ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 9月30日(水) 麺屋ZERO1@吉祥寺 
「鼻押し画像」募集のやつですが、どんどん来て、うれしいです。

まず、モントリオールさんの、ほんわかとした投稿です。
一見、癒される写真に見えますが、モントリオールさんの指先には、猛毒が塗られてるため、動物愛護協会に通報しました。


2件目です。
kawanoさんより、「竜を殺害する画像」を送っていただきました。kawanoさんによると、「グーグルで検索したらすぐに見つかりました」とのことでした。
僕が、kawanoさんに対して言えるのは、「kawanoさんはバカだ」ということです。
「魔閃光!!!」「ギャース!!」じゃねえよ。


3件目は、フジイさんの「鼻押し」です。
もはや、どこからどう見ても、「バルログ使い」です。

バルログ
この飄々とした鼻の押し方といい、キリリとした切れ長の涼しげな目といい、もう、思い浮かぶのは、バルログ以外に考えられません。これで、フジイさんが「ブランカ使い」だったら、僕に残された選択肢は自殺のみです。


また、フジイさんは「ドラゴンを殺害した写真」も送ってくれました。
えー?これって、本当にドラゴンなの〜?…うーん、そういえば、ドラゴンに見えないこともな…、って、見えるかー!このボケー!この、へそ曲がりガンダーラが!この、ぽんぽこりんエルドラドが!

4件目は、鈴木ホシキさんの「鼻押し」です。

そう、この私に200万円を支払えばすむことです
ここまで来るともう、完全なインテリヤクザです。
弁護士資格とかも余裕で持ってるインテリヤクザです。機械のように緻密な理詰めで恐喝してくるので、まともに相手をすると最悪です。針に糸を通すように法の目をかいくぐり、ディベート大会5回優勝みたいな論法で、反駁の余地がないまま一方的に説得され、ものの10分で200万円を詐取されます。

というようなことで、 一度はあきらめかけたのに、もったいないくらい素晴らしい「鼻押し写真」が集まってきました。ありがとうございます。上のような投稿を、まだまだ、募集しています。

「鼻を押している写真」と「ドラゴンを殺害している写真」と「竹馬でボルトより速く走っている写真」の送り先のメールアドレスはこれです(yoshuck@parkcity.ne.jp)。

*****

歌って踊れる(踊っているのを見たことはないけど手や足があるので踊れるはず)小説家の松原さんが、たくさん歌ってくれました。こちらです。もう、「途切れそうな君のメロディー」とか、「ああ、この歌は本来こう歌うものだったのか」と思うほど、松原さんの歌声とかテンションとがマッチしてて、ショックを受けました。

今回、松原さんは、コンセントの斜め上の方に、柿の種をセロテープで点々と貼りながら、歌ってくれました。
 
確かに、誰だって、コンセントの斜め上の方に空間が広がっていたら、柿の種をセロテープで貼りたくなるかもしれませんが、亀田製菓はそのために柿の種を作っているわけではないということを肝に銘じてください。
 


『麺屋 ZERO1』でラーメンを食べました。
「青葉インスパイア系」の味を、より、『六厘舎』っぽくした感じのラーメンでした。
 9月29日(火) 
「鼻を押している写真」募集ですが、ありがたいことに、投稿が0枚という状況に、「同情するなら鼻を押せ」というテンションで、2件、送ってもらうことができました。まず、えりっこさんの投稿です。
麗しい輝きの瞳。全てを見通すような廉潔な瞳。僕は、これと同じ瞳を知っています。本当に、ネバーエンディングストーリーのファルコンに似ていますね。というか、この犬は成長すると完璧なファルコンになるでしょう。「きょうのわんこ」で、ファルコンを見る日は近いということです。「大変だ、アトレイユ!早くしないと、タモリがいいともを休むぞー!いますぐ、俺に乗れー!」みたいな。まあ、間に合わなかったんですけれどもね。

2件目は、しんたろさんの投稿です。
すごい脱力感。しかし、表情に覇気がないわりに、しっかりと「鼻を押そうとする意志」が伝わってきます。また、しんたろさんの鼻の形態を見ると、「ウォンバット殺鼻」であることが分かります。「ウォンバット殺鼻」を1回押すと、オーストラリアで1匹ウォンバットが死にます。しんたろさんが自分の鼻を押すたびに、世界からウォンバットが消えてゆきます。なので、せっかく投稿してくれたしんたろさんには申し訳ないのですが、このことは動物愛護協会に通報しました。

ということで、投稿ありがとうございます。
送ってもらった「鼻押し写真」は、とりあえず、全てサイトに載せますので、どんどん送ってほしいです。なので、送ったのにサイトに載ってないということはあり得ないので、そういう時は、別途、教えてください。

2件の投稿をいただいたとはいえ、想定していた4万件からはほど遠いため、もうひとつ、規制を緩めます。昨日は、「竜を殺害している写真」をOKにしましたが、今日は、「竹馬でボルトより速く走っている写真」でもOKということにします。こんな感じのイメージです。

竹馬でボルトより速く走る
だいたい、道具を使えば、生身の人間なんて簡単に超えられます。
例えば、格闘技とかでものすごく強い人間がいたところで、銃弾一発にさえ勝てないでしょう。努力は道具を超えない。

道具というのは、「物理の賜物」だからです。料理だって素手でやるより、包丁を使った方が手っ取り早い。プレゼンだって、声だけでやるより、パワポ使った方が効率的です。生身じゃ飛ぶことさえできないのに、飛行機使えば、数時間後にはハワイです。それと同じで、素で走るより、竹馬を使って走る方が速いに決まっています。
ですから、竹馬を使って、ボルトより速く走る写真も募集します。合成写真とはNGです。そんな面倒くさいことをするより、現実に竹馬を使ってボルトより速く走る方が簡単なのですから。

「鼻を押している写真」と「ドラゴンを殺害している写真」と「竹馬でボルトより速く走っている写真」の送り先のメールアドレスはこれです(yoshuck@parkcity.ne.jp)。
 9月28日(月) 珍々亭@武蔵境 
昨日、募集をかけた「鼻を押している写真」ですが、すごい投稿数で、現時点で0枚の写真が届いています。0ってのは凄いですね。もはや、無敵の数的概念ですからね。

ちょっと、ハードルが高いのかなあ、と思ったので、規制を緩くします。
「鼻を押している写真」に加え、「ドラゴンを殺害している写真」もOKにします。このサイトを読んでいる方は色々な職種の人がいると思いますが、当然、ドラゴンを殺すことを生業としている方も多くいるでしょう。そういった方を中心に、ドラゴンを殺害している写真の投稿をお願いしたいと思います。もちろん、プロのドラゴンキラーじゃなくても、「俺は八百屋だけどしょっちゅうドラゴン殺してるよ」なんていう方からの投稿もお待ちしています。

剣でドラゴンの頭を突き刺している写真や、槍でドラゴンの心臓を貫いている写真、などを送ってください。もちろん、現実に存在するドラゴン限定(できれば体長5メートル級)です。ワイバーン(飛竜)や、中国系の龍でもOKです。これなら、「鼻を押している写真」よりも簡単に撮れるはず。

「鼻を押している写真」と「ドラゴンを殺害している写真」の送り先のメールアドレスはこれです(yoshuck@parkcity.ne.jp)。というか、これ、あきらめた方が良さそうですね。

*****

ドリーム坊や(6歳)が、いきなり喘息をこじらせたりして入院します。0歳から6歳までの間に、3回目です。

点滴を受けるだけ、みたいな感じの入院なので、変な話、気持ちは元気だけど、血中酸素を見る限り身体がそれについていってないみたいな入院です。今回は、土曜日から入院してて今日退院したんですが、入院中の態度がひどいです。


 
多くの人の手を煩わせるわけですから、もう少し、真面目に入院してもらいたいものです。

ただ、裏を返せば、「まともに絵を描く環境がなければ足に描けばいい」という発想を、子どもは当然のように備えております。


『珍々亭』で並ネギに生卵の黄身のみをトッピング。
 9月27日(日) 好好(ハオハオ)@武蔵境 大山家@武蔵境 
今日は、お願い更新です。

いま、僕は「鼻を押すことの重要性」をテーマにした、オモコロ用の曲を作りたいと思っているところです。で、その曲の発表の際、曲のタイトルフラッシュに、色んな人が「鼻を押している画像(写真)」が、目まぐるしく転回する感じのモノを作りたいなあ、と思っています。

こういう画像(写真)です。ちなみにこれは、まんま使う予定です。
こういう画像を、僕ひとりの力でたくさん集めるのは大変です。
人だらけの休日の吉祥寺に出て、見ず知らずの人に、「鼻を押している写真を撮らせてくださいませんか?」なんてことをお願いする行為は、「通報」という召喚魔法と、かなり、親和性が高くなってしまうからです。

そこで、お願いなのですが、みなさんから、「鼻を押している画像(写真)」を募集して、そこからピックアップしたものをタイトルフラッシュにしたいと思っています。

鼻を押している画像募集のお願い。


● 自分で自分の鼻を押している写真
● 誰かの鼻を押している写真
● 二人の人間が、お互いの鼻を押しあっている写真(これは愛を感じるのでほしい)
● 猫とか犬とか猿とかキジとか、飼っているペットの鼻を押している写真


例は、僕が思いついた例でしかないので、何か思いついたら、上記の例以外のものでも良いです。ただ、花を押している画像は無しです。表情も、喜怒哀楽、何でも良いです。ヤクザそのものみたいな強面の人から投稿があったらすごくうれしいですよね。

彫刻とか、モナリザなどの絵画とか、ポスターなどに写っている人の鼻を押している画像でも個人的に見たいので送ってもらいたいのですが、そういうのはタイトルフラッシュにはできないかもしれません。ただ、ある程度の数が集まれば、タイトルフラッシュとは別に、まとめページを作りたいと思っています。顔出しNGなら、こんな感じにトリミング。
ひとり何枚でも、何口でも良いですので、アップで撮ったバージョンとか、遠目で撮ったバージョンなど、バリエーションを付けていただいても、うれしいです。上の僕の写真はサイト用に小さくしていますが、送っていただけるなら、携帯でもデジカメでも、撮ったままのサイズ、なるべくでかいサイズの方が良いです。

送り先のメールアドレスはこれです(yoshuck@parkcity.ne.jp)。

ほとんど顔出し前提みたいな募集なので、ハードル的に期待はできないかなあとは思っていますが、インターネットに顔を出したくらいでは、そうそう死んだりしないですよ。みんな、いっぱい鼻を押そうぜ!

*****

『好好(ハオハオ)』という有名なお店が武蔵境にあります。
この店は2つの意味で有名で、ひとつは味の良さで有名であり、もう一つは、接客態度の悪さで有名です。陳麻婆豆腐が看板メニューです。
確かに、旨いし接客態度は悪かったです。ただ、旨くて接客態度が悪いのは、吉祥寺の『カッパ』と同じなので、特に気にしなくても大丈夫だと思います。

接客態度という基準だと、吉祥寺で、ずば抜けて素晴らしいと思うのが、ラーメンの『一風堂』と、イタリアンの『カフェ リゴレット』の2店です。特に、『一風堂』は10年近く行ってて、その間に店員も随分変わったはずなのに、相変わらず接客態度が素晴らしいのは、ボスの河原成美の哲学に依るものなのかなあと勝手に分析しています。もし、マニュアルがあるなら1回見せてよ、という話です。何が書いてあるのか興味津津です。

武蔵境の『大山家』です。
 9月26日(土) はつね@西荻窪 大龍@武蔵境 
手洗器から水が出ないので焦ってしまいました。
蛇口がないから、てっきりセンサー式のオートのやつだと思ったのですが。

うん?




なんてアウトローな手洗器なのでしょうか。


西荻窪の『はつね』のタンメン。

武蔵境の『大龍』はマスコミとかに出るような店じゃないけど、地元民からガッツリ支持されている良店です。
札幌ミソラーメン。
 9月25日(金) 坐・和民@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺 
木を見て森を見ない

森を見てジャングルを見ない

ジャングルを見て地球を見ない

地球を見て宇宙を見ない

宇宙を見てゴリラを見ない

ゴリラを見て木を見ない



『坐・和民』で「どうぶつしょうぎ」です。
この「どうぶつしょうぎ」ですが、春に、スミルノフ教授が紹介してて、おもしろそう!と思い、買ったところ、本当におもしろかったです。ちょっと前の朝日新聞の記事にも出てました。
本物の将棋は、子供に教えるには大変面倒くさいのですが、これはもう、5歳児でもすぐルールが分かりますし、将棋を知らない大人でもすぐできます。戦争を知らない子供たちでもすぐできます。また、ゲームも見た目の印象よりも複雑であり、しっかり将棋センスも要求されるため、素晴らしいです。そして、物理的なハンディさや、10分くらいでひと勝負つくというコンパクトさが、居酒屋でのプレイでさえも容易にしています。ただ、従前から「羽生善治をサイトに出すな!」と言うほどの将棋っ子であるコウイチ君はさすがに無敵でした。というより、僕は誰とやっても全部負けました。0勝5敗くらいだったと思います。

ひとりで『ホープ軒』で〆ました。

*****

スミルノフ教授の「好きな音楽or音楽家」がうれしいことに。
 9月24日(木) 喜楽@吉祥寺 
ちょっと遅れまして、今回の新政権の組閣ですが、やっぱりなあ、という部分が大きかった。

というのも、僕は、最初から、えびボクサーの入閣はないな、ってにらんでたんです。で、ふたを開けてみれば、実際、その通りになったってわけ。

「よく、えびボクサーが入閣しないってことを見抜いていたね」という、みなさんの僕への賞賛の声が聞こえてくるようですが、僕が、えびボクサーの入閣はないと思った根拠としては、「えびだから」というものでした。まあ、経験則みたいもんです。いままで、えびが入閣したことはないから、今回もないだろう、みたいな。ただ、ちょっとは、期待してたところはありますよ。だって、防衛大臣がえびボクサーの国があったら、楽しいもの。

いずれにしても、今回の伊藤博文内閣には期待したいですね。


『喜楽』でラーメン&ビール。
ここのマスターが本当によくしゃべる人で適当な感じがしておもしろいです。勝手にしゃべってます。

マスター「今年は蚊が多いねー」
僕「ああ、そうですか?うーん、そうかもしれないですね」
マスター「ただ、夜の8時にはいなくなるよねー」

その経験則が分からない。ひいては、何て返せば良いのかが分からない。
「えー、8時ですかー?8時23分じゃないんですかー?」とか言えば良いのでしょうか。

 9月23日(水) 
見た夢。
新しいパソコンになってからスキャナーが機能しないので描いた絵を写真に撮って説明します。

なんか、何人かで雪山にいたんですけど、突然、ひとりいなくなったのでした。
で、手分けして探そうってことになって、いなくなった人を探してたら、彼の足跡っぽいものが見つかった。で、それに沿って、雪山を登っていくと、こんな感じの化け物っぽいやつがいたんですね。

夢で見た映像を忠実に再現
この瞬間、「ああ、いなくなった人は、この化け物に食われたんだなあ」と分かる。
なんか、化け物は、僕を(目はないけど)凝視しながらも、麻痺したように硬直して動かない。

で、僕が、さらに雪山を登っていって、再び、近くでその化け物に目を向けると、こう、僕を食おうとする意志の表れとして、口がでかくなってるんだけど、麻痺して硬直してるから僕を食えない、という状況になってた。

麻痺して硬直する化け物
夢の中の設定的に、この化け物は、ひとり人間を食べると、しばらくは硬直して動けくなるんですね。ただ、僕を食いたいという気持ちがあるから、口だけでかくなってるっていう。

怖いんだか、バカバカしいのか、さっぱり分からない夢でした。
頼むから、テーマを一本に絞ってくれよ、僕の夢!みたいな。それにしても、どれくらい経ったら、再び動けるようになるのでしょうか。って、知るか、そんなもん!多分、20分くらいだろ、そんなもん!

 9月22日(火) トゥッティ@三鷹 
テレビやパソコンのモニターを見るたびに「四角いなあ」と思うのですが、丸い形のモニターはないのでしょうか。鏡やテーブルは四角いのも丸いのもありますが、モニターで丸いものは見かけません。

もっと言えば、四角い月はないのでしょうか。
月はいつだって丸い。あいつは、自分が丸いことに満足してしまっている。

*****

ここにピアノを運びます。

運びました。
30年以上前のピアノです。

搬入業者が帰ってから、時間差で調律師が来ました。
15年調律してないので、カビとかも生えてて大変だとのことでした。
それにしても、調律師はすごい。チューナーとかは当然のように使用しないで、自分の絶対音感だけで音を合わせていました。誰でも就ける職業じゃないっぷりがかっこ良い。
鍵盤を押すと、「ダンカン!このやろう!」というビートたけしの声が出るように調律してもらいました。連射するように押すと、「ダダダダダダンカン!このやろう!」ってなります。

むろん、このピアノは弾くためではなく、コマを回すための台として使います。

コマを回すための台として使うことが「用の美」だからです。コマを回すための台として使うことがこのピアノを作った職人の願いだからです。

イタリアンの『トゥッティ』でご飯を食べました。
 

 9月21日(月) 与ろゐ屋@浅草 
「水族館にでも行こう」と、フラリと吉祥寺で電車に乗ったけど、急に浅草に行きたくなったので、浅草に行きました。

人地獄でした。
多分、巨大なアリクイがいたら、間違いなく狙われます。
僕は翼がないので、この人ごみを前に進むためには、前の人が歩く分だけ進むしかないのですが、もし、翼があったら、上の方の余剰な空間をスイスイ進むと思います。

浅草寺のおみくじは凶ばかり出る記憶がありますが、1回で大吉を引きました。
学生の時に来た際には、2回引いて2回とも凶だったことがありました。基本的に、おみくじは、大吉か凶であれば良いと思います。困ってしまうのは、吉とか、小吉とか、中吉とか、ああいう中途半端なやつです。

7年ぶりくらいに、『与ろゐ屋』。
 

大好きな「花やしき」は、なんだかんだで3回目です。
 
だけど、混みすぎでした。民家突入演出でお馴染み名物ジェットコースターが70分待ち。

今日、「花やしき」に来ようと思ったのは、紛れもなく、「葵と楓」の新曲発表会のためです。
 
嘘です。初めて知りました。
10歳と8歳の姉妹の三味線ユニット。新曲のタイトルは、「おじいちゃん おばあちゃん ありがとう」。以上の設定から漂ってくる大人の意図が芳しい。
こういう子どもは、表情とか声量とか、全然違うなあと思いました。
 9月19日(土)〜9月20日(日) 
岩手県の「小岩井農場」に行ってきたので、「小岩井農場」に行ってきたということを、いま流行りのインターネットに公開しようと思いました。

クリックすると(いまブームの)インターネット公開用の小岩井農場の記録
インターネットってすごい流行ってますよね。「冬のソナタ」くらい流行ってるじゃないですか。
みなさんの周りには、まだ、インターネットをやったことがないなんて人はいますか?もし、いたら、勧めてみてはいかがですか?「インターネット流行ってるよ!」ってね。
 9月18日(金) 茣蓙@吉祥寺 やるき茶屋@吉祥寺 
学生時代に「法律哲学」というゼミを取っておりました。

名前だけ聞くとずいぶん大仰な印象を受けるかもしれませんが、要は、「何でもあり」でした。そのゼミの集大成として、最終学期に、テーマは何でもいいから、自分なりに研究したものをみんなの前で発表する、という授業がありました。

当時、(trf的に言うと)20歳やそこらだった僕は、「知」は「痴」によって駆逐されなければならない、と本気で思い込んでおりましたから、「火星人の生活」というテーマで、形式だけはそれっぽく内容は全部デタラメ、みたいなレジュメを作成し、それをゼミの全員に配布し、真顔で発表しました。自分なりに、とても勇気の要ることでしたが、その時は、「踏み絵は踏めない」という気持ちで、そうしたのです。先生も生徒も唖然としていたのを覚えています。

そのゼミの最後の打ち上げがあった日、宴会が終わって、深夜にみんなで駅に向かう道の途中で、先生が、僕に、ポツリと、「お前はそれで良い」と言ってくれたことは、一生、忘れられません。僕の成績表の「法律哲学」の欄には、最高評価の「優」が付けられました。

ただ、教授、おこがましくも、いまさらながら、ひとつだけ言わせてください。「それで良い」わけがない。


そのゼミで一緒だった、友人ペルモッちゃんと12年ぶりくらいに飲みました。
『茣蓙』→『やるき茶屋』→僕の家、という流れで、午前2時くらいまで。


上に書いたゼミの発表のテーマを、12年経ったいまでも、ペルモッっちゃんが覚えてるかどうかを訊いてみた音声です。

クリックすると音声が流れます(MP3)
しかしまあ、こんなことを言うと、50歳とか60歳くらいの人に「甘いな」とか言われそうですが、12年ぶりに旧友と飲むなんてことが、実際に、僕の人生で起こりえるとは思ってませんでした。そんな僕は、今年で32億5787万8442歳です。
 9月17日(木) 
虚無僧がいました。
この虚無僧を見たとたん、ひらめいたのは、「虚無僧の魂はコムソウルだ」というものでした。

その直後、そんなことをひらめいたことに虚無感を抱きました。そして、「虚無僧だけに、虚無感か」などというフレーズが脳裏をよぎったため、虚無のループに陥ったのです。

虚無僧に提案したいのは、尺八ではなく、トランペットとかを持ってた方がインパクトがあるのではないか、ということであり、アルプホルンなら、もっとインパクトがありそうだということです。合成が強引ですが、こういうイメージです。

ヘビ使いの横に配置というのもあります。


いったい、どっちの笛でヘビが操られてるのかサッパリ分からないっていう。もしくは、これ、コラボ?っていう。ヘビ使いに対する完全な営業妨害です。
 9月16日(水) はつね@西荻窪 磯や@三鷹 
わっくわく!いわくラジオ!2 『猫も杓子もラブプラス』の巻が公開されています。

かなり様々な社会問題に対して踏み込んだ話ができたと思います。「医療格差」とか「IT業界離れ」などの問題について激しく議論しています。

*****

週刊少年マガジンを買って、一気に読んじゃったのですが、リニューアルが凄すぎて笑いました。

週刊少年マガジン
まず、タイトルが「週刊少年マガジン」から「罪と音楽」に変更されており、内容もいっさい漫画は載っておらず、字ばかりです。変化の激しいこの時代ですから、やはり、少年誌にも大きな変化というものが必要だということなのでしょう。疑心暗鬼な人なら、「これは、そもそも週刊少年マガジンではなく、別の本ではないか」なんて疑うのでしょうが、いくら何でも、僕はそこまで疑い深くはないです。ただ、100円玉を見ると、いつも、「本当は、これは1億円の価値があるのではないだろうか」と疑ってます。

ただ、結局のところ、小室哲哉が存在してなかったら、僕は、シンセサイザーという素敵なオモチャを使って、音を鳴らしたり、歌をうたったりして遊ぼう、ってなってなかったのは確実です。


西荻窪の『はつね』でタンメンを食べました。
静謐なラーメンです。食べている間、「お前は竜安寺の石庭か!」と心の中で突っ込みまくったほど閑雅なラーメンです。

『磯や』で飲みました。


 

このページのトップへ