ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 4月30日(木) 天ぷら わかやま@吉祥寺 創作中華 幸宴@吉祥寺
明晰夢を見られることがあります。ようするに「夢であることを自覚している夢」ですね。

最初から気がついているんじゃなくて途中で気がつくんですよ。
夢を見ている時って夢と現実の違いを意識しないことが多いのですが、たまにスイッチが入るんです。すでに死んでいる人がいるとか、象に翼が生えて飛んでいるとか、気がつきさえすれば「これは絶対に夢だ」という要素を運よく「意識」することがある。

そこに気がつけば最後、それ以降、夢は僕のコントロール下になります。
僕自身も夢の中で空を飛べるし、扉の向こうの空間を自由に変えられるし、登場人物も思いのままになる。これは最高に楽しい仮想空間ですね。なので、僕は夢が明晰夢であることに気がつくと気分的にニヤリとします。

ところで、僕は明晰夢じゃなくてもむかしから夢の中で浮遊していることが多いのですが、どうしても高さをコントロールできないんです。ドラゴンボールに出てきた天津飯の舞空術と完全に同じ要領で立ったまま空中を上昇するんですがちょっと加速させると無制御のままグングン上昇してしまう。下降する力の入れ方がすごく難しいんです。

話を戻して、明晰夢になるとわざと起きようとしても上手く起きられないことがあります。
パターンとしては「これは夢だから起きよう」という意志で起きるとまだ夢の中というのが多いですね。おもしろいことに夢の中で目覚めてまだ夢だった際に「あ、覚醒に失敗した」という意識もあります。でも「起きろ!起きろ!」という意志をマックスにして本気で起きようとすると起きられます。そういう時は夢の中では自分の頬をパンパン叩いてるのですが現実の僕は身動きを取ってないというギャップもある。

基本的に明晰夢が見られるのはかなりラッキーなので起きるのは極めてもったいないと思います。それだけに、過剰に「起きたらもったいない!起きたらもったいない!」と客観的に思ってしまうことで逆に夢の中の主観が損なわれて起きちゃうこともあります。

*****

立川の人気店『天ぷら わかやま』の吉祥寺店が先月オープンしました。
天ばらセットです。すごい高級感がありますね。

三鷹北口から吉祥寺に移転した『創作中華 幸宴』です。
四川辛味と痺れの効いた熟成黒酢麺。まさに創作中華っていう感じです。
 4月29日(水) グラバー亭@三鷹 神田まつや@吉祥寺 らーめんぺぺ@三鷹
僕は様々なゴリラのことを知っています。

しかし、その分、紹介したゴリラのことを忘れます。
ちょっと前の話になりますが「ぶつかり女」に関しては本当に笑いました。
特に「小学生から恐れられている存在」というフレーズに爆笑しました。
なんか僕もうっすらと思い出したけど小学生って担任の先生やお化けにはじまって恐れるべき存在が多くて大変ですよね。

もちろんこの女はぶつかりゴリラの作用を受けています。
なので、ぶつかりゴリラの紹介をしようと思ったのですが、念のため「ぶつかりゴリラ」でググってみるとあろうことか2007年8月14日の日記ですでに紹介していました。いっさい記憶にないです。基本的に僕はログを振り返らないので前に書いた記事なんて覚えちゃいません。そもそも論として酒の飲みすぎで毎日記憶がないです。再掲します。
ぶつからせたら、ぶつかりゴリラにかなうものはいません。

ぶつかりゴリラが物にぶつかる時の衝撃は地球30個分を破壊するほどです。
ぶつかりゴリラはたいてい何の前触れもなく現れる。隕石のような感じで、空から降ってきて物体にぶつかるのです。いまのところ、地球上にぶつかりゴリラが現れたことはありませんが、もし、地球上にぶつかりゴリラが現れたら間違いなく地球は壊れるでしょう。

ただ、ぶつかりゴリラが生命体にぶつかった場合、その衝撃はゼロになります。
ぶつかりゴリラは、生態として、直接的に他の生命体を殺傷できないのです。ですから、凄まじい速度でぶつかりゴリラがあなたにぶつかってきたとしても、いっさいの衝撃はありません。映像的には、こんなものがぶつかったら絶対吹っ飛んで死ぬという感じに見えるのですが、実際の衝撃はゼロです。そういう意味で、ぶつかりゴリラとぶつかり稽古をするのは不毛です。

ただ注意が必要なのは、ぶつかりゴリラが岩にぶつかった場合、当然に岩は粉々になるわけですから、その岩のカケラなどがあなたの頭などに当たれば、その衝撃で死ぬ場合はあるという点です
*****

旅行後で長崎モードなので三鷹の『グラバー亭』です。
昨日、長崎ちゃんぽん発祥の『四海樓』と、地元人気ナンバーワンの『江山楼』を食べているからはっきりと違いが分かっておもしろかったのですが三鷹の『グラバー亭』は乳化スープを用いた「マイルド」という表現よりは塩気を用いた「シャープ」という表現に寄っていますね。このアレンジもナチュラルに美味しいです。

『神田まつや』で納豆そば。一気に手繰りこみました。

何だかんだで九州モードが抜けずに辛子明太子ご飯を食べました。旨い。ホントに旨い。

超思いつきで『らーめんぺぺ』です。旨いです。常に旨いです。
 4月24日(金)〜4月28日(火) 九州グルメツアー
 4月24日(金)
 三浦亭@武蔵関 司@中洲川端 一風堂総本店@西鉄福岡 一蘭本社総本店@中洲川端
 4月25日(土)
 元祖長浜屋@赤坂 元祖ラーメン長浜家@赤坂 魁龍博多本店@竹下 うどん平@博多
 博多水たき元祖水月@西鉄平尾 八ちゃんラーメン@薬院 せいもん払い@中洲川端
 4月26日(日)
 博多だるま@渡辺通 博多一幸舎@博多 赤のれん節ちゃんラーメン@天神
 もつ鍋やま中@大橋 旭軒@中洲川端 ごちや@中洲川端 坐・和民@中洲川端
 4月27日(月)
 河太郎呼子店@唐津 吉宗@観光通 武蔵@大浦海岸通 天天有@正覚寺下
 4月28日(火)
 江山楼@築町 四海樓@大浦天主堂下 銀座吉宗@銀座 リンガーハット@銀座 後楽@新橋
 
4月24日(金)から4月28日(火)まで九州グルメツアーに行っておりました。

クリックすると九州グルメツアーのページに飛びます
4泊5日で九州滞在中に行ったお店は23軒でした。
まあいつものようにほとんどがラーメンですが「呼子のイカ」が食べられたのはけっこう大きな夢の実現だったと思います。

タイトルロゴに使った唐津の「虹の松原」の写真ですがこれはiPhone6のパノラマ撮影機能を使って撮ったものです。生の原景で見ると壮絶なものがありました。どこまで臨場感が伝わるか分かりませんが縮小していないバージョンの写真へのリンクを貼っておりますのでぜひ見てください。

クリックすると撮ったままのサイズの写真
 4月23日(木) みたか カレーの日@三鷹
生肉を顔にのっけて「M」を歌うの15秒動画をアップしました。

生肉を顔にのっけて「M」を歌うの15秒動画
*****

三鷹南口の『みたかカレーの日』は正解最高峰の野菜カレーを出します。
2年ぶりに来たけど表現力がヤバいことになってますね。
「目で食わせる」ってすっごい重要なんだけど、その路線だとここは神レベルだと思います。無論、そもそも味がちゃんとしているから言えることです。やっぱ、「食べること」ってのは生命維持の根源だから楽しくてなんぼってのはあると思いますからね。こういうヴィジュアル的な凄さってめっちゃ良いと思います。
 4月22日(水) 支那そばあおば@武蔵境 クルン・サイアム@吉祥寺
地名の由来って鬼のようにおもしろいので江戸の勉強の延長上で東京都内町名の語源を調べていたことがあります。
で、それを踏まえて、東京都に存在する全ての町名の中で最もかっこいいのは何なのかを決めたいと思ったんですね。駅名だとまたぜんぜん違ってくるのでしょうが今日はあくまでも町名です。なので、この郵便局のサイトをソースにして都内全ての町名の中で僕がかっこいいと思うものを厳しめに抽出しました。

おもしろいことに一個も町名がかっこいいと思わない市区もあれば複数町名がかっこいいと思う市区がありますね。

五十音順に抜き出した結果がこれです。
江東区
国分寺市
新宿区
杉並区
墨田区
世田谷区
台東区
立川市
多摩市
中央区
千代田区
羽村市
日野市
文京区
三鷹市
港区
武蔵野市
目黒区
門前仲町 夢の島 牡丹
西恋ヶ窪(東恋ヶ窪)
神楽坂 歌舞伎町 二十騎町
松庵
吾妻橋
豪徳寺 太子堂 桜 等々力
雷門
羽衣町
聖ヶ丘
京橋 銀座 日本橋 八丁堀 浜離宮庭園
千代田
五ノ神 羽 羽加美
万願寺
春日
深大寺
麻布十番 虎ノ門 六本木
御殿山
祐天寺
当然ながらこれは完全に僕の美意識だけが根拠なので100%で僕の好みの話です。
もはや自分でも「答えなど出せない」と悶絶せざるを得ないのですが、さらにこの中から最もかっこいい町名を選べというなら「神楽坂」かなという気がします。「神」という文字が入って5文字というのができすぎています。日本語において5文字というのは歯切れの良さで圧倒的に強い。ようするに韻的に有利なんですね。

適当に有名な歌とかの下句を「神楽坂」に入れかえても意味云々を超えてひとまずかっこよくなりますね。

柿くへば鐘が鳴るなり神楽坂

五月雨を集めてはやし神楽坂

愛のままにわがままに僕は君だけを神楽坂

絶え間なく注ぐ愛の名を永遠と呼ぶことが神楽坂

どんなときもどんなときも僕が僕らしく神楽坂

いいじゃないの〜 カグラ〜ザカザカ


というようなことで僕にとって東京で最もかっこいい町名は暫定的に「神楽坂」とします。

*****

『支那そばあおば』でネギラーメン。
超絶に出汁が深いスープにシャコシャコの九条ネギ。旨すぎてのけぞるしかないです。

吉祥寺最強のタイ料理屋『クルン・サイアム』でカオ・パット・トムヤム別皿パクチー追加です。
 4月21日(火) 西一条うおきん@吉祥寺 中華そば みたか@三鷹 ささの葉@吉祥寺
今日唐突に思いついた映像を発表します。

こう、突然、エリマキトカゲのエリがバッ!と広がるんです。左右に一瞬にしてめちゃくちゃ広がるんです。数メートルくらい広がるんですよ。で、その広がったエリによって、たまたまエリマキトカゲの近くにいた人が縦に斬れるんですね。エリマキトカゲの左右にいた2人の人間が突然広がったエリによって同時に真っ二つに斬られるんです。

音でいうとザザンっ!って感じでしょうね。
鮮血がドバっと飛び散る。悲鳴を上げるヒマもない。即死ですよ。エリマキトカゲは何ごともなかったかのように静かにまばたきを繰り返してる。

そういう映像が僕の脳内に急に浮かんできたんですよね。
浮かんだ映像を僕の心の中だけにしまっておくこともできるんですが、こういうサイトを通じて不特定多数の人と共有することもできるわけです。

そう考えると言葉ってのはすごいしインターネットってのはすごいですよね。
僕の脳内でエリマキトカゲのエリで死んだふたりには申し訳ないけどやっぱ言葉ってのはすごいしインターネットってのはすごいんですよ。

*****

吉祥寺で3店舗目となる「魚金グループ」の新店『うおきん西一条』です。
ランチ営業はこの店しかやってない。しかも刺身定食とかじゃなくてうどんという裏切りが斬新です。明太クリームうどん。

『中華そば みたか』でラーメンに裏オーダーのもやしトリプル。壊滅的に旨いです。

遅くからの『ささの葉』。ストレートにアジの塩焼き。

深谷さんの古くからの友人で奄美大島で「安田商店」を営業している安田裕三さんは僕が基本的にインスタグラムと連動しているだけで放置しているfacebook上でつながっているのですが、この「純黒糖」を深谷さん経由で『ささの葉』に送ってくれました。

スタジオジブリ深谷さんと僕とマスター
しかし「純黒糖」はどう考えてもフランスのハイパーメディアクリエイターであるジャン・コクトーのダジャレ感が強すぎますね。
 4月20日(月) ブルーバード@三鷹 クルン・サイアム@吉祥寺 らーめんぺぺ@三鷹
「何かに導かれて異世界へ行く」という物語のパターンって多いですよね。

和洋は問わない。たとえばとつぜん現れたフェアリーに導かれて妖精の国に行くとか、フッと現れた白狐に導かれて神の国に行くとかそういうパターン。

このスタイルを多用するのが宮崎駿監督でもあると思います。
現世界から異世界へのミスティックなスライド。メイが小さなトトロに導かれてトトロの森に迷い込んだように「導かれる」というのはクリティカルなキーワードだと思います。

そして、ここでいうフェアリー、白狐、小さなトトロは同じカテゴリーに入れてよい。
つまり、「異世界のシンボル」あるいは「異世界への架け橋」というカテゴリーです。

であれば、「何に導かれるのが一番突拍子もないのか?」と僕は考えたんです。
アリスは白うさぎに導かれて不思議の国に行きました。浦島太郎は助けた亀に導かれて竜宮城へ行きました。うさぎだの亀だのに導かれるのはもはやベタすぎなんじゃないかと僕は考えました。とにかく、「こんなものに導かれたら斬新だ」という視点でいままでに絶対なかった「異世界のシンボル」なり「異世界への架け橋」なりを考えたかったんです。

そして僕が出した結論はチーズフォンデュの器材一式でした。
ある日、森で迷っていたらチーズフォンデュの器材一式がとつぜん現れて「僕についておいでよ!」という展開。
これってもう、すっごい「この後どうなっちゃうの!?」感がほとばしりまくると思うんですよね。そういうひたすら扇動的な展開って必要だと思うんです。

*****

三鷹北口の『ブルーバード』は昼時になると地元民や横河電機社員で超満員になる人気店です。
基本のチキンカレーは数年ぶりでした。ここはグリーンカレーも美味しいです。

タイ料理屋としては吉祥寺で圧倒的に好きな『クルン・サイアム』でトムヤムスープ麺パクチー盛り。
旨すぎます。一瞬にしてスープまで完飲です。

イチかバチかで23時前の『らーめんぺぺ』に行ったら運よく開店していました。
4番の肉玉子ピーマンたけのこからし炒めです。ひたすら旨いです。
 4月19日(日) トラジ@吉祥寺 王華@三鷹
「生肉を持って『恋におちて』を歌う」をアップしました。

生肉を持って「恋におちて」を歌う

*****

焼肉屋の『トラジ』が数年ぶりに吉祥寺に出戻りオープンです。
ランチでも2,000円級という『叙々苑』ライクな営業スタイルですが、そのランチ営業を土日祝日だけに限るというのは吉祥寺事情を分かりすぎていますね。体感でいうと吉祥寺って休日の人の量が平日の数十倍になります。

三鷹の古き良き街の中華屋『王華』です。ラーメン500円はストレートに沁みます。
 4月18日(土) 大勝軒@三鷹 アンディアーモ@六本木 中国茶房8@六本木 ささの葉@吉祥寺
ついに、『ささの葉』の常連で吉祥寺在住のクシマッティ(串間大成)が料理長を務める本格イタリアン『アンディアーモ』でパーティーです。
クシマッティはもともとフレンチシェフとして「東京ヒルトンホテル」で3年経験積んで、イタリアンに転向してから現地の数々のレストランで腕を磨きまくり、僕と同年代なのに六本木ヒルズでピアノを生演奏するレストランの料理長を務めている凄腕シェフです。

普段のクシマッティはコック帽ではなくハンチングハット(狩猟用帽子)をかぶって『ささの葉』に来るのですが、ハンチングハットを被っている理由がイタリア時代にジビエ料理のために実際に野生動物の狩りをしていたからというガチすぎるやつです。

今日の参加者は、ハイパーメディアクリエイターポックリボーイ、テレ朝スーパーJチャンでおなじみ戸丸アナウンサー、飲食業界の渡り鳥イリエッティ、アルビノ女酒豪ナキョ、ファッションデザイナーみお、天才ミュージシャンコヒちゃん、インテリ自虐トラベラーヨシキヨさん、最も釈迦に近いSEゲル博士、闇のクライマーたけさん、歴史マニアテリーの10名です。

戸丸アナの天女感がハンパないですね。
清楚を極めているというかもはや清楚の向こう側に行ってしまっているとしか思えない佇まいなのですが、戸丸アナはひとりで『ささの葉』に来るレベルで酒豪だし始発まで『中華街』で飲むようなことも普通にします。

アルビノ女酒豪ナキョ(24歳)です。
社会人3年目にして会うたびに洗練されていくのがヤバい。今日のナキョはいままで一番スタイリッシュでした。

昨日も『ささの葉』でクシマッティと飲んでいたのですが、最近マスターが生シラスを仕入れるのがすげえという話題になったところ、クシマッティが「じゃあ俺も明日生シラス仕入れるよ!」的な話になりました。で、これ↓。恐るべし有言実行。
青野菜とホタルイカのパスタ。
トマトラグーソースのファルファッレ。蝶ネクタイパスタ。
超ヤバいラムチョップです。

見事に女3人が帰って男飲みです。北京ダック専門『中国茶房8』。
いやこれを4,000円で食べられるのは狂気の沙汰です。

結局のところ『ささの葉』です。
生シラスを北海道の誇り特A評価の旨さ「ゆめぴりか」で食べるという最高さ。吉祥寺で生シラスを食べたのは生まれて初めてです。この仕入れはとてつもない。

そうこうしている内に六本木ヒルズからクシマッティが戻ってきたのでみんなで飲んだのであります。
 4月17日(金) 支那そばあおば@武蔵境 中華そばみたか@三鷹 火弖ル@吉祥寺
 玄関食堂@三鷹 ささの葉@吉祥寺
かつて世界は3つの大陸に分かれていました。

それぞれの大陸には王がいました。その誰もが絶大な力を持っており三つ巴の戦いを繰り広げていたのです。

聖なる大陸の王は「鬼殺しの王」と呼ばれ大魔王サタンをも素手で殺害するほどの腕力を持っていました。

邪悪なる大陸の王は「神殺しの王」と呼ばれ、かつて制裁を与えるために天からやってきた神を返り討ちにしたほどの残虐非道さを持っています。

鳥の大陸の王は「ハト殺しの王」と呼ばれ一羽のハトを殺害するのにたったの4時間程度しか要しないほど絶大な実力を持っていたのです。

ある日、この「鬼殺しの王」「神殺しの王」「ハト殺しの王」が時空の歪みの中に特設したコロシアムで相互に戦ったらあまりにも実力が拮抗しました。最終的には、千年もの壮絶な攻防の果てに3人同時に息絶えたのです。戦いの前は「ハト殺しの王」が勝つのではないかと予想されていたのですが結果的には引き分け。ただ、3人の王の中で負傷の程度が最も軽かったのはやはり一羽のハトを殺害するのにたったの4時間程度しか要しないほど絶大な実力を持つ「ハト殺しの王」でした。

*****

もはや最低週一で行かないと息絶えるほどに旨い『支那そばあおば』のネギラーメン。

『中華そばみたか』の出汁の濃度がヤバいです。

『火弖ル』のハムカツ。アニメーターの小林治さんがいました。

『玄関食堂』でチキンのハニーナンプラー。
必食のチキンラーメン。旨死ぬ。

『ささの葉』のしらすおろし。豪快っぷりがハンパないですね。
 4月16日(木) 朝ラー Barrio Nibo@中野 富士そば井の頭店@吉祥寺
僕も静岡まで食べに行ったことがあるのですが、藤枝界隈には朝から働く茶業関係者や、至近の焼津港で活動する漁業関係者のために供することから発祥した朝ラーメンの文化があります。

エリアとしては非常に小さなご当地ラーメンなので、千葉の「勝浦タンタンメン」とか「竹岡ラーメン」なんかと同じくくりで「地ラーメン」と呼ぶのが相応しいでしょうね。

現存する『マルナカ』がその元祖であり「藤枝ラーメン」の代表なのですが、特徴は暖かいラーメンと冷たいラーメンの2種類があること。

いままで藤枝ラーメンを都内に出す店はなかったので中野の超有名店『さいころ』が朝7時から11時まで営業する朝限定ブランド『Barrio Nibo』がその先駆けになります。この度、4月11日からスタートしました。

藤枝ルールでは基本的に温そばが先に出ます。まあ、普通ラーメンはあったかいですからね。
後に提供される冷そば。
ただ、ここのは藤枝現地の鶏ガラベースではなく、『さいころ』が最も得意とする煮干し出汁100%仕様にアレンジされています。端的にいうと、基本的なスタイルは藤枝ラーメンなのですが味は純然たる煮干しにリライトって感じですね。

というか、ここに来て一番びっくりしたのは厨房内でラーメンを調理していたのがまったく予想外に僕の知人だったことです。ポクポクライフにも登場したことがありますが、そもそもインスタグラムでずっとつながっていて『ささの葉』でも一緒に飲んだことがあるシンさんがラーメンを作っていたという。

とにかく食べるのも作るのもラーメンに熱い男で「ブラジルでラーメン屋をやるのがオレの夢なんすよ!ビザほしい!はやく就労ビザほしい!」みたいないことをさんざん言っていた印象がでかいから、まさか近所の『さいころ』で腕を振るっているとか思ってないわけですよ。

去年秋、『ささの葉』でラーメントークで盛り上がる僕とシンさん
シンさんのラーメンレポは「絶対にお店を批判しない」という点で共感しかしません。
ようするに、作り手をリスペクトする賢慮があるので「いいところを見つけること」だけに集中したレポを書くわけです。

今年の2月、十三駅の『阪急そば若菜』がポテそばを発売したのですが、やっぱ意外性とかインパクトがネット受け抜群であれよあれよと話題になりました。これを『富士そば』がパクっていまのところ都内7店舗で発売という流れになっています。
「揚げたイモ」というくくりでいえば、コロッケそばと同じことですね。逆に僕はコロッケそばを食べたことがないんですが、これはこれでおもしろい味なので一度は食べていいと思います。

このページのトップへ