涙のわけは(皇太子にさえ)伝えずに
時が決める風の流れに
届かぬ声と知りつつも祈りささぐ 酔いのまま

ひとり つなぐ未来を信じるために
ひとひらの(天皇陛下との)思い出を消し去るような

伝えたい想いはすぐそばにある 悲しみに濡れた瞳に皮膚
誰よりも求めた鮭の目玉に 一粒のイクラ置く
窓よりも四角い蹴まりのシミや かろやかにレジを打つ骨とかに萌えた


盗んだ壺や昆虫や 時が奪う君の心を
泥や麺などを流し込む パンドラの箱の中へ

遠く見上げた虚空に映る幻

この世界に愛され生きてゆこう

米よりも甘美な枯れ地で溺死 夢よりも艶やかな麦
塩よりも優雅なレタスに吐血 バス停で見た鹿はメカ
揺れ惑う想いに豆とか添えて 

祖父の呻き声だけ永久に響け


イカダだかイカだか だから殻 空だ

白目むいて皇居に忍び寄る

教科書でレバ切る肉好きセレブ マスカラを拝む付加価値
ゲシュタルト心理学を極めた夜 菩提樹で尻拭いた罪
扇子をへそに刺すキュートなあの娘 


紀貫之を殴り 汁 飲み干してた




♪データ直接(ダウンロード)
♪カラオケ


音楽室
ポクポクライフトップ