こしをれポク夫の音楽室

トップページへ戻る




★反響のあったものや、すごく自分が気に入っている音楽

『なっとう』
『なっとう』(データ直結)
愛ちゃんの超J−POP。ポク夫代表作


『突然の天使』 2006.9.6
『突然の天使』(カラオケ)
トキメキを表現してみました。

『ワンダーボーイ』 2006.10.12
『ワンダーボーイ』(データ直結)
プロモーションビデオ(動画完全版
『ワンダーボーイ バラード』
ポックリボーイバンド公式ソング。


『あの雲より高く飛べるさ』 2007.4.20
『あの雲より高く飛べるさPV』(動画)
『あの雲より高く飛べるさ(カラオケ)』
一度、ものすごくピコピコ的なものに立ち返りました。

『貴方は此処には戻らない』 2007.3.12
『貴方は此処には戻らないPV』(動画)
『貴方は此処には戻らない』(カラオケ)
浄瑠璃ジェラシー。この曲は気に入ってます。

『こしをれ連歌〜塩味の龍〜』
『こしをれ連歌〜塩味の龍〜』(データ直結)
非常にトランス。
ポク夫の一番の代表作。

『君の想いがうどんみたいに空を目指すなら』
『君の想いがうどんみたいに空を目指すなら』(データ直結)
ペッポコペッポコといった感じの曲じゃないでしょうか。違いますか?
ポク夫代表作

『鮭の神 光臨』
『鮭の神 光臨』(データ直結)
僕は鮭の神だ。

『自由の河』
『自由の河』(データ直接)
『自由の河(カラオケ)』
僕にとっての自由はここにある。


『森鴎外のうた』
無性に「森鴎外」って言いたくなった時にうたう歌。

★新譜

『いつか僕が終わる時』 2010.5.29
虚無をポップに歌いました。

『世界は君だけのために微笑む』 2009.11.9
鼻を押すことの重要性を説いた歌です。

『諸行無常の響きなし』 2009.6.2
『諸行無常の響きなし(カラオケ)』
どう考えも、歌入れに10時間かからない曲ですが、10時間かかってます。


『オンリーロンリー吉祥寺』 2008.12.16
結局、昭和っぽいモード歌謡が持つ哲学に還りたいと思ってます。思ってないかもしれません。

『途切れそうな君のメロディー』 2008.10.30
『途切れそうな君のメロディー(カラオケ)』
自分の中でファルセットブームがすごかったので、そういうやつにしました。


『泣きながら叫んでいた』 2008.9.2
『泣きながら叫んでいた(カラオケ)』
僕は声に迫力がないのですが、本当は安岡力也っぽい声で歌いたい曲です。

『祈りのかけら』 2008.5.12
『祈りのかけら(カラオケ)』
北海道がテーマになってます。


『東京あいろにー』 2007.2.6
『東京あいろにー』(カラオケ)
70年代っぽいイメージを意識しました。

『絶対優位の矛盾にキスを』 2007.12.3
『絶対優位の矛盾にキスを』(カラオケ)
生きてる暇があったら西を北と呼べ!

『俺が払うマン』 2007.11.11
『俺が払うマン』の動画(オモコロ特集の動画)
おごってやるからさ。

『嘆きを吹雪に変えて』 2007.10.15
『嘆きを吹雪に変えて』(ポク夫バージョン)
オモコロのイベント「なまはげシンポジウム」用に小宮真央さんとコラボ。

『お腹の上には虎をのせるぞ』 2007.9.18
『お腹の上には虎をのせるぞ』の動画(からまわりTV)
作曲が地獄のミサワ。

『そのままの君でいいよ』 2007.8.6
『そのままの君でいいよ』(カラオケ)
本当はそのままだとダメです。

『涙よ嘘に変われ』 2007.7.9
『涙よ嘘に変われ』(カラオケ)
友人が携帯電話を替える手続きをしている時に思いついた曲です。

『あなたの言葉に逢いたくて』 2007.6.11
『あなたの言葉に逢いたくて』(カラオケ)
バラードは危険なのですが危険だからと言って避け続けるのは良くないので作りました。

『遠い街の風を聴こう』 2007.2.16
『遠い街の風を聴こう』(カラオケ)
ミディアムテンポのゴリラです。

『空は在るよ〜威風堂々MIX〜』 2007.1.19
『空は在るよ〜威風堂々MIX〜』(カラオケ)
威風堂々をJ−POP風にしてみたいと思ったのです。

『道づれ ふたり』 2006.12.8
『道づれ ふたり』(カラオケ)
松原さんと歌った昭和っぽいデュエット。

『手の平にひとつ勇気持って』 2006.11.27
『手の平にひとつ勇気持って』(カラオケ)
ニスィーベさんとコラボしました。

『無敵の少年』 2006.8.9
『無敵の少年』(データ直結)
持ちうる破壊衝動を全て込めて作りました。

『Ievan Polkka ポク夫アレンジ〜主にネギラーメン〜』 2006.7.11
オリジナルじゃなくて、ネットで流行っている歌をうたいました。

『永久の夢(2006年リメイク)』 2006.6.5
『永久の夢(2006年リメイク)』(データ直結)
前のアレンジがあまりにも気に入らないので作り直しました。


『キミ色に染まって…』 2006.3.24
『キミ色に染まって…』(データ直結)
最後に拍手をしてますが、これは実際に僕が手を叩いています。


『「誰もが望む明日」を望む』 2006.3.13
『「誰もが望む明日」を望む』(データ直結)
Aメロでテプテプして、Bメロでヌモヌモして、サビで悠々した感じを意識しました。


『メガネサタン復活』 2006.3.7
『メガネサタン復活』(データ直結)
眼鏡を実際にバトンにしてリレーしてゆく「眼鏡インフィニティーズ」から出た曲です。


★こしをれポク夫が歌っているものなど

『この世界に愛され生きてゆこう』
『この世界に愛され生きてゆこう』(データ直結)
自分ではわりと丁寧に作った曲です。

『苦しまぎれ』
『苦しまぎれ』(データ直結)
大学生の時に作った曲です。

『ネギィープ・ストリングス』
『ネギィープ・ストリングス』(データ直結)
これは僕が19歳の時に作ったメロディーです。

『愚瑠愚琉慕情』
『愚瑠愚琉慕情』(データ直結)
道東、主に知床への想いを昭和っぽいメロディーで作りました。

『行雲流水そんなんだよね』
『行雲流水そんなんだよね』(データ直結)
中国風で速いテンポの曲です。

『とおりゃんせ〜ポク夫風味〜』
とおりゃんせ〜ポク夫風味〜』(データ直結)
絵でも表現してみました。

『こしをれ連歌』
『こしをれ連歌』(データ直結)
『こしをれ連歌〜桃色ヴァージョン〜』
消え逝く、それは宿命。ポク夫代表作

『ハミラミ・ハ・ミア』
『ハミラミ・ハ・ミア』(データ直接)
イチドラム。

『悩殺ゴリラを管理と監視』
『悩殺ゴリラを管理と監視』(データ直接)
イチ君との初コラボ。イチ君のドラムとコードに僕がメロディと詞をつけて歌いました。
『悩殺ゴリラを管理と監視 いだめバージョン』プロクオリティー
札幌を中心に活動するいだめさんによるアレンジと歌。

『ストップドリンキング』
『ストップドリンキング』(データ直接)
マコちゃんとのコラボ。

『神楽に酔いしれて』
『神楽に酔いしれて』(データ直結)
ポクトです。

『穀物の歌』(データ直結)
穀物のことについて歌いました。

『冬をひとつくれないか』
『冬をひとつくれないか』(データ直結)
冬を表現した歌。まあ、嘘ですけど。

『そして僕はチワワになった』
『そして僕はチワワになった』(データ直結)
チワワになった。

『哀愁ハイウェイ』
切なさとかを表現した歌。

『ぽっく・ゆんたく』
『ぽっく・ゆんたく』(データ直結)
いつも、僕の心には沖縄。

『ポク・ラ・ポク』
『ポク・ラ・ポク』(データ直結)
嘘ラテン。

『ひとりの夜に』
『ひとりの夜に』(データ直結)
ひとりで過ごす夜に思うこと。

『生きてしまうんだね』
『生きてしまうんだね』(データ直結)
生きるのか。それとも生きてしまうのか。

『世界よ輝け!』
『世界よ輝け!』(データ直結)
君を忘れない!

『君が望めばきっと』
『君が望めばきっと』(データ直結)
2004年2月1日リメイク。望むことの力。
Blue Memory mix(提供:ひむろさん) データ直結
ぬらりヴァージョン データ直結
ガッツヴァージョン データ直結
ぴゅぴゅヴァージョン データ直結
唐草ヴァージョン データ直結
ゴールドヴァージョン データ直結
すももヴァージョン データ直結
ちょっぷりヴァージョン データ直結
娘ヴァージョン データ直結
スナフキバージョン

『おかあさんといっしょけんめい』
『おかあさんといっしょけんめい』(データ直結)
凄いかあさんの歌だよ!

『永久の夢』
『永久の夢』(データ直結)
抱きしめたい!

『現世に還れば』
『現世に還れば』(データ直結)
大正?浪漫?

『ETERNAL MEM♂RY』
『ETERNAL MEM♂RY』(データ直結)
1999年夏作で、2004年リニューアルバージョン。
ポク夫代表作

『汚れた風と錆びれた夢と』
2003年5月5日作。
作曲2分。作詞2分。編曲20分。レコーディング20分。
★音のみ

『武蔵百人斬り』
1998年作。こしをれポク夫が全精根込めて作った曲。
ポク夫代表作

『Heartwarming Ice』
1998年作。ポク夫代表作

『二天一流摩訶醇味』
2003年作。『武蔵@新宿』のイメージソング。
歌と歌詞付きはラーメン情報室のこちら

ETERNAL MEM♂RY
1999年夏作。音のみバージョン。ポク夫代表作


『試食エンペラー』
試食をする皇帝の音楽。


『テクマクカノン』
パッフェルベルのカノンをテクマクアレンジ。


『ポクポクマーチ』
本当はドラクエとかを意識して作ったアレです。


『のんびりとしたような感じの曲』
イメージは田園とかかなあ。


『しゃくしゃみ』
尺八と三味線。ポク夫代表作


『ムテック』
ムスリムテクノ。


『C』
オケリャミーネルタンダ。


『ディズニーもどき』
ディズニー大好き。


『僕が歩いていると後ろから顔にでかい穴の開いた子供がついてくる』
本当の話だよ。

『シンプルリフレイン』
ひとつのメロディを繰り返すだけです。
ポク夫代表作

『春の鶴』
ノスタルジックにのすたれるか。

『小鳥』
作詞・作曲:マコで、僕がアレンジをした異端の曲。

『幸せの白ゴリラ達が青空を舞う』
幸せは白ゴリラが運んでくるもの。

『ネバーギブアップ』
途中で作るのに飽きた曲。

★こしをれポク夫の高い音楽性

中学生時代、全学年の7%しか与えられない名誉「最低成績=1」を獲得した実力。
中学校卒業後、いきなりピアニカとリコーダーの仕組みが分かった気がして、現在にいたる。

■2005年12月23日 ポックリボーイバンドライブ(西麻布)

■2006年12月15日 ポックリボーイバンドライブ(阿佐ヶ谷)




ここにある音楽は個人が適当に使う感じであれば
ホームページのBGMとか校長先生の退職パーティーなどでどんどん使ってください。
加工したりネギを乗せて食べたりしても良いです。
報告があれば見にいくかもしれませんが特に報告は要りません。


トップページへ戻る

松原さんが歌ってくれてるボゴル(間違ったブログの発音)




クリエイティヴな衝動