ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 9月30日(日)
ピヤヤ
 9月29日(土)
今日は僕が考えたダイナミックなダイエット方法を紹介します。このダイエットは、食事制限も運動も一切必要ありません。

それが、「宇宙空間拡大ダイエット」です。

宇宙空間を広げることがダイエットの成功そのものなのです。
まず、痩せるというのは、人の、空間に占める比率を低くすることに他なりません。つまり、6マスの空間の中で、6マス分のスペースを占めている人の3マス分を減らして、3マス分のスペースだけを占めるようにするがダイエットです。要するに、空間:人の比率を6:6から6:3にする。


空間:人=6:6のこの状態を…


空間:人=6:3にするのがダイエット

このように、従来のダイエットは人の大きさを小さくすることばかりに気をとられていました。

僕が提示する「宇宙空間拡大ダイエット」は逆です。
空間そのものを広げて、空間に人が占める割合を低くするという方法です。宇宙空間をいまよりももっともっと拡大すれば、相対的に空間に占める人の割合が減り、ダイエットが成功するのです。だから、痩せたい人はいますぐ宇宙空間を広げてください。もし、宇宙空間を広げる程度のこともできないようなら、ダイエットなど最初からしない方がいい。宇宙も広げられないようなボンクラがダイエットなど成功するわけがない。
 9月28日(金) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
誰もが「空は青い」ということを知っています。

大雑把に言えば、空が青いというのは、万人に平等な事実だと言えるでしょう。

しかし、世界で一番、「空は青い」と思っているのは、世界で一番空が青いと思いゴリラです。
このゴリラほど、「空は青い」と思っているゴリラはいません。このゴリラは、常に、「空は青い」と思っているのです。食事の時も、風呂の時も、寝ている時も、常に「空は青い」と思っているのです。

少なくとも、僕たちは空は青いということは知っているけど、常に空が青いと思っているわけではない。だからこそ、僕らは、空は青いという事実を「知っている」という表現にとどまるのです。しかし、世界で一番空が青いと思いゴリラは、「知っている」にとどまらない。彼は、「空は青い」ということしか考えていないからです。彼の脳は「空は青い」という思念だけで満たされているのです。

「空は青い」と思わせたら彼の右に出る者はいない。
「誰が一番空は青いと思っているか大会」を開けば、彼は他者の追随を許すことなく圧勝します。

僕がこのゴリラを見て感じるのは、いかに我々の思考はマバラなのかということです。
我々の思考は状況に応じて変化してしまう脆弱なものでしかない。我々の脳はヘドが出るほど女々しく、軟弱なのです。このゴリラのように、ひとつのことを考え続けることはできないのです。それなのに、社会は、様々な思考ができる人間の方が優秀だとする風潮を煽り、それを正当化するのです。もはや、開き直りとしか思えません。


北海道の幼馴染セイシ(28歳)と『カッパ』で飲みました。


セイシは大雑把に言うと僕の作曲や打ち込みの師匠です。
僕が高校生でセイシが中学生くらいの時は、共に「たま」とかをヘビーに聴いたり音楽の趣味が重なっていたのですが、途中からセイシは洋楽などのテクニカルな方向の音楽に傾倒し、僕は超軟派な音楽に傾倒していったので、音楽性が激しく食い違うようになり、常に、斧で互いの頭を叩き割るケンカをしていたのを思い出します。セイシが作ってる歌はこちら(マクガフィン)で聴けます。

『やる気茶屋』。サンマ旨い。


『吉祥寺どんぶり』で〆ました。


 9月27日(木) 江ぐち@三鷹
田舎に帰り、電車に乗って窓の外の風景を眺めていると、牧場に牛が見えることがあるんです。僕は、牛を見るたびに「塩田(えんでん)!」と叫ぶんです。どうしてかって言うと、塩田と牛は関係ないからです。牛と最も関係ないのが塩田なんですね。僕はその対象と最も関係ないことを言う。え?なぜかって?そんなこと、あなたに関係ないでしょう!

世の中の事象は、すべてそれに対して関係ないものの反対側にあるのです。
これを僕は「万物対象無関係性存在論」と命名しました。例えば、「愛」という概念がある。「愛」に関係ない概念として、「スイッチ」とか「床」などがありますよね。しかし、最も「愛」と関係ないのは、「カテキン」ではないでしょうか。

以前、僕のところに「関係なさ鑑定士」と名乗る男が訪れたことがありました。
彼は、世界中の概念、モノなどについて、それぞれが対を成す関係のない対象が何なのかを研究しています。しかし、彼に言わせると、最も「いも」に関係ないのは「スカーフ」だが、かといって、最も「スカーフ」に関係ないものが「いも」だとは限らないということなんです。最も「スカーフ」に関係ないのは「カテキン」だというのです。また、最も「ホームラン」と関係ないのは「カテキン」だと言うのです。

いやあ、僕、さすがに怒りましたよ。「カテキン、色んなものと関係ないじゃん!」って。「いくらなんでも関係なさすぎじゃん!」って。でも、彼は僕とは(鼻の大きさ以外は)一切関係ない人なので、僕は彼の言ってることを信じませんよ。

さて、世界にはどのような概念やモノとも関係のない何かがあると言われています。「裁判所」にも関係なくて、「ひまわり」にも関係なくて、「トラクター」にも関係ない何かが。ありとあらゆるものに関係のない何かが。森羅万象に関係のない何かが。それを突き止めれば、僕の「万物対象無関係性存在論」に対する思索は終了します。しかし、僕はそれが何であるのか分かってきたような気がしています。それは、多分、「カテキン」なのではないでしょうか。って、カテキンかーい!


『江ぐち』でチャーシューワンタンメンを食べました。


 9月26日(水) 藍屋@三鷹
『藍屋』に行きました。


*****

小笠原鳥類さんは、言葉の内部に入り込みながら言葉を超越する、というような凄い矛盾さえも「いい子いい子」と手なずけてしまうような、あるいは、ひとりであちこち行こうとする言葉を自作の色彩豊かで奇妙な形の鎖でつないで笑顔で散歩させるような、はたまた、ひとりであちこち行こうとする言葉をその特性ごと包み込んで操り紐で人形のように楽しくテッタカテッタカさせるような、とにかく素敵なイメージたちに求愛されている詩人さんです。


その小笠原鳥類さんが僕に教えてくれたのがこの「草野心平詩集」です。

この詩集の中に「天気」という詩が載っています。これがその全文です。
凄すぎて、30秒間くらい爆笑しました。
隣でその様子を見ていたドリーム坊や(4歳)も、つられて意味も分からず笑っていました。

そう言われると、どうしても声を出して読みたくなります。
 9月25日(火) 丸福@三鷹 味噌一@三鷹
10未満ゴリラをご存知でしょうか。

10未満ゴリラに、10以上の数を示してはいけません。
例えば、10個のみかんや20個のりんごを10未満ゴリラに見せてはいけません。10未満ゴリラにとって、10以上の数は存在しません。彼にとっては、10以上の数は「バグ」に他ならないからです。逆に言うと、10以上の数は、10未満ゴリラの目を盗んで存在しているのです。もし、10未満ゴリラに、10以上の数を提示すると、たちまち宇宙の数理が崩壊し世界が滅びます。

もし、10未満ゴリラがあなたの職場に現れたら、パソコンの台数、窓の数、人の数、消しゴムの数、メガネの数、乳首の数などを、すべて9.99…以下にしてください。さもなくば、世界は滅びます。


コンケノビと飲みました。


*****

今日の1軒目は『丸福』。ラーメンとネギ。

今日の2軒目は『味噌一』。火吹きラーメン。
 9月24日(月)
小金井公園でピクニックをしました。
赤い色素を体内に保有することを選択したトンボがたくさんいました。思わず、なぜ、赤とんぼは赤いのかという疑問に脳内が支配されました。教えて!goo


「捕まえるのではない。止まらせるのである」 ゲーテ(嘘)

ケバブライスとゴリラ。
 

いくらなんでもその大きさはないだろう、というねこじゃらし。

*****

ドリーム坊や(4歳)の発言:「僕、いまは子供だけど、むかしは床屋だった」

なかなか破壊的なことを言う。
 9月23日(日)
パーカスマーカス
 9月22日(土) だんちょーてー@本八幡 凛@月島 くろ○@三鷹
コンケノビの車で「東京酸素強奪ショウ」に行ってきました。


こんなにいっぱい人を見たのは初めてくらいの勢い


「東京酸素強奪ショウ」は、自分が吸う酸素を他の人に吸われないように、ひたすら呼吸するというイベントです。よって、来客者すべてが過呼吸気味になっています。だから、この会場にキョンシーを数体ぶち込むと、全員、瞬時に殺されます。

 

ナコルル(道民)の悩殺っぷりが尋常ではありませんでした。これは悩殺ゴリラそのものです。画像にカーソルをのせるといっそう悩殺されます。
そして、この人はナコルルじゃなくて、不知火舞だろうという指摘メールをいただき、ショックを受けています。峰竜太と竜雷太を間違える以下です。こんなことなら、春麗と書いておけば良かったと思います。

あと、松原さんが欲しがっているこれをもらってきて、さりげなく、無言で(かつ寄り目で)プレゼントしようと目論んでいたのですが、開場20分後に入ったのに、すでに途轍もない人が並んでおり、「もうこれ以上並ぶな規制」がかかっており無理でした。


昼は本八幡の『だんちょーてー』で醤油ラーメンを食べました。めっちゃくちゃ醤油醤油してて、しょっぱくて旨いです。


夜は、ヒョッコリ君が加わって、東京屈指の伝説的居酒屋『岸田屋』に行くために月島に行ったのですが、『岸田屋』がまさかの臨時休業だったので、逆にこのタイミングを生かし、以前からいつか行こうという話が出ていた月島の伝説的焼肉屋『凛』に行きました。


ここ、相当クセのある店で、「中学生以下の入店お断り」「店内では脱帽」などの貼紙があります。注文したものを全て食べきってるのに、だらだらおしゃべりをしてると、おやっさんに「お兄ちゃんたち、もう、終わりにして」などと言って帰されます。こう、時代錯誤丸出しなまでに店の方が客より上の立場でいられるほど旨い、というのは素敵なことで、これは『カッパ』にも通じています。

三鷹の『くろ○』で飲みました。
 9月21日(金) 江ぐち@三鷹
ヤッケルセンおじさんは、毎朝、パンを焼きます。

パンが焼き終わると、ヤッケルセンおじさんは、悲鳴ゴリラの頭を金づちで思いっきり叩きます。
すると、悲鳴ゴリラは宇宙全体に響き渡る悲鳴を上げるんですね。そして、その悲鳴を聴いた宇宙中の人々は「ああ、今日もパンが焼けたんだね」と言って、ヤッケルセンおじさんの店にやってくるんです。

しかし、ある日、いつものように、朝、パンを焼き終えたヤッケルセンおじさんが悲鳴ゴリラの頭を金づちで思いっきり叩いたら、悲鳴ゴリラは死んでしまいました。

以来、ヤッケルセンおじさんは、パンを焼き終えると、自ら、宇宙全体に響き渡る悲鳴を上げるのです。もう、分かったでしょう?毎朝、聴こえてくるあの悲鳴は、ヤッケルセンおじさんの悲鳴なんですね。


『江ぐち』でもやしチャーシューメンを食べました。


 9月20日(木) 江ぐち@三鷹 カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
オモコロスタッフでやったやつです。僕もイラストで(結果的に一枚だけ)参加しました。


クリックするとウラ適職診断

*****

「お腹の上には虎をのせるぞ」のMP3です。こちら

*****

『江ぐち』でチャーシューメンを食べました。

コンケノビと『カッパ』→『やる気茶屋』。

ひとりで『吉祥寺どんぶり』で〆ました。

 9月19日(水) 珍珍亭@武蔵境
広辞苑を適当にペラペラめくっていると、「飛出」というのを見つけました。


ひとつ言えることは、ここまで行ったら、「大」も「小」も大差ないだろう、ということです。何センチから「大」で、何センチまでが「小」なんだ、っていう。まあ、この絵に限っては、「大」の方が、若干、岡本太郎っぽいとは思いますが。


『珍珍亭』で並ネギ。

 9月18日(火) 江ぐち@三鷹
からまわりTVで歌動画が公開されました。

この動画の僕はたいそう泥酔しております。歌もたいそう泥酔しながら録音してます。編集も完全に泥酔状態でやっておりました。当然、撮影中も、たいそう泥酔していたがゆえに、死ぬほど楽しそうです。無表情で通すべき内容なのに、無防備なまでに素の表情を見せてしまっているのが辛い点です。まあ、実際、楽しかったので良いです。


お腹の上には虎をのせるぞ【からまわりTV】

あと、この動画で使ってるメロディーを考えたのは、地獄とは一切関係ないのに、さも地獄と関係あるかのような名乗り方をしている、地獄のミサワです。

*****

『江ぐち』でもやしチャーシューメンを食べました。


 9月17日(月) 味の民芸@三鷹 凧凧@三鷹 くろ○@三鷹 さいたま屋@三鷹
昼に『味の民芸』でなめことろろそばを食べました。


マユモーと『凧凧』で飲みました。

『くろ○』。いま、サンマ旨い。

ひとりで『さいたま屋』で〆ました。味噌ラーメン。
麺は半分。いちいち書いてないけど、だいたい〆るときは半分。

*****

図書館でバカみたいに平和に過ごしてました。
なんか、もう、「図書館」って言葉がそれだけで意味的に平和を含んでますから。

 
写真左:「おしゃれなケーキのケーコさん」の紙芝居をする僕。
写真右:でっかい「すてきな三にんぐみ」と記念撮影。


ドリーム坊やのおかげで、ここ数年、絵本に触れる機会が格段に増えました。絵本、大人が読んでもおもしろいです。数分で味わえる宇宙です。長新太のグイングイン音が鳴るようなズラし方、五味太郎の子供心をつかんで離さないテクニカルな感覚づかい、田島征三の画風のカオスっぷり、などが趣き深いです。


蛙の詩人、草野心平はとんでもない。今日はこれで思いっきりぶん殴られました。

音が蹂躙されまくって、文字が奇怪でユニークなダンスを演出しています。「なみかんたい」には参った。

すげえ!すげえ!勘弁してくれ!
ちゃんとした日本語訳があるのですが、その内容も、その辺の宗教30個分に値するくらいすごいです。
詩全文と日本語訳。「俺の孤独に虹が見える」なんてフレーズは死んでも思いつかない。
 9月16日(日) 陽々@三鷹
逃げ遅れゴリラをご存知でしょうか。

このゴリラは様々な災害などが起こると必ず逃げ遅れます。逃げ遅れることがこのゴリラの存在意義だからです。つまり、このゴリラは逃げ遅れないと逆に死んでしまうのです。

火災などが発生し、例え、余裕で建物から非難する時間があったとしても、このゴリラだけはどうしても逃げ遅れます。洪水で地下が天井まで浸水しても、逃げ遅れゴリラだけは必ず逃げ遅れ、溺れるのです。

もちろん、動物園などで、檻から数頭のライオンが脱走して園内が大混乱になったとしても、逃げ遅れゴリラだけ逃げ遅れ、ライオンに襲われます。ただし、動物園などで、檻から数頭のゴリラが脱走した時は、どのゴリラが逃げ遅れゴリラなのか分からなくなります。


『陽々』でニンニク入りラーメンを食べました。



このページのトップへ