ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 1月31日(火) わ@吉祥寺
冬になると、北海道各地の平野に空から大量のタイヤが舞い降りてきます。

容赦なく、遠慮なく、さりげなく、深々と降り積もる雪。
荒涼なのか広大なのか良く分からないくらいに圧倒的な雪原、という風景。薄暗く、蒼く。視界を完全に制圧されながら、めいっぱいの寂寞を押し付けられます。

それでいて、無秩序に並ぶタイヤの群像はノスタルジックな輝きを放ち僕の心を癒してくれるのです。

タイヤが埋まる雪原と青い空のコントラストが素敵で、晴れた日は僕もよくタイヤの雪原を走り回ったりタイヤの上からジャンプしたりタイヤを転がしながら「寿司を凶暴なイタリア人に食わせたい!」と叫んだりしたものです。

今日はマユモーとコンケノビと『わ』に行きました。


マユモーが大好きな「脂つき小腸」を焼くとむやみやたらに炎が舞います

ところで、僕の電卓は何か超時空へログインするための装置なのかもしれません。
僕の電卓で85114(箱いいよ)と入力すると、空間と時間がゆがみ超時空が出現するのではないかと危惧しているのです。
例えば、歯というのは超時空から出現したものですから、特に歯を磨いている時などにそういう恐れを抱きますし、無造作に雪原を埋め尽くすタイヤの中にホッケを隠したりお茶漬けを瀕死の大統領に配ったりしているホッケをペガサスに献上することが僕の生きがいだと確信しています。しかし、その確信の先に待っているのは雪原に舞い降りるタイヤがもたらす幻想なのかもしれません。


〆のスペ玉(コンケノビは2杯食べてましたが
ご飯2杯で1,000円とかになるので2杯は禁止です)

 1月30日(月) 菜季@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
『わ』が満席だったので、マユモーと『菜季』に行きました。


ひとりです。


*****

こだわり

 1月29日(日)

オールレーズン 30メガ 張飛
(オールウェイズ 三丁目の夕日)


オーソン・ウェルズ 惨劇 目の流血
(オールウェイズ 三丁目の夕日)


オール讀物 3ページの乳歯
(オールウェイズ 三丁目の夕日)


矢追純一 山頂からUFO
(オールウェイズ 三丁目の夕日)



王貞治 脱腸して入金
(オールウェイズ 三丁目の夕日)
 1月28日(土) 江ぐち@三鷹
久しぶりに新しい曲ができました!


クリックするとこの世界に愛されます(音がなります)

*****

ラーメン友達のブログで4日連続『江ぐち』という蛮行を見せつけられたので、どうにもこうにも『江ぐち』に行かざるを得ませんでした。


竹の子ラーメン 430円

伝説の老舗『江ぐち』に対する熱い想いを一方的に語りたいと思います。

ラーメンというのはどうしても「美味いか不味いか」という話になるのですが、「美味いか不味いか」という基準で侵してはいけないのが『江ぐち』だと思っています。
いや、でも、食べ物なんだから美味いか不味いか分類できるだろうという話になりますと、多分、美味しくないという人もいっぱいいると思います。でも、こう、僕の中の精神論的に「美味い不味い」で語ってはいけない。「うまい!」「絶品!」「猫まっしぐら!」「冬のソナタ!」「フランス人の乳首!」みたいなマスコミ的なラーメンのとらえ方をしてはいけない気がします。そういう価値の同線上に『江ぐち』は存在していないから。違う次元に存在しているから。
そもそも、「美味いか不味いか」という基準はラーメン丼の内側のみでの話なんだけど、『江ぐち』は丼の外側がエッセンスだったりします。
昭和丸出しの店内の光景。ネタかと思うくらい大雑把なラーメンの作り方。チャーシュー皿をつまみにビールを飲み〆に中華そばを注文するサラリーマン達の佇まい。容赦なく襲い掛かってくる虎。おでこにドラムスティックが刺さったまま出勤するOL。古墳から現れた謎の巨大類人猿。無数の使用済み花火を組み合わせて建てられた首相官邸。つまり、『江ぐち』はラーメンではなく、『江ぐち』そのもので完結しているのです。
『江ぐち』に対する熱い想いを一方的に語ってすみませんでした。
 1月27日(金) カッパ@吉祥寺 かなえ@新宿
ヒョッコリ君とスピードガッパ。
『カッパ』にはネギ刺しというネギの刺身がありますが、ただの生のネギです。とはいえ、たいそう美味いのです。


*****

ゴジラ対メカゴジラというのがあった。

生身VS機械という図式はストーリー設定において随所に見られるモチーフのような気がする。人間VSロボットなる設定は手塚治虫の十八番だったし、記憶に新しいところでは映画アイ・ロボットが浮かぶ。現実面においても、チェスで人間がコンピュータと勝負する、というのもちょっとこれに通じる気がする。

ふと、千利休VSメカ千利休というのを思いついた。

考えれば考えるほどくだらない。何せ茶である。すでに勝ち負けの基準がのっぺりと曖昧である。二進法で茶道を制御する冒涜さ加減。茶道というよりは作動じゃないか。

わび・さびという、心象とか主観性の象徴みたいなものが機械にのっとられたら、笑えるんだが笑えないんだか分からない。
わび・さびの機械化。
何かこう、屈辱的な破壊性を根底に持つ矛盾を孕んでいることは間違いない。これなら、まだ、おすぎVSメカピーコの方が全然許せる。いや何を許す。


蛇足。
千利休は「茶聖」と称されているらしい。
「茶」という概念と「聖」という概念を同居させてしまう発想に、言葉の自在性というか暴挙力みたいなものを感じてしまう。エスカレートして「邪聖」とかいう聖なる概念が生まれてもおかしくない。
 1月26日(木)
パッセ・ウタラナイ
 1月25日(水) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
ミサワ君とコンケノビとマユモーと飲みました。

ミサワ君のおもしろ漫画は必見です。クリックすると次のページに進むという最先端の技術を駆使しています。


生物が骨折する時に発する「骨折波」というエネルギーがある。
まあ、実はそんなものはこの世に存在しないのだが。

ポキッという音と共に生じる骨折波は、考えようによっては、太陽光と同じくらい環境に優しいエネルギーであり、貴重かつ有用なものである。まあ、そんなものは存在しないのだが。

この骨折波は、スーパーやコンビニなどで店員がおつりの金額を間違えないようにするために活用されている。骨折波はお金の計算を正確に行うようにするように脳波を矯正するのである。そもそも、骨折波なんてものは存在してないが。


ひ。

 1月24日(火) わ@吉祥寺
ビックリ箱が正常に作動しなかった時の方がビックリする。

*****

ヒョッコリ君と『わ』でダッと飲んで解散しました。
『わ』は高いのでペースは考えているつもりなのですが、一時間飲んでふたりで8,500円という。

 

*****

ムーミンの原作を読んでない僕のような者は、その世界にかなりの謎を抱えている。

にしても、ムーミンってカバ?っていう認識より、ムーミンはカバではなく本当は北欧の妖精トロール(トロル)であるという認識が主流じゃないかと思う。
あまりにも、ムーミンが本当はトロール(トロル)であるという雑学的知識が流れたために、図らずも広範に周知された感が否めない。なんという非建設的で無駄な周知だろうか。

しかし、どちらにしても、僕はこの認識よりも着目したい点があった。それも、かなり昔から。

それは、スニフはカンガルーに似ているよね?という認識である。


ただ、スニフってカンガルーに似てるよね?という話題に触れることは思いの外、少ない。もっと言うなら、ミーの髪型は黒柳哲子に似ているよね?という話題はさらに希少だ。スナフキンの帽子と酷似したものが吉祥寺の西友に売ってたよね?という話題に至っては、僕くらいしかそう思ってないので皆無に等しい。

スニフがカンガルーなのかどうかってネットで調べたらすぐ判明するよなあ、と気がつき検索してみた。
結果的に、スニフもムーミンと同様にトロールであるらしいことが判明して軽く感動したが、やはり、スニフはカンガルーに似ているという認識を持っている人はたくさんいるということが分かり安心した。こんなことで安心して良いのだろうか。安心すべきことを間違ってるかもしれない。安心する能力を無駄に使ってる気がする。

こういったことを調べているうちに、スナフキンはムムリクという種族だということを知って驚愕した。

ムムリクである。念のためもう一度言うが、ムムリク、である。この響きに心から驚嘆した。

スナフキンってムムリクっていう種族なんだよ!って人に言うとどんなリアクションが帰ってくるだろうか、というようなことを想像して愉快な気持ちになった。

ムムリク!

なんという不敵極まりない麗句であろうか。
ムムリクという音韻の前に、僕は屈することしかできない。なぜなら、ムムリクだからである。ムムリク。
 1月23日(月) 坐・和民@吉祥寺
ヒョッコリ君とコンケノビと普通に『坐・和民』に行きました。


*****

目から眼鏡を遠ざけ、ベストな状態で目を大きくするゲーム。

 1月22日(日)
ディフタ・叫・ディフタ
 1月21日(土) 雫@福生 でうら@八王子 星の家@八王子
どうもー!!
ライブドアって生命を持ったドアのこと!?で、お馴染み、猪八戒です!

今日は、コンケノビの運転でヒョッコリ君とあゆみさんと一緒に沙悟浄の内臓で出汁をとってないラーメンを数軒食べに行きました!

1軒目に行ったのは、福生の『雫』というラーメン屋です。


このラーメンは、去年、都内で最も注目を浴びた新店で、麺はトナカイの角と一切関係なく、スープはマングースの唾液を一滴も使用してないラーメンです。
コクの厚みが尋常ではなく、思わず死んだ(他人の)おじいちゃんのことを思い出しました。また、「サボテンを握って手に何本針が刺さるか」で運勢をうらなう占術を発明しました。


2軒目は八王子系ラーメンの『でうら』です。


このラーメンもなかなかの人気店で、地元の人に愛されているようです。麺はガラパゴス諸島と何の関連性もなく、スープは落ち武者とは微塵も関係ない、といった印象のモンテスキューです。
見た目も旨みも大変美しく、天竺に向かう三蔵法師のおでこには「コケコッコー蕎麦!ホーホケキョ葱!」という有難いお経が書かれています。
以前、ミスターマリックの手品でゴリラをゴリラに変化させるっていう信じられないものがありましたが、そんな感じの味です。


3軒目は『星の家』です。
八王子系ラーメンにおいては『みんみん』と同じくらい有名だと思いますが、八王子系ラーメンにしてはぎゅっと詰まった動物系の旨みにかなりのパンチ力があって異色です。


麺はマライア・キャリーの「キャリー」の部分を彷彿させるようなキャリキャリ感に満ち溢れ、スープはあたかも液体です。具は、頭の悪い人だけに見えます。もし、写真にネギとかチャーシューが見えてる人は確実に頭が悪いので、明日から算数のドリルを始めてみてはいかがでしょうか。もしくは東大に入学してみてはいかがでしょうか。このラーメンを食べたのは2回目ですが、今日食べたラーメンの中で一番旨かったです。
 1月20日(金) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
伸びろ如意棒!
グッサー!(伸びた如意棒が自分の身体を貫通した音)

どうもー!(血まみれで(なぜか鹿が))

「さっき、こうのとりが死神か豆腐のどちらかを運んできたよ!」
で、お馴染みの高橋名人の母の尻に潜むインフルエンザウイルスです!

今日は、えりっこゆっきーさんと『カッパ』などに行きました!


ゆっきーさんは北海道(ソ連)に住んでいるので随分遠くから来たもんだ、などと思いながら、「フロイト」と書かれた紙を10億枚ほど郵便ポストに投函して楽しみました!
えりっこは飲んでる最中、ずっと、「ゴルバチョフの頭についてる模様はファンタのシミだ」と主張し続けたのでガッカリです。あれは、単なる目の錯覚です!

さて、僕がロボットであることはみなさんもご存知だと思いますが、今日はなんと僕のデータを書き換えました!いままでは「昆布」という単語がインプットされていなかった僕ですが、「昆布」という単語をインストールしたことによりバージョンアップして、いまでは「昆布」という言葉を発することができるし、書くこともできます。
うれしくて今日は「昆布!昆布!」と叫び続けています!
また、「昆布!勝負!シシカバブー!」なんて洒落たことも言えます!

ただ、相対性理論のデータ量が1メガ未満なのに対し、「昆布」という単語のデータ量は100ギガ以上なのでとても重いです!でも、「昆布」という単語のデータをインプットするために国が莫大な予算を割いた(10兆円)ので文句は言えません!

では!



ひとっ!


 1月19日(木) つばめグリル@渋谷


僕がまりもの生息地が阿寒湖か摩周湖だか分からなくなっている箇所がありますが、
正しくは、まりもはどこにも生息していません。存在しません。

 1月18日(水) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
どうも!瀬戸内寂聴の頭をアリの巣に刺す!

で、お馴染みの死体3世です!
今日は昨年末に行われたP2B(ポックリボーイバンド)の打ち上げ(骨を丘に打ち上げること)でサトさんと164君とたけし君と飲みました。
この世には飲めるものと飲めないものの2種類がある、というガンジーの名言がありますが、ところで、かさ地蔵って飲めるの!?
で、お馴染みのベーブルースの肝臓です!そんな訳で西郷さんの銅像に頬をすり寄せながら猪木のあごにしがみついてます!
で、お馴染みの鼻(に似た鯉)でした!で、お馴染みの西郷さんでした!



ひとり!



 1月17日(火) あおば@武蔵境 牛角@吉祥寺
『牛角』ができると、その周辺の焼肉屋が潰れるという話を聞いたことがあるが、確かに『牛角』は旨い。旨いのに安い。旨いのに安いし、馬なのに鳥だ。もっというなら鳥取なのに北海道だし、ブラックホールなのに大工だ。むしろ、イカなのにブルドッグだ。


僕が肉を噛むたびに、どこか遠い国のペリカンのくちばしが裂けていると想像すると肉が噛めなくなるので、なるべくそういうことは考えないようにした。その代わり、僕が肉を噛むたびに、イタリアの面積が2倍になると想像すると何だかとても楽しい気分になってきて、ガンガン肉を噛んだ。だから、いまや僕の中のイタリアは木星よりでかい。イタリア人もそれに比例してでかい。けれども、現実には僕が肉を噛むたびに、どこか遠い国のペリカンのくちばしが裂けているのかもしれないね。帰れ!

*****

武蔵境『支那そば あおば』の塩ラーメン。


*****

みんなでフランス人の絵を描きました。

ポックリボーイ作



ミサワJSL作



大石浩二作
 1月16日(月)
ヴァイ・臥・ヘクサグレ

このページのトップへ