ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 10月15日(日) 陽々@三鷹
『陽々』で、ラーメンに味玉とニンニクをトッピングしました。


*****

「犬も歩けば棒に当たる」を表したカルタ。


しかし、これは棒に当たってるように見えません。
棒で叩かれてるのではないかと思うのです。だって、いくら何でもこんな不自然な棒の当たり方はないでしょう。↓これなんか、上から当たってるじゃないですか。

絶対、誰かが叩いてるんですよ、これ。
どう見たって、犬の表情が棒に当たってる表情じゃないもの。

 10月14日(土)
シャボン玉の精霊を見ました。

僕がフルフルフルーってたくさんのシャボン玉を放出させると、その中のひとつのシャボン玉から小さな精霊が生まれたんです。


精霊はシャボン玉の上を、楽しそうにピョンピョンと飛び移って遊んでました。
そして、シャボン玉が全て破裂して消え、飛び移る場所がなくなると、精霊は憎しみに満ちた目で僕をにらみつけ、「永遠に貴様を呪ってやる!」と吐き捨て、断末魔の悲鳴を上げ、死にました。

*****

え?何だって!?

*****

サイトの容量が300メガなんですが、もうパンク寸前なので、音楽室をこちらに移しました。

 10月13日(金) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
ネギで橋を作ったら渡れないと思うんですよ。

なぜなら、ネギは人間の重みに耐えられないからです。だから、基本的に「ネギの橋は渡れないよ!」って誰も思うじゃないですか。だから、僕は、「ネギの橋は渡れないよ!」って思っている最中の脳波がどうなってるかを見たいですね。100人くらいサンプル用意して、よくテレビとかで出てくるコードがいっぱい付いた頭皮上電極ってのを頭に装着してもらって、「ネギで作った橋って人間の重みに耐えられないから渡れないですよね?」って質問して、その時のみんなの脳波を見てみたいですね。だいたい同じような形の脳波になるんじゃないでしょうか。

ヒョッコリ君とコンケノビと飲みました。


ひとりで、『吉祥寺どんぶり』で〆ました。


 10月12日(木) ホルモン亭@東伏見 味源熊祭@吉祥寺
『ホルモン亭』で焼肉を食べました。


ひとりで、『味源熊祭』で〆ました。


*****

ポックリボーイバンド(164、サト、たけし、僕)で魂を込めて作った歌を発表します。

この曲は音が高いところがいくつかありますので、大きな声を出さないと音をアレできませんでしたから、録音の時、隣りの家に僕の声が聞こえていたと思います。かなりの奇声ではなかったかと思いますが、魂は込めたつもりです。魂といっても三つ子の魂ですが。つまり、ドリーム坊や(3歳)も少しだけ参加しています。


音が鳴るページ(WMAファイル)に飛びます

MP3ファイルとカラオケはこちらです。むしろ、こちらの方が音が良いです。
 10月11日(水) 珍珍亭@武蔵境
『珍珍亭』で、油そば並ネギ+玉子の黄身だけ。


*****

宇宙の構造を一瞬だけ見抜くための方法が、僕が考えた「ヌプセルフング法」です。

今日は、宇宙の構造を一瞬だけ見抜くための方法である「ヌプセルフング法」について言及したいと思います。「ヌプセルフング法」においては、まず最初に、「宇宙の構成素」を拾い出すことが要求されます。あらゆる観測者を、あるいは、観測可能な全ての状況を排除することから始めます。言うなれば、総理大臣が、総理大臣ではない者を殴る際の「優位性」を抽出し、その意味の「質」だけに着目する。逆に言えば、意味の「量」に捉われないことが重要になります。本質(エッセンス)だけを見るということです。

次に、抽出した「優位性」を、一度、凍結させる。
この際に、「優位性」を他の概念に変換してはいけません。もし、変換してしまったら、法則が曲がってしまうからです。右に。「優位性」を変容・変色させないように、未観測の状態を保持したまま、凍結させるのです。すると、郵便局の人がポストに手紙を入れますから、今度は、その手紙を、冷凍庫に入れます。つまり、凍結させる。ただし、もし、その手紙の差出人が片桐ハイリであるならば、凍結させるべきではありません。その場合は、手紙を読むべきです。片桐ハイリがどのような内容の手紙を書いたのか気になるからです。

ここで、「ソヴィグ」と呼ばれる謎の現象が発生し、凍結された「優位性」が、動的な均衡を保ちながらも、わずかに形象を超越し、それ以上不可分な要素に還元されます。お察しのとおり、これが、「宇宙の構成素」です。

次に、言語のシステムに入り込みます。
言語に気が付かれないよう、言語の中に「侵入」するのです。なぜならば、言語の外からではなく、言語の内部から作業する必要性があるからです。「宇宙の構成素」を形而の上に据えながら、言語が自発的に持つエネルギーを利用して、総理大臣に殴られてください。ボカ!っと。

すると、総理大臣に殴られた衝撃で、宇宙の構造を一瞬だけ見抜くことができます。

これが、「ヌプセルフング法」です。

お分かりいただけたでしょうか。
もし、分かったというのであれば、明らかに頭がおかしいので僕と一緒に病院に行きましょう。
 10月10日(火) 支那そば あおば@武蔵境
『あおば』で塩ラーメンを食べました。


*****

遠方から遊びに来た友人に、リンドバーグのCDをもらいました。


「おもしろお土産」です。
しかも、これ、持ってる。北海道の実家にあります。高校生くらいだったでしょうか。超直球の曲調が素敵で、なかなか夢中になって聴いてた記憶がございます。

このCDでふと思いつきました。
リンドバーグの代表曲のひとつに「BELIEVE IN LOVE」という歌がありますが、この歌は、別の、とある歌と、ああして、こうすると、なんだか良い感じでマッチする。このようなことは、テンプレ化した「売れコード」を用いる以上、音楽界では当然に普通によくあること、という話ではあると思います。フラッシュを作ってみました。

クリックすると音が鳴ります

ただ、僕はテンプレ化した「売れコード」が愛おしくてしょうがない。
もう、多分、信者です。「歌謡曲チルドレン」です。そういうベットリとした歌しか受け付けない自分の偏屈な感性に、何かこう、絶望と希望が複雑に入り混じったような、ヘンテコな想いを、抱いてしまうのです。
 10月9日(月) 陽々@三鷹 真希@吉祥寺
「この動画はネタが投げやりすぎるから公開するべきではないのではないか」という声もありましたが、僕が楽しそうなので、ちょっとアップしてみます。「僕が楽しそう」という理由だけでアップしてみます。


動画:替え歌万歳!

*****

三鷹の『陽々』でラーメン+ニンニク。


夜は『真希』に行きました。


 10月8日(日)
この世はあまりにも「意味」だらけです。

社会は「意味」で構成されております。このまま「意味」の中にどっぷり浸っていると「意味人間」になってしまいます。「意味」の奴隷になってしまうんです。ですから、たまには、「意味落とし」が必要です。「意味」を放棄する。「無意味」の中に自己を投げ入れてしまう。

ですから、僕は、紙にいっぱい「ササン朝ペルシア」と書き、これを壁に貼りました。




この行動にまったく意味はありません。
しかし、恐ろしいことに、今度は「無意味という意味」が僕を襲うのですから埒が明きません。

 10月7日(土) 江ぐち@三鷹 カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺
違憲忍法審査権

*****

僕は「3」という概念しか分からないのです。

「1」とか「5」とか「9」などという概念を理解することができないのです。少なくとも、僕の脳では、そういった概念を想起できないのです。

ただ、「3」だけは理解できます。
例えば、僕はこれが「3つ」であるということが分かります。

しかし、これが何であるのかが分かりません。

例えば、僕はこれが「3人」であるということが分かります。
  

しかし、これが何であるのかが分かりません。
 

世界には、「3」以外の数がたくさん存在するという話を聞きますが、僕にとってみれば、まるで作り話としか思えません。いや、明らかに作り話です。ファンタジーです。この世に「3」以外の数字があるという話を捏造して、みんなで僕を騙そうとしている。
本当は、「3」以外の数字など現実に存在しないんだろう?何が「6」だよ。何が「18」だよ。ねえよ、そんなもん。このバカが。このバカどもが。

ものすごくうれしいことに、今日は金沢からたまこさんが遊びに来てくれましたので、たけし君とえりっこと『カッパ』などで飲みました。

『吉祥寺どんぶり』で、ひとりで〆ました。ご飯は3分の1。「3」は分かるけど、「1」は分かりません。


 10月6日(金)


音声ファイル

 10月5日(木) 鳥良@吉祥寺
マユモーと『鳥良』で飲みました。


*****

これは、よくある、住んでる地域の情報が載ってる機関誌みたいなやつなのですが。


明治時代は西暦に直すとわりと最近だということをご存知でしょうか。
これを見ると分かります。


我々はいままさに明治という時代を駆け抜けているのです。
2006年を明治でいうと39年です。明治は45年まであります。つまり、あと6年待てば大正の時代がやってきます。浪漫とデモクラシーの時代はすぐそこです。


僕自身の誤字脱字が多いくせに、このような意地悪なネタを書いて申し訳ないと思っています。そんなもん、油断してたら普通に100年くらい間違えますよ。
 10月4日(水) 丸福@三鷹 やる気茶屋@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
『丸福』でラーメンと小ライスを食べましたが、『丸福』でラーメンと小ライスを食べました。


ヒョッコリ君とコンケノビと『やる気茶屋』に行きました。


『吉祥寺どんぶり』で〆ました。ご飯は3分の1にしてもらいました。


*****

普段、「梅酒」というものをあまり飲まないのですが、ビールがなかったので、仕方なく、たまたま冷蔵庫に入っていた「梅酒」を飲もうとしたところ…


酒じゃなかったです。


「梅でシュ」の「シュ」は何だったのでしょうか。
スカッシュか。スカッシュなのか。ただ、僕としては、「ウメッシュ」を連想してこれを手にとっているのですから、このようなフェイントは勘弁してほしいです。まあ、CO−OPの商品なので、さもありなん、という話です。ご愛嬌。飲みました。飲んでみると、本当に酒じゃなかったです。まさか、本当に酒じゃなかったとは。

 10月3日(火)


音声ファイル

 10月2日(月) 大勝軒@永福町 わ@吉祥寺
薬が大嫌いな人っているじゃないですか。
薬を飲むと体が拒絶反応を起こしちゃうような人がいるじゃないですか。

そんな人のために、僕が考えたのが、この「薬を飲まなくて済む薬」です。


この薬を飲むと、一切、薬を飲む必要がなくなるんです。
つまり、この薬を毎日飲めば、毎日薬を飲まなくて済むんですよ。毎日3回、食後に薬の服用を義務付けられたとしても、毎日3回、食後に、この「薬を飲まなくて済む薬」を飲めば、薬を飲む手間が省けるんです。


永福町の『大勝軒』に行きました。全てがでかい。


ヒョッコリ君とマユモーと「スピードわ」。
ものすごく久々の「盛り合わせ」で、色んな肉を食べました。


 10月1日(日)
お前はすでにお前達

このページのトップへ