょう?
現に、僕だって何回も死んで生き返ってますし、誰だって一度や二度は死んで生き返ってるはずでしょう。

死んで生き返らないやつなんて単なるバカじゃないですか(笑)
常識で考えたら分かることです(笑)

*****

 1月30日(日)
幸福の白ゴリラが僕たちに与えてくれるもののひとつが「穀物」です。
僕達に穀物を与えてくれるのは、農業と白ゴリラです。そう思うと、感動して泣けてきました。また、「穀物」がないと何にもできない自分に不甲斐なさを感じました。
この歌は泣きながら歌いました。この機会に「穀物」に感謝したいと思います。

穀物の歌(mp3)
俺の穀物を運んでくれる 俺に穀物を与えてくれる

俺の穀物が輝きだせば 君の穀物も光を浴びる

俺と穀物を思い出したら 俺に穀物を与えてほしい
俺の穀物がダメになっても 君の穀物が世界を救う

俺の穀物を運んでくれる…

俺に穀物を与えてくれる…

*****


現れ、去るもの

*****

紹介する時期が遅れましたが、年始に福袋を買ったのでレビューしてみました。こちらです。
 1月29日(土) 珍々亭@武蔵境 まる紀@東村山
よくよく考えたら、「インテル入ってる」っていう駄洒落があまりにもひどいと思ったので、『珍々亭』で並ネギを食べました。

この後、思いつきで、たった2分の曲(幸せの白ゴリラ達が青空を舞う)をシンセで3時間かけて打ち込んで、くたくたに疲れ、ヒマになり、どうしようもなく疲れ、そして、腹が減り、疲れ、どうしようもなくヒマになったため途方にくれていましたが、コンケノビが車を出してくれるというので、マコちゃんと3人で東村山の『まる紀』までラーメンを食べ行きました。
 
超魚介系

 
僕は、普段、宗教上の理由でラーメンのスープを飲み干すことはあまりしないのですが、今日は腹ペコだったのでガルプダウンしました。

*****

土曜日は時間があるので、やる気さえあれば音楽を作れます。

今日作った曲は、「幸せの白ゴリラ達が青空を舞う」という曲で、人類に幸福をもたらす白ゴリラ(白い翼が生えている)の大群が大空を羽ばたいている様子をイメージしたものです。
壮大で美しい大地の鳥瞰図を思い描きながら、白ゴリラの大群になったつもりで、なおかつ、幸せを地上に振りまく感じで聴いてもらえたらうれしいです。
ドフドフというドラムの音でゴリラ感をイメージするとちょうど良いです。
繰り返されるメロディーの歌詞は、「きーみーのしーあーわーせーを運んでくれる」です。

僕はゴリラが大好きです。みなさんはどうですか?そうですか。

幸せの白ゴリラ達が青空を舞う
(音声ファイル)

*****

 1月28日(金) 満州屋@吉祥寺(東急九州物産展)
曲を作ったのですが、途中で飽きました。
最初はやる気があったけど、だんだんやる気がなくなってゆく様子が伝わればうれしいです。
これからも、途中でやる気がなくなった曲を作っていきたいです。

途中でやる気がなくなった作曲集第1弾!

ネバーギブアップ(音声ファイル)

*****

「きょうのわんこ」のコーナーを、「きょうのゾンビ」に変えてみてはどうでしょうか。毎日、違うゾンビを紹介するのです。
毎朝、赤や緑が生々しいゾンビの映像を見てから出勤。お昼休みの食事の時に、大腸が飛び出てる映像が鮮明に甦ってくる。

東急で「九州物産展」がやっており、『満州屋』という久留米のお店が出店してたので、ラーメンを食べました。
 

*****

鮭に見た神







 1月27日(木) いちのじゅう@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
ポケモンカレーというからには、ポケモンの肉がふんだんに使われているんだろうと思います。そうじゃなきゃ、立派な虚偽表示です。

『いちのじゅう』で焼き鳥などを食べました。
 

  

『ホープ軒』で中華そばを食べました。
『ホープ軒』は吉祥寺のラーメン史を語る上では外せないラーメじゃあね!バイバイ!またね!

*****

マユモーから来たメール。

 昨日は新年会で、1次会の会場がB1Fで電波が入らなかった。
 その後、2,3,4,5次会まで行って、4時にラーメンを食べて解散でした。

 そして、やっぱり今日はつらい。

バカだ。
 1月26日(水) 加賀屋@三鷹
アルプスの少女ハイジが、右手を左手を交互に使いがならものすごいスピードで寿司を食べる映像を思い浮かべたり、屈強な男たちが、横たわるネロとパトラッシュにそば湯をかけたりする映像(湯気いっぱい)を思い浮かべながら、コンケノビと『加賀屋』に行きました。
 

 
じゃあね!バイバイ!

*****

このマーク↓が「取扱注意」というのは嘘だと思いました。


どっちかっていうと、こっちの方↓がしっくりくる。


もしくは、「ハンドパワー」とか。だって、浮いてるもの。
 1月25日(火) 江ぐち@三鷹
不自然なスローペースで自転車を立ちこぎしている人を見かける度に、「うんこを漏らしたのですか?」と声をかけながら街を徘徊している途中、『江ぐち』でラーメンを食べました。


ラーメンマニアなら、知らない人はいない老舗『江ぐち』は、
三鷹で最も昭和の風情を残すラーメン屋です。


猛スピードで自転車を立ちこぎしている人は、うんこが漏れそうな人だと思って間違いないと思います。いや、実はすでにうんこが漏れているんだけど、まだ漏れてないフリをするために、猛スピードで自転車を立ちこぎしている人もいるかもしれませんね。
もし、うんこを漏らしちゃったら、自転車の前についているカゴの中にうんこを入れてゆっくり帰るのがベストです。そうすれば、面倒くさい警察の職務質問もきっと回避できるはずです。あと、大金を持っている時とかも、自転車のカゴにうんこを入れてみてください。絶対にひったくりに遭いませんよ。
このようなネット↓よりずっと効果がありますよ。本当にやってみてください。
お願いだからやってみてくれませんか?僕は絶対にやりたくないので、誰か試してみてくださいよ!ねえ!やってよ!お願いだから!じゃあね!

*****

動画コーナーに「スマポレ島の地震」をアップしました。

スマポレ島の地震

僕が体験したスマポレ島地震の壮絶さを熱く語ります。
この話を聞いているマユモーは終始絶句していました。
僕はこの地震を思い出すたびに、
自然災害の恐ろしさというものを痛感します。
いくら宇宙に行ったとか文明が進化したとか言ったところで、
僕たちは絶対に自然を超えることはできません。
僕らはしょせん人類なのです。
僕らは「地球」という箱の中に棲息しているのですから、
その、箱そのものが歪んだ時、必ず犠牲になります。
もはや、防災云々というレベルの話ではないのです。

*****

「エクスタシー」って10回言ってからクリック
 1月24日(月) ぶぶか@吉祥寺
吉村作治のクローンを3人造ればエジプトのミイラの発見率が3倍になる。つまり、吉村作治のクローンを1000人造ればエジプトのミイラの発見率が1000倍になる。という、昨日僕が得た確信は嘘だという確信を得ました。
なぜなら、吉村作治のクローンを3人作れば、元の吉村作治を入れて、この世に4人の吉村作治がいることになり、エジプトのミイラの発見率は4倍になるに違いないからです。1000人なら1001倍です。
しかし、僕はそんなことよりも重要なことを思い出しました。それは、いま、これを読んでいるあなたの後ろで安室なみえが踊っているという事実です。
すみませんが、ちょっと、後ろを見てもらえますか?
どうですか?安室なみえはいましたか?なるほど、いませんでしたか。
しかし、僕には確かにあなたの後ろで踊っている安室なみえが見えます。つまり、こういうことが言えます。
あなたはいま、安室なみえが自分の後ろで踊っていないと「思い込んでいる」のに対し、僕はいま、安室なみえがあなたの後ろで踊っていると「思い込んでいる」ということです。
その「思い込み」自体に何の差もありません。1ミクロンの差もありません。それでは、早速、今日僕が食べたラーメンを紹介します。

ぶぶか@吉祥寺 もやしラーメン

次に、僕がむかし書いていた雑学ノートの一部を紹介します。このノートは、僕が本を読んだりテレビを見たりゲームをしたり息をしたりしている時などに得た情報を、「この知識はいつか何かしらのネタになるだろう」と思った都度書き込んでいたノートで、雑学の項目は全3冊で1,902項目あります。


今日紹介するのは、雑学ノート1第718番目の、デュマズディエという人が考えた「余暇の三機能」です。


いやあ、それにしても、黒豹を縮小すると黒猫になりますよね。
逆に、クロネコヤマト宅急便は事業を拡大したら、クロヒョウヤマト宅急便になっちゃったりして!なんつって!
 1月23日(日) エントランスモンド@吉祥寺
吉村作治のクローンを3人造ればエジプトのミイラの発見率が3倍になる、と思いました。ということは、吉村作治のクローンを1000人造ればエジプトのミイラの発見率が1000倍になる。
というような確信を得たのですが、そんな確信を得ようが得まいが、ツタンカーメンは嫌というほど金色です。生まれてこの方、ツタンカーメンが金色じゃなかったことなんて一度もなかったし、それと同じ理屈で、チャゲは常にサングラスをかけていたし、それと同じ理屈で、サボテンはいつもメキシコに生えていました。
ですから、僕はメキシコ料理が食べたくなったのです。そして、「メキシコ料理(メキ飯)を食べたい」と思った数分後にメキシコ料理店に到着し、満足するまでトルティーヤを食べたのです。
 

 

 




*****

↓今日、僕が考えたオリジナルモンスターです。

名前  小田桐 翔
性格  穏やかだが凶暴で、非常に優しいが残虐非道
必殺技  長い尻尾で寸胴の中のとんこつスープをかき混ぜる
口癖  みんなの元気わけてくれ!
得意科目  美術(石膏)

*****

朝起きた直後に非常にくだらないことを思いついてしまいました。
せっかくなので、フォトショップで合成画像を作ってみました。

こちらです。
 1月22日(土) 松屋@吉祥寺
三国志キャラクター紹介


劉備


張飛




 1月21日(金) 山利喜@森下 洞くつ家@吉祥寺
『山利喜@森下』に行ってきた。

*****

 
『洞くつ家@吉祥寺』


味玉とキャベチャー

*****

色々なことを知らない子供たち(音楽)

*****

クリックすると様々な広辞苑が見られます

社会ニュース - 1月20日(木)
ハブの物真似上手すぎてマングースに殺される

 昨夜、神がかっているほどハブの物真似が得意なことで知られる新垣覇武さん(40歳)が、あまりにハブの物真似が上手だったため、マングースに襲われ死亡していたことが分かった。
 新垣さんは、針すなおさえも10点をつけるくらいハブの物真似が上手だっただけに、関係者は落胆の色を隠せない様子だ。
1月20日更新
 1月20日(木) 杉作@川崎
 1月19日(水) カッパ@吉祥寺
今日は体調が悪いので、『カッパ』は行かない!と決めていましたので、ヒョッコリ君とマユモーと『カッパ』に行きました。

意味の分からない文章を書いて寝ます。

鮮血タウンのひずみを感じ、いち早くスープに蛙を浸して連続的な天気予報を嘲っていたら、止められた輩と、止められてない輩が競合したため、恐れをなさないうちに雨水を内臓の中に取り込むことによって、お姫様が上から落ちてきたという噂をききました。

というのも、災害医療においては、夏を越えて秋を過ぎないタイミングで鐘を鳴らさなければ、宝石が傷ついてしまうと言われており、そのため、100キログラムを超えるものには、厳重に鍵をかけ、青いシートを被せておかなければなりません。

それでも、ナルフェイルの民たちは呆然としていましたし、なおかつ、毛髪を焼いた時のごときゆるやかな傾斜をすべり、道行く人はみな、包丁などを右手にかざすのです。

そのような強大な惑星をすべて虚構だと見抜くことが、我々の使命であると断言するのは危険ですし、水泡の中に浮かぶ小さな石のみを取り除くと試みるなら、天空に、なまずが不敵に笑うに違いないのですし、ユンケルはリポDと違って味もいける。

 1月18日(火) ロイヤルホスト@三鷹
このサイトは2003年の5月から始まったことになっていますが、それより以前、僕は、ネタとは無縁の「食べたもの日記」をやってました。それがやりたかったことだったのです。毎日違う店でラーメンを食べたり、色々な居酒屋に行くのが楽しいからです
その名残りというか、まだ続いている当該コンセプトの上で、現在も食べたものの写真をサイトに上げているのですが、いまは味についての細かい言及は意図的に避けています。せいぜい、言って「旨い」「不味い」くらいのものです。

今日は、その理由を説明しようと思います。

今日食べた肉など
 



 

実を言うと、僕は何を食べてもコンソメの味しかしません。コンソメを食べてもコンソメの味がするし、肉を食べても魚を食べてもハガキを食べてもコンソメの味がします。

本来、味を感じる味覚細胞の分布は、下(舌だけに)の図に示される内容が一般的です。(参考:ビジュアル生理学

クリックすると僕のオリジナル画像が出てくるよ!

しかし、僕の味覚細胞は以下のようになっています。

クリックすると僕のオリジナル画像が出てくるよ!

このため、僕は何を食べてもたいていコンソメの味しかしないし、たまに別の味を感じるとしても祖父(通称:おじいちゃん)の味です。コンソメも祖父(通称:おじいちゃん)も同じようなものですから、その差にほんとんど意味はありません。おすぎとピーコ以上に差がないどころか、タガメとワカメ以上に差がないかもしれません。
ラーメンを食べたって蕎麦を食べたって、コンソメの味しかしないんだから、味についての細かい言及は避けているのです。僕が言うところの「旨いとか不味い」というのは「旨いコンソメが不味いコンソメか」という話に尽きます。
例えば、僕が「旨いラーメン屋を発見したよ」と言った場合、「旨いコンソメ味のラーメン屋を発見した」という意味です。

良い味蕾を持って生まれたなあと思います。

*****

動画コーナーにゴキブリ撃退法をアップしました。

ゴキブリ撃退法

世界一効果的なゴキブリ撃退法について、
コンケノビと僕とヒョッコリ君が話し合います。
 1月17日(月) カッパ@吉祥寺
ヒョッコリ君とマユモーと『カッパ』に行きました。

コブクロ刺し 塩でサンサン

「目が泳ぐ」という慣用句がありますが、目はどんな水着で泳ぐのかという話になりました。なってませんよ。なるわけがない。なったとして、ビキニでいいや。

いくら目だって、スクール水着よりはビキニの方が良いと思ったのです。いや、思ってないんですが。
 1月16日(日)

巨大コウモリと男がいる風景


*****


コンケノビの絵に模様を足しました


このページのトップへ