ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 11月15(水) 希林@東伏見 ○麺堂@東伏見
このサイトの記事は死体に向けて書いてます。

そもそも、僕がホームページを始めたのは、それまでネット上には死体向けのサイトが一つもなかったからなんです。要するに、いま、これを読んでくれているあなたは死体です。あなたがいくら「私は死体ではない」と言い張ったところで死体なんですよ。このサイトは死体しか閲覧できない仕様になってますから。まあ、ないとは思いますが、みなさんの中には、自分が生きてると思い込んでる方もいらっしゃるかもしれないですね。そういう方は、かなり愚鈍な方だと思いますが。もちろん、僕だって死体ですよ。みなさん、これからも死体ライフを謳歌してゆこうではありませんか!バイバイ!

セイシロウと飲みました。


個人的なことを言えば、セイシロウは僕の4つ下で、僕が北海道にいた時、裏に住んでいたので、毎日のように遊んでいました。毎日のように、というより毎日だった気がします。ここ7年くらい消息が分からなくなっていたのですが、ミクシィで発見したところ、僕の家からものすごく近いところに住んでいたのでビックリしました。極端なことを言えば、彼は僕の音楽の師匠です。彼がいなければ、いまごろ僕は間違いなく作曲などしてないと思います。セイシロウはシンセ(打ち込み)とかギターやベースができて、彼は彼で音楽活動を続けているのですが、こうなったからには、近いうちに何か単発とかで一緒にできれば良いなと思っています。

ひとりで『○麺堂』で〆ました。


 11月14(火) 丸福@三鷹 カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
哲学とは説明です。「○○は○○である」という説明の集合体で表されるわけです。

哲学は「生」を語ろうとします。しかし、それが言語によって成される限り、哲学が真に「生」の本質に触れることは難しい。「生」は文字や概念で拾い切ることができないからです。ですが、僕は言語による哲学の実現をあきらめた訳ではありません。今日は、僕が到達した真理について記述したいと思います。僕は、この哲学を「ピュルモスカル哲学」と名づけ、世界に広めています。「ピュルモスカル哲学」はこの世から一切の矛盾を排除し、誰もが幸福になる方法を提示します。例えば、誰かが富を得るということは、誰かが富を失うということです。それは、本来良くないことです。ですから、僕は「ピュルモスカル哲学」を考えついたのです。

では、この哲学について説明します。
まず、因果の宇宙を想起してください。そこには当然リスがいるでしょう?何匹いますか?そうですね、41匹です。これらのリスをなるべく抽象化します。具象と抽象の境界まできたら、笛で大きな音を出し、リスを驚かせる。その時に発生するのが、「実存の片鱗」です。これを、有機的な現実の世界へスライドさせてゆく。その際に重要なのが、「コルスウェード」という心理状態の保持です。具体的に言えば、海の中で8メートルの鮭を見た時の感動の気持ち、です。この心理状態を時間軸に沿わずに保ってください。すると、リスが現れます。何匹いますか?40匹ですね。さっきは41匹だったのに減ってますね。死んだのでしょうか。死んだとしたら可愛そうでしょうがありません。誰が殺したのでしょうか。悲しくて涙が出てきました。可愛そうなリス。可愛そうに…。あまりにもリスが可愛そうなので、これ以上、「ピュルモスカル哲学」の話をすることはできません。可愛そうに…。

ヒョッコリ君とマユモーとコンケノビで『カッパ』→『やる気茶屋』に行き、泥酔しました。


なんと、4人で『吉祥寺どんぶり』で〆ました。


*****

『丸福』でラーメンと小ライスを食べましたか?食べました。



*****


クリックするとウェルカムボードを描いた過程です

 11月13(月)











 11月12(日) ちばき屋@葛西
ヒョッコリ君とマユモーと葛西の『ちばき屋』に行きました。

2年ぶりくらいに食べましたが、大変おいしかったです。
思わずスープまで飲み干したのですが、外で食べるラーメンをスープまで飲み干すのは半年ぶりくらいだと思います。普段、スープを飲まないのは健康を意識しているからというのもあるのですが、毎日のようにラーメンを食べていると、そんな配慮は無駄なのではないかという気もします。




 11月11(土) 神田まつや(東急)@吉祥寺
友人の結婚式でございました。

ポックリボーイバンドもウェディングライブという形で参加させていただきました。


12月16日(土)には、YEPでライブを行います。
これは、音楽性の違いで一度は解散したポックリボーイバンドの復活ライブです。音楽性の違い以前に、メンバーは、出身地や目や鼻の形まで違ったのですから解散せざるを得なかったのです。そもそも、メンバーの「マグロ」という発音がそれぞれ違っていました。声の高さとか、発声の長さとかもそれぞれ違っていたのです。みんな好き勝手な発音で「マグロ」と言っていたのですから…。このようなバンドが一緒に音楽をできるはずもないでしょう。だけど、いまは違います。全員、まったく同じ声で「マグロ」と言うことができます。「マグロ」だけに限りません。「エメラルド」とか「スプレー」とかもまったく同じ声で発音できます。もちろん、いまは、出身地や目や鼻の形まで同じです。違うのはゴリラの好きさ加減だけです。

ミクシィですが、最近できたこちらの方でもライブや僕の歌関係のアレをアレするかもしれません。

これは「なっとう」のPVですが、ワンダーボーイのPVの練習で作った感じです。


動画:なっとうPV

*****

新郎が日常となんら変わりなく率先して飲みまくる。おめでとうございます。


新郎新婦


 
どこでも転がるドリーム坊や

*****

ティコルボス・フィングラーザ
 11月10(金) げんき@月島 岸田屋@月島
そんなに焼き鳥のクシを捨てる人が多いのですか。


ヒョッコリ君とコンケノビとマユモーと月島にモツなどを食べに行きました。

1軒目は、路地裏の老舗『げんき』でモツ串を食べました。
もつメニューは牛モツ、牛ふわ、なんこつの3種のみ。飲み物は出しておりません。

テイクアウトがメインのようで、席は店外に5つほどしかありません。おばちゃんがひとりで煮てます。写真はマユモー。

2軒目は「居酒屋オブ居酒屋」みたいな扱いを受けている『岸田屋』に行きました。僕は2回目。
僕も去年あたりミーハー心だけで食べ歩いた、北千住の『大はし』、森下の『山利喜』と並んで東京3大モツ煮込みの店として知られ、漫画の「美味しんぼ」にも出てきた老舗です。


 11月9(木) わ@吉祥寺 庄や@吉祥寺
前から疑問だったのですが、アナウンサーの人って、何でニュース太りしないんでしょうか。

毎日のようにあんなニュースばかり読んでたら、普通はニュース太りすると思うんですが。
情報というのは結構カロリーが高いでしょう。殺人事件とかのニュース原稿を1回読むと、1万kcalくらいは摂取してしまいます。あと、地方で開催される、子供たちが泥だらけになって走りまわる、泥んこ祭りみたいなやつのニュース原稿を読むと、8万kcalは摂取してしまうに違いありません。

って、もしかして、ニュースと体重の変化って関連性ないってことですか?
って、これ、もしかして大発見!?僕、発見しちゃった!?

ヒョッコリ君と『わ』→『庄や』。


ひとりで『ホープ軒』で〆ました。

 11月8(水) 支那そば あおば@武蔵境
ヒーローはよく変身をします。

仮面ライダーはベルトで変身しますし、ウルトラマンは筒っぽいアレで変身しますし、悟空は月(丸いもの)を見ると巨大な猿に変身します。「怒り」によってスーパーサイヤ人にもなりますしね。

ヒーローは何かの道具とか何かのきっかけで変身するのです。
ここで、僕が考えたのは、「偶然、その辺を通りがかったゴリラが石につまづいて転んだら変身するヒーロー」です。このヒーローは、ゴリラが転んだ時に生じるエネルギーを利用して、超越的なパワーを得るのです。「ゴリラ転びビーム」や「ゴリラ転びキック」などが必殺技です。

自分で想像しても、かなりカッコいいと思いますし、間違いなく人気が出ると確信しているので、近いうちにテレビ朝日に売り込もうと思ってます。もし、これがドラマ化されたら、偶然、その辺を通りがかったゴリラが石につまづいて変身するシーンを、子供たちが毎週楽しみにするに違いありません。「今回は、いつ、偶然、その辺を通りがかったゴリラが石につまづくんだろう」って。中には、動物園でゴリラが転ぶのを待ちわびる子供が出てくるかもしれませんね。サービス精神旺盛な飼育員が、わざとゴリラが転びやすい環境の獣舎を作っちゃったりしてね。それで、間違って、ゴリラを転倒死させて、動物園をクビにされちゃったりしてね。

『支那そば あおば』でラーメンを食べました。


 11月7(火) 丸福@吉祥寺 さいたま屋@三鷹
ひとりで飲んで、ひとりで〆ました。


*****

特に何も考えずにチラリと見て、一度目を逸らせたところで、脳がようやくその違和感を感知したため、もう一度よく見てみると、この有り様でございました。



思わず買ってしまった次第ですが、この商品の付近で僕と同じようなリアクションを取る人が必ずいるでしょうから、しばらく売り場を観察していたいくらいでした。

ところで、僕は、大人になってから、ガリガリ君が当たってもアイスと交換することができなくなりました。ガリガリ君の当たり棒の方が、ガリガリ君そのものよりも価値が高いような気がするからです。当たり棒を引いたとたん、狂喜乱舞しながら店へと駆け出したあの日の僕は、もういません。大人になって、価値感が屈折したのです。当たり棒の趣旨を完全に無視です。いまは3本たまってます。


あと、20年位前にガリガリ君の弟としてソフト君というのがいたのですが、ネットで調べても画像が見つかりませんでした。

*****

『丸福』でラーメンと小ライスを食べました。
と言いたいところなのですが、チャーシュー麺を食べました。


*****



音声ファイル

 11月6(月) やまき屋@三鷹 翔太郎@吉祥寺
エスカレーターはおもしろいですね。

なぜなら、階段が勝手に動くからです。
エスカレーターを考えた人は相当なネタ職人だったと思います。なにせ、階段が勝手に動くという発想をしたのですからね。多分、エスカレーターを考えた人は、「よし!思いついた!階段を勝手に動かそう!」と思ったんですよね。

階段が勝手に上に下に動いているのに、それに対して誰も突っ込まないという状況を思うと、無性におもしろくなり、ひとりで笑っておりました。「階段が勝手に動いちゃってるよ!」って誰も言わないじゃないですか。

階段が勝手に動いてるだけでも十分おもしろいのに、その上に、人が真顔で乗っている様子を見ると、なおさらおもしろいのです。
勝手に動く階段に乗っているという、おもしろ状況なのに真顔、って。
僕も、真顔でエスカレーターに乗ろうと思いますが、笑ってしまいそうです。


『やまき屋』で元気にラーメンと小ライスを食べました。


マユモーと『翔太郎』で焼き鳥を食べました。


 11月5(日) 富士そば@吉祥寺



 11月4(土) かまどか@吉祥寺
「メゾン・ド・ペンギン」の2巻を買いました。

ものすごくタイミングを外して「超こち亀」も買いました。

なぜか、ジブリのピアノ譜も買いましたが、楽譜など読めません。
テルーの唄も載っています。
 

*****

詳細は追って報告したいと思っているのですが、12月16日の土曜日にポックリボーイバンド復活ライブを行います。

前回は「最初で最後のライブ」と銘打ちましたので、今回のは「第2回 最初で最後のライブ」ということになります。そのライブに無理やりこじつけて「ワンダーボーイ」のPVを作りました。

メンバー内からは、「なぜ、このような茶番に付き合わなければならないのか」という声が上っておりますが、そのわりに、皆がそれぞれに映像のアイデアとかを出しながら、ひどく頑張っております。


動画:ワンダーボーイPV

*****

牛角グループの『かまどか』というお店が最近吉祥寺にオープンしたようなので飲んできました。
店名が『かまどか』というだけあって、釜飯が何種類もありました。生中が390円だし、だいたい何でも美味しいので良いと思いました。


 

写真左:やきとりネギどか盛り。ネギマにさえもネギがどっさり盛られていました。ヨウカンに砂糖をかけて食べる感覚です。
写真右:アボ力ドの何とか。
アボ力ドって、正しい表記としてはアボガドではないという話がありますよね。正しくは「アボ力ド」っての。ただ、実のところ、いま僕は、「カ(か)」ではなく、「力(ちから)」と表記しました。本当に力とカは似ていますよね。
 11月3日(金) 坐¥和民@吉祥寺 富士そば@吉祥寺
P2Bの打ち合わせで、『坐・和民』にてうどんを食べ、


『富士そば』でそばを食べました。ひとりです。


*****

禁煙に成功した人のインタビュー動画を撮りました。


動画:禁煙成功者へのインタビュー

 11月2日(木) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
ヒョッコリ君とコンケノビと飲みました。

『カッパ』→『やる気茶屋』。


〆は吉どん。


*****

翼の生えた魚に対応するのはエラのある鳥。

*****

魚に負けないで。
今年も、鮭の死体がまるごと一匹送られてきました。でかい。どうしようもない。

ちょっとしたホラーじゃないですか。妙にでかくて長い箱が送られてきて、開けたら死体。

めちゃくちゃ死体だ。
 11月1日(水) やまき屋@三鷹
『やまき屋』でラーメンを食べました。


*****

「本人達にとっては、お互いに沽券にかかわる何かがあるのだけど、客観的に見れば、どっちみちバカ」という状況を考えてました。これです。


相手にスコップを持たせ、それをテーブル代わりにしてラーメンを食べる人の優越感と、一方で、スコップを持つ人の「こいつは俺が必死に持っているスコップをテーブル代わりにしてラーメンを食いやがってる」という屈辱感が、それに見合ってる気がします。

この2人の間に何があったのかは分かりませんが、どっちみち、こういう状況はバカです。

このページのトップへ