ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 7月31日(土) 魚吟@吉祥寺 串家物語@吉祥寺
ドリーム坊や(小学校1年生)が、学校の宿題か何かで、「引き算の問題を作りなさい」みたいなのをやっていた。

きょじんが 7にんいました
そこで 2り しにました のこりは なんにんでしょう。
巨人というチョイス。「七人のこびと」に対するアンチテーゼなのか。そして、「そこで 2り しにました」の、「そこで」は何なのか。そして、何より、なぜ死んだのか。


しき 7−2=5  こたえ 5にん




あまりにも死を感じさせない死

*****

「アリエッティ」と「トイ・ストーリー3」を観てきました。

ドリーム坊やの誕生月が7月なので、だいたいの映画館がバースデー割引(同伴者も一人だけ適用)で1,000円になるので駆け込みで観ました。
 

「トイ・ストーリー3」。
 
ピクサーはおもしろくないものはないので、ハナからおもしろいだろうと思っていましたが、聞いてた評判が良すぎたり、初動の興行成績が記録めいていたため、ハードルが上がってたかもしれない。

おもしろくない作品は1個たりともないピクサー作品の僕の好きな順番で言うと、この辺のおもしろさ。
ピクサー長編 僕の好きな順
カールじいさんの空飛ぶ家(2009年)
モンスターズ・インク(2001年)
Mr.インクレディブル(2004年)
レミーのおいしいレストラン(2007年)
トイ・ストーリー(1995年)
トイ・ストーリー3 (2010年)←これくらいの好きさ
トイ・ストーリー2(1999年)
ファインディング・ニモ(2003年)
バグズ・ライフ A Bug's Life (1998年)
カーズ Cars (2006年)
WALL・E/ウォーリー(2008年)
ピクサーがすごいと思うのは、ちょっと変てこなのを主役にするところです。
虫とかネズミとか車とかじいさんとか、そういう、とっつきにくそうなやつを主人公にしておきながら、脚本でガッチリ決めてくるのがすごい。変な話、脚本さえシッカリしてりゃあ主人公なんて何だって良いんだよくらいの挑発めいたものさえ感じる。ただ、さすがのピクサーも、おそらく、加勢大周を主人公にした作品は作らないでしょう。

*****

『魚吟』でにぎりランチを食べました。

食べ放題バイキングのチェーン店『串家物語』に初めて行きました。
 
自分で串を揚げるなんて、そんな面倒臭いことはしたくないとか思っててずっと入ってなかった店ですが、串揚げが楽しくてビックリしました。
食材に練り粉を付けてパン粉を付けてフライヤーで揚げるというのが、「ねるねるねるね」を作る過程みたいな感じで楽しいです。
 
 7月30日(金) 小作家@吉祥寺 中清@吉祥寺
最悪の事態を想定ゴリラは、はっきり言って、最悪の事態を想定しすぎです。

例えば、普通に道を歩いている時に、「もしかしたら、この地面の下の方から凶悪なドラゴンが現れ、街を焼き尽くしたあげく、地球を破壊し、さらには他の惑星をも破壊しようとしたため、神の怒りを買い、宇宙もろとも無に還るかもしれない」という最悪の事態を想定します。

また、「笑っていいとも」を見ている時にも、「もしかしたら、いま見ているのはタモリではなく、実は凶悪なドラゴンで、観客の『そうですね』という音声が、ある一定の周波数で発された場合、それが、タモリをドラゴンとして目覚めさせる契機となり、ドラゴンと化したタモリ(ドラゴンの顔の部分だけがタモリ)が、街を焼き尽くしたあげく、地球を破壊し、さらには他の惑星をも破壊しようとしたため、神の怒りを買い、宇宙もろとも無に還るかもしれない」などと最悪な事態を想定するのです。


今月、成蹊大学の近くに、『小作家』という期待のうどん屋さんがオープンしました。
店内は、なかなか小奇麗で今風です。ここ、麺は讃岐のコシ、汁は関西の風味という、二刀流を売りにしています。メニューも充実しており、どのうどんにしようか迷うのもまた楽しみのひとつです。うーん、どんなうどんが出てくるんだろう。

さぬきのコシ 関西の風味
カツ丼を食べました。


『神田まつや』『ほさか』『よしむら』『上杉』あたりが、吉祥寺の手打ち系のそば屋さんで僕が美味しいと思う店ですが、いま、今日この時点で最も旨いと思うのが『中清』です。
ですから、もちろんカツ丼を注文しました。
すると、「すみません。今日はご飯物終わってしまったんですよ」と言われました。想定外です。最悪の事態を想定ゴリラなら、こんなことはいとも簡単に想定していたはずなのですが、僕にとっては完全に想定外でした。

冷やしとろろそばを食べました。
 7月29日(木) 江ぐち@三鷹
僕の物真似レパートリーをまとめました。

クリックすると音声が流れます(MP3)
******

二日連続の『江ぐち』。
 7月28日(水) 江ぐち@三鷹
単に、いつもの年に比べて食べる日が多いからだと思うけどガリガリ君が良いペースで当たります。

これが今月の8日に当たったガリガリ君。ソーダ味。
これが今月2回目の当たりとなった今日のガリガリ君。コーラ味。
コーラ味は、多分、ガリガリ君で一番好きな味なんだけど、置いてるコンビニが少ない。
これで当たり棒は5本になりました。

*****

今日のブロック遊び。

最初は普通に人型で作りました。
下半身を獣っぽくしてみました。
完全に獣にしました。

*****

『江ぐち』でもやしチャーシューメンを食べました。
 7月27日(火) 味の彩華@三鷹
目の前で起こった現象に「もしも」や「例えば」を入れて、新解釈を施すってのがある。

猫がいるとする。

そこで、「猫がいる」「そこそこ年をとってるな」「あんまりこちらを警戒してないな」などと思うのは、そのままの情報を拾ってるだけですが、そこに、「もしも」や「例えば」を挿入してみる。「もしも、この猫がこれから虎に変身するとしたら…」「例えば、この猫の飼い主がタモリだとしたら…」。

多かれ少なかれ誰でもあるかと思いますが、僕が授業で先生の講義を10分と聴くことができないのは、先生の話が思考をあらぬ方向へ導くヒントになってしまうからです。

例は何でもいいけど、例えば、世界史の先生が「モンゴル軍は凄まじい視力だったから、数キロ先でもイスラム軍が何をしてるかを事細かに肉眼で見えてたくらいだし、訓練じゃなくてデフォルトで馬に乗りなれてるわけだから、イスラム軍はモンゴル軍に簡単にやられちゃうわけだ」とか言うと、それこそ、視力5.0になった自分自身が一気に脳内をかっさらって、「あ!4キロ先でタラバガニと人魚姫が楽しげに踊ってる!」みたいなことを想像するわけです。そんなことを想像して、想像が想像を呼んでるうちに、すでに先生の講義は先の方に行ってて、追いついたら追いついたで、また、先生の話がヒントになって、その場に求められていない、あらぬことを考えるというループが生じます。

講義っていう環境自体が自主的なものじゃないから、集中することに向いてない。だから、僕は、勉強はひとりで黙々と参考書見ながらやった方が集中できたし、はるかにブレ方が少なくて効率的だった。

こうして文章を書いている時は、僕はこの文章に集中しているわけですが、この文章を書き終えたとたん、多分、僕は、猟師に撃たれて落下したティンカー・ベルが、きりたんぽ鍋の中にポチャンと落ちる様を想像しているはずです。


久々に『味の彩華』に行きました。「ほうれん草とトマトのつけ麺」。
 7月26日(月) うな鐵@吉祥寺
僕が住みたい場所。
でも、よく考えたら、鹿が動くから酔うし、落ちる(小屋ごと)。

*****

今日は「土用の丑の日」です。

誰でしたっけ?むかし、夏になるとウナギが売れないと悩むウナギ屋に対して、「土用の丑の日は『う』の付くものを食べて体力をつけよう、みたいなキャッチフレーズを作って煽ったらどう?」みたいな提案をして、この日にうなぎを食べるってのを発案した人は。確か、名前の最後に「内」が付く。思い出した。松尾伴内だ。

趣旨通り、たまには、うなぎ屋さんにお金を落としたいと考え、『うな鐵』に行きました。
 
「土用の丑の日」って言ったって、そんなに、うなぎ屋でうなぎを食う人なんかいないだろう、と勝手に思ってました。僕自身、「土用の丑の日」にうなぎを食べたことなんかないと思う。大人になってからは、クリスマスにケーキを食べようなんて考えもしない。そしたら、店内は死ぬほど満席でした。

さて、実は、僕はここで、全然うなぎと関係ない天丼とかを食べて、その写真をここに載せて、「うな丼を食べました」と書いてボケようとしたのですが、いきなり、そのアイデアは潰されました。
普段あるはずの天ぷら定食とか刺身定食がない。考えてみれば、そりゃそうかもしれない。
まさか、この段階で、「うなぎしかないなら帰ります」とは言えません。そんなことを言ったら、店員はともかく、周りの客がビックリして心臓麻痺で死ぬからです。「今日という日に、うなぎしかないなら帰るなんて、この人は何なんだ!」と言ってショック死するからです。しょうがないので、ラーメンを食べました。

ラーメン
 7月25日(日) 江ぐち@三鷹 MARU@吉祥寺
「無料お試しセット」が個人情報の提供と差し替えじゃなければ、ホントに尊敬するけど、それじゃあ商売にならない。

ドモホルンリンクル


ホルモン ドリンクル


ルンルン クリホドモ


クルリ ドン ルン ホモ


ルンリン 毒も掘る


蜘蛛ほど リン ルルン


ホルン 戻る クリン


森君 $ ホルン


モンク ドリル ホルン


戻る リンク ホルン
「ここはアルプスか」ってくらい、だんだんホルンだらけになってきたし、「マ」がない以上、できそうでできない「ホルマリン」への憧憬に打ちのめされてました。

*****

『江ぐち』歴11年目にして、はじめてタマゴをトッピングしました。
旨い。いつでも旨い。

『蔵』とか『金の猿』と同系列の『MARU』で飲みました。
 



 
 7月24日(土) はつね@西荻窪
アパートとか駐車場とかもそういうのがあるけど、病院の診察室に4号室と9号室がないケースがあります。
もちろん、「4」は野村義男(よっちゃん)を連想させ、「9」はオバケのQ太郎を連想させるから避けられているというのが常識です。

しかしながら、当然、ドリーム坊やは「何で4と9がないの?」と本気で聞いてきますから、聞かれるがまま、その辺りの事情を何のこだわりもなく説明しました。

すると、僕が何のこだわりもなく話したことは、彼の中ではとても大きなことだったらしく、1時間くらい経った後に、突然、彼が考えたことをこのように提案してきました。

ドリーム坊や(7歳)の「11番から無限大番があれば大丈夫なんだよ!」(バカ音声のページ)

そして、ガリガリ君とかジュースを買ったらこの合計額。
ものは言いようで、「4」はよろこびの「4」で、「9」はくつろぎの「9」とかで良いんじゃないかと思います。

*****

『はつね』でタンメンを食べました。
『中村屋』が吉祥寺にオープンするのは、5年に1度級のビッグニュースかもしれない。
 7月23日(金) 地どりや@三鷹 くろ◯@三鷹 つけめん菊島@三鷹
部屋の扉が壊れた。
せっかく壊れたから、壊れたなりにいろいろ配置を考えてみたくなる。
組み合わせは、結構、自由だ。
扉が壊れて初めて、「新たな扉の可能性」への扉が開けた気がする。

宮崎地鶏の『地どりや』で飲みました。
マユモーが、今度、兄の住むベルギーに旅行に行くというので、「絶対チョコレート買ってきて」って言ったら、「ベルギー王室御用達があるからそれを買ってくる」みたいな話になった。「それってゴディバじゃないの?」「いや、そうじゃなくてベルギー王室御用達があるの」とか言ってその場でネットで調べたら、ベルギー王室御用達のチョコはゴディバを含めて6社くらいあった。多分、ベルギー王の口の周りは常にチョコで汚れてる。

『くろ◯』。

ひとりで『菊島』で〆ました。塩ラーメン。
 7月22日(木) 地雷源@中野
僕たちは妥協ゴリラから多くのものを学ぶべきです。

妥協ゴリラほど、妥協するゴリラはいません。
例えば、コーラを飲みたいと思って自動販売機を見てみると、コーラが売り切れていたとする。この場合、妥協ゴリラは「じゃあサイダーで良いや」と言ってサイダーを買います。決して、コーラを探しに、わざわざ他の自動販売機を探したりコンビニに行ったりはしません。

かつて、妥協ゴリラは、アメリカの大統領になりたいと思いたち、政治的な活動をはじめたことがありました。しかし、だんだん、面倒くさくなり、妥協して小学校の学級委員になったというエピソードがあります。

妥協ゴリラが僕たちに示すのは、あきらめることの大切さです。
確かに、この世界にはあきらめないことの大切さも存在していますが、そればっかり肯定しているとまずい。例えば、世界中のみんなが志村けんになることをあきらめずに目指し続けたら大変なことになるでしょう。

学校に行けば変なおじさんしかいないし、会社に行けば社員が「アイ〜ン」しか言わない。そんな世界を(僕以外の)誰が望みますか?


今日の吉祥寺の祭り感は圧倒的でした。毎年、バカみたいに盛り上がる東急の縁日です。
 
行くと、最低10人の知り合いに会うほどの地元感。

縁日といえばかき氷。
 
縁日といえばわたあめ。
 
テキ屋が出してる店じゃなくて、地元の商店街が良心的にやってる気味のお祭りだから、1つ100円とか安い。大人になって酒を飲みだすと、わたあめをそんなに食べたくなくなることをまだ知らないドリーム坊や(7歳)。

縁日といえば(金魚をすくいたくない人には)スーパーボールすくい。
 
ちょっとすくい過ぎているけど、これも1回100円分。

でも、縁日といえば、やはり、何よりもまず、トマトでしょうね。
 
縁日でトマト食べない人なんていませんからね。

*****

『地雷源』っていう有名なラーメン屋が杉並区の方南町にあったのですが、場所的に行きにくくて、数年来の宿題店になってたけど、うれしいことに店が中野に移転してたので食べに行きました。

我流旨味ソバ
 7月21日(水)
ミュージシャンが、ライブとかで見せるこの恥ずかしい動作を、「目に見えないサムライに対する真剣白刃取り」だと思って見てます。

大黒摩季の真剣白刃取り
こう、「目に見えないサムライがすごいいっぱい斬りつけてくるんだなあ」って思って見てます。
 7月20日(火) 妹妹@吉祥寺
夏らしい開放的な音声をアップします。

クリックすると音声ファイル(MP3)
*****

『妹妹(メイメイ)』でラーメンを食べました。
ものすごく普通のラーメンで、ちゃんとラーメンの味がするから良かったです。
 7月19日(月) 八つ浜@三鷹
数十億年に1匹の確率で、「滅甲」という甲羅を持つ亀が誕生します。

どこに誕生するかは分からない。井の頭公園かもしれないし、ミシシッピ川かもしれない。「滅甲」は甲羅の模様が滅びの凸型をしているのですが、この亀が誕生したとたん、「滅甲」から、滅びのエネルギーが闇となって宇宙を覆い世界を滅ぼすのです。

例えるなら、地球は凹であり、「滅甲」は凸です。そして、滅びの形は□。地球と「滅甲」が合わさった時、滅びは現れます。もちろん、この「滅甲」という甲羅を持つ亀は、滅びゴリラの使い魔のようなものです。

*****

犯人に告ぐ。


告がれた犯人は笑ってしまうんじゃないだろうか。

*****

『八つ浜』でうなとろ丼を食べました。
 7月17日(土)〜7月18日(日)
奥多摩を見てきました。

クリックすると奥多摩の正体が明らかになります
 7月16日(金) よしの家@吉祥寺 宵の一二三@吉祥寺
水彩色鉛筆でトリケラトプスを描く。
描いたトリケラトプスに「麦とホップ」をぶちまける。
水彩色鉛筆だから溶ける。
ティッシュで拭きとる。
逆さまにして、ペンで適当な輪郭をつける。
適当な輪郭。
顔を生やす。
筆ペンで色々と強調する。
これで完成。
完成ったって、この絵が何かは知らないし、知る必要もない。
だいたい、僕は「何描いてるの?」とか言われるとホント困る。これが何なのかなんて、こっちが知りたいくらいです。

*****

街の中華屋『よしの家』のラーメン。

『宵の一二三』の醤油ラーメンは季節的にスープを冷たくしてました。

このページのトップへ