ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 5月31日(日) ラーメンShow in Tokyo@駒沢公園
日本に住んでいる大半の人は行ったと思いますが、僕も駒沢公園の「東京ラーメンショー」に行ってきました。

首都圏にある有名店がコラボをしたり、全国から集まったラーメン屋が出店して、全部で25個のブースでラーメンが食べられます。単純に、僕は佐野実のラーメンが好きなので、やはり、一番のお目当ては「佐野JAPAN」のコラボラーメンです。

しかし、僕と同じように、お目当てが「佐野JAPAN」の人ばかりなので、会場オープン時点では、笑えるくらいに、ここだけ2百人規模で行列していました。格差社会も良いところです。
20分くらい列に加わって並んではみたものの、終わりが見えない感じが面倒くさくなって、「佐野JAPAN」はあきらめました。これに2度目があるとしたら、「佐野JAPAN」は4ブースくらい使ってほしいです。

1杯目は「富山ブラック」の『いろは』です。
「富山ブラック」の大御所『大喜』のような猛烈にしょっぱい味を想像してたのですが、普通に穏やかなラーメンだったので、肩すかしを食らいました。美味しいです。

2杯目は、青森の『長尾中華そば』と、浅草の『つし馬』のコラボ。煮干スープラーメンです。
ものすごくシンプルで好きです。シンプルブームど真ん中の僕にはとても響きます。

3杯目は徳島ラーメン伝道師の『徳福』です。
本店が横浜という徳島ラーメン(徳島に『徳福』はない)ですが、そもそも徳島ラーメンを食べたことがなかったので、どうしても食べたかったです。

4杯目は、京都市内で激しくチェーン展開している『熟成細麺 宝屋』です。
和牛と地鶏から取るコンソメスープという手法が世にも珍しかったです。

巨匠といえば、絵画だとピカソ、漫画だと手塚治虫、映画だと黒澤明、ってな感じになりますが、ラーメンだと山岸一雄です。池袋『大勝軒』の創業者であり、ラーメンの世界では、ことあるごとに神のように扱われるカリスマです。とてつもない影響力を持っている人物です。

山岸一雄
で、今日は、ステージイベントで、山岸一雄がハーモニカを演奏するっていうのがありました。僕個人はラーメンオタクの部類に入るので、山岸一雄がハーモニカを吹くのとかも知ってるからテンションが上がりますが、これ、一般論として、需給関係的に良いのだろうか、という点がおもしろかったです。知らないラーメン屋の親父がステージでハーモニカを吹いてる、っていう光景。
 5月30日(土) モモカレー@吉祥寺
松山千春レベルを自分なりにまとめてみました。
飛ぶ鳥を落とすどころか、飛ぶペガサスを落とす勢いだった小室全盛期の1995年、僕は、テレビでオンエアされたその対談をリアルタイムで見ておりました。その文字起こしがあったのでリンクを貼っておきます


『モモカレー』で野菜カレーの3辛を食べました。
いかにも女性受けしそうなヴィジュアルのカレーですが、実際に女性受けしてることだと思います。
 5月29日(金) カッパ@吉祥寺 やる気茶屋@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
普段、猫のことを意識する機会が全くありません。

そのような生活が続くと、僕は、「猫」という概念を完全に忘れてしまうのではないか、という危機感を抱きました。そうならないように、吉祥寺にできた猫カフェに行ってきました。たくさんの猫がいましたので、適当に愛称を付けてみました。

ド変態ハリケーン


馬糞なめコオロギ


県大会19位


アルバイト暴力団
また、僕は、普段、猫のことを意識する機会がない以上に、柿本人麻呂のことを意識する機会がありません。このままだと、柿本人麻呂のことを忘れてしまうのは時間の問題なので、もし、柿本人麻呂カフェができたら行きたいと思います。柿本人麻呂カフェというのは、たくさんの柿本人麻呂が歌を詠んでいる様子が楽しめるカフェです。

『カッパ』です。

『やる気茶屋』に行ったら、またしてもメス豚が寝ました。

メス豚

12時過ぎに飲み屋街を歩いていたら、外人しかいないバーがありました。「外人しかいない」という点が、どうにもおもしろくなっちゃってしょうがなかったので、笑いながらいっぱい写真を撮っていたら、中の外人が写真を撮っている僕に気がつきました。
 
殺されるかな?と思ったのですが、フレンドリーに手を振ってくれたので、僕もニッコリしました。外人って素敵だなあ。ちなみに僕はドイツ人です。

ひとりで『ホープ軒』で〆ました。
 5月28日(木) 木八@下高井戸 三鷹ホルモン おいで屋@三鷹
『白木屋』『魚民』などを出しているモンテローザが、突然、オープンさせていた『三鷹ホルモン おいで屋』で飲みました。

普段、18時〜22時まで飲むと、どれくらいの酒量になるかというと、2人で生ビールが17杯であり、僕は9杯飲みました。テンションにもよりますが、このくらいが記憶がなくなる境界かもしれません。
いずれにしても、ビールは1日最低2・3リットル飲むという生活を10年以上続けている上に、ヘビースモーカーである僕が早く死ぬのは確かだと思います。下手をすると、たったの2億歳くらいで死んでしまうかもしれません。キャッチフレーズは、「毎日二日酔い」です。


永福町の『大勝軒』が休みだったので、昔、住んでいた下高井戸へ行って、昔、よく食べていた『木八』のラーメンを食べたところ、懐かしさのあまり、思わず、懐かしくなりました。
古き良き背脂チャッチャ系です。
 5月27日(水) 新潟カツ丼 タレカツ@吉祥寺
368円と599円と712円の中では、どれが一番メジャーな金額なのか?

という疑問は誰もが抱いてることだと思います。僕個人は712円が一番メジャーな印象を受けるのですが、WEB上のヒット件数だとどうなっているのかを調べてみました。





僕の予想に反して、この3つの中では、712円が最もマイナーであり、368円が最もメジャーであることが分かりました。

今日の結論
368円と599円と712円の中で最もメジャーなのは368円


このリサーチ結果は飲み会の豆知識トークなどでも生かせるはずなのでお試しください。
「ねえ?368円と599円と712円の中で一番メジャーな金額ってどれか知ってる?」なんて、話を振れば、もう、全員喰らいついてくるに違いありません。かといって、「あ!知ってる!1,830,000件ヒットで368円だよね!」などと答えられたら、ドン引きするんですけどね。


最近、オープンした新潟タレカツの店に行ってきました。
新潟に独自のタレカツ文化があるなんて、この店ができてはじめて知りました。
 5月26日(火) まぐろのなかだ屋@吉祥寺
膝から崩れ落ちたことと言えば、日馬富士のブログの優勝後の第一声に他なりません。


日馬富士のブログ
一瞬、アイドルのブログかと思いました。
現時点で、日本最強の力士が「超うれしい〜!!」とか言ってる状況に、張り裂けんばかりの違和感と痛快な喜びを覚えます。僕が知る限り、言動がなよなよしてるのに、ものすごい強いみたいなキャラの存在は、漫画の中でしか許されなかったはずです。
もはや、ゴルゴ13が、ブログで「超うれしい〜!!今日5人殺しちゃった〜!!」みたいなことを言ってる時の衝撃に匹敵します。


『まぐろのなかだ屋』で、月見ネギトロ丼を食べました。
 5月25日(月) いな葉@三鷹 土間土間@吉祥寺(東急イン店)
思えば、僕は、吉祥寺のチェーン店居酒屋と言えば、『坐・和民』か『やる気茶屋』しか思い浮かばない脳になってしまっていたため、いままで『土間土間』に行かなすぎでした。なので、行きました。
しかし、実のところ、吉祥寺には3軒の『土間土間』があります。
つまり、「土間土間」×3=「土間土間土間土間土間土間」であり、まとめると、吉祥寺は「6土間」であるということができるのです。

そして、この3軒の『土間土間』を線で結んだ時にできるのが、「土間土間トライアングル」です。

土間土間トライアングル
僕の考えが正しければ、このトライアングルの中央に、悪魔の実「ドマドマの実」があるはずです。

*****

『いな葉』でとんかつを食べました。
 5月24日(日)
高校時代、麻雀を覚えたての頃に最も力を入れたのが、こて返しでした。
当時は、こて返しを習得するために牌を握りながら寝ていました。

ドリーム坊や(5歳)にこて返しを教えている動画です。撮影しているのはドリーム坊やです。

動画:ポクポクこて返し
 5月23日(土) 神田まつや@吉祥寺
「ヒューマニズム」の正体を見切ったので音声としてアップします。

クリックするとバカ音声のページ

『神田まつや』でビールを飲むと、つまみで、小皿にへばりついた味噌を出してもらえるんですが、この味噌の、旨いのか不味いのかサッパリ分からない感じが良いです。
 
僕は、「そば屋でビール」っていう状況だけで悦にいってるのですが、こうも、旨いのか不味いのかが分からない味噌を出されると、なおさら、風流な感じがしてきます。
 5月22日(金) 珍珍亭@武蔵境 上総屋眞吉@吉祥寺
今年の9月は、ゴールデンウィーク級の大型連休が生まれますが、いっそのこと、流行に任せて、「大型連休」ではなく、「新型連休」と呼んでしまうというのも手です。
「新型ゴールデンウィーク」などと言ったところで、意味合い的にも、さほどの違和感がないどころか、「新型+カタカナ」という語の形式が妙にトレンディーです。

かといって、豚関係の商売で生計を立てている人への風評被害を気遣って、「新型インフルエンザ」という呼称を採用する、っていう発想には納得がいきません。
なぜなら、「豚」を改めて、「新型」とか言うと、今度は、新潟に住んでる人に風評被害が及ぶからです。つまり、「新型インフルエンザ」→「新潟インフルエンザ」への連想容易性が全く考慮されてないことに疑問を感じざるを得ないのです。「WHOは新潟の人に謝れ!」っていう話です。

新潟に住んでる人たち、すみませんでした。いまのは全面的に僕が悪かったです。


『珍珍亭』で油そばに生卵黄身のみをトッピングしました。
今日の写真は、黄身の上をグロテスクに横断する卵帯がリアルで、得をした気分になります。

刺身がストレートに旨い『上総屋眞吉』で飲みました。
 5月21日(木) 支那そば あおば@武蔵境
唐突に、「無限首つり」ってフレーズを思いついたのでフラッシュ化してみました。


『支那そば あおば』でネギラーメンを食べました。
 5月20日(水)
みなさん!興奮気味で申し訳なのですが、驚くべきお菓子を発見したので報告します!

そのお菓子とは、「きのこの山」というチョコレートとクラッカーのお菓子です。

きのこの山
これ、どこかで見覚えないですか?

そう。日本人なら誰でも知っている、あの銘菓「森のチョコの木」にそっくりなんです。

森のチョコの木

これって、かなり、ギリギリなんじゃないでしょうか。

左が「きのこの山」で、右が「森のチョコの木」
味もほとんど同じです。生協に行くと、こんなのがいっぱいあるので楽しいです。
 5月19日(火) きくや@思い出横丁 隠居邸@新宿 隠れ房@新宿 若月@新宿
ドリーム坊や(5歳)が、突如、「ミッキーマウスには人が入ってる」と非科学的なことを言い出した音声をアップします。

クリックするとバカ音声のページ
よく分かりませんが、ドリーム坊やは話している途中に怒り出して、強烈にドアをバタン!とやりながら、部屋を出て行ってしまいました。

子供の言うことだから仕方がない部分もありますが、「ミッキーマウスに人が入ってる」などという妄言は、もはや、地動説のように非科学的だと思います。
ミッキーマウスの中には、人など入っていないし、地球も回ってないです。だいたい、地球みたいなでかいものが、どうやったら回るんだよ(笑)
お前は、惑星規模の海老一染之助・染太郎か(笑)


ペモグローリア、四万十川、■で飲みました。
思い出横丁の『きくや』→『隠居邸』→『隠れ房』とハシゴをしました。

きくやのレバサシ

〆たのは、『らーめん若月』です。おいしい。
 5月18日(月)
好奇心だけで烏骨鶏の卵を食べてみました。
烏骨鶏はそんじょそこらの地鶏とは次元が違う値段で取引されており、例えば、比内地鶏の卵を通販で買おうとすると1個40円とか50円とかなのですが、烏骨鶏の卵は1個250円とか300円とかするのです。
おもしろそうだから1回だけ試してみようと思い、烏骨鶏の卵を購入してみました。特徴として、烏骨鶏の卵は小さいです。

左:烏骨鶏の卵 右:普通の卵
卵は、卵かけご飯で食べるのがベストです。

左:烏骨鶏の卵かけご飯 右:普通の卵の卵かけご飯
この2つの卵かけご飯を比較しながら食べたところ、烏骨鶏の卵かけご飯は、生協で買った普通の卵の卵かけご飯に何ら劣らない旨さを発揮しているということが分かりました。ゆえに、「烏骨鶏の卵は、生協で買った卵に引けを取らないくらい旨い」のです。さらに言えば、ご飯が旨いのです。納豆をかけて食べようが、卵をかけて食べようが、ご飯は旨いのです。

つまり、烏骨鶏の卵を食べて得られた最大の結論は、「ご飯は旨い」ということです。
 5月17日(日) 道頓堀@成増
バハムートのメガフレアに対抗するためにはどうすれば良いのでしょうか。

メガフレアよりも強大な衝撃波で迎撃すべきなのでしょうか。それとも、核シェルターのようなものの中に逃げ込むべきなのでしょうか。その答えは意外なところにあったのです。

バハムートのメガフレアをも一瞬にして台無しにする、かの偉大なる世界観を再認識すべきだと思い動画を編集しました。


動画:メガフレアを台無しにする世界観

*****

数年越しの大物宿題店である『道頓堀』で中華そばを食べました。
 5月16日(土) めんだ@吉祥寺
凧の作り方を紹介します。
ただ、製作過程が非常に複雑なので、紹介したところで、そうそう簡単に作れるものではないです。

コンビニの袋をタコ糸で結ぶ。これが凧の作り方です。

これを揚げようとしている僕本人は楽しいのですが、こうして、写真で見ると、ただのバカです。
ただ、このスタイルで会社に出勤すると斬新かもしれません。凧揚げ出勤。


挙式に列席させていただきました。

2次会で、いきなり、新郎に乾杯の音頭をとるように言われ、度肝を抜かれてしまいました。
この乾杯の挨拶で求められてることがさっぱり分からなかった僕は、「炎神戦隊ゴーオンジャー!来週も見てね!乾杯!」みたいなことを言ったところ、若干、場内に騒然とした空気感が芽生え、タイミングがまるでなっていなかったこともあり、「いまのなし!」という展開になったわけですが、もう一度マイクを渡してくれた女性司会の方が僕に向けてくれた「こいつ、ダメだ感」が充満している冷ややかな視線が最高でした。新郎新婦には、謝罪の意と同時に、多大なる感謝の意を表したいと思います。お幸せに!
 5月15日(金) 恭楽亭@三鷹
となれば、小学生は、「ミクロ学生」であり、大学生は、「マクロ学生」であります。
四字熟語で言えば、「針ミクロ棒マクロ」「マクロ同ミクロ異」です。

トイレはこうなります。
大便はマクロであり、小便はミクロです。
しかし、いまさらながら、便を大小で分けるのはおかしいです。糞と尿は、量的な差というより、まず、質的な差だからです。そもそも、出る場所が違う。そもそも、出る過程が違う。しかし、僕らの祖先は、これらを「出るもの」としてひとまとめにした。さらには、命名の根拠を「量」に据え、単純に、大と小に分けた。これは、斬新な発想であるとしか言いようがありません。


『恭楽亭』で焼肉を食べました。
『恭楽亭』の一押しは、米沢牛のハラミ1,500円ですが、人気メニューなので、品切れなことが多く、今日も品切れでした。
 5月14日(木) 江ぐち@三鷹 旨 白木屋@吉祥寺
月曜日に松原さんと飲んだときに、最近お互い観た映画の話をしていたのですが、がんばっても土日で4本観られれば良い僕からすると、松原さんは映画を観すぎでした。

松原さんがこの辺りの記事で熱弁をふるっているのですが、まさにその「松原2大お勧め作品」を豪勢に貸してくれたので、ひとまず、「300」を観ました。

ビックリするような様々な刺激が散りばめられている映画なのですが、何はともあれ、この映画に出てくるペルシア王クセルクセスが反則すぎて爽快にノックアウトされたのです。

クセルクセス
国家のトップが、このような、ある種、叶恭子然としたヴィジュアルであったらならば、僕は手放しで素晴らしいと思います。

例えば、麻生首相がこんな格好をしてたら、それこそ、支持率が200%に跳ね上がるに違いありません。こんな格好で、「未曾有」を「みぞうゆう」と読まれたら、支持率がアップしない理由が皆無になります。

しかし、本来的に、「未曾有」の正しい誤読としては、「みそあり」とする方が良い気がします。「どうせ間違えるなら突き抜けろ」みたいな哲学は捨てたくない。








*****

二日酔いなのに、まっつんと飲みました。

そこで思ったのは、まっつんが財布の中に入れているカードは多すぎるのではないかということです。
 
左:まっつんが財布に入れてるカード 右:僕が財布に入れてるカード
この手の話は、実は、意外に多い少ないの基準が明確になってないので、これからは色んな人の財布の中に入っているカードの厚みをチェックしていきたいと思います。多分、それだけでブログが成立する時代です。「色んな人の財布の中のカードの厚みを紹介するブログ」とかあっても、もう、「ああ、そういうやつね」という感じしかしません。健全と言っていいのか。世知辛いと言っていいのか。

*****

『江ぐち』で食べるチャーシューメンのスープが、舌にスフィスフィと沁みます。スフィスフィと。
 5月13日(水) 坐¥和民@吉祥寺 吉祥寺どんぶり@吉祥寺
「ペンは剣よりも強し」、つまり、武力より思想が人に与える影響の方が大きい、ということを、みんなに知らしめるため、僕は、何度も「ペンは剣よりも強し!」と叫びました。

さらに、「ペンは剣よりも強し」と書いた紙を100枚用意して、みんなに配ろうとしたところ、向こうの方から、戦士がやってきて、僕を剣で一突きにして殺害したのです。

これが、「百文は一剣にしかず」という、いま、僕が思いついたことわざの由来です。


『坐・和民』で松原さんと元トム&ハンクスの岩田君と飲みました。

久々の『吉祥寺どんぶり』はご飯を4分の1にしました。
 5月11日(月) 金の猿@吉祥寺 ホープ軒@吉祥寺
『金の猿』で、松原さんと飲みました。
ここは、内装が凝っており、ガラス張りの壁から、井の頭公園の竹林を見ながら食事をすることができます。その竹林で、たくさんの金の猿たちが所狭しと駆けずり回っているのが見えません。見えるわけがありません。
駅の方に戻る途中、ちょっと遠回りをして、「まことちゃんハウス」の前を通ったのですが、これは、「真琴ちゃんがまことちゃんハウスを見ている様子」を、僕が見たかったからに他なりません。
「真琴ちゃんに見られているまことちゃんハウス」「まことちゃんハウスを見る真琴ちゃん」という絶妙な関係性が放つエネルギーのようなものを、僕は肌で感じたかったのです。

そして、その状況が実現したとき、僕は、例えようのない感動を覚えました。それは、ジグソーパズルに最後の1ピースをはめた時の、あの感動に酷似していました。例えようのない感動と言った側から例えてしまったのは申し訳なかったと思います。ただ、そのことは、松原さんには一切伝えてないです。そんなことのために、まことちゃんハウスの前を通ったことがバレたら怒られるからです。

なおかつ、松原さんは、まことちゃんハウスを見て、「あ!まことちゃんハウスだ!」と言いました。その瞬間、「まことちゃんハウスを見ている真琴ちゃんが、「あ!まことちゃんハウスだ!」と言う」という、至高の「まことシャングリラ」の完成を目の当たりにすることができたのです。まことに感動しました。

ひとりで『ホープ軒』で〆ました。
 5月10日(日) 彦べえ@吉祥寺
人類が誇るべき海賊ソングの名曲が、唯一、おかしてしまったミスについて話しました。

クリックすると音声が流れます

*****

牛タンの『彦べえ』で飲みました。卵かけご飯ってのは、いかなる状況でも旨いです。
 
牛タンの刺身。
 5月9日(土) 珍来亭@吉祥寺 先斗入ル@吉祥寺
良い「フルエンザ」の代表格がビューティフルエンザで、これに感染すると、ものすごく美しくなることができます。ビューティフルエンザに罹っている人は、目を疑うほど美しい。

ワンダフルエンザに感染した場合は、素晴らしくなります。これに罹ると、信じられないくらい素晴らしくなり、歩いてるだけで、みんなに「素晴らしい!」と絶賛されます。これらは、良い「フルエンザ」であり、憧れの感染症です。

たまに、他の場所は降ってないのに、特定の人がいる場所だけ雨が降ってる場合がありますが、それは、その人が、「雨が降るエンザ」を罹っているからです。また、お別れのタイミングでも何でもないのに、やたらバイバイをしてくる人がいますが、そういう人は「手を振るエンザ」に罹っています。

「アイフルエンザ」に罹ると、消費者金融で借金をするようになり、「ワッフルエンザ」に罹ると、ワッフルばかり食べるようになります。「フルエンザ界のパルプンテ」と言われているのが、「シャッフルエンザ」で、このウイルスに感染すると、ランダムに色んな「フルエンザ」の症状が出ます。最も恐ろしいのが、「インフル冤罪」です。これは、インフルエンザに罹っていない人に対して、インフルエンザに罹っているという濡れ衣を着せることで、実際にそういう事例がありますが、ある程度の「インフル冤罪」は、防衛機制としてやむを得ないのかもしれません。


ハモニカ横丁の『珍来亭』で油ラーメンを食べました。

『先斗入ル』で九条ネギのパスタを食べました。

*****

子供は、木と対等の関係にあります。
 5月7日(木) 江ぐち@三鷹
断髪に余剰な意味を付与する社会に拍手したい。

ドリーム坊や(5歳)が、涙目でしょんぼりしながら僕の部屋にやってきたので、理由を聞いてみると、いたずらして、まだ一回もハサミを入れたことのない妹(0歳)の髪の毛を、ハサミで切ったので、めちゃくちゃ怒られた、とのことでした。

爆笑しました。


『江ぐち』でチャーシューメンを食べました。
 5月6日(水) カフェ麦わらぼうし@三鷹
「ジブリ美術館」に行きました。
『カフェ麦わらぼうし』は、11時オープンのところを10時30分に行っても、40人待ちの行列ができていました。

ここのクリームソーダは2種類あって、青いのが「野っぱらのクリームソーダ」で、赤いのが「夕焼けのクリームソーダ」というメニュー名になっていて、ネーミングセンスが、いかにもジブリっぽいです。
そういえば、青いものと赤いものを比べて楽しむ、というのは、小学生の頃以来やってないような気がするので、近くにあるもので、比べてみようかと思います。

僕の財布の中にあったポイントカードでは、「CLUB306」のカードが最も青く、「中本」のカードが最も赤かったです。

テレホンカードでは、ちょうど、なまはげの台紙が青と赤でした。

何に使うか分からないグルグルしたものも、青と赤がありました。

マジックザギャザリングのレアカードです。
青の「意志の力」はめちゃくちゃ強いです。「対抗呪文」は2マナでも最悪なのに、これはゼロマナで場に出せます。マニアックな話をしてすみませんでした。
 5月5日(火) 福松@三鷹 Tutti@三鷹
5年ぶりくらいになるかと思いますが、桃子を解放しました。
と言っても、桃子を知ってる人がいたら、それはそれで凄いと思いますし、うれしいです。

クリックすると音声が流れます
*****

『福松』の寿司ランチを食べました。

『Tutti』は、土砂降りの雨でも満席でした。
 

 
 5月4日(月)
『松屋』というお店があります。

全国に750店舗くらいしかないという、隠れ家的なお店なので、知ってる方は皆無に近いのではないでしょうか。世界で最も旨い牛肉料理である『松屋』の牛焼肉定食630円です。
僕が19歳で、ひとりで埼玉に出てきた時に感動したのが、近所にあった24時間営業している牛丼屋としての『松屋』でした。
何が楽しくて、24時間、牛丼を売っているのか、と感動したのです。あの時、近所にあったのが、もし、『吉野家』だったらとしたら、今頃、僕は、『松屋』っ子ではなく、『吉野家』っ子になっていたのかもしれません。

24時間ぶっ続けで牛丼を売るというシュールな店は、僕の田舎にはなかったし、いまもないです。
当時は、特に『松屋』の牛焼肉定食はご馳走でしたし、むしろ、『松屋』のために生きていたとさえ思います。あのころは、牛焼肉定食は570円で、タレはデフォルトでおろしポン酢だけでした。サラダも別皿ではありませんでした。猪八戒も、左とん平ではなく西田敏行でした。多くの空腹を、『松屋』に奉納していました。週に10回くらい、『松屋』に行ったこともあります。その名残りで、いまだに、牛焼肉定食はご馳走です。

2年くらい前に、「松屋フーズ」の本社ビルが三鷹にできて移転してきたので、一番、よく行く『松屋』はこの本社ビルの1階である「三鷹店」です。不思議なことに、「本店」とは言わないようです。
このビルの中で、『松屋』の色んな経営方針を決定したり、新メニューの開発を行ったり、生き別れになった僕の双子の弟を監禁しているのか、などと想像するとテンションが上がります。

*****


クリックするとドリーム坊や(5歳)が即興で作った物語が流れます(MP3)
 5月3日(日) 東急イン@吉祥寺
 うーむ、忙しい忙しい!
 新右衛門さんはいつも忙しそうですね!
 やあ、一休殿、拙者も一度で良いから16連休を経験したいでござる
 何か妙案はござらんか?
 うーん…
 …分かりました!考えてみましょう!


ポクポク…(1)

ポクポク…(2)

ポクポク…(3)

ポクポク…(4)

ポクポク…(5)

ポクポク…(6)

ポクポク…(7)

ポクポク…(8)

ポクポク…(9)

ポクポク…(10)

ポクポク…(11)

ポクポク…(12)

ポクポク…(13)

ポクポク…(14)

ポクポク…(15)

チーン!(16)

 一休×16=16連休!
 死ね、この詭弁クソ坊主

*****

ステーキの『葡萄屋』も予約でいっぱいで、中華の『聘珍樓』も『竹爐山房』も予約でいっぱいで、『東急イン』に電話したら、さらに予約でいっぱいだったけど、19時30分からなら大丈夫だったので、そうしました。
 
 5月2日(土) 大勝軒@永福町
「そういえば、最近はどんな貯金箱があるのだろうか」

と思ったので、調べてみたら、さすがに、アイデア過多と思えるほど、色んな商品がありました。逆に言うと、貯金箱というのは、アイデアを実現させやすい商品なのかもしれません。形態ですでにきっちりオチているのが分かりやすい。
実際は、貯金箱に貯金するというマメなことを、いったいどれくらいの人が実践しているのかは分かりませんが、「貯める楽しさ」を追求した貯金箱のバリエーションは豊かで、思わず、どれもこれも欲しくなってしまうものばかりです。それならば、欲しくない貯金箱を考えたくなるというのが人情というものです。

僕が考えたのは、「妄言貯金箱」です。
最初の内は、お金を入れると、「ワーイ!」とか「ヤッホー!」という明るい声が流れます。

しかし、貯金額が多くなるにつれて、だんだん様子がおかしくなってきます。
お金を入れるたびに、「誰かにストーキングされている」とか「盗聴されている」などと口走るようになってきます。表情もあやしくなってきて、だらしなく開いた口から唾液が垂れてきます。
貯金が満額に近くなる頃には、「テディベアが罵倒してくる」とか「見知らぬ男に銃を突きつけれた」とか「私の代わりに友人が殺された」などと、はっきりと妄想がエンターテインメント化してゆきます。

「ギャアアア!お願いだからもうやめて!スヌーピー!」と言ったときには10万円貯まってます。


『大勝軒』で中華麺に生卵をトッピングしました。
この店では、生卵をつけ汁みたいにして、麺を浸して食べる人が多いです。
 5月1日(金) 珍珍亭@武蔵境
これで景気が回復しないなら、もう、何をやってもダメ、というくらいの政策を思いついたのでアップします。

クリックするとバカ音声のページ

『珍珍亭』で油そばの並ネギを食べました。

このページのトップへ