ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 8月31日(土) ブルボン@三鷹 中華そば みたか@三鷹 けいちゃん@三鷹
ツイッター炎上のバリエーションが豊かになりすぎです。

「ローソンのアイスケースに入る」「丸源ラーメンで冷凍ソーセージをくわえる」「ピザーラのシンクに入る」「パトカーの屋根に乗る」「スシローの醤油さしに直接口をつける」というのが炎上のラインナップですが、ここまで炎上のバリエーションが増えると、僕も炎上のパターンを考えたくなります。

僕が考えたヤバそうな炎上行為は「復活した直後のキリストに向かって放尿」です。
これはかなり怒る人がいると思います。いまリアルに生きている法王レベルでも放尿したらめちゃくちゃ怒られて大問題になるだろうに、2千年ぶりに復活した直後のキリストへ放尿してその写真をツイッターにアップしたら絶対炎上するのではないでしょうか。


もろに「昭和の喫茶店」という佇まいの『ブルボン』です。
むかしの喫茶店の特徴として、スパゲッティやカレーなどにも味噌汁が付いてくるというのがありますが、この店もそのタイプです。平日の昼間はサラリーマンであふれる隠れた人気店。

『みたか』でチャーシュー皿とタケノコ皿+半熟卵で飲みました。
『みたか』におけるこの皿の旨さは尋常じゃないです。チャーシューやシナチクにラーメンのタレと味の素をかけてネギを振っただけのものなのですが、ビールとの相性が破滅的に良いのです。そもそも、料理としての唯一無二感がすごい。

そして、中華そば450円は今日もお手上げの旨さです。

三鷹駅南口のディープな居酒屋『けいちゃん』。
かなり高齢のマスターがひとりで切り盛りしてるカウンターだけの店ですが、ほとんどのつまみが100円とか200円だし、瓶ビール大瓶が550円なので、この時点で良店です。
 8月30日(金) 支那そば あおば@武蔵境 やきや@荻窪 ささの葉@吉祥寺
たいていのゴリラは水鉄砲で撃つと死にます。

死ぬというより、世界を再構築すると言った方が正しい。
基本的に、ゴリラと違って人間の死というのは「リセット」のようなものです。たとえば、僕が生まれる前には僕はどこにもいませんでした。そして、僕が死んだら再び僕はどこにもいなくなります。僕が生まれる前と僕が死んだ後に共通するのは「僕がどこにもいない」という状態です。だから、これを「リセット」と呼んだところで言語上なんら破綻はしません。

ただ、ゴリラの場合は、もう少しメタです。
ゴリラの死は存在の消滅を意味するのではなく、世界の再構築を意味するからです。ゴリラは存在することによっても世界を再構築するし、存在しないことによっても世界を再構築します。

そもそも「存在しない」とか「無」というのはそれさえもゴリラによって構築された状態なのです。


『支那そば あおば』のねぎラーメンです。あまりにも旨いです。
どんな最寄り駅からもかなり遠いのにいつも満席のこの名店は、「ラーメンの鬼」と言われる佐野実の弟子のお店なのですが、僕の中では、師匠のラーメンより旨いんじゃないかということを常々思ったりもします。まあ、とはいっても、師匠のラーメンも途轍もなく旨いので話は単純じゃない。少なくとも、『支那そば あおば』ももう15年食べてて飽きないので、一生食べてゆくんだろうなあとは思います。

中央線の居酒屋でここよりコスパがヤバい店は存在しない気がします。久々の『やきや』。
写真に写ってる全てのイカメニューが170円です。そしてビール中瓶が380円。狂っているでしょう。

そして、最後は『ささの葉』です。21時に入って夜中の1時まで滞在という「あたかも実家かよ」コースです。
初サンマは暴力的な旨さでした。
 8月29日(木) 牛たん 荒@新宿 武道家@吉祥寺
「倍返し」が流行ってますね。

で、まあ、例えば、みなさんがドラキュラにうなじを噛みつかれ血を吸われたとするでしょう。そしたら、今度はみなさんがドラキュラのうなじに噛みついて倍返しで血を吸えばいいんです。すると、今度はドラキュラがその倍返しで血を吸ってくるでしょう。そしたら、またさらにその倍返しで血を吸い返せばいい。

これを延々と繰り返していると、そのうち、2人分の全血液がドラキュラとみなさんの身体を往来するようになるはずです。ドラキュラとみなさんが風船のように膨らんでしぼむってのを交互に繰り返す。こうなると、これはまるでシーソーのように楽しくなるでしょうね。


『牛たん 荒』です。

今日オープンした『武道家』は「横浜家系」と言いながらもかなり『無鉄砲@沼袋』のインスパイアでした。
これは完全に20代男性に受けると思います。
 8月28日(水) 珍々亭@武蔵境 東京ナマステ@吉祥寺 鳥貴族@吉祥寺
天使には9階級あってその中でも一番偉い「大天使」は4人います。

ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルです。
その中の「ガブリエル」は、聖母マリアにキリストの受胎を告知した天使として有名であり、珍しく天使の中では女性として描かれることが多いです。

僕は東小金井の「スタジオジブリ」に通り道として寄る際は、いつも、この「ガブリエル」のことを思い出すのです。

スタジオジブリ(ここで数々のジブリ作品が作られている)
なぜなら、スタジオジブリの近くに寄るということは、略して「ジブリ寄る」だからです。
この「ジブリヨル」という音韻が極めて「ガブリエル」という音韻と酷似しているのです。ですから、連想ゲームとかで「スタジオジブリ」というお題が出たら、僕は「トロロ」とか「ラピュタ」とか思いつく以前に「ガブリエル」を思いつく危険性を孕んでいるのです。

というか、なぜ僕がスタジオジブリの前を通るかというと、そのめちゃくちゃ近くに油そば元祖の『珍々亭』があるからです。スタジオジブリと『珍々亭』の距離は自転車で1分か2分くらい。
並ネギ生玉子黄身のみを食べました。頭がおかしいほど旨いです。15年通ってブレずに旨い『珍々亭』。一生通います。

7月にオープンしたばかりの『ナマステ東京』です。
ビックリしたのはヱビスの中瓶を550円で出していた点です。まあ本来なら、中瓶はせいぜい500円であってほしいのですが、吉祥寺の多くの店が600円超えで中瓶を出している以上、これは良心的な方だと思いました。いわば主婦感覚の話です。ていうか、主婦が居酒屋の中瓶の相場を気にするかよ。
 8月27日(火) 尾張屋@吉祥寺
はたして、「あるがままの心で生きようと願うから人はまた傷ついてゆく」という桜井和寿の言い分は実のところどうなのでしょうか。

というのは、あるがままの心で生きようと願っていても一切傷ついてゆかない人だっているはずだからです。さらに言えば、そもそも、あるがままの心で生きようと願ってない人もいるでしょう。ですから、これはパターン化する必要があります。
願いの有無 傷の有無 パターン
あるがままの心で生きようと願って 傷つく人 A
傷つかない人 B
あるがままの心で生きようと願わないで 傷つく人 C
傷つかない人 D
まあ、このA、B、C、Dの4つの類型が抽出されるわけですが、桜井和寿は「人はAである」という作詞をしています。

こうなると、みなさんはどれに該当するでしょうか。
僕はわりと、あるがままの心で生きようと願わず、そんなに傷つかないDタイプかな、という気がします。


吉祥寺の成蹊大学の真向かいにある街の蕎麦屋『尾張屋』で上天丼を食べました。
これはどストレートな古き良き上天丼でした。とても美味しかったです。
 8月26日(月) ラーメン暁(^^)@蒲田
おそらく、いままで食べたラーメンの中で「最も死に近いラーメン」を食べました。

蒲田の『ラーメン暁(^^)』が毎月第2・第4月曜日に「サディスティックヌードル」だけを出しているのですが、これが手放しで賞賛したいほどに狂っています。脂、麺、コショウの量が一般的な店よりも多いのですが、何よりも塩分濃度の高さが異常です。
「塩を食べたほうが早い」とまでは言いませんが、食べ進めるごとに身体と精神がとてつもなく濃い塩分の攻撃に蝕まれてゆきます。人間の塩での致死量は30グラム以上とのことなのですが、これ、わりとそのレベルに迫ってるんじゃないのか。ただ、前に富山で食べた「富山ブラック」の代表『大喜』もこのレベルで塩分が高かった気がします。

いずれにしても、塩、脂、炭水化物という不健康要素をわざと過剰に押し出してくるこの手法は良いと思います。なかば、暴行罪なり傷害罪が成立しているようなラーメンと言っていいかと思います。
 8月25日(日) タンメンしゃきしゃき@錦糸町 春木屋@吉祥寺
最弱ゴリラをご存知でしょうか。

このゴリラほど弱いゴリラはいません。全ゴリラの中で最弱というか、下手をすると全生物の中で最弱かもしれません。肩をトントンと軽くたたくだけでダメージを受けて死にます。また、救急車の突然のサイレンの音に驚いて死ぬケースもあるし、咳をした振動で全身の骨が砕けて死ぬケースもあります。基本的に何をしても死ぬと思っていいです。

ただ、このゴリラに水鉄砲を撃つと、数分間、宇宙最強の無敵状態になり人類をあっという間に滅ぼします。


錦糸町のタンギョウ人気店『タンメンしゃきしゃき』です。
タンメンの野菜の量の多さは尋常じゃなかったです。
餃子もかなりでかいです。


『春木屋』の夏限定メニューは「冷たい中華そば」。いつもぬかりない『春木屋』らしく全く隙のない旨さ。
 8月24日(土) 味の十番@東中野 半兵ヱ吉祥寺 ささの葉@吉祥寺
極寒かつ酷暑ゴリラをご存知でしょうか。

このゴリラが現れると、その一帯はマイナス50℃以下の極寒となり、同時に50℃以上の酷暑となります。つまりは、「ものすごく寒くてものすごく暑い」という状態になるのです。普通は寒さと暑さは同居しえないと思われがちですが、極寒かつ酷暑ゴリラはその常識を打ち破り極寒かつ酷暑という状態を発生させるのです。このゴリラの前に気象学は意味を成しません。


「東京で旨いタンメンを出す店を10店挙げろ」と言われたら確実に入ってくるのが東中野の中華屋『十番』です。
旨みがギュウギュウでコクの密度が尋常じゃない逸品でした。行列ができる街の中華屋って僕は初めてかもしれません。

2時間飲み放題食べ放題2,000円だった『半兵ヱ』です。
コンビーフが缶詰のままでてきて通常料金が390円。コンビーフには夢があります。もしかしたら缶詰の中で最も夢があるかもしれない。

3日連続で『ささの葉』。
焼き魚の原点アジです。
 8月23日(金) ささの葉@吉祥寺 蒙古タンメン中本@吉祥寺 鳥貴族@吉祥寺
数年ぶりに「プチ日記」の名倉さんと、数日ぶりに「Web冷え汁」の四万十川さんと、そして生まれて初めて「とくお組」の徳尾さんと飲みました。

僕はそうとうずっと前からこの4人で飲みたいという強い希望を持っており、数カ月前に四万十川さんにその希望を伝えて調整してもらいようやく実現したものすごく仕込みが大変な飲み会です。名倉さんは京都に住んでるし、徳尾さんは劇団の公演とかがあると大変そうだし、四万十川さんはオリンピックのある年以外は寝てる中での過酷なスケジューリングでした。

左から名倉さん、四万十川さん、徳尾さん
徳尾さんはこういう写真を撮るとき、本人はすさまじく満面の笑みを浮かべているはずなのにいざ自分が写っている写真を見るとそんなに笑っていないという悩みについて話していましたが、そんなに笑ってないですね。

四万十川さんは何度も来てますが、名倉さんと徳尾さんにも『ささの葉』にはぜひとも来てほしいというのがありました。
『ささの葉』必殺の刺し盛りからのフルコースです。

名倉さんが「『中本』の北極を食べてみたい」というので、4人で『中本』で〆ました。
北極を食べる名倉さんの「うひゃー!辛いー!」というリアクションが終始でかすぎて店内の注目をけっこう集めていたため、最終的に、名倉さんが北極を完食したら店内の行列客から拍手が起こるほどに謎の一体感が生まれていたのには驚かざるをえませんでした。
 8月22日(木) 生粋@池袋 カブト@新宿 朝起@新宿 ささの葉@吉祥寺
「一休さん」は閲覧制限をかけるべきです。

「はしを渡るな」と言われて真ん中を歩き「これは真ん中だからはしじゃない」というような詭弁を子どもに見せたら、根性の曲がった大人になるからです。

また、「火の鳥」も閲覧制限をかけるべきでしょう。
「鳥が燃えている」というのは動物愛護の点から絶対に許してはならないからです。明らかに虐待でしょう。
「アンパンマン」もダメです。「食べ物が闘う」という非現実的な表現を子どもに見せたら悪影響になりますし、古い顔を新しい顔に変えたらパワーアップするという発想は「人生はリセットが効くものだ」という誤解を招きます。
「桃太郎」も閲覧制限をかけるべきです。「悪に対しては暴力が正当化される」という典型的な物語だし、そもそも、「桃から人間が生まれる」という描写は生物学に対する冒涜だからです。
「銀河鉄道の夜」も最悪です。汽車が空を走るわけがない。物理を何だと思っているのでしょうか。ふざけるのもいい加減にしてほしい。絶対に閲覧制限をかけるべきです。

というか、この世界の物語は全て閲覧制限をかけるべきです。


池袋の『生粋』です。
強烈な秋刀魚出汁が有名な店ですがやっと行けました。旨い。

新宿の思い出横丁の『カブト』でひととおり。
ひととおりの後で裏メニューの白焼きです。
これが不味いわけがないのです。

同じく思い出横丁の『朝起』。いわゆるゲテモノ系のつまみを出す居酒屋です。これは豚の金玉。吉祥寺の『カッパ』にも「ホーデン」というメニューでありますが、刺し身で食べるのは初めてです。
カメノテです。
これが貝ではなく、海老や蟹と同じ甲殻類だというのがちょっとしたおもしろポイントだと思います。フジツボも甲殻類ですが、カメノテは完全にフジツボに寄ってます。

吉祥寺に戻って『ささの葉』でした。
 8月21日(水) いごっそう@東伏見
記念日の英語である「アニバーサリー」ってのはお祝いごとで使うイメージがあるけど実は命日にも使うらしい。

そういう意味で、4月30日は源義経が自殺した命日なのですがこれもアニバーサリーってことになります。ただ、実際は義経ってのは兄である頼朝の許可を得ずに色々でしゃばったことをしたから頼朝に追われて殺されたようなものですよね。

つまり、事実上、義経は縁も命も兄にバッサリ切られたわけです。いうなれば、兄バッサリです。アニバーサリーだけに。


『ラーメン二郎』の三田本店で修行した人が出した『いごっそう』です。
少なめラーメン500円をカラメニンニク唐辛子で食べました。乳化してないタイプのスープはカラメで食べると醤油のエッヂが効きまくって猛烈に旨い。
 8月20日(火) びすとろUOKIN@吉祥寺 天狗@吉祥寺 ささの葉@吉祥寺
例えば、路上で50人の人間を殺害した通り魔が突然心停止して倒れた場合、すぐそばにあるAEDを使って蘇生を試みるべきかどうかという問題に答えはあるでしょうか。

そもそも、倒れている人に対してAEDを使わなくても犯罪にはなりません。
これは様々なシーンが考えられると思います。殺された50人の中に自分の身近な人がいたかいないかも行動の指針に影響するかもしれません。日本は法治国家なので、「いくら50人を殺した人間でもAEDで蘇生させて法的に裁かれるべき」とするのが建前的な正解にはなるとは思います。しかし、それを真に受けて、蘇生させた通り魔がさらに50人殺したら真の責任は誰に帰属するでしょうか。

法なのか。倫理なのか。実のところ、そこに答えはないと考えています。
こうなるともう、その場のノリしかないと考えます。そもそも、人間というのはノリで生まれ、ノリで死んでゆく存在だからです。


『びすとろUOKIN』です。怒涛のカルパッチョがすごい。
これで780円はさすが「魚金」です。普通は3,000円とか4,000円です。

金目鯛のポワレ。完璧に旨い。
 8月19日(月) バリ男@吉祥寺
毒見ゴリラをご存知でしょうか。

このゴリラほど毒見をするゴリラはいません。古代ローマには毒見専属の奴隷がいましたし、日本でも平安時代から毒見役は「鬼食ひ」と呼ばれて存在していました。このゴリラの毒見は完璧なので、もしこのゴリラがいればヒ素入りカレー事件もインドの給食毒物混入で児童が22人死んだ事件も起こりえなかったでしょう。

このゴリラの毒見の方法は変わっています。まず、食べ物を食べて毒が入っていたらビートたけしの「コマネチ!コマネチ!」のセリフを変えて「毒入り!毒入り!」とテンションMAXでアクションし、毒が入っていることを教えてくれます。ただ、もし、その食べ物に毒が入ってなかった場合は、怒って地球を滅亡させます。

ですから、毒見ゴリラが食べ物を要求してきた際には必ずトリカブトや青酸カリを入れたものを与えてください。でなければ、地球が滅亡します。ただ、毒の入った食べ物が身近にない場合が問題になりますが、その際は毒見ゴリラに水鉄砲を撃ってください。即死します。


久々の『バリ男』です。ニンニクのセルフサービスはとても良いです。
 8月18日(日) しゃんタンメン@東中神
今日はもう、普通に「ハリー・ポッター」の映画を4本ぶっ続けで観てました。

たまたま、昨日、録画した「炎のゴブレット」と見た勢いで、今日は「不死鳥の騎士団」「謎のプリンス」「死の秘宝1」「死の秘宝2」の4本を連続して見たのです。

4作目の「炎のゴブレット」までは小説でも読んでいたのですが、映画における小説の再現率が高すぎるので、「もう、小説は読まないで映画だけ見りゃいいや」という、僕にとっての僕に対する公式見解を下した上での行動です。

そういうわけで、10時間くらい「ハリー・ポッター」漬けだった僕がこうして文章を書いたところで、僕の脳は「ハリー・ポッター」以外のことは考えられません。人間の脳ってのはそういうものでしょう。

ハリー・ポッターがフリーザを倒すシーンや、ラオウと対等に闘うシーンがすさまじい臨場感をもって僕の筆致を支配する。一番感動したのは、南極という過酷な環境で、誰もが死んでると思っていたタロとジロが生きていたシーンです。

*****

東中神をタンメンの街たらしめた名店『寶来』の味を継ぐ『しゃんタンメン』です。
この宇宙で最も旨い西荻窪の『はつね』のタンメンが「静」だとすれば、こちらは相対的に「動」なのかもしれません。ただ、あくまでも相対的な話です。本当のことを言えば、この世の中に存在するたいていのタンメンは「動」的なアレンジで支配されているとさえ思います。

本来、タンメンというのは「静」の食べ物です。
さらに表現の純度を尊重して言うならば、タンメンは「禅」の理念に限りなく近いラーメンです。しょせん、味噌ラーメンはキリスト教やイスラム教であり、しょせん、「醤油ラーメンは仏教一般です。

しかし、いわばタンメンは仏教の中でも、「禅」、つまり、「只管打坐」の極地を要求してくるはずです。いかなる西洋哲学の合理性も、いかなる芸術家の感受性も否定しうる可能性を秘めているのが「禅」に他なりません。だからこそ、警鐘を込めて言えば「禅はクソだ」と罵倒すべきなのかもしれません。

 8月17日(土) 壱発ラーメン@八王子 魚がし日本一@吉祥寺
色々ラーメンを食べ歩いてても、ここまでボケ倒すラーメン屋は初めてかもしれません。

八王子の『壱発ラーメン』の「めかとろラーメン」です。「めかとろ」はめかぶとトロロです。
ラーメンにトロロやめかぶが合うかどうかといえば、それはもうどうとでも言えるゾーンなのが上手いと思うのです。とにかく既存の成功例を真似することもなくオリジナルで自由に勝負する姿勢が美しいラーメンだと思いました。

夜は吉祥寺の立ち食い寿司屋『魚がし日本一』でサササと食べました。
 8月16日(金) 楽々@吉祥寺 ソラゼノン@吉祥寺 海豚亭@吉祥寺 スナック粋@吉祥寺
やっぱこう、警察に逮捕されたら取調室でかつ丼食べるわけじゃないですか。

その場合は絶対に最高級の豚を使ってほしいわけですよ。
こっちはいまから犯罪を告白するかしないかっていう状況なんだからハンパな豚じゃなくて金華豚とかアグー豚とかそういう旨い豚のかつ丼が食べたいわけですよ。そうなるとやはりチンタ・セネーゼ豚が最強でしょうね。トスカーナの幻の豚チンタ・セネーゼは普通に超高級なイベリコ豚よりもさらに高級だし、事実上、世界一高額な豚ってことで良いと思います。

これを警察の取調室でかつ丼として食べるんです。それどころか取調室でチンタ・セネーゼ豚を締めますからね。かつ丼のみならず締めたてのレバ刺しとかも食べますからね。こう、レバのちょい焼タレとかで食べますからね。

まあ、かつ丼を食べた後で犯罪は告白しますよ。「奈良の大仏を水鉄砲で破壊したのは私です」と。


『楽々』でラブメンを食べました。麺少なめ唐辛子ニンニクまし。
『楽々』はいまは肉煮干しラーメンを主力にしてますが、ちょっと前にこのラブメンだけを出す専門店を高円寺に出していました。その店は結果的に失敗して潰れてしまったのですが、個人的には潰れる理由が分からないくらいこのラブメンは旨いと思います。何しろ本気です。

今年オープンした吉祥寺の新名所「じぞうビル」の6階の『ソラゼノン』でビアガーデンをやっております。ゲル博士と飲み放題2時間2,980円に行ってきました。
飲んだのは「美肌ビール」「痩身ビール」「元気ビール」「レーベンブロイ」「薬膳サングリア」の5種を6杯です。空間がオシャレすぎてカップルだらけだし、ガッツリ「飲み放題のもとを取ってやる!」みたいな感じで来てる人は一人たりともいなかったのが印象的でしたが、僕は「どうやってたくさんのビールを飲むか」しか考えておらず、ビールをオーダーしてから運ばれてくる間のバッファ処理的な時間に対して事細かに文句を垂れるほどセカセカしていたのは言うまでもないことです。

『海豚亭』の納豆ミルクご飯。やはり素晴らしい絶品だと思います。

このページのトップへ