ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 1月15日(土)
ヒョッコリ君とコンケノビとマコちゃんが遊びにきて、音声を撮ったり絵を描いたり動画を撮ったりしました。

動画コーナーに、動画を3つ一気に上げます。

ピアノレッスン

オリコン3位を目指す僕とマコちゃんの
厳しいスパルタピアノレッスンの模様を動画にしました。
この動画(ドキュメンタリードラマ)を見れば、
音楽とは、芸術でもなんでもなく、ビジネスだということが
一発で分かってもらえる思います。3編あります。

*****

パッと見は可愛いけど、実際に道端にいたら怖い、という動物を思いついたので、絵にしてみました。
とうもろこし畑がある田舎道によく出没します。

*****

むかし描いた難解な漫画
 1月14日(金)
シマウマを別の動物にしてみたいと思い、シマウマの白い部分を黒く塗り、黒い部分を白く塗ったら、また、シマウマになってしまったので絶望しています。

シマウマの黒い部分を透明にしたら、きっと、シマウマを通して縞々の風景が見えると思うのですが、僕は科学者ではないので、シマウマの黒い部分を透明にする方法が分かりません。

シマウマの競馬を見に行きたい。
いや、むしろ競「馬」である必要はないのかもしれません。
競虎とか、競妖精とかの方が見たいかもしれません。盛り上がらないのは、競カマキリとかだと思います。

*****


音声ファイル
 1月13日(木) カッパ@吉祥寺 匠@吉祥寺
サングラスをしてない木根尚人が、木根尚人なのかどうか分からなくなってしまったため、肉もあまり残っていないような遅い時間に『カッパ』に行きました。
『カッパ』にはヒョッコリ君とマユモーがいましたが、ふたりとも木根尚人の物真似をしていませんでした。おそらくは、一生、木根尚人の物真似をしないんじゃないかと思わせるスタンスでしたが、多分、僕も木根尚人の物真似をすることはないと思います。

野菜 塩でサンサン

『匠』のへぎそばは旨い。
 


4〜5人前

旨すぎて、追加注文しました。

1〜2人前
 1月12日(水)

この想いを届けるとどうなるか科学的に実証してみました

*****

動画コーナーに「イエモン」を上げました。
動画解説
あの幻のバンド「ザ・イエローモンキー」について、
僕とコンケノビが、熱い音楽論を繰り広げます。
吉井和哉が表現したかったことは何だったのか。
この動画を見れば全てが暴露されると僕は確信します。
見所は、コンケノビが僕に見せた「一瞬の戸惑い」です。
そのコンケノビの「戸惑い」を目前にした時、
図らずも、僕は笑いを禁じえなかったのです。
 1月11日(火) カッパ@吉祥寺
今日は、ヒョッコリ君とコンケノビと『カッ

*****

動画コーナーに「魔娑斗」を上げました。
動画解説
ヒョッコリ君とマユモーが、魔娑斗の魅力について
激論を交わす動画です。
この動画を見れば、特に魔娑斗のことが好きじゃない人も
魔娑斗の魅力の虜になること間違いなし。
 1月10日(月) 大勝軒@永福町
家に泊まっていったガウと『大勝軒』に行きました。40分待ちくらいでした。
ガウのインタビューを撮ったので動画コーナーにアップします。
 
 1月9日(日) すき家@吉祥寺 吉祥寺ビアホール戎@吉祥寺
サッカーやバレーボールやバスケットなどの球技で使うボールが、猿の頭に変わったような錯覚に陥ったため、ヒョッコリ君とガウとコンケノビとマコちゃんと飲みに行きました。
かなり遅くなってからマユモーが来ましたが、その時点で、サッカーやバレーボールやバスケットなどの球技で使うボールが、猿の頭に変わったと感じたのは錯覚ではなく事実であると確信しました。

僕は「球技」という名称に騙されていたに過ぎません。

実際は、サッカーやバレーボールやバスケットなどは「猿頭技」なのですから。
 


比内地鶏

 

 

*****

今日のひどい漫画
 1月8日(土)

クリックすると音が出るページに飛びます

*****

戦国武将が好きな人は、ドラクエの主人公に戦国武将の名前を付けているに違いない。だから、今度僕がドラクエをやる時はラーメン屋の名前を付けよう。
勇者:青葉、魔法使い:春木屋、僧侶:一風堂、戦士:大勝軒。
  
 1月7日(金) 翠蘭@吉祥寺
キョンシーが主人公のドラクエならやってもいいと思いました。
職業がキョンシーしかないドラクエです。転職してもキョンシーです。いくらレベルを上げても、呼吸をしてない者を認識することはできません。そんなドラクエです。キョンシーなのにドラゴンクエストです。キョンシーなのにです。ラスボスがテンテン。それでもドラゴンクエストです。

『翠蘭』で中華料理を食べました。
 

  

 

 
 1月6日(木) カッパ@吉祥寺
今日はカッパ開きの日ですから、意地でも行かなければなりませんでした。

意地でも『カッパ』に行くためには、どうしても、「かつて誰かが言ったようなギャグ」を思いつく必要があります。
そこで、僕が思いついた「かつて誰かが言ったようなギャグ」を発表します。

それは、「いったい、どうしたらインダス川?」です。どうですか?いかにも、かつて誰かが言ってそうですよね。こんなことを言うやつは、きっと、あなたの周囲にも5・6兆人くらいはいるんじゃないでしょうか。

 

ヒョッコリ君とマユモーが、ギリギリ『カッパ』にいたので良かったです。
年始に『カッパ』に行くと、素晴らしいアイテムがもらえます。それが「カッパ財布」です。今年も無事入手できました。本当に良かったです。このために意地でも行きました。ひとりでも行くつもりでした。

去年とデザインが違う

*****


首しかないキリンのトーク(音声)
 1月5日(水) 生郎@吉祥寺
どのようにヤシを割れば良いのか、と思いました。
ヤシなどという大変割りにくいものが、そう簡単に割れるはずがありません。

僕に答えを教えてくれたのは、フサオマキザルでした。
やっぱり猿ってすごいなあと思いました。



 1月4日(火) 吉祥寺ビアホール戎@吉祥寺
もし、キリンの首が無限に天空に伸びていたとして、本当にその首が無限に伸びていることを証明することなどできないと思います、なぜなら、無限だからです。ずっと続いているので、実際に無限かどうかを確かめられないのです。ですから、僕はマユモーと飲みに行きました。
 
あんきも×2

「今日は7時半には帰る」と断言していたのですが、ヒョッコリ君とコンケノビが来て、「キリンの首で滑り台を作ってくれ」と頼まれたため、結局11時くらいまで飲んでしまいましたが、キリンの首を巨大なポッキーだと言って多くの人に売ったため、莫大な利益を得ることに成功したので良かったです。比内地鶏も良かったです。ここで得た利益は、キリンの首で輪投げをする子供たちの祖父などに寄付したいと考えています。



比内地鶏モモ

 

  

マユモーが買ってきたあぶらとり紙で、海に流出した重油などを取ろうと思います。

マユモーの一人旅 金沢土産
 1月3日(月)
例え、「ヴィヒ」という音を耳にしても、ドイツ語を想像しないようにしたい、という欲求を糧に言語感覚を変化させていきたいと思いつつ描いた絵です。
*****

意味の分からない文章をまとめました。

*****

北海道に帰ったときの日記
 1月2日(日) 番外地@下北沢
雪国ならどこでもそうなのかもしれませんが、北海道は冬になると、外は全ての空間が子ども達の遊び場になります。冬休みになれば、子ども達は朝から晩まで雪と戯れます。
冬は、雪のせいで道路が夏よりもずっと高くなるのです。人の家の屋根などにも雪伝いに簡単に登れるようになります。僕もよく屋根から屋根へ飛び移って遊びました。雪の洞窟を作ったりして、そこにお菓子を隠したりして遊びました。
雪国でも、大人は寒さや雪を嫌いますが、風の子たちにとっては寒さなんか関係ありません。子どもは「楽しさが全て」だからです。
東京で暮らしていると、せいぜい2・3日で溶けるような雪しかありません。それでも、雪は雪なのですが、僕は何か釈然としないのです。本当の「雪」というのはそんなもんじゃないと思うのです。僕のこの考えは雪国出身で東京に暮らしている人なら分かってくれるのではないでしょうか。
北海道では、雪が降って傘をさしたりする人は稀です。猛吹雪の時は逆に傘なんて邪魔じゃないでしょうか。
雪に対する姿勢が、雪国とそうじゃない場所では、国が違うくらいに認識が違います。

動画コーナーに北海道の雪遊びをアップしました。雪国の人が見たらなんとも思わない内容ですが、そうじゃないところの人は、見たらショック死する内容です。でも、北海道の子ども達はこうやって遊んでいます。子ども達はこういう風に遊ぶのです。僕は29歳です。ものすごい楽しいです。

*****

正しい正月を過ごしています。

除夜の鐘をつき(暗くて分かりにくい動画)、神社に初詣に行き、白目をむきながら教会の十字架に頬をこすりつけ、「バカらしいですよこんなの!」と言いながらフリップを後方に投げつけました。「仏教」「神道」「キリスト教」「オウム」をミックスさせました。

今日も、おとそを飲み雑煮を食べました。

おとそ


雑煮

僕としたことが、今年の初ラーメンに『旭川ラーメン番外地』を選んでしまいました。僕としたことがです。
 
 1月1日(土) 駅@下北沢
旭川空港を20時30分に発ち、22時に東京に着きました。
日付が変わる直前でしたが、下北沢の『駅』という店が元旦でも営業していたので、行って焼き鳥(メカ)を食べました。初飲みです。

メカに弱い僕は、焼き鳥というメカのことがよく分かりませんが、そもそも焼き鳥というのはメカなのか鳥なのか死骸なのかが分かりません。でも、焼き鳥は死んでいるから死骸なのかもしれません。

焼き鳥はメカなのでしょうか。そもそも、僕はなぜ、焼き鳥のことをメカだと思ってしまったのでしょか。メカなわけないのに。
いや、でも「メカなわけない」とか断言したとたん、逆にメカかもしれないって思えてきました。串がメカっぽいからかもしれません。

少なくとも、ししとうは完璧なメカです。「メカ」という言葉を「ししとう」に置き換えても、だいたいの文章は成立します。

 

 


 
このキャベツサラダが美味しくて2皿も食べました

このページのトップへ