ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 7月15日(日)
松原さんが「涙よ嘘に変われ」を歌ってくれました。こちら

今回、松原さんは、イタリア、フランス、ベルギーの国旗の、

赤い部分だけを切り取って、それを3つに並べながら歌ってくれました。


 7月14日(土)


音声ファイル

 7月13日(金)
一年くらい前に、適当に思いついた無意味な片仮名をひたすら書いた紙をスキャニングしました。書いてる時は凄まじく興奮状態だったのですが、スキャニングしてから、「これ、どうするんだよ」ってなった。まあ、でも、「どうするんだよ」って言ったって、どうしようもないですね。



でも、まあ、いま読み返してみて、「ああ、これは良いかな」という語感はありますから、それについては赤線を引いてみました。
 7月12日(木)
ニュートンは万有引力を発見しましたよね。

これは一般的に凄いことだとされていますよね。凄いことだから、いちいち教科書とかに載るわけです。ただ、彼は多分、ゴリラを知らなかったはずです。ニュートンは18世紀の初めに亡くなっています。一方、ゴリラが正式に発見されたのは19世紀半ばだったということです。

ゴリラも知らないニュートンが発見した万有引力というのはたかが知れています。
だって、ゴリラを知らない人がどんなに偉業を成し遂げたって説得力がないでしょう。「やったー!万有引力発見したー!」とか、そんなことを、ゴリラも知らない人から言われたって、全然凄いと思いません。「黙れ!ひとまず、ゴリラを知ってから出直してこい!」となるからです。


 「もしもし、僕、万有引力を発見したんだ」
 「えー!何それ!それってゴリラより凄いの?」
 「え?ゴリラって何?」
 「もしかして、ゴリラ知らないの?」
 「知らない」
 「死ね!(少なくとも)4回死ね!」


例えば、5兆円持っている人がいるとします。これも、一般的に、凄まじい大金です。
だけど、もし、その人がゴリラを見たことがない人だったら、全く、すごいとは思いません。別の言い方をすると、ゴリラも見たことがないような人が持っている5兆円などは何ら価値がないということです。そんな5兆円は1円の価値にも満たないのだから。

ダーウィンの理屈の幅で言うなら、そもそも、我々の先祖はゴリラと似たようなものでした。
いや、もう、そんなもん、我々の起源はゴリラです。そんなゴリラを知らないということは、人としてのスタートラインに立ってないということです。ソクラテスの言葉を借りるなら、まず、「汝自身を知れ」ということです。確実にソクラテスの言葉の借り方を間違っている、としてもです。どのみち、ソクラテスは名前がおもしろい時点でダメです。ソクラ、かつ、テスである以上、そもそも論としてダメです。かといって、ソクラとテスを兼ね備えた人間など、ソクラテス以外にいませんから、そこは素直に誉めたいと思います。
 7月11日(水) サガミ@西武柳沢 味噌一@三鷹
逆纏足をご存知でしょうか。まず、纏足というのは、中国にあった風習で 小さな靴を無理矢理に女の子に履かせ、足の成長を物理的に食い止め、女の子の足を小さくするというものなのですが、逆纏足というのは、小さな靴ではなく、大きな靴を履かせ、逆に足をでかくするというものです。こうして、でかくなった足を利用して、麺などをこねると効率が良いのです。また、足がでかいということは、靴を作るときに必要な素材が多くなるということです。そうなると、当然に靴の価格が上がる。つまり、足が大きな人が増えると靴屋が儲かるのです。ですから、逆纏足というのは、靴屋が考案した金儲けの方法です。じゃあ、あれじゃん。これだと、裸足なら無制限に足がでかくなるってことじゃん。

コンケノビとヒョッコリ君と飲みました。


ひとりで『味噌一』で〆ました。


 7月10日(火)


バカ音声のページへ飛びます

 7月9日(月)
オモコロで新しい歌を発表しました。


クリックするとオモコロの特集ページ!

カラオケはこちらです。歌ってください。
心の底から歌ってほしいと思っていますから歌ってください。

この曲ですが、先日、マユモーが携帯電話の機種を替える手続きをしていた際、僕がひとりで店の外で自転車にまたがって待っていたことがありました。これは、その時、あまりにもヒマすぎて思いついた曲です。「涙よ嘘に変われ」という部分は、詩とメロディーが同時に思い浮かびました。ですから、多分、この部分の詩とメロディーは組み合わせとして必然的だったのではないかと思っています。必然的であろうとなかろうと、世界には一切の影響を与えないのでどっちでも良いとしても、僕は必然的だと思っています。

メロディーが思いつく状況のマイランキングで、ぶっちぎりで1位なのは、「自転車に乗ってる時」です。「なっとう」「君の想いがうどんみたいに空を目指すなら」は、もろに自転車で思いついてます。もちろん、他の曲にしてもかなり自転車で思いついているのですが、この2曲については特に自転車に乗っていた時に思いついたことを鮮明に覚えています。
おそらく、この世から自転車がなくなれば、僕が歌を思いつく機会が7割くらい減ります。そして、どうも、実際に鍵盤を触りながら作ったメロディーより、自転車に乗っている時に突然思いついたメロディーの方が、何となく流れが自然なような気がしています。

今日から一ヶ月くらい1日も休みがないです。3連休なんてないのです。
 7月8日(日) 江ぐち@三鷹
最近、物忘れが激しいんすよ。

いや、あの、メガネを2階に忘れたので、取りに行ったんですね。
で、2階に上がったとたん、何を取りに来たんだか忘れてしまって、「あれ?僕、いま何を取りに来たんだっけ?」ってなって、しょうがなく、また1階に下りてったんです。
それで、しばらくしてから、「ああ、そうだ。僕はメガネを探してたんだ」ってのを思い出した。それと同時に、そもそも、僕は眼球を付けていないことを思い出したんですよ。眼球が付いてないのにメガネを探すなんて何て間抜けなんだって話じゃないですか。メガネ以前に、そもそもが見えてない、って話じゃないですか。

で、確か、眼球も2階に置きっぱなしだから、眼球とメガネを2階に取りに行こうとしたんだけど、そこでもうひとつ重要なことを思い出したんですよ。「あれ?この家って平屋だから2階ないよね?」って。でも、さっき確かに2階に上ったじゃないですか。2階がないのに2階に上がったって、どういうこと?みたいな。なんかもう訳が分からなくなったところで、また、根本的なことを思い出したんですよ。

「あれ?僕ってこの世に存在してないよね?」って。

自分が存在してないことも忘れるとなると、僕も年を感じますね。


『江ぐち』でもやしチャーシューを食べました。眼球を家の2階に忘れましたが。

 7月7日(土) 珍珍亭@武蔵境 江ぐち@三鷹
ドリーム坊や(3歳)と撮った動画です。


祇園精舎の鐘のこえ 諸行無常の響きあり【からまわりTV】


*****

1軒目は元気に『珍珍亭』で油そばの並ネギとスープ!

2軒目はさらに元気に『江ぐち』でチャーシューメン!
 7月6日(金) やる気茶屋@吉祥寺 笑笑@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
家族が旅行に出かけており、家には僕ひとり、という状況であります。

家の人が、玄関に残していったメモが辛辣でした。
普段、僕はどんだけルーズなんだよという話になるわけですが、実際、何度怒られても直りません。


ヒョッコリ君とコンケノビと『やる気茶屋』に行きました。

『笑笑』。

ひとりで、『吉祥寺どんぶり』で〆ました。

 7月5日(木) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
出しゴリラをご存知でしょうか。

出しゴリラは常に何かを出しています。何かを出してないことがない。普通のところだと、財布からお金を出したり、袋の中から飴を出したりします。

しかし、出しゴリラの凄まじい点は、本来、そこには入っていないはずのモノを出すこともできるという点です。マジシャンが帽子からハトを出すイメージに通じるかもしれません。

例えば、出しゴリラはミジンコから地球を出します。あるいは、ビー玉から宇宙を出すこともできます。無論、寿司から徳川家康を出すこともできます。さらには、あなたの左目からIZAMを出すことさえ可能なのです。出しゴリラに出せないものは存在しません。彼はアウトプットの究極体です。どのようなものからであろうと、どのようなものであろうと、出すのです。

しかし、何が出るかは出しゴリラにも分かりません。
パルプンテと同じように、実際、出してみないと出てくるものが何かは分からないのです。だから、出しゴリラは、いつも「何が出るかな?何が出るかな?」と歌っています。そうなると、例えば、お金がいっぱい出てきたらうれしいですが、病気のウイルスなどがいっぱい出てたらうれしくない。ですから、出しゴリラは危険です。もし、出しゴリラがネズミの鼻の穴から宇宙を10億個出したら、この世界のルールや秩序などがいとも簡単に崩壊するでしょう。

また、例えば、僕の目の前で、2年後の僕自身を出されたりした場合には、その瞬間、時空が歪み、世界が崩壊します。みなさんも、そうなると世界が崩壊することくらい分かるでしょう?現在の僕と2年後の僕が同じ時間と空間を共有することはバグなんです。分かりますよね?ていうか、分かれ、このバカどもが。この、いつかは草原に白い家を建て、仔犬などと戯れながら暮らしたいと思ってるバカどもが。下衆が。


『中本』で北極を食べました。
 7月4日(水) ○麺堂@柳沢 大吉@三鷹
『○麺堂』で鴨のラーメンを食べました。ダシも肉も鴨。


『大吉』で飲みすぎました。


*****

空海の十二指腸がいまだに公開されてないのにもかかわらず、オモコロとお名前.comの企画「未来予測マシーン」が公開されていました。


未来予測マシーン

未来予測の精度が信じられないくらい高く、まず、ハズれることはありません。ぜひ、やっていただきたいと思います。こんなものが無料でできるとなると世の占い師は商売あがったりです。間違いなくこの先1ヶ月で、占い師は絶滅します。それが僕の未来予測です。まず、ハズれることはありません。

この企画では僕も10点くらいのイラストネタで参加させていただきましたが、大真面目な回答をしながら自分でやってみたところ、結果に、本当に自分のイラストが出てきて驚きました。これ


これがオリジナルの原画になります。







 7月3日(火)


一度しか言わないからよく聞いてください(バカ音声のページに飛びます)

 7月2日(月)
ギャナカシオンス
 7月1日(日)
「悩殺ゴリラを管理と監視」のいだめアレンジを歌いました。

このアレンジの格に見合うようにするため、何度も何度も歌いましたが、最後まで納得することができませんでした。しかし、もし、仮に納得できるように歌えたとしても、地球の温暖化を食い止めることはできません。だから、これで良いのです。違いますか?違うなら証拠を示してください。物的証拠を示してください。それができないならまるで話になりません。


クリックすると悩殺ゴリラを管理したり監視したりできます

*****

昨日、今日と立て続けに2件、新聞社から世論調査の電話がかかってきましたが、断る際に「忙しいのですみません」というものしか言えない普通っぷりに軽く自己嫌悪に陥りました。僕の脳内に、「いまライオンに襲われてる最中なので後にしてください」とか言いたいもう一人の自分がいるからです。もう一人の自分が、普通のことを言っている自分を軽蔑の目で見ているのです。例えば、葬儀などの際に、この、もう一人の自分がよく出現するので大変です。場のフォーマル度が高くなればなるほど、もう一人の自分の出現率が高くなります。

このページのトップへ