――どうして海賊になろうと思ったんですか?

やはりウニが食べたいっていうのが一番大きいですね。
僕ら、普段海で生活するじゃないですか。
だから、海賊になったらウニがたくさん食べられると思ったんですよ。海賊になって20年になりますがウニは3回も食べました。その内2回は生協で買ってきたウニなんですけどね(笑)
――海上で最も苦労することは何ですか?

やはり、スフィンクスが見られない、っていうのは大きいですね。スフィンクスって陸にしかいないじゃないですか。時々、妙にスフィンクスが恋しくなることがありますよ。仲間は「いつかスフィンクスのことなんて忘れるよ」なんて言ってくれるんですけど、僕の場合は、どうもそうキッパリ行かないんですよね。いまだに、スフィンクスに乗ってる夢とか見ますもん。「陸のやつは良いよなー。毎日スフィンクスが見られるんだから」って、そんな感じで(笑)
――夢は何ですか?

イルカの鼻のところって尖ってるじゃないですか。
ちょっと、あれを掴んでみたいですね。
気持ち良さそうだし、鼻を掴んだとたん、イルカの背中がパカッって開いてスフィンクス(に似た餅)が出てくるかもしれないし。スフィンクスが例のなぞなぞを出してくるかもしれないし。
分かりますよね?例のなぞなぞって。
「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足のパンはパンでも食べられないパンはなあに?」っての。
――ピアノマンの報道が途絶えましたが、どう思いますか?

風船おじさんの方が気になりますね。


――嫌いな食べ物は?

ウニが大嫌いですね(笑)
――宝の地図とか持ってるんですか?

もちろん持ってますよ。海賊ですから。
莫大な財宝が隠されてる場所が記されてるやつ。まあ、これはオフレコでお願いしたいんですけど、ずばり宝が隠されてる場所言っちゃいますね。
エジプトです。エジプトのスフィンクスの中。



――海は関係ないじゃないですか。

帰れ!






ポクポクライフ


ポックリボーイの部屋