ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 6月30日(月)
 6月29日(日)
まじっすか?言っちゃって良いんすか?
そうっすね。ぶっちゃけ、世界一くちばしの硬いキツツキって人工的に作れると思うんすよ。

ダイヤモンド超ヤバイっす。超硬いっす。超硬ういっしゅ。
で、ダイヤモンドを鳥のくちばしに移植すれば良いと思うんすよ。
キツツキのくちばしをダイヤモンドにしたら、それって世界一くちばしが硬いキツツキじゃないっすか。
 6月28日(土)
「土恐れ」という道具があります。
これは、「土が怖いので、できるだけ土から離れて歩きたい」という気持ちを表すために開発された道具です。

中学校以来の「土恐れ」に乗ってみた
僕自身、土が怖く、その上を直接歩くことなどできません。
ですから、この「土恐れ」を使い、いかに僕が土を怖がっているかを表すのです。土を怖がる度合いが強くなるほど、「土恐れ」は高くなります。しかし、高くなればなるほど、「土恐れ」に乗るのは難しくなる。より強い「土を怖れる気持ち」を表現したいならば、それに相応する練習が必要になる。

土は未知だから怖い。決して、土の中から新垣結衣が出てくるとは限らないのです。土の中から毒蛇や骸骨や新垣仁絵が出てくるかもしれないのです。土の中から、突然、黒船が来襲するかもしれない。土の中から出てきたペリーに開国を要求されることは恐怖でしかありません。

だいたい、自転車にしても自動車にしても、乗り物というのは土を怖れる気持ちから誕生したものです。飛行機なんてものは、その最たるものでしょう。飛行機は、「人が土を怖れる気持ち」そのものなのです。さらに言えば、宇宙飛行士は、最も、土を怖れているのかもしれません。

かつては、多くの人々が「土恐れ」を用いて歩行していましたが、最近では、「土恐れ」を用いて歩行している人を見かけなくなりました。それは、道路がアスファルトやタイルなどで舗装され、直接、土の上を歩くことがなくなったからなのです。
 6月27日(金) 生郎@吉祥寺
後ろから「キャア!」って声がしたんで、振り向くと、いかにも正面からぶつかったみたいな感じで、2人の年配の女性が地べたに座り込んでいる。怪我はしてないけど、2人の顔からは煙が出ていました。

どうやら、お互いの化粧が反発しあって爆発したようです。
詳しい理屈は分らないけど、2人の化粧が物理的にひとつの場所で相受け入れられないものだったため爆発したらしい。集まった野次馬が、「どちらの化粧にも責任はない」「これは事故だから仕方のないことだ」などと話している。

爆発の衝撃で誰かが落とした将棋盤や駒が地面に散らばっている。「地面に散らばっている将棋盤や駒を見ること」が趣味のマニアが、値踏みするような視線でそれらを執拗に見ている。そんな彼を見て、僕は、「何て、つまらないヤツなんだろう」とか思いながら、不愉快な気持ちになりました。

で、実のところ僕は、最初から、手前の方に座り込んでいる年配の女性に疑念を抱いていたのです。
「この人は、化粧が爆発することを知っていたんじゃないか」と。この後、「爆発しない安全な商品」という名目で、自社の化粧品を相手の女性に売りつけようとしているんじゃないかと。おそらく、これは新手のセールスに違いない。真相が分る前に目が覚めたのですが、そういう夢を見ました。


『生郎』で、小のカラメ全マシを食べました。450円だったのが、510円になっていた。
 6月26日(木) 大勝軒@永福町
検索する前に答えが提示されているという事例を思いつきました。

『大勝軒』で中華麺を食べました。
井の頭線に乗ると、この店をスルーできずに、予定外に永福町で降りてしまう。3回中、2回は我慢できますが、1回は我慢できずに降りてしまう。
 6月25日(水)
ホモ・ルーデンスの呪縛。

いまさらつっ込む、って言ったって、江戸時代とかに遡ってつっ込むんですが、茶運び人形はひどい。

あれ、わざわざ、機械化することによって不便になってるでしょう。
人がお茶を運んだ方がはるかに効率的だもの。人形にお茶を運ばせる必要がないところに、あの発想ですから。何をノロノロ、カタカタやってんだ、みたいな。となると、くるみ割り人形ってのは、西洋だし、もっと感覚が分からない。まず、見たことないから。実在が危ういレベルだもの。チャイコフスキーがいなかったら、そんな人形は誰も知らない。そもそも、くるみって、言うほど身近じゃないから。あんなん、そこそこ食べる人だって年2・3回くらいなんじゃないですか。くるみなんて、人形に割らせるより人間が割ったほうがはるかに効率的っぽい。

となると、アイボですよ。いまさらながら、アイボですよ。
いまさら、って言ったって、茶運び人形よりは、はるかに最近ですからね。あれ、普通の犬の方がまるで効率的です。犬を感じたいなら、どう考えても、その辺の犬の方がアイボより犬ですよね。アイボの先には犬しかないわけでしょう?じゃあ、普通の犬で良いじゃんってなるじゃないですか。犬を機械化するより、犬そのもので良いじゃないですか。

というような考え方が、遊び心をダメにするんだよ、って話ですよね。さあ、ホモ・ルーデンスの呪縛。


噂には聞いてたけど、赤ん坊は小さい。「小ささ伝説が幕を開けた!」ってくらいの小ささです。

哺乳類。
 6月23日(月)
キリの良い時間に、ドリーム坊や(4歳)がお兄ちゃんになりました。

ドリーム坊やの足も小さいですがそれよりも小さい足です。
写真では分かりにくいと思いますが、この子の足の大きさは5ミクロンくらいです。
この子に最初に覚えさせたい動物はゴリラです。また、この子に最初に覚えさせたい英語はgorillaです。

このページのトップへ