ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 1月15日(月)

パグナズミ・ペクオザズミ

 1月14日(日) 大勝軒@永福町
イルカのジャンプを動画にまとめました。

ただ単にイルカのジャンプをまとめただけだと思わせて、本当に、ただ単にイルカのジャンプをまとめただけです。


動画:イルカジャンプをまとめた動画

イルカっていうと、あの、ワードとかエクセルに出てくるイルカ。
あれ、いつも何か物足りないなって思ってるんですけど、少なくとも、頭に矢が刺さって血まみれになってる方がキャラとしては立つんじゃないかと思うんですよ。こんな感じですかね。

このイルカ、クリックすると、「何について調べますか?」とか聞いてくるじゃないですか。「いや、何について調べますかじゃなくて、お前は大丈夫なのか?その矢は大丈夫なのか?脳を貫いてるけど大丈夫なのか?血まみれだけど大丈夫なのか?」みたいなことになるじゃないですか。そういう刺激がちょっと欲しいかな、という。

永福町の『大勝軒』に行きました。一杯で2人前です。


日本語テストを8,000回くらいやりましたが、全部0点でした。


みなさんは、どんな0点が取りたいですか?僕は、基本的には明朗快活な0点が良いと思ってますが、たまには、暗澹とした0点も良いかなと思っています。
 1月13日(土) きび@品川(品達)
品川に死体を見にいってきましたので、撮った死体の写真を載せておきますね。

 
左:死体 右:死体

 
左:死体 右:死体

死体のショーも見ました。

死体なのに凄いジャンプ力

これ↓なんか、いくら何でも跳びすぎだろうと思いました。とても死体とは思えません。
死体なのに本当によく跳びますね。正直な話、「もしかして、死体じゃないんじゃないの?」などと勘ぐってしまったほどです。実際、死体じゃなかったりして(笑)
でも、係の人に「これって本当に死体なんですか?」なんて聞けないじゃないですか。だから、黙って見てましたけれども。


ラーメン屋がいっぱい集まってる「品達」で、『きび』の支那そばを食べました。


*****

ちょっと前にネットでブレイクしてた「まん延するニセ科学」ですが、僕もかなり笑いました。
特に、水に対して「ありがとう」という言葉をかけるとキレイな結晶ができるという箇所には爆笑しましたし、全体的に、無表情で、一切感情に訴えかけない語り口調がおもしろかったです。

これにインスパイアされたので、僕も動画を撮ってみました。


動画:まん延するチポリウム科学

 1月12日(金) すみれ@池袋
どんな声が最も平安時代の人らしい声なのか、ってのを調べたいけど、残念なことに、いま、平安時代の人がいないわけです。昔はいたらしいけど、いまはどこにもいない。音声さえ残ってない。ネットでも調べようがない。だから、最も平安時代の人らしい声を再現することは不可能です。だけど、「これが最も平安時代らしい人の声だよ」って、嘘をつくことは可能じゃないですか。かといって、そんな嘘をついて誰も得をしないですよね。誰かが得をするなら、そういう嘘をついても良いんですが、誰も得をしないなら意味がない。だから、そういう嘘はつきたくないと思ってます。本当は、そういう嘘をつきたいんですよ。まあ、でも、つかないですね。なぜ、つかないかって?そんな嘘をついたところで誰も得をしないからですよ。違いますか?

今日は、わりと遅い時間から行動しました。
『すみれ』のラーメンが食べたい!って思ったので、池袋まで出ました。900円。札幌の本店より150円高い。ショバ代でしょうね。「ショバ代」って言いたかっただけです。


 1月11日(木) 珍珍亭@武蔵境
『珍珍亭』で並ネギを食べました。


 1月10日(水) 丸福@三鷹 ちょうちん@吉祥寺
「今日は風が吹いてないなあ」って思ったら、それは「風食い」が風を食ってるからです。

「風食い」の食欲が旺盛な時は風がないですね。逆に、「風食い」の食欲がない時は風がよく吹いています。夏は「風食い」が夏バテしてるので、よく台風が起こるんです。

ヒョッコリ君とコンケノビで『ちょうちん』に行きました。


*****

これを作ったのは去年の4月でしたが、投げやりすぎてアップしないままでいました。
だけど、投げやりは投げやりとしてアップしようと思います。


クリックすると投げやり

 1月9日(火) 支那そば あおば@武蔵境 カッパ@吉祥寺
今日は、カッパ開きなので、ヒョッコリ君とマユモーで『カッパ』に行って来ました。


もう、僕にとって『カッパ』ってのは、生活サイクル的に、時計で言うところのココ↓みたいなもんです。色んなものの中心というか。


カッパ開きに『カッパ』に来ると、財布がもらえます。
年ごとにデザインが変わります。これが毎年楽しみでしょうがないのです。これで4つ。


*****

『あおば』でラーメンを食べました。



 1月8日(月)
みなさんは、この3連休を誰のお面を作ることに費やしましたか?

僕は桜庭のお面を作ることに3連休を費やしました。


僕は作り慣れているので、お面をひとつ作るのは、休日が3日あれば徹夜で何とかできますが、慣れてない人だと1週間くらいかかるかもしれません。

桜庭お面の作り方:ネットで「桜庭」をイメージ検索し、適当なJPGをダウンロードして、解像度を大きくして印刷。ハサミで顔の形を整え、耳のところに輪ゴムを通して完成。

*****

来たくても来られなかった人が20,016人いたということなので、12月16日(土)に行われたポックリボーイバンドライブの音源を、一部、公開したいと思います。

バンドメンバー全員一致で、「もっとも酷い」つまり、「もっともアップロードに値する」と判断した、ワンダーボーイ前後のパフォーマンスを公開します。「歌詞が飛ぶ」というレベルの酷さに収まっていない酷さなのですが、来たくても来られなかった20,028人の方々には、ぜひ聴いてもらいたいと思います。とにかく、今回も会場で聴いて下さった方々の優しいノリに救われています。そんなこんなで、来たくても来られなかった20,049人の方々には聴いてもらいたいですね。


動画:ポックリボーイバンド(P2B)ライブ 「ワンダーボーイ」音源

先日のバンドの打ち上げでライブのDVDを見ていた際に、メンバーから僕に対して、「ペースを譲ろうとする気がない」「自分で作っておきながら曲の流れを理解してない」「あれだけ歌詞をガン見してるのに間違えて歌う理由が分からない」「練習したことを無視する」「わがままだ」など、数々の賛辞をもらいました。

※MP3ファイルはこちら
 1月7日(日) 江ぐち@三鷹
フローリングは板の現在進行形でしょうか。

『江ぐち』で「チャーシューメン+もやし」を食べました。さすがにチャーシューともやしが入ってるだけあって、チャーシューともやしが入っていました。


 1月6日(土)  エチオピア@御茶ノ水 共栄堂@御茶ノ水 キリンシティ@吉祥寺
ゴリラは危険な生物だと言います。
森の中でゴリラと出会ったら殴り殺されると言います。

だけど、もっと危険なのは病気です。ゴリラが原因で死ぬ人より、病気が原因で死ぬ人の方が多いのではないでしょうか。もし、身近にゴリラが原因で死んだ人がいるという方がいたら申し訳ないのですが、少なくとも、僕の周囲にはゴリラが原因で死んだ知り合いはひとりもいません。だけど、病気が原因で死ぬ人なら珍しくないのです。ゴリラに殴られて死ぬ人は少ない一方、病気が原因で死ぬ人は多いのです。ですから、みなさんに、ゴリラは危険な生物だという認識を改めてもらいたいのです。ゴリラは病気より危険じゃない、ということを僕は言いたかったのです。

お願いですからゴリラを危険視するのはやめてもらえないでしょうか。ゴリラを危険視しないください。だけど、本当のことを言うと、ゴリラは危険です。なぜ、ゴリラが危険かというと、森の中で出会ったら殴り殺されるからです。

ただ、森の中でゴリラに出会ったとき殴り殺されない方法があります。それは、ゴリラの足と地面を接着剤で固定するという方法です。こうすれば、ゴリラは身動きが取れなくなりますから襲われる心配はありません。


ラーメンで言うところの『武蔵』とか『大勝軒』級に有名なカレー屋に行きたい、というミーハー以外なんでもない動機で、ヒョッコリ君とコンケノビとマユモーでカレー連食ツアーを組みました。

街そのものがカレーミュージアムという神田に出ました。神田は、昔、頻繁に通っていたところなのですが、店とか全然知りません。ヒョッコリ君が詳しいので、だいたいのナビをお願いしました。

1軒目は『エチオピア』に行きました。


2軒目は『共栄堂』に行きました。


これ、両店とも確かにすごく美味しいんだけど、カレーを連食するのはラーメンを連食するよりはるかに辛く、2軒目の『共栄堂』の味がちゃんと分からない感じになってしまいました。2店だけで比較するなら『エチオピア』の方がオーソドックスな方向性でカレーの旨さを追求した感じで、『共栄堂』は完全に独自路線のオリジナルタイプという印象です。両店ともずっと来たいと思っていた店なので、とりあえず来られてうれしいです。これで、「ああ、まだ、『エチオピア』と『共栄堂』のカレーを食べていない」というプチストレスが解消されるのです。

4人で吉祥寺に戻り、『キリンシティ』で飲みました。
ビールの泡の形が素晴らしかったので夢中で撮影しました。



 1月5日(金)  キリンシティ@吉祥寺 坐・和民@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
「耳だけ芳一」ってのは、つまり、耳だけなんですわ。
身体とか目とか鼻とかがないんです。耳だけなの。単純に耳だけなの。

というような演説をする政治家が日本にはいません。
だから政治不信が深刻になるのだと思います。いま必要なのは、聖域なきサンクチュアリだと思います。だけど、サンクチュアリに聖域がなかったら、ものすごく根本的におかしいんじゃないかという話です。なんか、象じゃないエレファントみたいなことになってるじゃないですか。もう、虎じゃないタイガーみたいなことになってるもの。

プロゴルファーかよ!魔法瓶かよ!

という演説をする政治家が不在なので政治的無関心は増長してゆく一方なのではないでしょうか。

ところで、いま、思いついたのですが、「命なし芳一」というのはどうでしょうか。「命なし芳一」は耳どころか命がないんです。というか、この世に存在しないんですね。なにせ命がないんですから。

これほど不毛な文章を書いたところで誰の得になるのでしょうか。何のために書かれた文章なのか自分でもまるで理解できません。逆に、虚無感が崩壊してしまうほど不毛です。

ヒョッコリ君とコンケノビとマユモーと飲みました。


イベリコゴリラ

『坐・和民』。
もう、年齢やら何やらで、今年は酒量を減らしたいというような話が仲間内で出ているのですが、やってることは真逆です。普通の表現で言うと、単に「飲みすぎ」だということになると思います。


今日は何かの肉に付いてたカラシの形が素晴らしかったので夢中で撮影しました。






ひとりで、静かに『ホープ軒』で〆ました。



 1月4日(木)  丸福@三鷹 備長八 分家@吉祥寺
室伏は何を投げたら一番おもしろいのでしょうか。

とりあえず、室伏なら何を投げてもおもしろい気はします。
何を投げてもおもしろいからと言って、何を投げたら一番おもしろいのかを模索しないのは思考停止ではないでしょうか。例えば、カセットビジョンなどを投げたらおもしろい気がしますし、電卓を投げるのもシンプルで良いかもしれません。
2年前くらいの卓上カレンダーはどうでしょうか。人それぞれ答えは違うのでしょうが、僕の中では、室伏が投げると一番おもしろいものとしては、2年前くらいの卓上カレンダーが正解という気がします。

室伏はまだ掘りようがあると思います。
例えば、設定した時刻になると室伏を模した人形がモノを投げてきて、それにぶつかって目が覚めるという目覚まし時計などを作るとロマンを感じる気がします。

『丸福』でラーメンと小ライスを食べました。


ヒョッコリ君とマユモーと『備長八 分家』に行きました。


 1月3日(水)  一風堂@吉祥寺
まず、ビールの空き缶を用意して、その中に水を注ぎ、車の中で飲む。
なるべく、周囲の目につくように飲む。すると、警官が寄ってきて、「お前!飲酒運転だろ!」と言ってきますから、「違います。私は水を飲んでいただけです。これは冤罪です。とんでもない冤罪です」と言い返す。という動画を誰か撮って下さい。

ポックリボーイバンドのメンバー全員で、ちょっと遅くなった年末ライブの打ち上げ兼新年会をしました。


全員で、すこやかに『一風堂』で〆ました。


 1月2日(火) 日高屋@吉祥寺
予期してないことって、予期してない時に起こるじゃないですか。当たり前なんですけど。

今日、街に出て、自転車をとめてラーメン屋に入ったんですよ。で、普通、自転車をとめてる段階では、まさか、この自転車が後で盗まれることになるなんて思ってないじゃないですか。まあ、ちゃんとカギもかけてることだし。

で、悠々とラーメン屋入ってラーメンを食べてたんですよ。で、ラーメン食べ終わって自転車とめたところに戻るじゃないですか。そこで初めて、「あれー!」って。

自転車、全然、盗まれてないんですよ。

もう、まさにさっき置いたまんまの状態。さすが、自転車をとめた段階で、盗まれることになるとは思ってなかっただけのことはありますよ。現に盗まれてないんですから。まるっきり盗まれてないの。ここまで歴然と自転車が盗まれてないと、逆に気持ちが良いですね。

『日高屋』でラーメンを食べました。逆に言うと、ここしかやってませんでした。


これ、「ヤンニョンラーメン」っていうんですけど、何がヤンで、何がニョンなのかさっぱり分かりませんでした。何だよ、ヤンニョンって。言いっ放しにも程があるよ。

*****

あけましておめでとうございます。

大変、楽しいホームページを発見しました。
僕の近所の交番が案内されているホームページで、地図のマークをクリックすると、それぞれの交番の写真が出てくるのですが、そこに立っている警官の佇まいがあまりにも不自然なので、大いに感心してしました。どの写真も警官の立ち方が不自然。これ見よがしに不自然。余すところなく不自然。ここ



 12月29(金)〜1月1日(月)


普通に帰省したメモ

このページのトップへ