ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 9月15日(火) 支那そばあおば@武蔵境 リトルスパイス@吉祥寺
逮捕されて新聞の一面を飾っちゃいましたけど、吉祥寺在住のダイヤモンドパスタ(野田伊佐也)は僕らの仲間内では数か月前から有名でした。

インスタグラムがめちゃくちゃなんです。

ダイヤモンドパスタ(野田伊佐也)のインスタグラム
あまりにもイッちゃってるのでインスタグラムでこの人をフォローしてるのは4人しかいなかったんですが逮捕後は随分増えています。

僕は狂気をベースに表現している人はそれなりに嫉妬しますからチェックはしていました。
3、4か月前のことですが彼が素敵なマスクをよくしているのを見て「どこで買ったんですか?」とか聞いたらちゃんと答えてくれましたね。

僕の質問に答えてくれるダイヤモンドパスタ
「キチキチのドンキ」ってのは「吉祥寺のドン・キホーテ」ってことですね。
こんな風に彼の言葉はいちいち隠語めいてます。その隠語を解読するのが楽しい。
たとえば、警察を「ゴロタマ」、JRを「ジャ〜電」と呼び、やたらめったら彼らを敵視している。彼の犯行の動機が「大量に電力を消費するJRが嫌いだった」ということですがそれが嘘じゃないのは僕から見たところで確かです。

狂ってるんだけど誰にも真似できないサイケなセンスが凄まじい。
おそらく彼は統合失調症なので書いてあることはぜんぜん意味が分からないんだけど激甚な思念がすごいんです。そこだけ切り取れば僕は純粋に彼の表現力をリスペクトしていました。普通の人間がどう頑張ったところで出せないクレイジー力を彼は持っていました。

僕も意味が分からないまま強烈なインスパイアを得て彼の真似をしてましたからね。
もうね、「直麺フラッシュ」って何なんだよ、っていう。
「直麺フラッシュ」という言葉の意味は一切分からないんだけど、この言葉に込められた思念の密度や重さが壮絶なんです。縮れ麺のラーメンの写真アップしてても「直麺フラッシュ」ですからね。
僕も対抗して「逆麦バーニング」です。意味の分からないフレーズには意味の分からないフレーズで対抗する。これが「狂気道」でしょう。狂気を投げつけられたら狂気を投げ返すしかない。

まあ社会に迷惑さえかけなければ何でもいいとは思っていましたが逮捕ってのはズッコケましたね。

*****

『支那そばあおば』で塩ラーメンです。出汁が濃すぎて話になりません。

久々の『リトルスパイス』でキーマカレー。
 9月14日(月) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
まとめゴリラをご存知でしょうか。

近頃、ネット上へのまとめゴリラの影響がハンパないなとつくづく感じます。
たとえばこの世の中には数えきれないくらい種類の哺乳類がいます。でも、お腹に袋がある哺乳類は限られている。じゃあお腹に袋のある哺乳類だけを抽出して個別列挙しよう。えーと、カンガルー、コアラ、ウォンバット、ワラビー…こいつらは生態的に特徴が共通しているからいったん一緒くたにして「有袋類」と呼ぼう。というのがまとめるということです。

僕たちが何かまとめることができるのはまとめゴリラの影響なんですね。
「NAVERまとめ」「nanapi」「MERY」のようなまとめサイトが幅を利かせているのは紛れもなくまとめゴリラの影響です。

ようするにまとめゴリラは情報文化にキュレーションを促進させている。
「吉祥寺で子連れで入れるお店」とか「吉祥寺で昼から飲めるお店」とかそういうカテゴリーにまとめあげる作用。ただ、まとめ手であるキュレーターの情報リテラシーが低いまままとめゴリラの影響を受けるとひどいことになります。たとえばそういう人が「英会話を効果的に教えてくれる場所」をまとめると「オープンしたての松屋」「銭湯の水風呂」「真冬の東尋坊」などのように英会話と関係ない場所をまとめてしまうんです。

ようするにまとめられた情報が真にまとめられているかどうかを見極めるのは情報を取捨する僕たち自身の責任です。

*****

『中本』で「北極の秋」。野菜マシのネギトッピングで結果的に超ネギ盛り。
 9月13日(日) 神田まつや@吉祥寺 いしはら食堂@三鷹
「森鴎外のうた」の15秒動画をアップします。

「森鴎外のうた」の動画

*****

「似顔絵の描き合いっこ」をしようという話になったのでももみに似顔絵を描いてもらいました。

ももみが描いてくれた僕の似顔絵

美大出らしいというか何というか、ももみは手放しで感性が素晴らしいです。
その素晴らしさはももみの「ある欠損」によって生じていると僕は分析しています。ももみに欠損しているもの。それは「脈絡」です。
いつも「あ、閃いたんだな」というような突拍子もないことをする。人が経験的に潜在意識下で持っている「行動パターンの定規」から逸脱している感じ。

*****

吉祥寺東急のレストランにある『神田まつや』で秋限定のきのこ蕎麦です。
僕はきのこが大好きなのでこれは好みすぎました。器もすげえいいです。

久々の『いしはら食堂』です。
目玉焼きも納豆もウインナーも各論でいえば究極的に普通です。しかし3つの普通を1箇所に集めると普通さが普通であることをやめて暴走し逆にカオスになります。
 9月12日(土) バラそば屋@中野 美舟@吉祥寺 ささの葉@吉祥寺 らーめんぺぺ@三鷹
吉祥寺が一年で最も盛り上がる「吉祥寺秋祭り」です。

この土日2日間は神輿のせいででまともに街を歩けない。
吉祥寺の氏神「武蔵野八幡宮」のボス神輿の他に10基の町会神輿が出ますが「ささの葉」組はダイヤ街に属しています。

スタジオジブリ深谷さんとテレビ制作ディレクターまなべっちも担いでます。このゾーンは知り合いだらけ。

深谷さんの写真を借りますが「武蔵野八幡宮」のボス神輿の先頭を行くのが『ささの葉』マスターの幼なじみのすーさんです。白い服を着ている人たちはお祭りの運営者側のトップですね。
立場が立場なら気軽に「すーさん」とか呼んじゃいけないレベルで吉祥寺の重鎮です。
あまりにも色んな肩書を持っていますがすーさんはいまの吉祥寺を基礎から創った重要人物のひとり。僕がいままでにすーさんにおごってもらったビールの数は100本を下りません。

*****

中野にニューオープンの『バラそば屋』。こういう着眼点は素晴らしいですね。ニッチです。

『美舟』でじゃがバター塩辛。これは大好き。

毎日でも余裕で食べられる『ささの葉』のサンマ。
9月16日に「ためしてガッテン」でこのサンマが他のサンマとはレベルが違うということが全国にバレます。

『らーめんぺぺ』で冷やし中華。最高すぎる。傑作すぎる。
 9月11日(金) 三浦亭@武蔵関 銀だこ角ハイボール酒場@吉祥寺 千尋@吉祥寺
 おでん太郎@吉祥寺 ささの葉@吉祥寺 一風堂@吉祥寺
これが
こうなって
こうです。
ってなんでだよ!

『ささの葉』の常連である宮ちゃんですがなんでこんなにムキムキなのかというとスポーツクラブのトレーナーだからです。プロの筋肉師なんです。

僕は宮ちゃんに会うたびにノリで「脱いで」って言って脱がせちゃうんだけど、自分だけ脱がないで相手だけ脱がすのって失礼だから、今日は僕から率先して脱いでから宮ちゃんに脱衣依頼をしました。

ってだからなんでだよ!脱がなくていいだろ!

*****

『三浦亭』で基本のハンバーグです。力強い美味しさ。

ハモ横にニューオープンの『銀だこ 角ハイボール酒場』。立ち飲みで気軽利用度がハンパない。

久々の実直系居酒屋『千尋』です。山かけまで実直。

ダメ元の『おでん太郎』ですがなんと入れました。鉄板すぎるおでん。
ここに来たらポテサラもマストメニューですね。

『ささの葉』のボタンエビ。子持ちの感じがすごいそそる。
絶対的な王者サンマです。この時期、これより旨いものを探すのは非常に困難ですね。

『一風堂』の白丸で〆です。
 9月10日(木) 支那そばあおば@武蔵境 蒙古タンメン中本@吉祥寺 ケンタッキーフライドチキン@吉祥寺
これから日本の人口は一方的に減ります。

国立社会保障・人口問題研究所の将来予想では2100年には日本の人口は4千万人台になる可能性も指摘されています。江戸時代くらいの人口になるということですね。

ただ僕の計画では2100年の日本の人口は4千万「人」ではなく4千万「匹」になる。というのは2100年になる前に「ビーストインパクト」が起こるからです。というか僕が起こすんです。

「ビーストインパクト」というのは全ての人類を獣化させることです。
宇宙のプログラムを書き換える。ようするに人類の遺伝情報を一瞬にして獣化コードに書き換えるんです。これによって人類は猫や犬やライオンやゾウやキリンになどに変換される。

ただこれを行うにはプログラミングの勉強が必要になります。
しかし僕はプログラミングがまったくできないのでこれから勉強する必要がある。独学にするか大原学園に通うかで迷っているところですがひとまずjavaスクリプトから勉強します。

で、javaスクリプトってどこで買えますか?

*****

『支那そばあおば』でネギラーメン。無敵の旨み。

『中本』のテイクアウト麻婆豆腐と『ケンタッキーフライドチキン』のテイクアウトオリジナルチキンを勝手にコラボさせました。パクチーものせます。こりゃあ完全に旨いです。
 9月9日(水) 三浦亭@武蔵関 東園@三鷹
来週ですが9月16日(水)20時から放送のNHK「ためしてガッテン」に日常まんまの僕がちょい出てちょいしゃべっています。もちろん名前とか出るわけじゃないですけどね。

放送テーマは「秋だ!サンマが激うま 本当の食べ方発見SP」ですね。

ためしてガッテン公式サイト
まあ放送前ですから具体的にどういう出方をするのかは内緒です。

それにしても全国放送されるNHKのゴールデンタイムに僕て。間違いなく僕の人生史上最大に人目に触れますね。視聴率13%ってのはめちゃくちゃ少なく見積もっても一千万人とか見るってことですからね。

*****

地元に根づくストイックなカウンターだけの洋食屋『三浦亭』でスズキのソテーです。
この圧倒的な彩り。グレースケールを強制すると世界が滅びそうです。色は香りも味も豊かにするんですね。今日も美味しかったです。

ガテン系に愛される街の中華屋『東園』の味噌ラーメン。
何度も食べてますがガサツで温かみがあって非の打ち所がない。
こういう味噌ラーメンはまさにこういう味噌ラーメンとして絶対的に正義だと思います。
 9月8日(火) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
永世中立国というのはなかなか難しい立ち位置です。

カンボジアのように「俺らは永世中立国だよ」と宣言しているにとどまる場合もあれば、スイスのようにそれが他国の承認を得ている場合もあります。まあでも通常の認識でいえば永世中立国といえばスイスだろうし、よくてオーストリアを想起する程度でしょう。

僕が行ったのは「永世中立国 山田学院」です。
学院なのに永世中立国なんですよ。永世中立国なのに学院なんですよ。でも夢の中で行ったのでこれは許容される事態なんです。

「永世中立国 山田学院」の中はひたすらめちゃくちゃでした。
巨大な怪獣や使徒みたいな化け物が次々に襲いかかってくるんです。それに対して僕はストUのガイルが用いるソニックブームを放って撃破する。

ガイルのソニックブーム
ただ僕が放つソニックブームはガイルのと違って目に見えないんです。だから本当に化け物に当たっているのかどうかが視認できない。

最初の方はソニックブームを1発当てるだけで化け物を撃破できるんだけど後半になるとどんどん強くなってくるんです。夢の中の設定上、僕は化け物よりも圧倒的に強いのでやられることはない雰囲気なんだけど、それにしてもラスボスみたいな化け物は20発くらいソニックブームを当て続けてやっと撃破しましたからね。

僕も夢の中でなんとなくつっこみを入れていたんだけど、「永世中立国 山田学院」の中で巨大な化け物が襲いかかってくる設定ってのは全く意味が分からないんですよね。分かる必要もないからいいんだけど。

*****

『蒙古タンメン中本』でキノコがたっぷり入っている「北極の秋」です。
 9月7日(月) もも吉@吉祥寺
あらためて『ささの葉』の文化度の高さは意味が分かりません。

カウンター8席と、ビールケースと中華円卓の小さな天板で付け焼き刃的にこしらえた外テーブルしかない矮小な店に大物漫画家も来ればスタジオジブリ関係者も来れば映画監督も来ます。若手常連客における美大卒率の多さは常軌を逸しています。

今日もNHKのテレビを見ていてビックリしちゃいました。
太宰治が芥川賞欲しさに審査員の佐藤春夫に送った手紙が発見されたというニュースが流れていたんだけどその発見者が実践女子大学の河野さんなんですよ。
年は僕よりひとつ下です。吉祥寺から引っ越してそんなに来なくなっちゃったけど数年前は週に何度も『ささの葉』で飲んでいました。超常連です。人当たりのよさとか飄々としてる感じがすごく印象的です。

それで食っているんだから当たり前かもしれませんが文学トークのおもしろさは壮絶です。
つまびらかには覚えてませんが、確か、「文学にもいえることだけど文章は書かれた時点で作者から独立して多様な読まれ方を許すようになる」みたいなロラン・バルト的なテクスト論について話した記憶があります。もう文芸部分ではなく構造部分の話ですが。

何度も自殺や心中したりする太宰の素行の悪さや虚栄心の強さは有名ですが、同じく芥川賞を落選させたとして審査員の川端康成に「刺す」とさえ言った人物です。まあ素行が悪いというか欲望に素直なんだと思います。

その太宰に憧れて文学に入り込んだ又吉直樹が、太宰が欲しくて欲しくてしょうがないのに獲れなかった芥川賞を処女作で獲ってしまうというのがあまりにも皮肉かつ残酷ですね。

*****

吉祥寺の超人気居酒屋『もも吉』です。
月曜だといっても予約なして入れたらラッキーという認識を持つべき店です。香川名物の骨付鳥がご当地風に食べられる希少な店ですね。
これがもう猛烈に旨い。僕はこの店を知ったことによって香川への憧れを確固たるものにしたし冬になる前に本場の香川でこれを食べてきます。

鶏の肉汁と油に浸して食べる銀シャリ。究極がここにもあります。
 9月6日(日) いち花@高田馬場
「進撃の巨人」の世界観でラーメンを表現するとこうなってほしいなあ、ってのを実現してみました。
立体機動装置で空間を舞うリヴァイは糸で吊るしてます。

*****

ありそうでない雲丹ラーメンですが、高田馬場の『いち花』が理想的なそれを出してくれています。
こういうこと。こういうこと。
 9月5日(金) いきなり!ステーキ@吉祥寺 しょうちゃん@吉祥寺 ささの葉@吉祥寺 玄関食堂@三鷹
「威風堂々」の15秒動画です。

行進曲「威風堂々」第一番動画

*****

絶好調の『いきなり!ステーキ』でヒレ200グラム。ステーキ食ってる感爆発。

ヨドバシ裏で屋台営業している『しょうちゃん』が近くの店舗でも営業を開始。すげえ人気店になってます。

『ささの葉』で刺し盛り。
そりゃあサンマです。サンマでしかありえない。

『玄関食堂』でおばぁ麺。パクチーたっぷりバージョン。
 9月4日(金) 麺処 晴@入谷 めん処 羽鳥@日暮里 玄関食堂@三鷹 珍来亭@吉祥寺 ささの葉@吉祥寺
今日は非常に濃くて最高だったと思います。

『ささの葉』で会うのは2回目ですが、飲兵衛にとっての聖書的雑誌「古典酒場」の編集長倉嶋紀和子さんです。僕より学年が1つ上くらいだと思います。
倉嶋さんはすっかり『ささの葉』の常連になったテレビ番組制作会社ディレクターのマナベッチが作ったこの番組にも出演していました。
ということで今日の『ささの葉』は見るからに楽しいメンバーです。
手前から、ノジ君、テケ君、スタジオジブリ深谷さん、タッチー、倉嶋さん、一番奥の人は名前を聞かなかったので暫定的にナンシーとしておきます。テーブル側に僕とゲル博士とコヒちゃんがいます。

*****

入谷の『麺処 晴』で濃厚煮干しです。パンチ力がすごい。

日暮里の『めん処 羽鳥』。看板メニューしょうがラーメンを食べました。これは深いです。

『玄関食堂』でガイヤーン。パクチーが合いまくる。
ローストビーフです。こんなもん旨いに決まってる。
ママがグアム旅行でインスパイアされて作ったエッグベネディクト。つくねが仕込んであって猛烈に旨い。

『珍来亭』です。豚キムチチャーハン。

『ささの葉』です。今年も死ぬほどサンマを食べよう。
 9月3日(木) 三浦亭@武蔵関 カオマンガイバザール@三鷹
亀の上に乗っている時だけすっごい髪の毛が伸びる人がいたらおもしろいと思うんですよ。

乗る亀は世界最大のオサガメがいいですね。

オサガメ
この亀は体長が2メートル近くあるし体重も1トン近くある超重量級です。それでいて水深1000メートル以上潜るんですよ。泳ぐ速さも自転車を飛ばしている時くらいあって全ての亀の中で最速です。

その人はこのオサガメの背中に乗っている時だけすっごい髪の毛が伸びるんです。
それどころか、なぜか上空にヘリコプターが集まってくるんです。ぜんぜん原因は分からないけど、その人がオサガメの背中に乗ると、めちゃくちゃ髪の毛が伸びて、方々から上空にヘリコプターが集まってくるんです。髪の毛が湯水のように生えてくると同時に「…バラバラバラバラバラ」っていう音があちこちから集まってくる。

だけどオサガメから降りると髪の毛の伸びはピタリと止まり上空のヘリコプターも方々に散って通常の空路に戻るんです。

こんな現象があったらものすごく無意味じゃないですか。ていうかこんな現象とかなくてもいいじゃないですか。かといって無意味だったりなくてもよかったりすることを想像することが僕の役割なんじゃないかなという気がしているんです。

*****

やめられない止まらない『三浦亭』でチキンソテーです。

3回目ですが三鷹の『カオマンガイバザール』で初の看板メニューカオマンガイを食べました。総合的に超旨いですね。
 9月2日(水) 丸源ラーメン@武蔵関 独歩@新宿御苑前 ささの葉@吉祥寺 中華街@吉祥寺
天津の爆発でできたクレーターを見て直感的に理解したのですが、おそらくあのクレーターは人類規模の儀式「穴歩き」の舞台になるんでしょうね。
「穴歩き」というのは文字通り「穴の上を落ちずに歩く」というものです。当たり前の話ですが普通の人間は穴の上は歩けません。なぜなら「落ちる」からです。

つまり、「穴歩き」を実現するためには「落ちる」という現象を省略しなければならないのです。本来的に「落ちる」ことを省ける人間は穴という状態を無視することができるんです。いうなれば「穴に対するシカト」が可能ということです。

しかし無視された方の穴は激怒します。俺は穴なのにお前は落ちないのかよ!と激怒するんです。

その怒りがピークに達した時、穴の底から円筒状の光が天空に向かって伸びる。その円筒状の光こそが「天空界への道」なのです。

その道を使って天空界に行けば大川隆法大先生にお会いできるのではないでしょうか。

*****

『丸源ラーメン』で醤油とんこつラーメン黒です。チェーン店としてはトップクラスで好きすぎる『丸源ラーメン』ですがずっと通い尽くしたいですね。

新宿御苑前の『独歩』をいまごろ回収。世界観がありますね。旨い。

NHKディレクターにして道産子で同郷のけいちゃんとインテリ自虐トラベラーヨシキヨさんと『ささの葉』。刺し盛りは今日はべらぼうな美しさ。
久々に穴子。表面パリパリで中はふっくら。理想的すぎる。

『中華街』で〆飲み。
 9月1日(火) フルボ@三鷹 銀華山@三鷹
コヒちゃんの名曲「カナタノタナカ」の動画を撮って編集しました。超いい曲です。

「カナタノタナカ」の動画

*****

5月に三鷹北口にオープンしたイタリアン『フルボ』で完熟トマトとバジルのスパゲティ。麺の生きてる感じがたまりません。

『銀華山』で塩ニンニクラーメン。
好きなのでこのメニューは2回目ですが塩ラーメンにニンニクはすごい背徳感があっていい。

間違いなさすぎて失禁するレベルの『らーめんぺぺ』です。旨さが滴りまくる。

このページのトップへ