「何はともあれ殺される」というキャッチフレーズでお馴染みの、「東京殺人リゾート」を、1泊2日で楽しんできました。


シンデレラ(血まみれの)戴冠式の様子

「東京殺人リゾート」には「東京殺人ランド」と「東京殺人シー」があるのですが、今回は1日目を「ランド」、2日目を「シー」にしました。本当に好きな人は、それこそ何十回もリピートしているのでしょうが、そこまではいかなくとも、僕もこのテーマパークが大好きで、「ランド」、「シー」、共に来たのは3回目になります。一度ここに来ると、最低200回は殺されるので、命は少なくとも500個用意しておかなくてはなりません。個性豊かな殺人鬼たちが縦横無尽にパーク内を闊歩し、狂気に満ちた殺人トラップが多種多様に用意されております。今回もいっぱい殺されたので、どのように殺されたかをレポートします。

という路線で最後まで記事を書こうと思ったのですが、何かとてつもなく巨大なものを敵にまわすような気がするので、やめます。もう遅いよ、という話でしょうか。

ディズニーリゾートに行ってきました。

夢の世界に、容赦なく侵入してくる現実が切ない。
ディズニーの完璧な空間に、お茶目な違和感をもたらすのが避難誘導灯ではないでしょうか。火事は怖い。でも、きっと、ここの住人達が魔法で消火してくれます。



拡大



誘導灯。

クジラの口の裏側にも、

誘導灯。




拡大

あの、ディズニーのキャラクターと一緒に写真撮りたがる人とかいるじゃないですか。あれが全然理解できないんですよ。ミッキーとかと一緒に写真撮るために、行列とかしてますからね。いい大人が「次、わたしの番!」とか言って、着ぐるみと写真撮ってるんですよ?あんな恥ずかしいことは僕は絶対できないですね。まんまと乗せられてるじゃないですか。まんまと踊らされてるじゃないですか。ハッキリ言って、バカじゃないか、って思いますね。僕は、ディズニーのキャラクターと一緒に写真を撮りたいだなんて、一度も思ったことがないし、これからも、そう思うことはないと断言できます。

話は変わりますが、ディズニーのキャラクターと一緒に写真を撮るのは本当に楽しいですね。僕も大好きです。

プルートだよ!

ミッキー&ミニー!最高!
 

「シー」のキャラクターダイニングは、この「ホライズン・ベイ・レストラン」というところだけのようです。食事代は、2,940円と高いけど、確実に記念撮影ができるので、みんなも行ってみてね!

料理は美味しいです。

牛リブロースのグリル

デザートもデザインとか凝ってて楽しいよ!



「シー」は今年で5周年のようで、あちこちに「5周年」のロゴが見えました。すごい徹底されてたので感心しました。



「シー」は空間作りが尋常じゃない。どこからどこを見ても風景が素敵です。「住みたい」と言うと大げさですが、住みたいです。住みたいのかよ!












































宿泊は、ミラコスタがいっぱいで無理だったので、シェラトンというホテルにしました。イルカ尽くしの部屋に泊まりました。

壁がイルカ


ベッドもイルカ


カーテンもイルカ

あと、清掃員と思わせて、地面に水で絵を描く人がいて、その遊び心に感動しました。格好は完全に清掃員なのに、ブラシでこうやって絵を描くの。

コロンビア号のバーで食べたパフェ。

ドリーム坊や(3歳)がたいていのアトラクションを怖がるので、乗り物ではそんなに遊びませんでした。ピノキオでも異常に怖がります。イッツアスモールワールドでさえ怖がります。両手で目を隠します。前に来たときは、魅惑のチキルームという、コミカルな鳥達がコミカルに歌ったりするショーで怖がって泣き出したため、途中で退場したこともあります。そんなこともあり、「シー」の新作であるタワ・オブテラーに乗れなかったのがちょっと残念といえば残念です。ただ、ドリーム坊やは、人形的なものをことごとく怖がるのですが、ジェットコースター系の乗り物は凄まじく喜ぶ傾向があることが分かりました。「もう一回乗る!
」を連呼します。

今回は、主に、子供用のアトラクションが多いマーメイドラグーン近辺ににいました。







やあ!前頭葉について何か言ってよ!


200字以内で言ってよ!


前頭葉について何か言えよ!


嘘でも良いから前頭葉の話をしろ!


5文字以内でも良いよ!

以上です。

悪意はないどころか、全力の好意しかありません。そういう問題でもないことは分かっておりますが、このページは物凄くヤバイのかもしれません。ただ、信じてください。
本当に悪意はないです。信じてくれないなら、訴訟を起こすまでです。

ディズニーリゾートは楽しすぎるのでいつも時間が足りません。できることなら一週間くらい居たいほどです。絶対にまた行きます。この世に絶対があるとしたら、これです。




ポクポクライフ

ポックリボーイの部屋

壁紙素材