ポクポクライフトップへ
過去ログインデックス

 9月30日(日) 春木屋@吉祥寺
突然、日本に存在する神社・仏閣が全てハムになったらすごく意味が分からないと思うんですよね。

法隆寺も出雲大社も伊勢神宮も全てハムになる。
それは現象として全く意味が分からないけど、結果としてそうなってしまうんです。事実として神社・仏閣が全てハムになる。

ただ、僕が興味あるのは、僕たちはそのハムを食べるべきか食べないべきかということに尽きます。少なくとも、かつては凄まじく神聖で価値のあったものがいまはハムになっている。このハムを純粋にハムでしかないと捉えられるならば人々はハムを食べるでしょうし、「いやこれはハムではなく神社・仏閣が姿を変えたものだから食べるなどけしからん」と固執するならハムを食べるのは難しいでしょう。

どちらが正しいということではない。価値をどう置くかの問題です。この手の問題は、ある種、脳死問題にも通じるでしょうね。


『春木屋』の中華そばの岩に染み入る蝉の声以上に染み入る旨みは毎回感動するしかないです。
メンマ小鉢とネギ小鉢を追加しました。東京を代表する名店。

*****

寝ているドリーム坊や(9歳)を叩き起こし、昨日の謎解きで残した2問を朝一番で回収してきました。
これで5つコンプリートです。
やっぱこれ、めちゃくちゃ楽しいからみんなやれば良いと思う。
 9月29日(土) 松屋@三鷹 龍華@吉祥寺 や乃家@三鷹
今日から11月30日までですが、今年も吉祥寺の街そのもので宝探しをするっていうイベントが始まりました。「武蔵野市トレジャーハンティング第2弾!!〜探偵ムサシと怪盗みけねこ団〜」っすね。なので、ドリーム坊や(9歳)に急かされて朝から吉祥寺に出ました。

構成としては、まずファーストステージがあります。
吉祥寺の街中に用意された8箇所のポイントのうち2箇所を見つけたらクリアというものですが、吉祥寺が死ぬほど好きな僕の場合は8箇所中2箇所見つけりゃ良いとかそんな生ぬるいことは言ってられません。8箇所中8箇所全てのポイントを見つけるのが当然のスジです。

8箇所のヒント
正直、土地勘さえあれば、これは8箇所とも、ものすごく簡単です。
このパンフを見るだけで一瞬にして謎は解けます。もちろん、この宝探しは吉祥寺に土地勘がない人でも楽しめるように追加ヒントをもらえるポイントはたくさん設けられてるので、みんなどんどん吉祥寺に来て遊ぶべきです。要するに、これ、街おこしですからね。これを企画したイベント会社に払う金より、このゲームによってもたらされる吉祥寺の経済効果が上回らないと本来的にはおかしいんだから。
   
自転車で移動していることもあり、全てのポイントを見つけ出すのに1時間かかりませんでした。
   

ファーストステージは難なくクリアです。
これでセカンドステージに進む権利が与えられます。ここからは舞台が吉祥寺から武蔵野市全域になります。ヒントも抽象的になり、難易度がグンと上がります。これをもらった時点で、死にそうなほど頭の中がグルグル回りはじめました。
とはいえ、僕も武蔵野市民です。武蔵野市のことはそれこそ江戸時代から調べあげてますので、このレベルの謎解きならめちゃくちゃ余裕です。もう一度言いますし、これは自慢ですが、めちゃくちゃ余裕です。
セカンドステージは5つのポイントのうち3つ発見すればクリアです。ひとまず、パパーッと3つ見つけました。
  
この時点で時間がなくなったので、いったん吉祥寺に戻り、ドリーム坊や(9歳)とお昼ごはんを食べてから12時前に報告所に行ったら、受付の人に「ええっ!?もうですか!?セカンドステージをクリアした方は初めてですよ!あ、あ…!早すぎて賞品の準備できてないです!」みたいなことを言われて焦られたので、逆にこっちがめちゃくちゃ焦りました。

何だよ一番かよ。ヒャッハー、一番だぜ。
で、セカンドステージで残した2つのポイントも完全に場所は突き止めてますので、これはしっかり回収したいと思います。

*****

吉祥寺の繁華街から外れた住宅街にポツンとある街の中華屋『龍華』に初めて行きました。
ここ、マニアック過ぎて地元民でさえも行かないんじゃないかと思ってましたけど、地元民はいました。超ナチュラルな、昔ながらのラーメンです。

吉祥寺の『いせや總本店』が超行列で、三鷹の『いしはら食堂』に行ったら定休日で、ってのの先に『や乃家』がありました。十割蕎麦と小鉢のセット。そしてビール。
 9月28日(金) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
北極のネギトリプルが過去最高の盛りだったのででっかく載せます。
店舗によって味が違うのは当然なのでしょうが、『中本』って調理する人によって辛さや盛りが違う。同じネギトリプルでここまで盛ってくれたのは初めてですし、このネギの量は僕の理想です。北極ラーメンにはネギが合いすぎるのです。合いすぎて合いすぎてなす術がありません。合いすぎて合いすぎて震えます。

まあ、実際はネギの下に山盛りのモヤシが隠れてるのでいかにもすごい量に見えるってのもありますけど。

北極ラーメン、麺少なめ、野菜まし、ネギトリプル
そういえば、栄養のない野菜としてよく槍玉に挙がるのが、モヤシ、キュウリ、ナス、レタスあたりだと思いますが、特に90%以上が水分のキュウリは「世界一栄養のない野菜」としてギネス認定を受けていますね。

ネギってのはそういうんじゃなくて栄養価が高いという扱いなんですよね。北極ラーメンに増量(トッピング)できるモヤシもネギも値段は60円なのですが、栄養価を意識すればネギの方が得ということになるのかもしれない。ただ、モヤシが北極ラーメンにもたらす食感は素晴らしいです。

そういう意味で、ネギは栄養価も高くて食感も良いんだからやはり神がかっているとしか思えない。どっちにしても、モヤシもネギも増量するのが一番旨い。
 9月27日(木) とらふぐ亭@吉祥寺 ささの葉@吉祥寺 バナナバー@吉祥寺 天下一品@吉祥寺
フグってのは昔から「鉄」って呼ばれてますね。

で、「鉄の刺身」が訛って「てっさ」なんですけど、もっと正確に言うと、フグってのは「鉄砲」と呼ぶらしいですね。じゃあなんで「鉄砲」かと言うと「当たると死ぬから」っていうんだからシャレがきいてらあ、てやんでえ!べらぼうめ!こんちきしょうが!このケツ毛ポメラニアンめ!この恥骨粉砕ナポレオンが!この世界一周ミジンコ大統領が!

『とらふぐ亭』が全料理半額キャンペーンをやってたのでフグを食べに行きました。
 
マユモーはここぞとばかりにひれ酒を飲みます。さっきまで泳いでたトラフグの刺身。

てっさ(フグの刺身)
フグって豊臣秀吉が禁止してから伊藤博文が解禁するまで公的には食べられてないことになってますが、そりゃ、禁止したって禁止を破る人はいるわけです。「人を殺してはいけません」って言ったってそれが守られる社会なんて存在したためしがない。

江戸本とか読むと、江戸時代、江戸っ子は毒を恐れずにフグを食べるのが「粋」だったようです。それで毒にあたって死んでるんだから凄まじいですね。
 
フグの唐揚げ フグ皮煎餅
そもそも秀吉がフグ食を禁止した理由がおもしろくて笑ってしまうんですが、朝鮮出兵の時に秀吉は拠点の下関に武士を集めた際に、その武士たちがフグを食べてバタバタ死んでったせいでフグを禁止にしたらしい。戦争で死ぬんじゃなくてフグの毒で死ぬってものすごくバカっぽくて良い。

フグの白子焼き

『ささの葉』のクジラ刺しは殺人級の旨さです。
ここのクジラ刺しを食べると、他の店のクジラ刺しが食べられなくなる。

この後、『ささの葉』で会ったニッシーと『バナナバー』に飲みに行きました。会話の記憶は皆無です。『天下一品』で〆た記憶はミジンもないけど、デジカメに記録が残ってました。
 9月26日(水) CoCo壱番屋@三鷹
『ココ壱』で3,500円しないカレーを食べました。
これは色彩的に普通すぎるせいで3,500円の価値がないのかもしれない。
少し色相を変えてみましょう。緑というのは人間がリラックスできる色なのでこういうのはどうでしょうか?
ああでも、緑だと高級感に欠けますね。やはり日本人が最も高貴とする色は紫でしょうね。
ほら、これなら3,500円出しても良いでしょう。デンプンにヨウ素液を垂らした感がすごいですし。
 9月25日(火) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
「町田は東京都ではなく神奈川県」ってのは生ぬるいのかもしれません。

町田どころか吉祥寺も神奈川県だったからです。

吉祥寺の沿革

廃藩置県とか多摩地域の東京府移管あたりの明治政府の適当さっぷりは壮絶です。
江戸時代が終わってここが東京府になった矢先、たったの21年だけ吉祥寺は神奈川県に編入されていたという。より正確に言えば、町田から吉祥寺までの多摩地区全てが神奈川県だったのですが。

背景に色んな利権が絡んでこういうことになっているのですが、まあ、なので、「吉祥寺ってどこにあるの?」って訊かれたら、「前まで神奈川県にあったけどいまは東京にある」と答えてもなんらボケじゃないということになります。


『蒙古タンメン中本』で北極ラーメン辛さ5倍、麺少なめ、ネギダブル、北極玉子を食べました。
 9月24日(月) 名前を言ってはいけないあの店@三鷹
札幌に来た人を「札幌に来た方」と呼んだり、長崎に来た人を「長崎に来た方」と呼ぶことに関しては一切問題ないのですが、喜多方に来た人だと問題が生じますよね。

同様に、希望に反して札幌や長崎に来られなかった人が「札幌に来たかった」と言ったり「長崎に来たかった」と言うのは問題ないのですが、これもやはり、喜多方だと問題があると思います。


ちょうど1週間ぶりに『名前を言ってはいけないあの店』です。
間違いなく旨い店です。これが間違ってるなら宇宙そのものが間違っている。三陸であげた戻りガツオと静岡のシメサバ。
この店はとにかくカツオが旨い。春の初ガツオもこの時期の戻りガツオも常軌を逸して旨いのです。この感じが伝わるでしょうか。その辺のカツオとは見た目からしてレベルが違う。艶も鮮度も根本的に違う。
今日は、昨日も休みで明日も明後日も休みの築地の魚は高かったようで、大将も仕入れがろくにできなかったと言っておりましたが、「かといって養殖ものなんか仕入れたらお客さんにバレちまうからよお!」ということでろくに魚を買い付けて来なかったようです。この辺りのプライドがべらぼうに江戸っ子です。

ここは大将にしても女将さんにしても「うちは他より高いけど本物しか出さない」と自分から言いますが、ハッキリ言ってこんなに旨いものをこの値段で食べられる店は吉祥寺では1店たりとも存在してないと思います。

秋茄子です。サービスで出してもらいました。
嫁には食わせられません。
ただ、余命一ヶ月の花嫁には食わせても良いんじゃないでしょうか。どうせすぐ死ぬんだから。

『名前を言ってはいけないあの店』は元々とんかつ屋だったのが、常連が「どうせ築地行くなら魚も買ってきてよ」と言い出して、現在のような魚中心の店になっている。なので、とんかつが不味いわけがないです。
豚肉も築地で仕入れています。

この店の必殺技にして「死んでもいいメニュー」である筋子の粕漬け。
これがサービスで出されたら、ご飯と味噌汁は注文せざるを得ません。
死ぬほど旨いです。というか、僕はこれを食べてすでに死んでるのかもしれません。死後の世界でこの文章を書いているのかもしれません。
 9月23日(日) 桜食堂。@経堂 アイバンラーメンPlus@経堂
「第1回日本ビール検定2級」を受験するために経堂へ行きました。
まあ、経堂なのでそれに絡めたやり取りを考えてみます。
実は、経堂で友人と一緒にレストランをオープンしたんだけど来ない?
行きたいわね。いつなら行って良いかしら?
今日どう?経堂だけに。
それなら今日行くわ。ところで友人と一緒にオープンってことは…
ああ、共同経営だよ。経堂だけに。
初心に帰った気がしますね。何だかこう、初々しい気持ちになってちょっと挙動不審になってます。経堂だけに。


経堂はむかしからラーメンの激戦区でしたが、まともに食べに来たことがありませんでしたので、ここぞとばかりにラーメンを食べます。去年オープンしたばかりなのに凄まじく高い評価を得ている『桜食堂。』。
これはあまりにも真っ直ぐで正しいラーメンでした。全く嘘がない清廉潔白の一杯です。旨い。

2軒目は『アイバンラーメンPLUS』。
これも優雅な感じで旨いです。醤油がピンっと張っていて、最後まで旨みがギュルンギュルンとうなりをあげる。麺もコシがあって食感が素敵でした。


「第1回日本ビール検定」ってのは、ビールが売れないから啓発しようという、ある種のネガティヴな動機が発端になって開催に至った要素もあるようです。フジテレビが試験会場に来てるのを僕も見ましたけど、もうネットで見られるニュースになってました
 
試験会場が「東京農業大学」ってのがシャレてるのかもしれない。ビールをビールたらしめるのは麦とホップであり、そういう意味で農業はビールにとって死ぬほど大前提です。

結果が出ないことには合否については何も言えないけど、2級は想定よりも難しかったです。非常に厳しいです。こう、「べらぼうにマニアックである」としか言いようがない。何しろ第1回目だから過去問すらないわけで、どうしても対策の取り方が千鳥足になってしまう。じゃあ、実際にどんな問題が出たかって言うとこれですからね。
あのね、化学式に歴史にやりたい放題ですよ。理系も文系もねえじゃねえかよっていう。

他にも、こういうのとかこういうのが出ました。

 9月22日(土) 一二三 那由多@吉祥寺
どないせっちゅーねん!

こう、ラーメンが食べたくて食べたくて仕方ないけど、チャーハンも食べたくて食べたくて仕方ない時って、どないせっちゅーねん!そんなもん、胃袋に限界があるからラーメンとチャーハンを両方食べられるわけないし、どないせっちゅーねん!

そんな時は、半ラーメンと半チャーハンのセットを食べるってのが良い折衷案になるわけですよね。これがホントの「どない折衷案」なのではないでしょうか。

*****

蕎麦粉入り麺の無化調ラーメンを出す吉祥寺の伝説的な店『一二三』が去年の11月に衝撃的に閉店して、『一二三 那由多』として代替わりをしました。メニューから蕎麦粉入り麺「一二三そば」が消えてからずっと行ってなかったのですが、それが復刻ということで、久々に行きました。
やっぱ、かつての「一二三そば」とは全く違うラーメンになってるけど、ちょっとだけ面影はありました。
 9月21日(金) ささの葉@吉祥寺 三百宴や@吉祥寺
北沢姉のiPhoneです。ものすごくスタイリッシュなことになってました。
破壊を超克しようとする強い意志がここに表現されています。多分、これがiPhone6なんだと思う。


『ささの葉』で赤むつが出るようになってきました。
赤むつはノドが黒いのでノドグロですが、白身魚としては最強に好きな魚です。でっかいのはシャレにならないほど高いけど。

そして、これも最近『ささの葉』に出てくるようになった肉しゅうまい。
ジューシーさが尋常じゃない。こんな旨いシュウマイは初めて食べました。

『ささの葉』の魂である刺盛。
色彩がすごい。

今日の『ささの葉』には僕がめちゃくちゃ苦手な常連がいました。
前に、『ささの葉』にキンメダイがあった時、僕が「うわー!マスター、これ高そうだけどめちゃくちゃ旨そうっすね!」って言ったら、いきなり、横からその常連に「マスター丸くなったね。前はこんなこと言う客いたら帰らせてたのに」と言い放たれ、唖然としたことがあります。

とにかく、先輩面しかしないというか、むかしの話しかしないというか、『ささの葉』と自分の関係がいかに密接かみたいな話をするパラノイアみたいな承認欲求しか持たない人で、僕は心の中でその人を「クズ」と呼んでいたのですが、今日は、運悪くマユモーがその人の近くに座ってた。

で、やっぱ、マユモーもむかついたらしく、途中でケンカっぽくなってたのがおもしろかったです。マユモーは腹が立つとポーカーフェイスでその場をやりすごすことをしないタイプだと思う。

そして、『三百宴や』です。
朝の3時か4時くらいまで飲みました。
 9月20日(木) 蒙古タンメン中本@吉祥寺 ささの葉@吉祥寺 富士そば@吉祥寺
3日連続北極ラーメンで、久々の「トリプル北極」が実現しました。
今回は、スマートフォンの写真編集アプリで様々な形で「トリプル北極」を表現したいと思います。
もはやフォトショップとか要らないレベルでスマホの写真編集アプリは便利ですね。色味とかも自由にコントロールできます。
こういうのもありますね。全く自由です。
これは北極の部分だけ色を残してそれ以外の部分の彩度をゼロにするというもの。
使ったのはこれらのアプリです。めっちゃ楽しい。

フォトシェイク!PRO

インスタピクフレームPRO

カラースプラッシュFX

四万十川さんと『ささの葉』です。
 
今日も知らないお客さんと一緒に飲んでたら最終的にみんな帰ってしまって、最後は僕とマスターだけになっておりました。夜中の1時過ぎにひとり『富士そば』で〆たようです。写真が残っていたので。
 9月19日(水) 蒙古タンメン中本@吉祥寺
一定以上の世代の人は、「コピーする」のことを「ゼロックスする」と言いますね。

ゼロックスというのは企業名に過ぎないのに、「コピーする」とか「複写する」を一般的な述語を凌駕して動詞化している。これはもう、コピー機業界における圧倒的なシェアを根拠に起こった事象だと思います。化学調味料のことを何でもかんでも「味の素」と呼ぶ現象も類似しています。これも圧倒的なシェアが原因でしょう。なので、もし日本にビール会社が「アサヒ」も「サッポロ」も存在せず、「キリン」しかなかったらビールはキリンと呼ばれてたかもしれないと分析できます。

さて、現実的には、もはや結婚のことをゼクシィと呼んでも差し支えない状況になっているのではないでしょうか。僕たちが最も身近に抱く結婚のイメージは、もはや多くのゾーンでゼクシィに牛耳られている気がするのです。あらゆる結婚式場がゼクシィに広告料を出し、媚びを売らないと客が取れないこの状況下ですから、結婚のイメージ造成機能は中央集権的にゼクシィに集約されるのは当然です。結婚のイメージはゼクシィが打ち出すCMなどによって大きく僕たちのイメージを侵食していると言って差し支えないでしょう。

知人からの結婚報告ハガキに「わたしたち、ゼクシィしました」と記載される時代の到来はそう遠くありません。


『中本』で昨日から金曜まで4日間限定の「北極の超」を食べました。
北極ラーメンより100円高いだけで、トッピングが北極玉子、バター、コーン、ニンニクチップ、もやし、白髪ネギに、『中本』の看板メニュー「蒙古タンメン」の命である麻婆豆腐が加わるという完全な価格破壊メニューになっております。ここまでやっちゃうと、さすがに儲けに影響が出るので提供する期間も短いんじゃないかと思う。
 9月18日(火) 名前を言ってはいけないあの店@三鷹 婆娑羅@三鷹 蒙古タンメン中本@吉祥寺
にわかに「テザリング」という言葉が世の中を席巻し始めてますけど、これは知れば知るほどすごい技術だと思います。

まだテザリングが利用できる端末はあまりないようなのですが、これがどんどん一般化して普通に利用可能になれば、当然、スマートフォンを持ってるだけで、どこにいても自分の脳を直接WEBに接続できることができるようになります。

従来だとモデムがある場所に行かなければ脳はWEBにつなげられませんでしたからこれは革命的でしょう。要するに、テザリング社会の実現は、そのまま「電脳社会」の実現に直結します。


『名前を言ってはいけないあの店』です。
いきなりの鹿児島出水産アジはどう見ても発色の良さが異常だし猛烈に旨い。
天ぷら盛り合わせと激レアなツブ貝のキモは、80歳超えの大将がお気に入りのマユモーが引き寄せたサービスだと思います。
 
今日はかなりサービスが多かったけど、全部、載せるとすごいスペースになってしまう。
まだまだ旬のタカベの塩焼きも完膚なきまでの旨さ。白身魚なのに産卵前で脂がノッてる。
 
僕は魚の塩焼きは別腹ってくらい魚の塩焼きが好きですが、タカベの塩焼きにおける「ザ・塩焼き」感は凄まじいと思います。
これまた旬のイチジクの胡麻和えは初めて食べました。大将の必殺水茄子の寿司も旨い。
 

二軒目は菅直人行きつけの『婆娑羅』。
ここのマスターもめちゃくちゃ粋で渋い。三鷹で唯一吉田類の『酒場放浪記』に出てる店です。ていうかホームページの日記がおもしろい。実のところ、この日記は更新頻度は多くないけど、おもしろいので昔からよく見てます。

ひとりで『中本』で〆ました。
北極ラーメン、麺少なめ、ネギトリプル。
 9月17日(月) 肉食堂 智@吉祥寺
朝の7時近くまで飲んで『富士そば』で〆たあと、自転車で移動するときにゲル博士がド派手にガシャーン!とかバターン!とか転びまくるんですよ。

音が鳴って振り向いたらゲル博士がいきなり花壇とかにハマってるっていう。
よく晴れた朝の爽やかな吉祥寺の道端で、ひたすらガシャーン!とかバターン!とか転びまくるってのは風景として非常に異質だと思います。
一度や二度ならまだしも三度も四度も転んでましたからね。どんな運転したらそんなに転ぶんだよっていう。自転車で転んで花壇の中に突っ込むってのは漫画の中だけの話だと思っていたのでビックリしたし、それが何度何度も繰り返されるってのはやはりすごいです。
いっしゅん、桂三枝の「ズッコケ芸」を踏襲した新しい芸風かと思ったんですけど、やっぱこう、何の脈絡もなく自転車ごと転ぶっていうのが凄まじい。まあ、実際は酔っ払って転びまくってるのでしょうけど、これはもう、ハタから見ててもかなり身を張った所作なので、場合によっては笑えない事態につながるかもしれません。


プチロードにオープンした『肉食堂 智』で東京一番ハンバーグを食べました。
吉祥寺にはステーキではなくハンバーグを前面に出す店が『いしがまやハンバーグ』『俺のハンバーグ山本』の2店があるけど、この『肉食堂 智』で3店目になった。そして、これ肉がめちゃくちゃレアでした。旨いです。今日までがオープンセールで500円で通常は750円ってことなんだけど、750円ってのはこの手のハンバーグ屋としては激安価格だと思います。
 9月16日(日) ささの葉@吉祥寺 三百宴や@吉祥寺 富士そば@吉祥寺
人間って住みますよね。

こう、だいたいの国の人が一定の場所に住むじゃないですか。毎日毎日、同じ場所に住みますよね。あんまり放浪する人っていない。遊牧民的な生活スタイルってそんなにないんじゃないですか。だから、一般的に「住む」っていうのは「定住する」ってことですね。いやまあ、それだけなんですけどね。こう、「何で人間って住むんだろう?」って思ったんです。

住まなきゃならない決まりなんてないのに、多くの人が住むことを選んでるのが不思議だなあと。特に日本だと「住まないなんて考えられない」っていうくらい、住むことが常識になっちゃってますけど、これっておかしい気もするんですよね。


3日連続で『ささの葉』というのは初めてです。もはや住んだほうがいいのかもしれません。
毎日食べてるサンマは飽きる要素が皆無です。これからも毎日毎日食べることが簡単にできるくらい猛烈に旨いです。

今日のマスターのサービスはエビ。
焼き台にかかってる鍋から直接食べました。

夜中飲みに最強に相応しい『三百宴や』。
 
ここも、もう店長とはツーカーの仲みたいなもんですね。いつものとおり担々麺と麻婆豆腐を激辛指定で注文しました。こんなのが300円とかどうかしてる。

この後、岩瀬夫婦と博士で僕の家で朝の6時半まで飲み、4人で『富士そば』で〆ました。

このページのトップへ