カリンバを作らなくては死んでも死に切れないので、
市販のキットを使って作ることにしました。1,000円です。安い。


内容はこのような感じになっています。

早速、デザインに取り掛かります。

こんな感じにしようとかと思います。

例によってアクリル絵具で色を着けます。

塗る。

塗る。

油性の黒マジックで輪郭をとってデザイン終了。

組み立てに入ります。

もう、だいたいのことはあっという間にできてしまいました。
さすがは、子供の自由研究用っぽいアレです。

壁体と底をくっつける。

完成。

音階が順番じゃなくて、右、左、あらぬ方向に配置されているので難しい。

さあ、説明書どおりに調律を施したところで、早速、演奏してみます。

クリックするとカリンバの音が鳴ります

シンセサイザーの伴奏に合わせて演奏してみます。

クリックするとシンセの伴奏に合わせたカリンバの音が鳴ります

うわ、これはひどい。まるで技術がないので、全然、それっぽくないです。

次に、生のカリンバではなく、シンセサイザーに内臓されてるカリンバの音で、同じ伴奏に合わせてアドリブ弾きをしてみます。

シンセに内蔵されているカリンバ

こちらです。

クリックするとカリンバの音も全部シンセの音が鳴ります

結論:シンセは便利。


終わり

ポックリボーイの部屋

ポクポクライフ