ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 4月30日(日) 味のそば兵衛@三鷹 一風堂@吉祥寺
ピンポンキャッシュというのはどうでしょうか。


知らない人の家の呼び鈴を押して逃げる、というピンポンダッシュはとても迷惑です。
仮に、高橋名人クラスの人にそういう悪戯をされるとたまったものではありません。
しかし、知らない人の家の呼び鈴の上に現金を置いてその場を去る、というピンポンキャッシュはとてもあり難がられるに違いありません。

他に、呼び鈴が鳴って外に出てみるとセロ(チェロ)をめちゃくちゃ上手に演奏している人がいる、という「ピンポンゴーシュ」や、呼び鈴が鳴って外に出てみるとチリ紙が散乱している、という「ピンポンティッシュ」などがあります。

*****

『味のそば兵衛』でつけとろ大盛りを食べました。
ラーメンが3杯食べられるような金額なのですが、ゴワっとした密度とコシと味がある蕎麦に大変満足しました。

 4月29日(土)
どのくらいの顔の大きさが理想的だと思う?
このくらい?
このくらいだね。
なるほど。そのくらいか。
このくらいね。
!?…ちょっと…!
その、このくらいのが
出たり消えたりしてるのは何?
え?このくらいのが出たり消えたりしてるって?
してるよ。
めちゃくちゃ出たり消えたりしてるよ。
このくらいのが。
気のせいだよ。
別にこのくらいのものが
出たり消えたりしないよ。
あれ、おかしいなあ。
さっきまで、このくらいのものが
出たり消えたりしてたのに…

*****

いまになって「君の想いがうどんみたいに空を目指すなら」のカラオケデータ(音)をアップしました。歌ってください。あわよくば歌った音声ファイル送ってください。

*****

屋根より他界 鯉のぼり
 4月28日(金) ○麺堂@吉祥寺 カッパ@吉祥寺 坐・和民@吉祥寺
目隠しした状態で猛獣を撫で、それがライオンなのか虎なのかヒョウなのかチーターなのかとかを当てるっていうのが、「利き猛獣」っていう競技なんですよ。熟練者は黒ヒョウと普通のヒョウの区別もつくし、ホワイトタイガーと普通の虎の区別もつくんですね。触った感触で色も分かる。「色を触る」なんていう専門用語もあります。「利き猛獣」の初心者は喰われます。喰われて終わりですよ。人生が終わるんです。マユモーと『カッパ』に行きました。


ヒョッコリ君の飲み会に合流しました。


*****

『○麺堂』。ラーメンに青ネギをトッピング。


*****

なんてキュートな訂正なんでしょうか。思わず胸がキュンとしました。


逆に対応しているのが、もみやげ、なんだと思います。
 4月27日(木) 蒙古タンメン中本@吉祥寺

尿こそ!
あなた間違ってるわよ!
それを言うなら、ようこそ、でしょ!
間違えました!
すみませんでした!
反省してます!
まあ!嘘おっしゃい!
反省なんかしてないくせに!
すみませんでした!
反省してます!

*****

『蒙古タンメン中本』で味噌タンメンを食べました。


蒙古タンメンよりは辛くなかったです。ここの麺は太めでゴワゴワしてて噛みごたえがあって「食ってる!」って感じがするので楽しいです。
 4月26日(水) カッパ@吉祥寺 坐・和民@吉祥寺
ピザって10回言った後死んでみて!

で、お馴染み、葛飾区の北斎です!葛飾区と言えば、こち亀ですが、こち亀ってコチコチに固まった亀のことですよね!ところで、ゲルマン人の人生ってゲルマン人生っていうの!?なんつって!今日はヘビを握り締めながらヒョッコリ君と『カッパ』に行きました。久しぶりだったしたいそう旨かったです。


『坐・和民』に行きました。


ラーメンで〆ない弱気っぷり。

*****

一ヶ月ほど前に、鳩を追っている子どもの撮影に成功しましたので上の動画コーナーに「鳩を追う子ども」をアップしました。

「鳩を追う子ども」動画解説

なぜ、子どもは鳩を追うのでしょうか。
いや、それは愚問です。子どもは鳩を追うものなのです。
すでにその属性が「鳩追い」なのです。
鳩の中にダイアモンドが埋め込まれてなくても、
子どもは鳩を追います。
鳩の中に失われた太古の秘宝が隠されていなくても、
子どもは鳩を追います。
そして、鳩を追った先に、子どもは新しい世界を発見する。


*****

このような形で退院当日の自分を見るとさすがに反省します。不謹慎。不健康。


 4月25日(火) ○麺堂@東伏見
日出郎のホームページを見つけたので報告します。義務感です。

『○麺堂』で「春雷」という洒落た名前のラーメンを食べましたが、実際、外で雷が轟々と鳴り響いておりました。具材など、他ではあまり見られないような工夫が施されたラーメンでした。


 4月24日(月)
デプレラ・ファ・ルゴ
 4月23日(日) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
論理的に物事を考えないとならない。

まず、外出するためには足が必要だと思いました。それが論理というものです。
しかし、ここで、外出するために必要な足の本数はいくつか?という疑問が立ちはだかります。インターネットで調べてみましたが明確な解答はありませんでした。ここで論理は行き詰ります。

現状において僕の足は2本です。
しかし、たまたま僕の足が2本であっただけで、外出するために必要な足の本数が2本であるという客観的な確証はどこにもない。論理によって保証されていないのです。
万が一、外出するために必要な足の本数が3本であるという科学的な結論が出てしまったならば僕はどうすれば良いのでしょうか。鳥の足を1本移植すれば良いのか。おじいちゃんの墓から足の骨を発掘しそれを自分の足に加えれば良いのか。
そのようなことを考え進めていると、論理的な思考などまったく無意味であることを悟ったのです。
僕にとって必要なのは論理性ではなく、アセロラであると確信しました。アセロラか侍です。もっと言えばアセロラと聞いて「汗」を想起しない知性が必要なのです。人は少なからず「ダジャレ脳」というものに侵されている。しかし、これを克服しない限り、次の知的ステップに進むことはできません。布団をふっ飛ばさない知的忍耐力が必要です。そして、侍は強いから必要です。逆に言えば、侍以外は弱い。つまり、ナポレオンとかは弱い。無論、金魚とかも弱い。金魚は魚ですしね。

そのようなわけで、昨日吉祥寺にオープンした『蒙古タンメン中本』に行ってきました。


蒙古タンメン

『中本』はおそらくは関東で最も有名な辛い系のラーメン屋で、都内では、上板橋、池袋、新宿、目黒に店舗を構えており、僕は目黒店以外は行ったことがあるのですが、大変素晴らしいことに、ついに吉祥寺にもできました。古くからのファンの一部の中には、かつては硬派なイメージで通っていた『中本』のチェーン展開というか商業主義への移行を批判的に見ている人も多いようですが、僕はこのような、極端で楽しい味が広く世に認知されるようになるのは素晴らしいことであると思いますから肯定的に見ております。
看板メニューは「蒙古タンメン」で、これでも十分辛く、なおかつその辛さをフルに生かしきった旨みを備えたラーメンなのですが、死ぬほど辛いメニューとして「北極ラーメン」というのが『中本』のもうひとつの主役になっており、これは本当に死ぬほど辛いので体調が整ってから挑戦したい。オープン2日目でまだ行列が激しいので平日などに行くのが良さそうです。

 4月22日(土) わ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺
ヒョッコリ君とコンケノビとヨッカちゃんとマコちゃんと『やる気茶屋』に飲みに行きました。


馬刺し

*****

ふと、創造性が豊か過ぎる人ってのも問題があるんじゃないかなと思ったんですよ。

例えば、創造性が豊か過ぎる人とジャンケンするじゃないですか。すると、その人は「グー」でも「チョキ」でも「パー」でもない「ヌケ」という新しい技を編み出してくるわけじゃないですか。こう、そこで既にルールが崩壊するわけなんですけれども、それだけじゃ終わらない。
なぜなら、創造性が豊か過ぎる人は、「かち」とか「まけ」と「あいこ」とかじゃない、「めみょ」とかいう新しい概念を創っちゃうと思うんですよ。「はい!いまのジャンケンはヌケで僕のめみょね!」とか、そういう話になっちゃうと思うんですよね。とても困ると思うんですよね。ですから『わ』に行きました。罵倒したくなるほどの旨さです。


最近の僕的『わ』の必食指定メニューはハラミ、うずら、宮崎地鶏の3点。
『カッパ』だと滅多にない豚のオッパイも『わ』にはほぼ常備なのがうれしい。

*****

ロリコさんが「キミ色に染まって…」を歌ってくれました!

*****

大爆笑。玉せせり。

大爆笑。ヂ・川柳。

 4月21日(金) 大勝軒@永福町
ストリートファイター2という格闘ゲームで「起き上がり昇竜拳」というのがありました。

これは、相手に倒された後、起き上がると同時に昇竜拳を発動させると一切の隙もなく迎撃ができるというテクニカルな技でしたが、僕がこれに対抗してやってみたかったことが「病み上がり大勝軒」です。これは、病気が治ってすかさず『大勝軒』のラーメンを食べるという技なのですが、よく考えるとただのダジャレです。しかも、もとの「起き上がり昇竜拳」を知っている人がほとんどいないので、非常に無駄なダジャレです。

「病み上がり大勝軒」をやりたいがためだけに、電車に乗って永福町の『大勝軒』でラーメンを食べてきました。



あまりのくだらなさに涙が出そうになりましたがラーメンは猛烈に旨かったです。
 4月20日(木) 天目@吉祥寺 天下一品@吉祥寺
ということで、無事、「治癒に近い状態」で退院することができました。

まだ、完全な治癒ではないということですから油断は禁物です。そこで酒とタバコを再開しました。って、バカ!12万円の入院代を棒に振るつもりか!
ヒョッコリ君とマユモーとガウで『天目』。
牛タンがたいそう旨い。過去に何度か禁煙して経験していますが、一週間もタバコを吸ってないと味覚が非喫煙者並の鋭さに戻ります。マクドナルドのポテトでさえ「こんなに旨いものがこの世に存在したのか!」と思う始末でした。ただの塩にさえ敏感になる。


『天下一品』で〆ました。


さすがに急すぎたのか、頭痛、下痢にやられました。
 4月16日(日)〜4月20日(木)


入院したときの様子などを少し書きました。

 4月16日(日)
肺炎の時にわざと元気っぽく話をするのはおもしろいのではないかと思い録音してみましたが、絶対、真似しないでくださいね。ちょっとそこまで入院してきます。


音声ファイル

このページのトップへ