ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 5月31日(金)〜6月2日 青森グルメツアー
 長尾中華そば@新青森 ひらこ屋@津軽新城 味の札幌大西@青森 磯じま@青森
 十三湖本家しじみらーめん@青森 丸青食堂@青森 くどうラーメン@青森  まるかいラーメン@青森 
 たかはし中華そば店@弘前 いなげ家@青森  末廣ラーメン本舗@青森 長尾中華そば@青森 
 戎@西荻窪 ささの葉@吉祥寺
2箔3日で青森を食べ歩きました。

青森グルメツアー
*****

旅の終わりに西荻窪の『戎』に寄りました。
2軒目に『ささの葉』です。
ここに来ると、「吉祥寺に帰ってきた感」を全身で受け止めることができます。
 5月30日(木) 支那そば あおば@武蔵境 うおや一丁@新宿
全世界を1秒で滅亡させ、その1秒後に新しい世界を創造するゴリラをご存知でしょうか。

このゴリラは、いままさに僕らが住んでいるこの世界をたったの1秒で滅亡させることができます。このゴリラにかかれば世界はたったの1秒で「無」になるのです。しかし、このゴリラのすごいところは「無」と化した時空に新しい別の世界を1秒で創世できる点です。このゴリラは1秒で世界をなくし、1秒で世界を創るのです。とはいっても、やはり世界が滅亡するのは困ります。

ですから、もし、このゴリラを見かけたら水鉄砲で撃つといいでしょう。このゴリラは水鉄砲で撃つと即死します。


『支那そば あおば』には死ぬほど通いましたが、元来、つけ麺があんまり好きじゃない僕は、この店で一度しかつけ麺を食べことがありません。醤油ラーメンや塩ラーメンはそれぞれ何十回も食べています。今日は久しぶりにつけ麺を食べてみました。
さすがにつけ麺で食べると、麺そのものの旨さが猛烈に映えます。
ただ、そうはいっても、僕はスープと麺が熱さの中で渾然一体となったラーメンの方が何億倍も好きなので、こういうのはたまに食べるくらいがちょうどいい気がします。

新宿の『うおや一丁』です。
チェーン店ながら刺身の質が大変素晴らしいです。
 5月29日(水) 龍明楼@三鷹
平和を願う暴力ゴリラほど、平和を願う暴力的なゴリラはいません。

このゴリラはジョン・レノン以上に「世界平和」を願っており、街頭などでも「世界平和実現を!」という文字の入ったのぼりを掲げPRに努めています。

ただ、非常に暴力的な方法で「世界平和」を訴えます。おもに「世界平和を実現しやがれこのやろう!」と罵声を発しながら道行く人を殴ります。時には、機関銃で人々を大量に殺害しながら「世界平和を実現しやがれこのやろう!」と訴えることもあります。このゴリラはそれほど強く世界平和を願っているのです。


三鷹の街の中華や『龍明楼』で鶏肉と野菜の四川風ラーメンを食べました。
八宝菜も良いです。
 5月28日(火) 支那そば あおば@武蔵境 大勝軒@永福町 元@三鷹 魚萬@三鷹
青森に行きたいと考えています。

「吉祥寺と青森」という関連で話をした場合、どのようなトピックがあがるのかを考えていました。例えば、僕が好きな飲食店の話だと、いま吉祥寺で最も勢いと人気のある『にほん酒や』と『魚秀』は青森にゆかりがあります。『にほん酒や』は青森シャモロックを筆頭に青森の食材を多用していますし、人気が出すぎて2号店を出した『魚秀』は1号店2号店ともに巨大なねぶたが飾ってあります。

さらには、2月に起こった吉祥寺の強盗殺人事件で殺された女性は青森出身でした。
ただ、「吉祥寺と青森」という関連で最もメジャーなのは太宰治です。墓そのものが三鷹にありますが、青森出身の太宰治は28歳から38歳で自殺するまで吉祥寺・三鷹近辺の住人だったため、作品の中にやたら吉祥寺が出てくるのです。

太宰治が「走れメロス」を書いたのも三鷹在住の31歳なので、いうなれば「走れメロスは三鷹で生まれた」くらいのふれこみで、強引に「走れメロスのまち三鷹」くらいのキャッチフレーズをぶちあげても一定の説得力は保てるでしょう。

それにしても、「38歳で自殺」というのは個人的には興味深いことです。なぜなら、僕がいままさに38歳だからです。ただ、僕はすでに20歳の時に自殺していますのでこの世には存在していません。


尋常ではない旨さを誇るあっさりラーメンを出す『支那そば あおば』の塩ネギラーメン。
一切のすきがない旨さです。

そして、いまだに僕がこの宇宙で2番目に好きなラーメンである永福町の『大勝軒』。
まさに無敵ですね。究極です。この世の旨みが全て詰まっている気がします。宇宙で一番好きなラーメンは旭川の『天金』です。

三鷹の『元(HAJIME)』です。

『魚萬』のこぼれ寿司は見せ方が強烈に素晴らしいです。
 5月27日(月) すぱいす@荻窪 太陽のトマト麺@荻窪
虎が牙を剥き出しにしてこちらを襲いかかろうとするとコーラを飲むゴリラをご存知でしょうか。

もし、普通の人なら、虎が牙を剥き出しにして襲いかかろうとしてきたら底知れぬ恐怖を感じ、死を覚悟するでしょう。そうなれば、そのまま虎を刺激しないように立ち尽くすか、ゆっくり後ずさりするか、全速力で逃げるかくらいしか選択肢がない。

しかし、このゴリラは、虎が牙を剥き出しにして襲いかかろうとすると、無性にコーラが飲みたくなり、最寄りのコンビニで購入したコーラを飲むのです。そもそも、このゴリラは虎の1億倍強いので虎に対する恐怖心はありません。ただ単に牙を剥き出しにした虎を見るとコーラが飲みたくなるのです。

このゴリラも以前はカロリーゼロのコーラを買うなどしていたのですが、最近はやはり特保コーラを好んで買うようになりました。つまり、このゴリラは虎が牙を剥き出しにして襲いかかろうとしてくるたびに、特保コーラに配合される「難消化性デキストリン」の作用で、気持ち程度に脂肪の吸収を抑えたり血糖値の上昇を抑えたりしているのです。


荻窪には、「めちゃくちゃものすごく超死ぬほどかなりハンパなくウルトラ有名」な『トマト』というカレー屋がありますが、もうひとつ、「めちゃくちゃものすごく有名」な『すぱいす』があります。両店舗ともにあちこちからカレーマニアが食べに来る有名店です。『トマト』は既食なので『すぱいす』に来ました。
プチ骨付きチキンカレーの激辛2倍です。正直、これはものすごく旨いですね。完全に大好きな味でした。どれくらい大好きかというと完全に大好きです。あと、念のためにどれくらい大好きか書いておきますが、完全に大好きです。

あちこちに出店してますけど、初めて『太陽のトマト麺』でラーメンを食べました。
これも近くにあったら結構な頻度で食べてしまうくらい旨いです。「ラーメンにトマトはアウト」という個人的な信条を凌駕して旨いです。
 5月26日(日) 弘前軒@南平 大勝軒@飛田給 中村屋@吉祥寺
ラーメンを食べに行くついでの帰路で、調布の飛田給から吉祥寺まで北上して歩くというのをやってみました。
マユモーすら毎年青梅マラソンに出てるし、ウォーキングやランニングが趣味の人ならこの8キロ程度はどうってことはないかもしれません。ただ、普段歩いてないのにいきなり連続して1時間20分歩くのはなかなか疲れました。しかし、線路が張り巡らされ、実際の距離感がまるで見えてこない東京において、自分で歩くことによって身をもってリアルな地理感を知るってのはめちゃくちゃ得をした気分です。

最初から歩くつもりだったので、万歩計アプリを起動しておりました。
これ、止まってる時はホントにカウントされないし、歩き出すとカウントされるのですごいと思います。それにしても、体感の疲労に対して347キロという消費カロリーの少なさは残念極まりないです。ラーメン一杯にすら及ばない。

しかし、1時間20分という移動時間が持つ意味の恐ろしさにも着目せざるを得ません。
飛行機であれば1時間20分もあれば東京から北海道上空に余裕で到達するからです。あろうことか、飛田給から吉祥寺まで汗だくで歩いた時間と、ただ座ってるだけで東京から北海道へフライトする飛行機の時間が一致するのです。

さらには、1時間20分というのは、タモリがサングラスを装着するために要する時間と同じです。普通の人がサングラスを装着するために要する時間は数秒ですが、タモリは最速でも1時間20分かかります。タモリはサングラスをかける際にサングラスの中に宇宙の真理を全て詰め込むのです。そのために1時間20分という時間を要します。

*****

多摩動物公園のちょい北ですが、日野市の南平に「永福町大勝軒」系の『弘前軒』があります。
一番乗りで開店20分前の10時40分に着きましたが、開店後あっという間に満席になりました。

そのまま京王線で飛田給で降り、同じく「永福町大勝軒」系の『大勝軒』に行きました。
これはかなり本店に近い味だと思います。スープの色も似ています。重量感が素晴らしくものすごく旨い。

この2日で「永福町大勝軒」系の店を4軒回りました。
短期間で多くの系列店を回ることによって、味の違いというものが臨場感をもってすぐに検証されるため、よく分かります。テレビに出るような流行りのラーメン屋とは、確実に一線を画す「永福町大勝軒」系に共通する最大の特徴が見えました。それはやはり、「客層が子どもから老人まで多層的な世代に渡る」という点です。「永福町大勝軒」系の客層はリアルな社会の縮図になっており、若者だけしかいないとか、男性だけしかいないとか、そういう偏りがないのです。客層として、老若男女全てが平均的に配置されている。これは飲食業のあるべき姿でしょう。

言ってしまえば、こってりは世代を若者(特に男性)に特定するが、あっさりは世代を選ばないという、ザックリとした潜在的な真実を「永福町大勝軒」系は証明してるのではないかと思うのです。むろん、反射的に「家系」の店が傾向として20代(特に男性)で埋めつくされているという目視点検の実績も踏まえてはおります。

ただ、やはり、これは東京に限った話かもしれません。少なくとも、札幌や旭川においては、「あっさりラーメン」というタイプそのものが一般的ではありません。そのため、まさに「あっさりこってりの選択可能性のなさ」ゆえか、子どもから老人まで濃ゆいラーメンを食べています。


吉祥寺東急の『中村屋』に行きました。マルゲリータ旨いです。
海老と彩り野菜の冷製パスタ。
彩度が素晴らしいです。
 5月25日(土) 大勝軒@河辺 大勝軒@昭島 すたみな太郎NEXT@吉祥寺
「ヤン坊・マー坊は実は三つ子の兄弟のうちのふたりでしかない」

という設定から想像をはじめるとすれば、もうひとりの兄弟はどこで何をしているとドラマチックな展開になるでしょうか。もうひとりの男の子は地下牢に閉じ込められているとか、すでにもう死んでいるとか、実はヤン坊・マー坊の数倍天気を正確に予測できる才能があるため秘密裏にアメリカの国防総省で軍事研究をしているとか、そういう妄想はいくらでもできるわけです。

ただ、僕が思うに、ヤン坊・マー坊のもうひとりの兄弟は「北斗の拳」のケンシロウだったというオチにしたら衝撃度が高いと思っています。端的に、世界観が違うほどインパクトがあるでしょう。幼い頃、ヤン坊・マー坊と生き別れたケンシロウは北斗神拳を受け継ぎ世紀末の救世主となるべく暴徒を駆逐しているのです。

*****

何度も言ってますが、僕が東京で一番好きなラーメンは永福町の『大勝軒』です。
ただ、やはり、これも人に勧められません。その理由は、主に「まとも食べきれないほど量が多い」「高い(1,050円)」「麺が柔らかい」というところです。

一般的に、このラーメンが苦手な人は麺の多さと柔らかさに苦言を呈しているケースが多いのですが、僕にとっては、逆にそれがこの店の最大限の長所だと思っています。要するに、客に媚びてないのです。麺の量の多さは、店が「ラーメンはおやつではなく食事であり満腹にならないと意味がない」という理屈から発しています。そこでいくら客が「量が多いから嫌だ」と言っても方針は変えません。媚びないのです。暖簾分けされた店はそんなことはないのですが、本店はすさまじく頑固に方針を変えません。

「媚びない」というキーワードに寄るなら、『大勝軒』は暖簾分け店を含め、総じて取材拒否です。メディアにはほとんど出ません。本店はもちろん、多くの支店も行列店なのにテレビや雑誌にはほとんど出ません。その硬派なスタイルがすさまじく神秘的なオーラを醸し出しています。

また、麺が柔らかいというのは、最近流行りの「麺かためが通」という心理の真逆を貫いています。もう、「麺がのびている」とさえ言われます。ただ、この柔らかい麺を変えないのも根底にある店の方針だと思います。やはり媚びないのです。

そもそも、最近つとに硬い麺がもてはやされがちなのは、おそらく、ここ20年くらいの間の九州系ラーメンの台頭が「麺は硬い方が旨い」「硬い麺で注文するのが通」というような印象操作を炸裂させたからだと僕は分析します。しかし、ラーメンの麺は硬めのほうが旨いなんてことはありえません。硬くても柔らかくても、その状態に応じて麺は旨いからです。例えば、『一風堂』はバリカタだけじゃなくてバリヤワも旨いのです。「硬い麺しか旨くない」という思い込みがあるとしたら、ちょっともったいない考え方だと思います。もっと踏み込んで言えば、「のびた麺は旨い」のです。つまり、「ラーメンは麺がのびる前に食べなきゃダメ」という禁止命令そのものが国家規模の食文化論として失敗しています。


青梅の河辺にある「永福町大勝軒」系の『大勝軒』。
ここは小盛り(150グラム)がありますので、連食前提でそれにしました。良いです。

2軒目の「永福町大勝軒」系は、昭島の『大勝軒』。
かなりの行列ができており、地元に根づいてる感がすごかったです。良いです。


去年オープンした食べ放題の『すたみな太郎NEXT』の吉祥寺店です。
「タニタ食堂」の真逆な価値観で突っ走る業態ですが、このバブリーさは「黒烏龍茶」がバカ売れするこの時代を嘲笑しているようでおもしろいと思います。
寿司もラーメンもあります。
 5月24日(金) ムタヒロ@国分寺
以前、飲食店を評価方式で紹介する「食べログ」があるなら、墓を評価方式で紹介する「埋めログ」があってもいいなと思ったことがありました。

その延長で考えると、「曲げログ」もいいと思うんですよね。
世の中には色んな曲線があるじゃないですか。月の曲線、道路の曲線、人体の曲線、虹の曲線、投げたボールが描く曲線など枚挙にいとまがありません。そのような曲線に対して色んな人が採点して共有できたら楽しいのではないでしょうか。僕は黒柳徹子の頭の曲線を高く評価したいと思います。


いま多摩地区で最も熱いラーメン屋であるところの『ムタヒロ』で煮干しそばネギ味玉を食べました。
 5月23日(木) 器楽亭@久我山 ささの葉@吉祥寺
ライオンのたてがみを抜くと100円ショップがつぶれるゴリラをご存知でしょうか。

このゴリラがライオンのたてがみを1本抜くたびに、どこかの100円ショップが1店閉店します。もちろん、普通の人がライオンのたてがみを抜いたところで何も起こりません。せいぜい怒ったライオンに殺されるくらいです。

ですが、このゴリラがライオンのたてがみを抜くと、独自の因果関係が発生し、どこかの100円ショップが1店つぶれるのです。

逆に言えば、100円ショップというのは、このゴリラがライオンのたてがみを抜かない限りつぶれません。ですから、みなさんの街で、もし100円ショップがつぶれるようなことがあったら、このゴリラがライオンのたてがみを抜いたのだと思ってもらって構いません。


久我山の『器楽亭』がものすごく旨いらしいということで予約して行ってみました。久我山は吉祥寺から十分に自転車15分圏内であると同時に徒歩30分圏内です。序盤に出てきた刺盛りは、ハモ、ノドグロ、マスというレアもの三昧でした。
押し寿司にタイの白子。和です。
 
マコガレイの揚げ出しに唐揚げ。気合が相当入っています。
 
〆のカレーが絶品過ぎました。
魚介のエキスがガンガン効いています。こんなカレーは食べたことがない。このカレーだけで店の営業が成り立つんじゃないかと思ったほどです。

久我山から徒歩で吉祥寺に戻って『ささの葉』です。
僕が『ささの葉』に行くと最初に発する言葉が「マスター、今日は焼き魚、何がありますか?」です。結局、僕は焼き魚至上主義者なのです。『ささの葉』の焼き魚は絶品の穴子であれば常にあるし、運がいいと別の焼き魚がある。それが今日は鮎でした。なので、「鮎焼いてください」と言うのですが、まさか5匹出てくるとは。
 5月22日(水) エチオピア@御茶ノ水 鮨勝@吉祥寺
「味噌ティンカーベル」ってのがいてもいいですね。

味噌の精としてのティンカーベルです。においを嗅ぐと味噌くさいティンカーベルっていう時点でスリリングじゃないですか。ただ、じゃあ、そうなると主役のピーターパンも「味噌ピーターパン」でいいのかという問題が出てきます。ティンカーベルもピーターパンも両方味噌でいいのか?という問題です。

まあ、ティンカーベルが味噌ならピーターパンは松茸でもありでしょう。
「松茸ピーターパン」ですね。松茸の形をしたピーターパンと、味噌くさいティンカーベルのコンビです。これでいい。何がいいのかわからない点がいいですね。


久々に御茶ノ水の『エチオピア』に行きました。
野菜カレーの30倍です。結局、『エチオピア』の最大の辛さは70倍なので、これを何度か食べたのですがそういうことをすると「食事」というより「チャレンジ」って感じになりがちなので今日は倍数を30倍にしてみました。ただ、もっと辛くなくても良いかもしれないですね。

吉祥寺の繁華街を外れたところに『鮨勝』という寿司屋がありますが、ここが滅法うまいらしいということで来てみました。
 
刺身、かなり旨いです。鮮度じゃなくて熟成で勝負してますね。これは凄まじいメタ視点だと思います。
まさかのズワイガニ。これが北海道産でした。
そして寿司5巻。文句なしの旨さです。
 5月21日(火) 支那そば あおば@武蔵境 中華そばJAC@高円寺
防犯ゴリラを街に配置した場合、かなり犯罪は減ります。

というのは、例えば、書店で万引きをすると防犯ゴリラに殺害されますし、ひったりくりなどをしても防犯ゴリラに殺害されます。壁に落書きをしたり薬物に手を染めたりしても即座に防犯ゴリラに殺害されます。当然、殺人などの凶悪事件を犯しても防犯ゴリラに殺害されますが、信号無視や立ち小便や傘を差しながらの自転車運転などをした場合でも防犯ゴリラに殺害されます。

ですから、社会の秩序を保つためには防犯ゴリラの力が必要だと思います。
いますぐ全世界に防犯ゴリラを配置すべきではないでしょうか。防犯ゴリラが厳格に犯罪者を殺害する態勢が確保されることによって「究極の犯罪抑止力」が実現され、誰もが心の平穏を手に入れることができるでしょう。

防犯ゴリラが犯罪者をひとり残らず殺害する世界にこそ真の平和が実現するのではないでしょうか。

*****

ものすごく困る質問として「吉祥寺でお勧めのラーメンはどこですか?」と訊かれることがとても多いのですが、結局、自分の中で該当がなく、「特にない」と答えています。まず、「自分が好きなラーメン」と「人に勧められるラーメン」は違います。例えば、『蒙古タンメン中本』の北極は僕は好きですが、あんな極端なものは人に勧めらないでしょう。

さらには、「誰が食べてもものすごく美味しいであろうラーメン」というのは、吉祥寺の外であればたくさん挙げることができるのですが、吉祥寺の中だと僕的にはないのです。まあ、『春木屋』は旨いですね。ただ、「(吉祥寺を擁する)武蔵野市でお勧めのラーメンはどこですか?」という話になれば、僕はこの『支那そば あおば』を即座に挙げています。
おそらく、このラーメンなら「誰が食べても美味しいであろう」度が高いし、僕も15年食べていてこのレベルの高さを継続的にリスペクトしています。駅から遠く、昼しか営業してない幻の店ですが、ものすごく旨いラーメンだと思います。吉祥寺のラーメン屋で僕が食べてない店はもうないと思いますが、要するに、『支那そば あおば』は僕が食べた吉祥寺のどの店よりも人に勧められるラーメンです。

高円寺の環七にオープンした徳島ラーメンの店『JAC』に行きました。
徳島ラーメンは「ご飯のおかずとしてのラーメン」という文化で根付いたラーメンですので、ライスの注文は一応は必修ということになるかと思います。さすがにスープはライスに合いまくりましたし、そもそも論として、このラーメンは思ってた以上に旨かったです。
 5月20日(月) おお川@東伏見 ピッキーヌ@阿佐ヶ谷 三ツ葉亭@阿佐ヶ谷
一気に変えたらバレるけど徐々に変えたら誰にもバレないという事例があると思います。

例えばセブンイレブンという店名です。これを少しずつ変えてゆくのです。

セブンイレブン


キブンイレブン


キブンヘレブン


キブンヘンブン


キジンヘンジン


という要領で。
これなら、セブンイレブンがキジンヘンジンになっても誰も気が付きません。
だいたい太陽の動きを無視して夜も寝ないで24時間営業したりするコンビニは奇人変人のやることであり、24時間お店がやってることを当然と考えてる社会そのものがすでに狂気の賜物であり、奇人変人の集大成だとも言えると思うのです。


吉祥寺・三鷹界隈は手打ちの蕎麦屋がとても多いです。手打ちの蕎麦はものすごく量が少なく値段が高い。それも良いのですが、この『おお川』のような街の蕎麦屋も本当に素敵です。
『富士そば』や『ゆで太郎』を引き合いに出すのは極論かもしれませんが、だいたいのケースにおいて機械打ちの蕎麦はたっぷりと量を食べされてくれますので「食事としての蕎麦」として機能します。対して、量は少ないが質がやたら良い手打ちの蕎麦は「賞味としての蕎麦」なのかもしれません。どっちも旨い。

タイのココナッツカレーラーメンを「カオソーイ」と言いまして、吉祥寺にもこれを出す店が数店あるのですが、この草分けは阿佐ヶ谷の『ピッキーヌ』だと思います。平成元年創業。
「カオソーイ」には必ず揚げ麺が載りますが、『ピッキーヌ』のはかなり多くてド派手です。それにしても、パクチーが旨い。

阿佐ヶ谷で一番人気のあるつけ麺屋『三ツ葉亭』で醤油ラーメンを食べました。
卓上の無料タマネギがとてもうれしいです。
 5月19日(日) 柴崎亭@柴崎 ヒマラヤ@三鷹
いまってどんなものでも人形焼にできちゃうじゃないですか。こんな感じで。
 
人気のあるものは全部人形焼にしてしまえば良い。

そういう意味で思いついたのが、北朝鮮のミサイル「ムスダン」を人形焼にして売るというアイデアです。
悪ふざけが好きな人にはそれなりに受けると思うし、炎上マーケット等も見込めて本気で儲かるんじゃないかと思ったんです。こう、「こんなものを人形焼にするなんて何て不謹慎なんだ!」とか怒られれば怒られるほど宣伝になるという仕組みを利用しない手はないでしょう。さらに言えば、東日本大震…いや、やめます。


調布の柴崎というのどかな場所にたいそう旨いラーメンがあるという話は去年くらいから聞いていたのですが思い立って行ってきました。『柴崎亭』です。
醤油煮干しそば。強烈に旨いですね。スープが煮干しベースながら恐ろしく重層的で躍動感がすごい。完璧な旨さでした。
塩らー麺も真っ向から出汁勝負です。旨いです。著しいレベルの高さでした。

三鷹の北口で開店5周年を迎えた『ヒマラヤ』でカレーを食べました。
ネパール人がやってるお味ですが、ここ、以前、『赤い実』というもろに昭和のスナックだった場所をけっこうそのままの居抜きで使ってます。
 5月18日(土) ヴァ・ベーネ@吉祥寺 じゅん粋@吉祥寺
「こちら葛飾区亀有公園前ヴェルサイユ宮殿」というのはどうでしょうか。

つまり、葛飾区の亀有公園前にあったらすごいものを考えるという話です。そういう意味では、「こちら葛飾区亀有公園前どぶ」でもいいと思いますし、「こちら葛飾区亀有公園前イースター島」でもいいでしょう。

ただ、スケール感が出るのは「こちら葛飾区亀有公園前地球」だと思います。亀有公園前に地球があったら壮大じゃないですか。ただ、その地球の中にさらに日本があり亀有公園もあるのです。そういうループが心地いい。


先月、井の頭公園の入り口にできたイタリアンの『ヴァ・ベーネ』です。
土日祝だけランチをやってます。

いまノリに乗ってる鉄板焼きの『じゅん粋』です。
トマトベーコンチーズは、まるでトマトとベーコンとチーズで料理したような逸品でした。
鶏もも塩焼きにこごみを添えるのは相当にテクニカルです。さすが店名に「粋」を入れるだけのことはある。
これもキッカリ鉄板焼きで仕上げたナポリタン。ナポリタン感がいかんなく発揮されておりました。
 5月17日(金) 大寿司@三鷹 清水家@三鷹
「オリジン弁当」があるなら「オリジン弁慶」があっても良いと思いますね。

「オリジン弁当」に入店すると色んな弁当が買えますが、「オリジン弁慶」に入店すると七つ道具しか売ってないのです。さらには、店員が「泣き所」であるスネをひたすら攻撃してくるという店です。まあ、店員と言っても、実際は立ったまま死んでますがね。

というような僕の文章に対して、面と向かってではなく匿名メールなどで「つまらない」などと本気で批判してくる人がいたら上手くオチが付きますね。ネット弁慶ということで。


3回ほど来てますが、『大寿司』は三鷹で一番地元に根づいてる寿司屋だと思います。
変に安くもしないし高くもしない。ちゃんと良質なネタを使っているのです。寿司に最も必要な、庶民の憧れる「ちょっと贅沢な感じのライン」を外さないですね。まさにお寿司屋さんのカガミです。

先月オープンした三鷹北口の最新ラーメン店は横浜家系の『清水家』です。
オープン間もないのにここまで味が安定してるのはちょっとドッキリかと思いました。家系ラーメンとして率直に旨かったです。さすがに店のスタッフも客も若いです。
 5月16日(木) みたかカレーの日@三鷹
妨げゴリラをご存知でしょうか。

このゴリラほど人がやってることを妨げるゴリラはいません。
テスト前に勉強をしても妨げてきますし、ゲームをしていてももう少しでクリアというところで妨げてきます。ところで、いま僕はこの文章を書きながら、妨げゴリラの気配を非常に強く感じています。妨げゴリラは、いままさに僕が文章を打つのを妨げようとしてこちらの動向を伺っています。

ですから、間もなく僕は妨げゴリラによってこの文章を打つのを妨げら%いえhじゃふぃshyふおあyふぇふぁpj4あf89あじおあ


去年、三鷹のわりと太宰治の墓に近い場所にオープンした『みたか カレーの日』ですが、野菜カレーのやり過ぎっぷりに一部の地元民が沸いておりました。これがその野菜カレー1,000円です。
20種類以上の野菜が入っているらしいのですが、これほどカラフルで楽しいカレーを僕は他に知りません。盛り付けの常識を根底から打ち破った感がありますね。ご飯がほぼ見えない。辛口で注文したのですがカレーもまるで旨いです。手放しで絶賛せざるを得ないメニューです。

このページのトップへ