ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 2月28日(火) いちのじゅう@吉祥寺
「旭川!旭川!」っていう、せんだみつおのギャグがあるじゃないですか、ってねえよ!それを言うなら「涅槃!涅槃!」だろ!
はい!場内がシーンとしたところでね、まつ毛の上にマッチ棒を載せて、そのマッチ棒に火をつけ、その炎の中から幻獣イーフリートが出現したため、街が劫火で焼き尽くされた、という一発ギャグを披露したいところなんですが、それは明日に取っておいて、今日は『いちのじゅう』に行きました。

 

*****

パスカソ
 2月27日(月) 真希@吉祥寺
どうもー!良いな良いな人間ってイナバウアー!

で、お馴染み、荒川強啓です!ってそっちの荒川かよ!渋すぎるのもたいがいにしろ!ってなわけで、今日は各家庭の仏壇に爆竹を放り込みながら、ヒョッコリ君とマユモーと『真希』に行きました。

 

ヤギってアゴヒゲが生えてますけれども、あのヒゲを右手でつかむようにシュッと撫で、すかさず、左手でシュッと撫で、間髪入れずにまた右手でシュッ、次、左手、次、右手、みたいなことを10時間繰り返していたわけですけれども、案の定、腱鞘炎になっちゃいましてね。医者にどうしたんですか?って言われて、ことの顛末を正直に話したら、ダメだコリャみたいな表情で、「そりゃ、あんた腱鞘炎にならない方がおかしいよ」ですって。僕も苦笑しながら「ごもっとも!」って答えたんですけど、その声がでかすぎて、病院が倒壊し、地面が割れ、雷鳴が轟き、血の雨が降り、絶望が世界を席巻し、メシアの出現を切望する人々の声も虚しく枯れ果て、ついには醤油が切れたので、ヤギのアゴヒゲを右手でつかむようにシュッと撫で、すかさず、左手でシュッと撫で、間髪入れずにまた右手でシュッ、次、左手、次、右手、みたいなことを10時間繰り返したいと思います!では!


*****

カメリングというのを思いついたので。


実際にこういうことやると、浦島太郎が現れて「やめろ」とか言うと思います。

そうだ。浦島太郎が玉手箱を開けると煙が出てきて老人になるというオチがいまだに腑に落ちません。良いことをしたら良いことがある、という教訓を期待するならば、竜宮城に着いた時点でハッピーエンドとして収束する方が全然分かります。かといって、ドラゴンボールはフリーザで終わるべきだったという話は聞きたくない。あれはストーリー性を求める漫画じゃない。強さがインフレしてゆく過程や、それに付随する、誰が誰より強いのか分からなくなる矛盾みたいなものを楽しむだけで良いんです。と、思うんです。

*****

この世界に愛され生きてゆこう(音)カラオケ(音)をアップしたので歌って送ってね。

 2月26日(日)
高度な廊下の物真似を教えてくれる名門の学校がある、というのである。

かねてから廊下の物真似に興味があった私はさっそくその学校から願書を取り寄せたのである。
面接の際、廊下の物真似の実演を要求された。
集団試験なので、受験生5人が順番に廊下の物真似を試験官に見せる。
私は最後だった。
1人目から3人目の廊下の物真似は酷いもので、ただ単に床に寝そべっているだけだったが、4人目はすごかった。彼は廊下そのものだった。私は思わず「廊下じゃないか」と声を漏らしてしまった。

試験官にいたっては、あまりの彼の廊下っぷりに彼の背中の上を歩いてしまったのである。試験官が廊下だと錯覚してしまうほどの廊下の物真似の巧さに私は少なからず面くらった。次は私の番である。この状況で下手な物真似はできない。
廊下の物真似では4人目の彼を超えることができないと感じた私は急遽、芸を変えることした。

私はゆっくりと口を開いた。

「バカヤロー!ダンカン!早く車を回せお前は!いい加減にしろ!」
 2月25日(土) くぼ田@西武柳沢 虎洞@吉祥寺
今日の昼は『くぼ田』のラーメンです。

ラーメン

今日の夜は『虎洞』です。

味噌牛かぶりらーめん(期間限定)

*****



 2月24日(金) 魚民@三鷹 くろ○@三鷹
鳴くよ ロマンス 平安京

ヒョッコリ君と『魚民』に行きました。


マユモーが来て『くろ○』に行き、僕は自分のことを空海であると信じながらビールなどを飲みました。

 

*****

タルパ・レポンタ


 
 2月23日(木) 吉祥寺味源@吉祥寺
「どん!」って押すんだよ?分かったね?僕が「キーコング」って言う前に「どん!」って押すんだよ?

と、言いながら、『吉祥寺味源』で味噌ラーメンを食べましたが、ここの味噌ラーメンは見事なまでに札幌札幌しております。


*****



眼鏡インフィニティーズ


*****

ジンギスカンク食べに行かない?
それってどっちの肉?
 2月22日(水)
22歳の時に描いた漫画をアップすることに決めました。


クリックしたら漫画が出てきます


 2月21日(火) 生郎@吉祥寺 カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺
フクロウは知恵の神だ。知らないことは何一つない。

宇宙の法則からアリ一匹の行動に至るまで、何もかも把握している。彼らは現在過去未来で起こる出来事全てを把握している。

しかし、実際はどうだろうか。フクロウがこの世の森羅万象を知っていることをどうやって確かめたらいいのだろうか。

彼らはホーホーとしか言わない。
明日この場所で何が起こりますか?と聞いたところでホーホーといってにべもなく飛び去ってしまうのが関の山だろう。

と、一羽のフクロウが言った。そして、にべもなく僕の目の前から飛び去ってしまったのである。

そこで、サトさんと『カッパ』に行きました。


■さんも来て、『やる気茶屋』に行きました。
ここでは、箸袋を様々な形に変え、「ローマ帝国のすごさ」を表現してみました。


左から、■さん、僕、サトさん

164君も来たので、「侍」と「待」の違いについて、熱く激論を交わしましたが、結論的には「侍」の方が「待」より書くのが0.3秒分くらい早い、ということになりました。

  

*****

ミーハーな話ですが。

先日、吉祥寺の『カッパ』へ向かう途中、宮崎駿が歩いており至近距離ですれ違いました。
吉祥寺にはジブリ美術館もありますし、「海がきこえる」の舞台が吉祥寺だったりと、ジブリは何かと吉祥寺近辺に絡んでいるので、吉祥寺にゆかりのある知人などから宮崎駿を目撃するという話をよく聞きます。
生活感とか日常感に満ちている中道通りに宮崎駿が歩いていても普通のおじさんにしか見えません。オーラとか全然感じません。オーラを感じないどころか忍法も使えない感じです。トトロを連れ歩いているでもなく、飛行石を持っているでもない。ただ、あのでかいロボット兵みたいなやつを連れて歩いていました。そしてビームでパルコやLONLONを破壊していました。というのは嘘ですが、以前、僕が宮崎駿に対抗するために作った物語が「僕のアメンテケ日記」です。誰の目から見てもジブリに勝ってますね。

*****

ドゥララララ
 2月20日(月) わ@吉祥寺 庄や@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
右の方から聞こえてくる音を左の耳で聴き、左の方から聞こえてくる音を右の耳で聴くように心がけながら、コンケノビとマユモー(青梅マラソンを四つんばいで完走)と『わ』に行きました。

 

僕の左にマユモーが座りその左にコンケノビが座っていましたが、僕は彼らの話を右の耳で聞いていました。

『庄や』に行った時には、僕の耳は4つに増えていたため、本来であれば聞こえない音なども聞き取れるようになっていました。壁のうめき声や酸素の笑い声や道路の愚痴などが聞こえてきました。

「俺は踏まれっぱなしかい!」(道路談)


ひとりで〆ました。事務的に〆ました。

 

*****

たらちねの歯

*****

トゥワ・タントプ
 2月19日(日)

 あなた、地獄へ行くわよ
 ていうか地獄から来たんですけど

*****

パラドックス

 2月18日(土) 美舟@吉祥寺 清龍@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
のびろ!尿意!

*****

ヒョッコリ君とガウとコンケノビで『美舟』→『清龍』。

よく、2階にモノを取りにきたんだけど、何を取りに来たんだか忘れるってようなことがあるじゃないですか。これ、2階だからまだ救われると思うんですよ。これが2階じゃなくてロンドンとかだったら最悪じゃないですか。ロンドンにモノを取りに行って、「あれ?何を探してたんだっけ?」ってのは。交通費とかバカにならないじゃないですか。
あと、地獄とか。
せっかく悪事を積み重ねて地獄に落ちてモノを取りに来たのに、「あれ?何を探してたんだっけ?」ってのは最悪ですよ。せっかく死んだのに、みたいな。

 

ひとりで〆ました。


*****

気が遠くなるような長い年月、ずっと、こうのとりを観察している。
しかし、こうのとりは一向に赤ん坊を連れてこないのである。

こうのとりは人間の赤ん坊を運ぶことをやめてしまったのだろうか。
最終的に、私はこうのとりがどこから赤ん坊を連れてくるのか確かめたいのだ。そのためにはまず、こうのとりが赤ん坊を持って飛んでいる現場をおさえなければならない。知りたいのだ。私はいったいどこから来たのか。

と思っていた矢先、一羽のこうのとりが現れ、私をつかんで空に舞った。

私はこうのとりに聞いた。

「私をどうするつもりだ?」

こうのとりは答えた。

「あなたはこれから生まれるんです」

*****

テルカノメヌン
 2月17日(金) カッパ@吉祥寺 坐・和民@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
ヒョッコリ君とスピードガッパ。


スピード和民。

 

スピードホープ軒(ひとり)。


*****

 2月16日(木)
腕時計収集の鬼であるケンイチさんの協力のもと、最も嫌な腕時計とは何かについて考察してみました。


クリックすると嫌な腕時計が出てくるよ!

このページのトップへ