ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 6月30日(火) ゲンカツ@吉祥寺
四つんばいができる権限を規制する。四つんばいを権威の象徴にする。

例えば、四つんばいができる権利を高い身分の人にのみ認めるという制度の導入です。
会社でいうなら、社長だけ四つんばいとか、内閣でいうなら、総理大臣だけ四つんばいとか、王室でいうなら、国王だけ四つんばいとか、そういうことです。そうすれば、視覚的にも、偉い人が見分けやすくなるでしょう。

しかし、この方法には、問題があります。それは、全ての赤ちゃんが偉くなってしまうという問題です。ですが、実際問題として、赤ちゃんは、そこそこ偉いので大丈夫と言えば大丈夫なんです。


『ゲンカツ』でとんかつを食べました。


ここは、豚肉を0.5mmに切って25枚重ねるというとんかつを出します。
豚肉を0.5mmに切って25枚重ねることが、どのようにすごいことなのかは、よく分からないのですが、美味しいのは事実です。しかし、美味しい原因が、豚肉を0.5mmに切って25枚重ねたからなのかは分からない、というループは存在しています。

「低温で調理するので15分かかります」と言われます。
その結果、ほぼ、僕以外の客はいないのに、15分待ちます。
 6月29日(月) 珍珍亭@武蔵境 彦べえ@吉祥寺
僕は普段、食生活にはかなり気を使っていて、例えば、動物性脂肪の多い食材はほとんど口にしません。偏食はもっての外で、ある時は蕎麦ばかり食べるとか、ある時はパスタばかり食べるみたいなことはしないです。

ラーメンなどは最悪なので、一切、食べないようにしています。
たまにラーメンを1日数杯食べる人がいますが全く理解できません。お酒も全く飲みません。「1回くらい行ってみたいなあ」とは思うものの、やはり、身体に悪いことは避けたいので、生まれてこの方いまだに、居酒屋に行ったことがないです。

そんな僕ですから、健康診断の数値も完璧でした。

まず、体脂肪率は15%です。

中性脂肪が229です。

中性脂肪の基準値


僕の中性脂肪
これは血中の脂肪ですが、基準値が、30〜149のところ、229ですから、一応、基準値内です。基準値内以外の何ものでもありません。229が基準値じゃないというのなら法廷で決着を付けたいです。ただ、どっからどう見ても、いわゆる「隠れ肥満」です。「血デブ」とか言った方がキャッチーかもしれません。

そして、肝機能ですが、γ-GTPが134です。

γ-GTPの基準値


僕のγ-GTP
基準値が1〜90ですから、これも大変、良好な数値です。むしろ、基準値です。


健康はお金では買えない大切なものです。
これからも、野菜中心の食生活に努めていきたいと思っています。

『珍珍亭』で油そばを食べました。油ギトギトのヘルシー食です。動脈硬化を予防します。

僕はアルコールも全然飲まないです。
話は変わりますが、『彦べえ』でビールを飲みました。これで、γ-GTPの数値を抑えます。
動物性の脂肪を摂取しないように、牛タンやラーメンを食べました。これで、中性脂肪を大幅にカットします。


 
 6月28日(日) 丸信@荻窪
「3解」という業界用語がございますね。「3つの解」で「3解」です。
もし、この業界用語を知らなくても、瞬時に、この文脈から、「3解」が意味する内容にピンとくる方もいるのかもしれません。ちなみに、これは、保育園の先生が、毎日、書いてくれる連絡ノートです。つまり、ヒントとして、「3解」という用語は保育園で頻繁に用いられます。

どうでしょうか。


これらの文脈から、「3解」の意味が推測できるでしょうか。

僕の誘導に騙されなかった人は、フッサールでいうところの「現象学的還元」に達しています。僕にはそれができなかったのです。つまり、僕は、単なる「了解」という文字を、勝手に「3解」と誤読し、勝手に混乱していたのです。
どちらにしろ、「噛みつきの件」ってのが壮絶です。1歳児は何でも噛みつきます。1歳児にとって、「痛み」という概念は主体的にしか存在しない。1歳児は、生物と無生物の区別さえついていないところが凄いのです。そして、1歳児に噛みつかれると基本的に内出血です。


ダラダラと自転車で荻窪に行って、久しぶりに『丸信』のラーメンを食べました。
 6月27日(土) 第二力酒造@中野 鳥聖@中野 クロキ@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
中野の名店を巡りたい。

まずは、北口の『第二力酒造』です。
 
店先のショーウィンドウに築地から仕入れた新鮮な魚が並べられていて良い感じです。この魚たちは通り行く人に対して、「死ね!」とか「地獄に落ちろ!」などという暴言を吐きます。
 
単価が少し高めなので、客層が年配の人ばかりですが、大衆感が濃厚で、かなり雰囲気の良い店でした。

次に向かったのは、南口のものすごい住宅街にある『久遠の空』です。
前情報で、予約しないと入れない感はあったものの、実際、行ったら、予約でいっぱいで、「金曜と土曜は特に予約がないと難しいです」と言われて諦めました。

『鳥聖』か『泪橋』に行こうと北口に戻ったところ、マユモーがブロードウェイの地下にある『デイリーチコ』の8段ソフトクリームがどうしても食べたくなったと言い出したので度肝を抜かれました。マユモーは、『デイリーチコ』の8段ソフトを高校時代の3年間、週一のペースで食べていたという衝撃の発言を繰り出しました。僕が、『中本』の北極を食べるよりも、もっと、食べていたというのです。

よくテレビに出るし、実際に、そのソフトクリームを食べてる人を現場で見たことがありますが、『デイリーチコ』の8段ソフトは頭がおかしいです。これは、食べるとしても、「おもしろいから1回食べてみよう」くらいのモチベーションが普通だと思うのですが、日常的に食べるというのは、頭がおかしいです。

これです。
頭がおかしいです。
僕なんかは、「絶対倒れる」と思ってしまいます。積み木を食べるようなもんじゃないかと思ってしまいます。しかし、マユモーに言わせると、そうではないとのことでした。

食べ方を見ていると、こう、スプーンを使って、上から下まで、満遍なくクルクル削るように食べていました。
 
色んな食べ方を試した結果、この食べ方に落ち着いたそうです。上から順番に食べると、途中で下の方が垂れてくるけど、こうすると、垂れないとのことでした。おもわず、感心しました。これで390円というのは途轍もない。そりゃあ、『サーティーワン』やハーゲンダッツと比べたら、ってことにはなりますが、味も、全く普通に美味しいです。

『鳥聖』です。
満席だったので、しばらく待って入店しました。青森のシャモロックをメインに使うお店です。

吉祥寺に戻って、『クロキ』で飲みました。

ひとりで『吉祥寺どんぶり』で〆ました。ご飯は4分の1です。
 6月26日(金) すずらん@渋谷 ジュークボックス@渋谷 玉金@下北沢
一度臨時休業で振られた渋谷の『すずらん』にやっと行けました。
ここは、味噌も食べないとなりませんが、とりあえず、醤油にしました。非常に麗しいです。スープが熱くてうれしいです。

渋谷でオモコロの山口君とチッチで飲みました。

12時にチッチが帰ったあと、下北沢まで行って、山口君と『玉金』で飲みました。

玉金
3時まで飲みました。
山口君が、「もう気持ち悪くて飲めない」と言ったのが3時だったので、3時まで飲みました。

 6月25日(木) くぐつ草@吉祥寺
チューリップ(財津和夫)レベルの指標を僕なりに提示します。


ハモニカ横丁の『ガネーシャ』がやってなかったので、『くぐつ草』から行くことにしました。
耽美的な店でした。
 6月24日(水) カフェモンタナ@吉祥寺
みなさんはインターネットをやったことがあるでしょうか?

独自に統計調査をしてみました。
まず、インターネットをやったことがある人100人を対象に、「インターネットをやったことがあるかどうか」という調査をしてみました。

その結果がこれです。
インターネットをやったことがある人100人を対象に
「インターネットをやったことがあるかどうか」を調査

インターネットをやったことがある 53人
インターネットをやったことがない 10人
インターネットをやったことがない 17人
インターネットをやったことがない 20人
この調査で、インターネット経験者100人の内、53人がインターネット経験者であることが分かりました。
インターネットをやったことがある人の内、10人はインターネットをやったことがなく、また、37人はインターネットをやったことがないことが分かり、そのインターネットをやったことがない37人の内訳として、17人がインターネットをやったことがなく、20人がインターネットをやったことがありませんでした。

僕が言いたいのは、統計というのは、いかに前提が破綻していようが、キッチリ自己完結するということです。


『カフェ モンタナ』で、チキンドライカレーを食べました。
昨日の、『サジロカフェ』もそうですが、吉祥寺の有名なカレー屋はカフェばかりです。
いや、「カレー屋はカフェばかり」というのは国語として壊れてますので、それっぽく言いなおすと、「カフェ」を標榜しながら、カレーが評判の店ばかり、ということになります。

吉祥寺で言えば、『茶房 武蔵野文庫』『カフェホールくぐつ草』『こまぐらカフェ』『カフェ・ド・伊万里』など、これらは全て、「カレー屋かよ!」というくらいに、カレーが取り上げられます。というか、これらの店は、カフェとは名ばかりで、事実上はカレー屋みたいなことになってると思います。コーヒーや紅茶がそっちのけで、カレーばかり注目されている店が、なぜ、「カフェ」なのかが分かりません。焼肉屋には、必ず、野菜焼きやサラダがありますが、かといって、野菜屋とは名乗りません。

これはつまり、「カフェ」という響きを、ある種、偶像化しているということなのでしょうか。「カフェ」という響きを、「吉祥寺」というブランドや雰囲気に同化させ、昇華させたいということなのでしょうか。

僕の中に、「カフェは、カレーを出して当たり前」という常識がなかったものですから、とても、不安になりました。試しに、ウィキペディアで「カフェ」を調べても、やはり、カレーを出す店が多いというような情報は見つかりませんでした。かといって、喫茶店でカレーを出す店は全国的に珍しくないことのようです。結論を言うと、「なんかこう、煮え切らない」ということです。
 6月23日(火) そばや@三鷹 サジロカフェ@吉祥寺
自分なりに、山崎まさよしのレベル指標を打ち立てました。
僕はこの指標を決して「ものまね」としてやっているのではありません。
「ものまね」にするとハードルが5倍くらい高くなるからです。これは、あくまでも、僕が、僕の基準で歌手の発声法を分析しているだけです。「ものまね」は、声質が違えばその時点でアウトですが、発声法の分析なら、声質は関係ありません。例え、ジミー大西のような声質であっても、大黒摩季の発声法を採ることは可能です。しかし、自分でこういうことを言うとアレですが、山崎まさよしは、「ものまね」として似てるんじゃないでしょうか。それとも、似てないですか?似てないというなら、法廷で決着を付けましょう。


『そばや』で牛丼定食を食べました。

カレーもスローペースで収集したいと思っています。
今日行ったのは、最新の吉祥寺特集が載ってるHanakoで表紙になっている『サジロカフェ』です。まっつんが凄い勢いで勧めてくれたので行きました。

空間作りとか器とかのこだわり方に尋常じゃないものを感じました。美しい。
 6月22日(月) 珍珍亭@吉祥寺 さくらい@吉祥寺
数ヶ月おきくらいに、田舎の北海道から海の幸やら山の幸やらが送られてきます。

ただ、今回送られてきたものは、いつもと比べて、大きさが明らかにおかしいです。
「ああ、死体を送ってきたんだな」と思って、開けてみました。
小さな箱がふたつあり、ひとつには、手づくりのいちごジャムや近所の人が作った燻製などが入っていました。もうひとつは、朝採りのハマナスの花びらがいっぱい入っていました。ハマナスというのは、北海道にやたらたくさん咲く花です。
「下の子の誕生日にハマナスをお風呂に入れて遊びなさい」とのことでした。

で、肝心の箱の大きさの正体はこれでした。
天体望遠鏡です。これはテンションがあがりますね。僕のテンションが、ですが。僕に贈られたものではなないのですが、僕のテンションがあがります。
速攻で組み立てました。なんというかっこ良さでしょうか。
早速、明日、これでギラギラの太陽を見たいと思いますが、良い子のみなさんは絶対に真似をしないでくださいね。


『珍珍亭』で並ネギを食べました。
生卵の黄身だけを注文したら白身も入っていたのですが、こういうことは20回に1回くらいあります。白身が入っていても、むしろ、旨いので、逆にこれからは「黄身だけ」とか言わなくても良いくらいのことを思うのですが、クセなので、「黄身だけ」って言います。

数年ぶりに『さくらい』でラーメンを食べました。
 6月21日(日) ドナ@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
歌詞を間引いてますが、自分なりにまとめた、吉川晃司レベルの指標です。

『スパゲッティ食堂ドナ』です。チェーン店ですが、初めて食べました。
『土間土間』が3つある吉祥寺において、『ドナ』は2つあり、ちょうど、子牛が売られてゆく感じだったのですが、最近、南口店が潰れました。

メランザーネ
8日間で、11軒のパスタを食べました。とりあえず、僕が個人的に、寄り目で人に勧めたいと思う店はなかったのですが、『カフェ リゴレット』と『スパ吉』は、また行くと思います。まだまだ未食店だらけなのですが、もう、しばらく、パスタはいいです。これ以上、パスタを食べると、僕の身体は小麦になってしまいます。なので、これからは、ラーメンとかを食べたいです。って、どっちみち、小麦だろ、このボケが!この、老いぼれベビーフェイスが!この、ぼったくりロビン・マスクが!

『ホープ軒』で、半麺、ニンニク、生卵を食べました。
 6月20日(土) イルキャンティ@吉祥寺 ダルジャン@吉祥寺
ドリーム坊や(5歳)に「これは何だ?」と訊いてみたら、当然のように、「知らない」と答えました。
このような形で、時代の移り変わりを思い知らされるとは。


今日の1軒目は『イル・キャンティ』です。
この店は、入店してきた客を銃で撃ち殺さないという点が素晴らしい。
普通の飲食店であれば、客が入店するなり、店員が銃で撃ち殺すのが慣例となっていますが、ここはそうではない。つまり、「生きた状態で客に食事をしてもらう」という点にこだわりを持っている。これは、従来の飲食店経営では考えられなかったことです。「入店してきた客は、ことごとく撃ち殺す」というのが飲食業界の当然の常識だったのに、あえて、「撃ち殺さない」という逆転の発想を打ち出す勇気に驚きを隠せません。もしかしたら、こういった柔軟な発想こそが、不況を打ち破るキーになってくるのではないでしょうか。

2軒目は『ダルジャン』です。
この店の最大の魅力は、何と言っても、客に自白を強要しない点です。
普通の店であれば、席に座るなり、自白を強要されます。黙秘権など建前の話です。良心につけこんだ悪質な誘導尋問によって、やってないことをやったと言わされるのです。食事が終わった頃には、全く身に覚えがないのに、1890年代に作られたプレミアもののマトリョーシカ人形を盗んだことにされています。しかし、驚くことなかれ、この店ではそういったことは一切ない。自分の身の潔白が保たれたまま、最後まで食事を楽しめるのです。

むろん、マトリョーシカを盗んだ真犯人は北原照久です。


*****

ふと、果物屋で果物を買ったことがないことに気がつき、ショックを受けました。
果物はスーパーで買うという潜在化した常識の中に閉じ込められていたのです。
 
そこで、ハモニカ横丁の「一実屋(かずみや)」でプラムを買いました。
昨日、通ったときは1パック250円だったのに、今日は350円でした。
一眼レフのデジカメで写真をプラムを撮ったら、普段使ってるデジカメの画質とは全然違いました。
 6月19日(金) 菜@吉祥寺 ピノキオ@吉祥寺
A4サイズの図鑑の中で、クジラとメダカが同居した場合の切なさが凄い。
「相対」という概念が、どんだけ一方的なものかを一瞬にして証明してしまう。
 



 

『菜』で、とろろ飯を食べました。
異常なまでに、野菜にこだわった野菜料理専門店です。多分、ここのシェフは血液が野菜でできています。ここもめちゃくちゃ旨く、寄り目で人に勧められるレベルだと思います。量が少ないです。量が少ないことは、僕にとっては悪いことではなく、むしろ良いことなのですが、量が少ないことが嫌な人には、悪いことだと思います。客は、女しかいませんでした(僕を含めて)。

老舗のイタリア料理店『ピノキオ』で飲みました。

若鶏のハーブペペロンチーノ
イタリア料理店は、ラーメン屋と違って、「私たちはウンコをしません」という雰囲気をかもし出している店が多く、そういうのを見るたびにゲンナリするのですが、ここは、そういうことはなく、普通の食堂寄りな雰囲気なので良いです。ここなら、ランニングシャツのような正装でも気兼ねなく入店できます。
 6月18日(木) トレンタ トレ@吉祥寺 あるでん亭@吉祥寺
フランス語としてではなく、カタカナとしての「プレタポルテ」という音韻は完璧です。

「パ行」「ラ行」「タ行」を2回繰り返しています。
「パ行」と「タ行」が持つ、これ以上ないリズミカルな歯切れの良さの間に、音の品質を、よりモダンに、より優雅にさせる「ラ行」を挟み込むという徹底っぷりが奇跡のようです。

さらに、「プレタポルテ」という完璧な音韻を、根幹で完璧たらしめているのが、この語を支える三連符のリズムに他なりません。リズム譜で表すと、多分、こんな感じになります。

↑画像をクリックすると
僕が思う「三連符としてのプレタポルテ」の音楽が鳴ります
三連符というリズムの性能だけを拾えば、「あの手この手」「いくよくるよ」「マクドナルド」「たまごクラブ」「カレーライス」「与謝野晶子」などもそうですが、これらは、音としての芸術性に、不満があります。そこにきて、やはり、「パ行」「ラ行」「タ行」を2回繰り返す「プレタポルテ」は無敵です。「プレタポルテ」の次に美しい言葉は、「リュックサック」です。


パスタを食べに、『トレンタ トレ』に行きました。
席について、ふと、眼前に現れた光景を目にしたとたん、度肝を抜かれました。そこにあったのは、「四角」の洪水でした。

四角の洪水
いったい、僕の視界の中には、いくつの四角があるのか。得体の知れない幾何マジック。いうなれば、アール・デコの2,686歩手前の世界です。

食べたのは、これです。

8種の野菜とベーコンガーリック

今日の2軒目は、『あるでん亭』のペペロンチーノです。

アレオ オレオ ペペロンチーノ
ざっくばらんなことを言うと、パスタは飽きました。
かといって、まだ、パスタは食べます。パスタよりもラーメンが好きなことを証明するために、パスタを食べなければならない。僕は、吉祥寺に巣くう、様々なイタリアを、自分の解釈で、ねじ伏せなければならないのです。
 6月17日(水) トラットリア・ピッチーナ@吉祥寺 オステリア・スーペルバッコ@吉祥寺
「ゲリラ豪雨」ってのは、雨に対して失礼です。

ゲリラと一緒にされたんじゃ、雨もたまったもんじゃないでしょう。少なくとも、初めて、「ゲリラ豪雨」って言った人は、雨視点には立っていないのではないかと思いました。「神の突発的な大量お漏らし」くらいの言い方でも良いんじゃないでしょうか。


『トラットリア・ピッチーナ』で、パスタを食べました。ここは2回目です。

キャベツとアンチョビのガーリックソース

マユモーに、「パスタ屋を集めてるので、この辺で好きな店を教えて」と言うと、やはり、真っ先に、『スパ吉』を挙げました。それどころか、『トラットリア・ピッチーナ』で一緒に食事をしていた子にも、同じことを聞いたら、『スパ吉』を挙げました。『スパ吉』の人気が分かったところで、ここは月曜日に行ったのでスルーです。

2つめにマユモーが挙げたのが、『パスタハウスFujiya』という、立地的に地元の人しか行かない店でした。マスコミに出るような感じじゃないけど、いつも地元民で混みあう店です。実際、僕はここのパスタが、この辺で一番好きであり、最もよく行く店です。色んなメニューを試しましたが、ガーリックソース系のメニューが最高に好きです。趣旨的にスルーです。

3つめにマユモーが挙げたのが、『オステリア・スーペルバッコ』でしたが、ここも行ったことがあるので、スルーしようとしたところ、「何とか ふ」というメニューが美味しいから食べてと言われました。何せ、「ふ」というのがキーワードのようです。で、実際に『スーペルバッコ』に行って、「何とか ふ」というメニューを探したところ、それらしきものがありました。

「昼もアンチョビで、夜もアンチョビかよ」と思いながらも、「何とか ふ」を食べました。

何とか ふ
パスタのメニューを覚えるのはさすがにキツいので、僕も、これは、「何とか ふ」という言い方で良いと思います。
 6月16日(火) トスカーナ@吉祥寺
パイの実です。

これ↓が、僕のやりたかったことです。

つまり、僕は「パイの実」で「π」を表現したかった。


この流れで、オリジナルの円周率の覚え方を考えようと思い、「サイよ! 異国に婿さん 琥珀無くさん(3.14 1592 653 589793)」まで考えたのですが、すっかり頓挫しました。「円周率 覚え方」とかで検索すると、色んなパターンがボロボロ出てくるのにも嫌気がさしました。だから、「サイよ! 異国に婿さん 琥珀無くさん」で充分です。というか、「3.14」で充分です。使わないからです。もっと言うなら、円周率は「0」で良いです。今日から、僕の円周率は「0」です。他の人にとっての円周率が「78」であろうが、「9億」であろうが、僕には関係ありません。僕の円周率は「0」です。


3日連続でパスタを食べていますが、納豆パスタは、2日連続です。『トスカーナ』です。

納豆ミートソース
この辺の行きたい蕎麦屋がある程度回収できたので、パスタとかカレーのコレクションに移りたいと考えています。飽きるかもしれないです。
 6月15日(月) スパ吉@吉祥寺
吉祥寺に住んでいる僕が、吉祥寺に住んでいない人に、対外的な配慮を加えて言うのであれば、吉祥寺でカレーと言えば、『リトル・スパイス』であり、蕎麦屋なら『よしむら』であり、焼肉屋なら『李朝園』であり、居酒屋なら『いせや』と言わざるを得ません。ラーメン屋だと、本気で分からないです。

多分、吉祥寺でラーメンと言えば、というラーメン屋はないです。
なぜなら、ラーメンは、好みが分かれる食べ物だからです。どのくらい好みが分かれるかと言うと、死ぬほど分かれます。しかし、「好みじゃない=不味い」というリンクは危険です。危険ですが、それが全てでもあるので、こりゃあもう、どうしようもないということです。
一番、人が入ってるのは、実は、いまだに、『一風堂』なんじゃないかっていう気がしますが、吉祥寺と言えば、『一風堂』というのは甚だ矛盾を抱えます。そこは、どうしても、「博多と言えば」が正解だからです。歴史的意義という意味で言えば、『ホープ軒』であり、新進気鋭という意味で言えば、『楽々』だと思います。

ただ、そのノリでいうなら、パスタだとハモ横の『スパ吉』になるのではないかと思います。

ミートソース納豆のせ
客の見てる前で、製麺機から生のパスタをひねり出します。乾麺全否定の臨場感が凄まじいです。生麺うまい。
 6月14日(日) カフェ リゴレット@吉祥寺 たきたろう@三鷹
リクエストをいただいたので「自由の河」のカラオケをアップすると同時に、他の曲のカラオケも数曲アップします。とても歌ってほしいです。歌う以外の選択肢はなくしてほしいです。

自由の河」「泣きながら叫んでいた」「途切れそうな君のメロディー」「諸行無常の響きなし

久しぶりに「自由の河」のカラオケを聴いていたら、最後の方で転調してました。
そういえば、最近はめっきり転調してないです。「どう?最近、転調してる?」「いやー、もう、最近は、とんとご無沙汰ですね」っていう会話が成立するくらい転調してないです。

*****

20秒動画「アルパカ」です。

動画:アルパカ
*****

だいたいの人が買ったとは思いますが、僕も「ラメカ」の塩ラーメン編を買いました。
だいたいの人が買ってるので説明は要らないと思いますが、塩ラーメンが美味しい54軒のラーメン屋が載っているトランプです。

すると、塩ラーメンが食べたくなるのは当然の流れなので、『たきたろう』で塩ラーメンを食べました。
ちなみに、この『たきたろう』から徒歩数秒東に、『きびや』という、美味しい手打ちの蕎麦屋があります。この近辺で『きびや』ほどの評判を得ている店はありません。蕎麦マニアが絶賛しています。武力で言うところの呂布、知力で言うところの孔明のように圧倒的です。だけど、今日は、どうしても塩ラーメンまっしぐらでした。

『カフェ リゴレット』でパスタを食べました。
 6月13日(土) フォルテ@吉祥寺
そこはゲップが正解。

「星間飛行」を女っぽく歌って、女っぽいピッチにして、「キラッ☆」をゲップに差し替えた音声です。だいぶ酒を飲んでからゲップを録音したので本当に吐きそうになりました。

クリックすると「キラッ☆」をゲップにした音声が流れます(wma)
それにしても、菅野よう子が作る曲はテクニカルを通りこして、マジカルです。規格外です。何食ったらそんなメロディー作れるんだっていう話です。

別の意味で、すごい曲がドリーム坊や(5歳)のピアノ教材に載っていたので紹介します。
僕は、楽譜の音階を頭の中でメロディーに変換することができません。そんな僕が、なぜか、簡単に読めてしまった譜面です。


なぜ僕でも楽譜が読めたのかを、5時間くらい考えて分かったのですが、全部、「ド」だったからです。

こちらも非常に複雑で高度な曲です。なぜなら、全部、「ド」だからです。




『フォルテ』でハラミステーキを食べました。
 6月12日(金) とんかつ あおば@吉祥寺 布袋家@三鷹
フェーズの確認です。
フェーズ1 人に感染を引き起こしうる動物のインフルエンザウイルスを未確認
フェーズ2 動物のインフルエンザウイルスが人へ感染したことを確認
フェーズ3 動物間や人と動物の間でインフルエンザ混合ウイルスの一時的な感染、または小集団の感染を確認しているが、地域レベルの人から人への感染は起きていない状態
フェーズ4 動物間や人と動物の混合ウイルスの人から人への感染が、継続して地域レベルで発生を引き起こすことを確認。大流行に移行する可能性がある
フェーズ5 そのウイルスによる地域レベルの感染がWHOの2カ国で起きており、大流行直前の兆候がある状態
フェーズ6 大流行。フェーズ5に加え、そのウイルスによる人への感染が他地域の1カ国で発生
フェーズ7 恋愛運が高まっています。思わぬところで、思わぬ出会いがあるかも!今日のラッキーカラーはピンク。
フェーズ8 彼の気を引くチャンスが到来。でも、あせりは禁物!今日のラッキーアイテムはワルサーP38。
フェーズ9 告白するなら今しかない!結果を恐れず前に進みましょう!今日のラッキー死体は水死体。
フェーズ10 金運が落ちてるので注意。47分おきに1,000円盗まれます。今日のラッキー交番は佐賀警察署 日の出交番
*****

多分、すぐ死にますが家にドジョウがいます。
 

昨日の時点で6匹いたのが、すでに3匹死にました。
去年も、3匹のドジョウが一晩で全滅しました。3つの生命が同時に死ぬという状況は極めてロックンロールです。「水質」がキーワードになってることは推測できるのですが、ドジョウが死んだところで、「死ぬんかい!」っていうツッコミを入れることしかできないです。


『とんかつ あおば』が、驚異的に旨いです。寄り目で人に勧められるレベルで旨いです。
ただ、僕の問題として、量が多いので、いくら食べても食事が終わらない。
永遠に食事をしなければならない気がしてきます。例えば、チェーン店のとんかつ屋は、デフォルトで全体量を少なめに設定しています。で、ご飯、味噌汁、キャベツのお替り自由にするというのが主流で、そういう手法で女性客も取り入れているのですが、この、『あおば』のような個人経営のとんかつ屋は、いまだに、「量を食ってなんぼだろ!」「いくらでも食うが良いさ!」的な男商売を採っています。とんかつマニアがわざわざ遠くからやってくる吉祥寺の『扇』もそのタイプです。

普通の量で、いっぱいいっぱいなのに、お替り自由、というのが、まさに地獄です。
小食の僕からすれば、「誰がお替りなんかするか」という量なのに、「お替り自由」なのが地獄なのです。次からは、「ご飯の量を3分の1でお願いします」と言いつつ、この店はリピートしたいです。本当に旨いです。

吉祥寺で一番行列するとんかつ屋は、おそらく、京都発のチェーン店『かつくら』です。ここは、デフォルトの量が少なめで、お替りでペースを調整できます。


『布袋家』でとろろそばを食べながらビールを飲みました。
ここは手打ちの蕎麦屋ではなく、ガッツリ蕎麦を食べるための大衆食堂寄りの蕎麦屋です。昼時は地元のサラリーマンで満席になります。手打ちの蕎麦屋の量は、たいてい、ホンノリとしたものですが、『布袋家』の蕎麦の量はボッテリしています。「ヴィーナスの誕生」を意識して言えば、ボッティチェリしています。

吉祥寺に住みはじめた10年くらい前に、ものすごく通っていた店なので思い入れが強い。
10年くらい前と言えば、僕も20代前半でしたから、小食なりに、いっぱい蕎麦が食べたかったのであり、そういった意味では、この店は僕の蕎麦故郷です。この店で、蕎麦を大盛りにすると本当に大盛りになります。感覚的に、ブリトー五千個分くらいの量になります。
 6月11日(木) 宗柳@三鷹
「脳ブーム」が終息しません。

いやいや、「脳ブーム」ってなんだよ。脳にブームもクソもあったもんじゃございません。
「いま、脳が流行ってるよね」ってのがおかしい。脳なんて、人類が誕生したときから流行ってるわ、このボケが!この汚泥ポメラニアンが!この、ビューティフル琵琶法師が!

逆便乗のタイミングは、まさに、今なのかもしれません。
つまり、いまこそ、「バカに限って頭を使う」とか、「思考停止力」とか、そういったタイトルの本が出版される時期なのではないでしょうか。そうでもしないと、バランスがおかしい。茂木が作った大きなお金の流れに、ちゃっかり支流を作る手法です。

遡れば、パスカルが「人間は考える葦である」という失言を提示した頃から、脳はさらに尊大な態度を取るようになったのだと僕は考えています。実際には、脳なんて、なくても、あっても、そう大差はない。せいぜい、生まれる前か、生まれた後か、くらいの差です。

脳は物事をややこしくするために存在する最悪の脚本家です。神は常に脳の支配下にあります。神は永遠に脳を超えられません。宗教は脳を超えません。くどいようですが、脳を超えられる存在はゴリラだけです。ゴリラだけが思考の外に在るのです。全てを超える存在こそがゴリラなのです。


『宗柳』で、つけとろせいろを食べながらビールを飲みました。
 6月10日(水) 里ノ宿@吉祥寺 多加はし@三鷹
魚屋直営の『里ノ宿』は、駅から遠いし、住宅街に入ったところにあるし、佇まいも全然目立たないのですが、いつだって、昼も夜も満席です。

イサキの塩焼き定食
この立地で、こうなるのは、地元民に圧倒的な支持を得ているからですが、単純に魚が旨いです。漁港辺りじゃ、これくらいの店は当然のようにいっぱいあるのでしょうが、少なくとも、築地が近いとは言えない吉祥寺において、この店は、宝と化しています。

三鷹で創業60年の『多加はし』で、つけとろを食べながらビールを飲みました。
最近、食べ歩いた手打ち蕎麦屋の中では、抜群に大衆蕎麦屋な感じで、いっぱい地元のお客さんが入っていて、たいそう活気づいている蕎麦屋でした。なおかつ、50代〜80代の人しかいませんでした。数えたら、17人中16人は、50代以上の人で、僕だけ30代でした。なぜ、他人の歳が分かるのかと言えば、見た目で判断してるだけです。だいたいです。

蕎麦屋にいる客の年齢は高め、だということをリアルに再認識しています。
会話が、病気にかかってるとか、病気にかかってないとか、そういう話が多いですし、初老のおばちゃん達が繰り広げるチグハグな会話を聞いていて、噴き出しそうになることがあります。

例えば、年齢の話と体重の話がごちゃ混ぜになったりしてる。
「ウチの旦那は60から体調を崩したのよ」とか言うと、「あらー、60歳だと、まだ、若いじゃない」みたいな返しがきて、「いやいや、体重が60キロになってからってことよ」みたいな、そういうの。

ここ最近で、一番おもしろかったのは、吉祥寺の蕎麦屋に行った時のこと。
隣にいた4人の年配グループが、何かのはずみで南方熊楠(みなかた くまぐす)の話になったようで、上品な感じのおばちゃんが、「南方、南方って言うけど、本当は、あの人の本名は、熊楠っていうらしいわね」と真顔で発言。いや、それ、どっちも本名だから!姓と名だから!
 6月9日(火) シャンティサガー@吉祥寺
なぞなぞは、問題を解くより、問題を考える方が楽しい。
「死因なぞなぞ」を考えました。答えは反転表示で出ますが、面倒くさければ、「Ctrl+A」で、ドーン!ってことです。
■大仁田厚によって殺されました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 圧死(厚)


■自称警察の人に殺されました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 撲殺(「僕、サツ」)


■草津温泉に行って、驚いた後、死にました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 薬殺(「や!草津!」)


■闘う気満々で死にました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 凍死(闘志)


■人類が積み重ねてきた過去によって死にました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 轢死(歴史)


■「海を見せてくれ!」と言いながら死にました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 焼死(Show sea)


■時差が2時間ある国で死にました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 自殺(時差2)


■「牛を噛め!牛を噛め!」と言われながら死にました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 感電死(噛んで牛)


■アン・ルイスが、ヒンドゥー教最高神ヴィシュヌの妻と同化している時に死にました。死因はな〜んだ?

答え(反転表示)→ 安楽死(アン=ラクシュミ)
*****

結構、最近オープンした『シャンティサガー』でカレーを食べましたが、ライスの量が多すぎます。一緒にいた子はナンを注文していたのですが、それも大変な量でした。僕はいっぱい残しました。
誰もがそうだとは思いますが、僕も「食べ物は残しちゃいけない!」と怒られながら育ったのに、怒る人がいなくなったら、いっぱい残すようになりました。

かといって、ドリーム坊やには、「食べ物は残しちゃいけない!残したら、お前なんか、お外にポイさ!」とか平然と言ってる僕は、いわゆる大人になってしまったということなのでしょうか。
まあ、食べ物は残しちゃいけません。残しちゃいけない理由を要約して3つに絞ると…、ってな感じで、コンサルタント業者みたいな「箇条書き説得術」を模倣したら、取り繕い論理にしか落ちないです。新書じゃないんだから。

 6月8日(月) 喜楽@渋谷
「ハイキック・ガール」とか言われたら観たくなるに決まっています。

公式サイト
これが、「ハイキング・ガール」だったり、「ハイジャック・ガール」だったら、そんなには観たくなりませんが、「ハイキック・ガール」ならしょうがないです。

そもそも、僕が観たいのは、「ハイキック・ガール」か、「ローキック・仏陀」だけです。
しかし、「ローキック・仏陀」という映画は存在しないので、選択肢的に「ハイキック・ガール」を観るしかありません。なので、面倒くさかったのですが渋谷まで行って観てきました。この映画は、この辺だと、渋谷と新宿でしかやってないです。

4年ぶりくらいに渋谷の老舗『喜楽』で中華麺を食べました。
 6月7日(日) 傍八(はたや)@三鷹 オーブン カトウ@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
今日、テレビでやってた「題名のない音楽会」。



指揮者:前田憲男





悲しいほど、おもしろかったです。

松原さんが吉祥寺で知ってる店はだいたい僕は知らない、という法則がありますが、その法則下にある『オーブン カトウ』で飲みました。
わっくわく!いわくラジオ!」を録りました。

ひとりで『ホープ軒』で〆ました。

*****

ものすごく住宅街なところに『傍八』はあります。
どれくらい住宅街かというと、死ぬほど住宅街です。こんなところに蕎麦屋なんかあるわけないという住宅街です。
 
テーブル席しかありませんが、靴を脱いで店内に入る仕組みです。

つけとろせいろ1,380円。旨い。
 6月6日(土) 大勝軒@永福町 上杉@吉祥寺
「でかい虎は危険だ」というのが一般的な認識だと思います。

でも、ちょっと待って下さいよ。僕は、あえて、「でかい虎は安全だ」という仮説を立てます。
そもそも、人と虎の大きさというのは、こういう対比が普通です。これだと、確かに虎は危険です。
これくらいの大きさの虎に襲われたら為す術もない。

しかし、猫くらいの大きさなら安全です。というより、これはもう、虎ではなく猫です。
襲われても、適当に蹴るだけで撃退できます。寄り目で、ものすごくバカっぽい感じで蹴っても逃げてゆくでしょう。

では、どれくらいの大きさから、虎は危険なのでしょうか。
体重の関係なども考慮して、感覚的に言えば、これくらいになると充分危険だと思います。
さらには、このような↓大きさの関係になると、思いっきり危険です。
しかし、虎のでかさが一定の基準を超えると、虎の危険性は一気に消沈してゆきます。
つまり、虎がでかすぎて、相対的に、人間がミジンコのような大きさになれば、餌にもならないどころか、虎は人間を発見することさえできなくなる。

つまり、「でかい虎は安全だ」という僕が立てた仮説というのは、これです。もし、虎が宇宙くらいの大きさであれば、怖れることは一切ないと思います。そうなると、怖れるというより、畏れます。


永福町の『大勝軒』で中華麺に生卵をトッピングしました。
それにしても、僕は永福町に幾度となく来ているのに、街のことは全く知らない。『大勝軒』のことしか知らない。永福町駅と『大勝軒』を結ぶ、徒歩30秒の間の空間以外、永福町のことは何も知らない。

『上杉』でつけとろを食べながらビールを飲みました。ここは4回目です。
 6月5日(金) 酒房 なか川@三鷹
たっとんだことってありますか。

手塚治虫を尊敬する人は多いと思います。また、手塚治虫をリスペクトする人も多いかと思います。しかし、手塚治虫をたっとぶ人はなかなかいません。「手塚治虫を尊敬してるんだ」って言う人はいますが、「手塚治虫をたっとんでるんだ」って言う人は、そうそう、いない。つまり、「たっとぶ」という動詞が空洞化しています。伝統のある言葉ですし、用法が典型化している言葉だから死語に至ることはない。しかし、空洞化しているのです。であれば、現時点では、仰々しいものばかりが対象となっている「たっとぶ」の目的語となるべきものに対して、規制緩和を施す必要があります。

そこで、流行ってほしい言葉は、「たっとびー!」というフレーズです。
何か、すごいことをやった人に対して、例えば、オリンピックで金メダルを取った人に対して、気軽に、「うわー!超たっとびー!」などと言えば、この動詞は新たなエネルギーを得て躍動するでしょう。何より、「たっとぶ」などというおもしろい音韻を利用しないのはもったいないです。「たっとぶ」を殺してはならない。

『酒房 なか川』で、冷やしとろろそばを食べながらビールを飲みました。
 6月4日(木) そばや@三鷹 桂庵@三鷹
なぞなぞを考えました。

■じゃがいもにも、さつまいもにも、とろろいもにも興味を示さない虫はな〜んだ?

答え:いもむし(イモ無視)


■牛ホルモン屋に行っても、ミノ、ハチノス、センマイ、ギアラには一切手を付けない虫はな〜んだ?

答え:いもむし(「胃」も無視)


■「あいうえお」と言うべき時に、「あうえお」って言っちゃう虫はな〜んだ?

答え:いもむし(「い」も無視)


■「ABCDEFG」と言うべき時に、「ABCDFG」って言っちゃう虫はな〜んだ?

答え:いもむし(「E」も無視)


■食べるものや住む場所にはこだわるのに、着るものには一切こだわらない虫はな〜んだ?

答え:いもむし(「衣」も無視)


■イタリアに関する事柄には全く関心を示さない虫はなーんだ?

答え:いもむし(「伊」も無視)


■虎の威を恐れない虫はな〜んだ?

答え:いもむし(「威」も無視)


■刑務所や少年院に慰問する虫はな〜んだ?

答え:いもむし(慰問むし)


■陰毛をむしるのはな〜んだ?

答え:いもむし(陰毛むしる)


■「私たちは揉むと死にます!」と宣言するのはな〜んだ?

答え:いもむし(We 揉む 死)


■コカ・コーラじゃない方のコーラはな〜んだ?

答え:ペプシ

これを考えるにあたって、かなりの長い時間、「いもむし」という言葉の中に潜り込んでいたため、あろうことか、「いもむし」という言葉の中で窒息しかけました。死因が、「いもむしという言葉による窒息死」というのは、さすがに避けたいところです。


三鷹には、そばやがあります。
「そりゃあ、どこにだって、そばやくらいあるだろうね」と言われそうですが、そういうことではなく、店名が『そばや』というそばやがあるのです。
手打ちの蕎麦を出すしっかりとしたそば屋です。

とろろそばを食べるのは、今週3回目です。
まったく旨いです。そもそも、僕は不味いとろろそばというものを食べたことがなく、すでに、セブンイレブンのとろろそばが旨いです。『富士そば』なら、なおさら旨いです。そもそも、原体験として、とろろそばが強烈に旨いと思ったのは、20年前くらい、中学生の時に食べたセブンイレブンのとろろそばでした。セブンイレブンのとろろそばは、それなりに歴史を持っているのです。昔のセブンイレブンのとろろそばのツユは、いまよりも旨みや甘味がなく、端的に言えば、しょっぱくて、やたらとシャープでした。カイワレとのマッチングが素晴らしかった。「あの味を、どうにか、もう一度」と思い続けて、もう何年も経ちます。とにかく、もう、しばらく、とろろそばを食べるのは控えます。

夜、三鷹の『桂庵』で、とろろそばを食べながらビールを飲みました。
『桂庵』も地元ではなかなか名の知れた手打ちの店です。
手打ちのそば屋は旨いですが高いです。ここのとろろそばは1,250円です。
 6月3日(水) ほさか@吉祥寺
僕は吉祥寺から新宿に行く際に、ストックホルムを経由したいと考えたのですが、路線情報を見ると、そういう行き方はない、みたいなことを言われてしまってガッカリしました。
ストックホルムを経由しないで行く新宿など何の意味も持たないでしょう。こういう要望が路線情報に反映されていないというのは残念です。

ただ、路線情報のつっこみ能力を目の当たりにしてうれしくなったのも事実です。
こちらがボケると、ちゃんと、つっこんでくれる。
欲を言えば、「もう着いてるだろ!」くらいに砕けた表現を使ってほしいです。

なおかつ、複雑にボケると、複雑につっこんでくれるのが素晴らしいです。
ただ、これは、頭が混乱します。

では、出発地を「おすぎ」として、目的地を「ピーコ」にするというボケを提示した場合、路線情報はどうつっこんでくれるでしょうか。
これで、「探索」ボタンをクリックしてみます。

絶句です。まさか、ボケを上塗りされるとは。
路線情報は侮れません。こいつ、芸人級のスキルを持っている。もはや、地名とか場所でダジャレを考えさせたら、路線情報に勝てるやつはいない、くらいのことになってる。


『ほさか』でつけとろを食べました。
 6月2日(火)
久々にオモコロで歌を発表しました。

クリックするとオモコロ特集
久々にオモコロで歌を発表したことによって、いまここに、「久々にオモコロで歌を発表した」という事実が成立しました。
 6月1日(月) 中清@吉祥寺
国語教材が「定型思考養成教材」になっています。これはマズい。

小学1年生用の国語ドリルの問題と模範解答
国語が国語にとどまる必要性はありません。
国語が国語にとどまってしまったら、それは、手段の目的化を意味するからです。「国語のために脳があるわけじゃない」という根本的なポイントを意識する必要があります。

僕が講義した音声をアップしますので、ぜひ、初心に返って一緒に勉強しましょう。

クリックするとバカ音声のページ(この解答を見ながら聴くことを前提に別窓で開きます)
*****

『中清』でとろろそばを食べました。

このページのトップへ