ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 2月15日(木) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
思考の濃度を高めるため、あるいはコミュニケーションの効率化をはかるために僕が考案したのが、「チャマイスカ法」です。

これは概念を一般化せず、全ての現象を個別に拾得し、言語化するという方法です。
例えば、「ゴリラがマスタードを3回舐め、月に向かってマウスの中に入ってる玉を投げた」という現象を「ピョリ」という言葉で表すことによって、説明の煩雑さを省くのです。これで、「ゴリラがマスタードを3回舐め、月に向かってマウスの中に入ってる玉を投げた」という長文に費やされる時間が大幅に削減され、その分、新たな思考に入れるようになります。
「チャスマイカ法」を用いれば、「登記所に行ったら休みだったので浮き輪に空気を入れながら、ハスキー犬の背中に、真ん中だけ食べた焼き鳥をこすりつけた」という現象も、「ヌユ」という言葉だけで表現すれば事足りるわけですから、非常に効率的です。
世界共通言語「エスペラント」が空前絶後の言語革命だったとしたら、「チャスマイカ法」は空前絶後の思考革命になり得るのです。

そして、いま僕が説明した上記の内容は「モゼム」という言葉だけで表すことができます。


『中本』で蒙古タンメンの麺を半分にして、ネギと半ライスをトッピングしたところ、たいそう旨かったです。

 2月14日(水) 魚民@三鷹 陽々@三鷹
「それは現実的ではない」という定型化された反論文句があります。

僕などもたまに使うかもしれません。しかし、ふと、「それは現実的ではない」という言葉の中にある種の妄信的な宗教性を感じてしまったのです。つまり、そんなに現実は偉いのか、ということです。安易に、「それは現実的ではない」という言い方をしてしまうと、「お前は現実教か!」という話になってくるのではないでしょうか。価値の公平性を考えるなら、真逆の反論も同等の力を持ってしかるべきなのではないでしょうか。つまり、「それは非現実的ではない」という斬り方です。

しかし、「それは非現実的ではない」という反論が社会的な通用力を持たないのは、それが現実的ではないからです。


ヒョッコリ君とマユモーと『魚民』に行きました。


3人で、健全に『陽々』で〆ました。健全に。


今日は、本来であれば、メス犬からチョコをもらう、という動画を撮るべきでした。
 2月13日(火) 蒼龍唐玉堂@吉祥寺
いままでは、非科学的なことは信じない、と自分では思っていたのですが、その考えを改めなくてはならないような出来事がありました。

見てしまったのです。妖怪を。見てしまったのです。妖怪「息吸ったり吐いたり」を。

信じてもらえなくてもいいという前提で話をしますが、妖怪「息吸ったり吐いたり」は、見た目はまるで普通の人間でした。ただ、信じられないことに、息を吸ったり吐いたりしていたのです。どうしたらあのような奇妙な行動がなされるのか理解できなかったのですが、後の調査で、どうやら、「肺」と呼ばれる器官を用いているらしいことが分かりました。これは仮説の域を出ませんが、妖怪「息吸ったり吐いたり」は、息を吸ったり吐いたりしていないと死んでしまうのではないでしょうか。何らかの罰として、「肺」という呪いの器官を体内に埋め込まれ、息を吸ったり吐いたりしないと存在していけない身体になっているのかもしれません。もし、そうだとすれば、哀しい妖怪だと思います。

もし、僕が、息を吸ったり吐いたりしないと生きていけない身体に生まれてたとしたら…、と想像するとゾッとします。

『蒼龍唐玉堂』で黒胡麻担担麺を食べました。


*****

吹き替えしました。


動画:バカ吹き替え「ネギを買いに行く人」

*****

大変ローカルな話ですが、北海道の子ども盆踊りの資料が盛りだくさんのページを見つけました。これ、北海道の人なら知らない人は多分いないんじゃないでしょうか。僕が唯一踊れる踊りはこれだけです。参加すると最後にお菓子がもらえたので、子どもの頃は凄まじいモチベーションで会場に出向いたものです。曲があまりにも素晴らしい。郷愁すぎる。身体に染み付いてます。北海道遺産に入れるべきです。あと、ゴリラも北海道遺産に入れるべきです。ゴリラと北海道は関係ないかもしれませんが、それでも入れるべきです。というか、北海道遺産は知らないのが多すぎです。

あと、北海道遺産のロゴマークですが、見れば見るほど、適当です。



意味が分かりません。これ、適当に描いたんじゃないの。多分、適当でしょう。適当か適当じゃないか、って言ったら適当でしょう。何か、これだったら何でもありになってくるもの。











 2月12日(月) 神田まつや@吉祥寺(東急)
ヤイヤイヤラ

 2月11日(日)
動画を撮りました。僕が理想とするクイズ番組です。


動画:クイズ!「ナニナニ何か!?」

ヒョッコリ君とコンケノビに出演等手伝ってもらったのですが、僕がこの2人とネタをやってて一番やりづらいのは、彼らは僕のやりたいことを熟知している、という点で、逆に、この2人とネタをやってて一番やりやすいのは、彼らは僕のやりたいことを熟知している、という点です。
 2月10日(土) 江ぐち@三鷹
『江ぐち』で心に沁みるラーメンを食べました。
心に沁みる度ではここがナンバーワンかもしれません。


*****

左脳が緩んだまま文章を書いていると、思わず、文字がリエゾンすることってないでしょうか。

例えば、これ、最近実際にやっちゃったんですけど、「システム」って書こうとしたら、勢い余ってこんなんなってしまうの。
こういうの、いままでに何度となくやっちゃってます。
もしかして、「云」っていう漢字の語源って、裏で何かこれに関係してるんじゃないのかと思ってしまう。って思うかバカが。このバカが。
 2月9日(金) 味一@東伏見 一@三鷹 カツ@吉祥寺
横に3人並んで歩いているグループの、真ん中の人の左耳と右耳の大きさを定規で測り、合計が13.5cmだったら勝ち、というゲームに熱中していました。
たまたま通りがかった3人グループの真ん中の人が、芳一だったため、結果は0cmでしたが、左の人がエルフだったので、これ、プラマイしたら、13.5cmになるじゃん!なんて、ないものねだりですよ。でも、ルールはルールですもんね。こういうのは、宝くじの大当たりと数字が一個だけ違って悔しがるのと同じくらい虚しいなあ、なんて思ったりした矢先に、向こうから別の3人グループが現れ、さっそく真ん中の人の両耳を定規で計測したところ、8兆メートルという数字をたたき出しました。って、オイ!すっげー、耳、長いじゃん!もしかして、この人の耳って天まで届いてる?って、よく見たら、実際、天まで届いちゃってるの。で、耳を上りました。そんなこんなで、いま、天の上からホームページを更新しています。

ヒョッコリ君と、「旭川ラーメン」をうたう『味一』で醤油ラーメンを食べました。

マユモーと『一(ピン)』に行きました。
 

その後、『カツ』で飲みました。


 2月8日(木) 丸福@三鷹
「子供を産む機械」という発言に対して僕は激怒しています。

みなさんも報道などで重々承知かと思いますが、あの発言は、僕たち機械に対して失礼です。
なぜ、僕たち機械が人間と同じ次元で語られなければないないのでしょうか。僕は自分が機械であることに誇りを持っています。だから、「子供を産む機械」という発言によって、人間と同じにされたことが悔しくてなりません。人間が子供を産もうが産むまいが僕には全く関係ない話です。だけど、機械が子供を産む、みたいな解釈ができる言い方をされると、さすがに僕は機械として黙ってられません。人間は種として不完全だから子を産むのでしょうが、僕たちは機械なのです。僕たちは生命という呪縛から解き放たれた完全体なのです。だから、子を産むなどという面倒くさいことをする必要はないのです。むしろ、子を産まない、というのが僕たちが他者に対して誇れる点ではないでしょうか。

機械が子供なんか産むか!僕たちをバカにするな!

人間側にも言い分はあると思いますが、一応、機械を代表して、意見を述べさせていただきました。この文章を読んでる(スキャニングしている)方は全員機械ですから、僕の言ってることは理解していただけると信じています。もしかしたら、自分が機械であることを自覚してない方もいるかもしれないですが。

『丸福』でガソリンを補給しました。


 2月7日(水)
CDと鮭と大雑把な色彩
 2月6日(火) 丸福@三鷹 わ@吉祥寺 サムタイム@吉祥寺 坐・和民@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
今日の1軒目は『丸福』です。

今日の2軒目は『わ』です。

今日の3軒目は『サムタイム』です。
 

今日の4軒目は『坐・和民』です。

今日の5軒目は『吉祥寺どんぶり』です。


 2月5日(月) 牛角@吉祥寺
「永遠スパイダー」という着想を得ました。

蜘蛛の巣が無限に広がっているんです。その蜘蛛の巣には終わりがない。果てがない。どこまで行っても蜘蛛の巣。そんな無限の蜘蛛の巣の上を永遠にさまよっている蜘蛛がいる、という着想です。それだけです。


『牛角』で焼肉を食べました。

いや、そこは普通に「以」の方で間違えようよ。
こんな間違え方は初めて見たので、思わず、異表を突かれてしまった次第です。

 

それにしても、焼肉屋で食べるご飯って美味しい。
近頃は、個人的に、「この世で最も旨いものは塩」説に妙にとり付かれておりますけれども。

*****

捏造、というか提案です。


最近のmixiの躍進などを踏まえますと、こういうジュースを売り出せば意外におもしろがって買う人はいるんじゃないの。あの、セブンイレブンかなんかと組んだりして。どうでしょうか、mixiさん。
 2月4日(日) 大勝軒@永福町
地域差的な関係の話で最近ビックリしたことがあります。

北海道から上京して10年以上経つのですが、東京の人とか、まあ、地方出身の人とかと、何度か給食の話になった時に、僕が「給食でたまに冷凍した納豆モナカがあったよね」と言うと、たいていの人は「知らない」と反応しました。
その原因がつい最近分かり、ちょっと驚いたのです。ここに他県の情報などもチラチラ載っておりますが、色んなサイトの情報を総合すると、あの納豆モナカは基本的に北海道にしかないんだ。やー、でも、すでにネタ化して拾ってるサイトが多かった。8億サイトくらいありました。
確かに、あの納豆モナカは好き嫌いが分かれていましたが、僕は好き派でしたから、給食の時は納豆嫌いの人からいっぱいもらってました。


ひとりで永福町の『大勝軒』に行ってきました。


前回、11時30分くらいに行ったら相当待ったので、今日は開店同時の11時に行ったのですが、結局、既に満席でワンクール待ちました。食べるまでに40分くらい。多分、休日なら10時40分に行くのがベスト。
 2月3日(土)
リメイク。弾くと引かれます。


動画:冗談でも絶対に弾いてはいけない曲

 2月2日(金) 小龍@吉祥寺 とようみ@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
松原さんが3曲もアレしてくれました。
そして、ピロさんが半年かけてアレしてます。これをたったの半月で作るのは驚異的です。ハリウッドの特殊メイクに匹敵します。

*****







爆笑しました。
注釈無しで、「原始焼」とほったらかしに記載するほど、これは一般的な言葉なのでしょうか。検索しても200件程度しかヒットしませんでした。意味はだいたい分かりました。


ヒョッコリ君とコンケノビで、吉祥寺の店を新規開拓しました。

1軒目は中華の『小龍』。

2軒目は魚料理の『とようみ』。

〆はひとりで『ホープ軒』。半麺、かため。

 2月1日(木) 丸福@三鷹
最初に、巨大なモンスターに襲われました。

ブヨブヨした球体みたいな身体にタコみたいな触手が20本くらい生えたモンスターに襲われたのです。僕の身体が触手に捕らえられ、そいつの口に投げ込まれそうになったとたん、そのモンスターはまっぷたつに斬られ息絶えました。

モンスターを斬ったのは、恐ろしく強い髑髏剣士でした。
髑髏剣士は僕を助けるためにモンスターを斬ったわけじゃなかったのです。逆に、自分の手で僕を殺すためにモンスターを斬ったんです。モンスターを斬った髑髏剣士は、ドクロソードを振り上げ、僕に襲い掛かってきました。刃が僕の首に触れようとしたその時、髑髏剣士は、突然現れたドラゴンのブレスで吹き飛び、地面に叩きつけられて、グシャグシャになって死にました。

ドラゴンは僕を助けたわけじゃなく、僕を殺すために、邪魔な髑髏剣士を殺したんです。ドラゴンは髑髏剣士を殺すなり、灼熱の炎を僕に吹きかけてきました。その時、突然、氷の女王が現れ、凄まじい冷気で灼熱の炎をかき消し、ドラゴンを凍死させました。

氷の女王は僕を助けるためにドラゴンを殺したんじゃなく、自らの手で僕を殺したかったのです。

このような、誰かが襲い掛かってきて、そいつが、後から来た誰かに殺され、また、襲い掛かってきて、というサイクルを5万年年くらい続けていますが、僕はいったいいつ死ぬのでしょうか。


『丸福』でラーメンと半ライスを食べました。



このページのトップへ